山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

宮之浦岳(9)

【2017年4月13日(木)】宮之浦岳
新高塚小屋に泊まった。
夜中、何度も目が覚めたが、まわりがうるさいということもなく、トイレにも行かずに済んだ。
でも、3時で眠れなくなってしまったので、起床。
ここは早立ちの人ばかりだと思うので、遠慮せずに朝食の準備を進めた。
今朝は鹿児島のイオンで買ったフリーズドライの鶏飯。
DSC_4542_20170519060829cf9.jpg

おじや風だが、起き抜けにはちょうどよかった。
DSC_4543_201705190608318f7.jpg

食後、荷物をまとめ、トイレ、ストレッチを済ませ、4時半前に出発。
まだ真っ暗で、満月がぽっかりと空に浮かんでいる。
DSC_1178_20170519061538987.jpg

写真を撮ることが主眼の私がこんな「真夜中」に出かけることはほとんどないのだが、今回は時間の制約ができてしまったのでやむを得ない。
DSC_1179_20170519061540785.jpg

400mほど歩いたところに最初の標識。
DSC_1181_20170519061541222.jpg

20分ほどで第一展望台に着いたが、もちろん何も見えない。
DSC_1182_20170519061543d5a.jpg

月が見えるだけだ。
DSC_1183_2017051906154451f.jpg

第二展望台は5:15に通過。
DSC_1184_201705190615157ac.jpg

ここで昨夜同宿だった中国の若者たちが追い抜いて行った。
DSC_1185_20170519061517e91.jpg

ロープ場を過ぎると、やっと視野が開け、宮之浦岳(右、1936m)のシルエットが確認できた。
DSC_1187_2017051906151860e.jpg

東の空がやっと白み始めた。
DSC_1188_201705190615200b7.jpg

でも、あたりはまだ月明かり。
DSC_1189_2017051906152183e.jpg

満月が永田岳(1886m)を照らす。
DSC_1190_20170519061452730.jpg

この黒い物体は坊主岩。
DSC_1191_201705190614544d3.jpg

やっと高感度、スローシャッターなら写真が撮れるようになってきた。
DSC_1194_20170519061455f90.jpg

永田岳も黒から深緑に。
DSC_1195_2017051906145761f.jpg

出発してから1時間で進んだのは1.4km。
DSC_1196_20170519061458afe.jpg

永田岳の右の尖塔はネマチ(1814m)という。
DSC_1197_20170519061428cf7.jpg

そのさらに右は小障子。
DSC_1198_20170519061430ba4.jpg

正面の巨岩は平石岩屋のピーク。
DSC_1199_20170519061431b54.jpg

まわしを締めたお尻のような岩だ。
DSC_1201_2017051906143315e.jpg

1/8秒くらいでしかシャッターを切れないので、手ぶれがひどい。
DSC_1202_20170519061434f47.jpg

でも、登山道もやっと薄明るくなってきた。
DSC_1204_2017051906140575e.jpg

このくらいになれば、もうヘッドライトは要らない。
DSC_1206_20170519061407ac6.jpg

間もなく、宮之浦岳にも朝日が注ぎそうだ。
DSC_1208_20170519061408af2.jpg

1700m近くで森林限界を越えた。
DSC_1209_2017051906140934c.jpg

宮之浦岳周辺は緑の中に花崗岩が露出する特異な景観だ。
DSC_1210_20170519061411073.jpg

平石岩屋のピークを登っていく。
DSC_1211_2017051906134134f.jpg

頂上まではあと1.6km。半分を過ぎた。
DSC_1212_20170519061343577.jpg

左手(東)遠くに石塚山(1598m)。
DSC_1213_20170519061344ee7.jpg

いったんシャクナゲのトンネルに入る。
DSC_1214_201705190613463ba.jpg

なんと雪が残っていた。さっき、中国人が大声をあげていたのは、これのせいだったんだ。
DSC_1215_20170519061348d4d.jpg

岩場も当然出てくる。
DSC_1216_20170519061317973.jpg

右手の小障子に光が当たった。
DSC_1217_20170519061319e9e.jpg

振り返ると、愛子岳(1235m)の向こうからご来光。
DSC_1218_20170519061320b70.jpg

まん丸な太陽が昇った。
DSC_1219_2017051906132215a.jpg

明るくなると、やはりうれしい。
DSC_1220_20170519061323344.jpg

今、越えてきた1675mピークを振り返る。
DSC_1221_201705190612538dc.jpg

ケルンを通過。
DSC_1223_201705190612557c2.jpg

結構な急登だけに
DSC_1224_20170519061256dd7.jpg

階段が整備されていた。
DSC_1225_2017051906125808d.jpg

露岩の上を歩く場所にはロープも。
DSC_1226_201705190612595fc.jpg

なかなかいい眺めだ。
DSC_1227_201705190612284b2.jpg

こういう巨岩があちこちに露出しているのが、実にユニーク。
DSC_1228_20170519061230917.jpg

頂上が露岩になっているピークも少なくない。
DSC_1229_20170519061231dd6.jpg

その代表格、翁岳(1860m)。
DSC_1230_201705190612337b8.jpg

6時過ぎに平石岩屋に到着。
DSC_1233_201705190611574a4.jpg

ここで撮影を兼ねて休憩をとる。
DSC_1232_20170519061156a21.jpg

この岩が「平石」なのだろうか。
DSC_1231_20170519061234c7f.jpg

永田岳がやっと明るみに身をさらしてくれた。
DSC_1234_201705190611591ed.jpg

真正面(南)にそびえるのが目指す宮之浦岳。
DSC_1235_20170519061200917.jpg

その左に翁岳が控えている。
DSC_1236_20170519061202f0a.jpg

まさに緑のじゅうたん。
DSC_1238_20170519061133c58.jpg

先行する中国人たちが見える。
DSC_1239_20170519061134a45.jpg

それにしても、どうして花崗岩はこのように残るのだろう。
DSC_1240_20170519061136a2d.jpg

左前方は1692mピーク。
DSC_1241_20170519061138438.jpg

左のピークが宮之浦岳の頂上だ。
DSC_1242_201705190611061a5.jpg

あれは何の木だろうか。明らかにスギではないが。
DSC_1244_20170519061109308.jpg

平石岩屋の頂上部分。あそこまでは行っていないが、ここは1707mのピークだし、地形図に「平石」の表記もあるし、「登った山」に認定する。
DSC_1247_201705190610421d1.jpg

せっかくなので通りかかった青年に写真を撮ってもらった。
DSC_4549_201705190608325c7.jpg

平石岩屋で一番大きな岩。
DSC_1246_201705190611122bb.jpg

なんと、この岩は途中から、ぱっかりと割れていた。
DSC_1249_20170519061045ba4.jpg

下は岩屋状になっている。
DSC_1248_2017051906104492a.jpg

その岩陰に小さな石祠が。
DSC_1250_20170519061047d36.jpg

そこから眺める宮之浦岳の美しいこと。
DSC_1251_201705190610480fd.jpg

右手にそびえるネマチの造形はまさに神業。
DSC_1252_20170519061017fca.jpg

永田岳、ネマチ、小障子と続く稜線。
DSC_1253_20170519061019e90.jpg

やや下って平石岩屋を振り返る。
DSC_1254_20170519061020d71.jpg

この石は、なんとなく顔のように見える。
DSC_1255_20170519061022953.jpg

さあ、いよいよ宮之浦岳に取り掛かる。
DSC_1256_2017051906102335d.jpg

岩の仲良しグループ。
DSC_1257_2017051906095218c.jpg

月がだんだん薄くなってきた。
DSC_1258_20170519060953966.jpg

永田岳からネマチの造形も角度によって微妙に違う。
DSC_1259_201705190609553a9.jpg

ペンチ形になったネマチ。
DSC_1261_2017051906095816c.jpg

開けた道はやはり気持ちがいい。
DSC_1260_20170519060956441.jpg

よ~し、あと1kmだ。
DSC_1262_201705190609280f5.jpg

さっきから気になっているのだが、花崗岩に含まれているこの長方形の結晶のようなものは何なのだろう。
DSC_1263_2017051906093037b.jpg

再び、平石岩屋を振り返る。
DSC_1264_2017051906093166a.jpg

右の丸い岩も人の顔のようだ。
DSC_1266_201705190609348aa.jpg

岩の上を歩くもの楽しい。
DSC_1265_201705190609338cd.jpg

それにしても、こんなにいい天気になるとは。
DSC_1267_20170519060903b9e.jpg

空には雲一つない。
DSC_1268_201705190609057b7.jpg

これが、本当にひと月に35日雨が降るという屋久島なのだろうか。
DSC_1269_20170519060906910.jpg

永田岳にも登りたかったが、往復2時間10分を費やす余裕はない。
DSC_1270_2017051906090814b.jpg

小杉谷の源流の一つと思われる。
DSC_1271_201705190609094da.jpg

(つづく)
このページのトップへ

宮之浦岳(8)

【2017年4月12日(水)】宮之浦岳
高塚小屋を過ぎて、新高塚小屋に向かっている。
DSC_1132_2017051506214315f.jpg

標高1400mを超えると、白骨樹をちらほら見かける。
DSC_1138_20170515062145407.jpg

そんな屋久島の森を満喫中。
DSC_1140_201705150621489a3.jpg
DSC_1141_20170515062149d43.jpg

もう少しで最初のピークに至る。
DSC_1139_201705150621460be.jpg

20数分で高塚小屋からの最初のピーク、100mを登り切った。
DSC_1143_20170515062123ff3.jpg

本日のゴール、新高塚小屋まで、あと1.2kmだ。
DSC_1142_20170515062121120.jpg

この枝ぶりは、まるで新体操の軌跡のよう。
DSC_1144_20170515062124344.jpg

毛細血管のようにも見える。
DSC_1145_201705150621255cd.jpg

あれは石塚山(1589m)だろうか。
DSC_1146_20170515062127c27.jpg

ヒメシャラもよく見かけるようになってきた。
DSC_1147_201705150620574f9.jpg

シャクナゲも生えている。
DSC_1148_20170515062059fe0.jpg

お馴染みになった屋久杉たち。
DSC_1149_20170515062100b18.jpg
DSC_1150_20170515062102268.jpg

よ~し、あと700m!
DSC_1151_2017051506210343f.jpg

頑張るぞ。
DSC_1152_201705150620280a1.jpg

でも、あと100m登らないと。
DSC_1153_20170515062029e77.jpg

最後の坂のきついこと。
DSC_1154_20170515062031e5e.jpg

屋久島の固有種オオゴカヨウオウレン発見!
DSC_1155_20170515062032b05.jpg

重畳たる屋久島の山々。
DSC_1156_2017051506203435e.jpg
DSC_1159_2017051506200610a.jpg

お、雪渓発見。
DSC_1158_20170515062005c93.jpg

あと400m。
DSC_1160_20170515062009d5d.jpg

ここまで来れば、あとはなだらかなはず。
DSC_1161_20170515062009d3f.jpg

白骨樹たちも応援してくれる。
DSC_1162_20170515062012c69.jpg
DSC_1163_20170515061940722.jpg

階段もこの程度なら許す。
DSC_1164_201705150619419de.jpg

最後の関門?胎内くぐり(笑)
DSC_1165_20170515061943e4d.jpg

トラバースに入ったら、小屋は間もなくだ。
DSC_1166_20170515061944a29.jpg

水場があるということは、小屋は本当に近いはず。
DSC_1167_201705150619467ff.jpg

さあ、早く!
DSC_1168_20170515061917e37.jpg

やった~、新高塚小屋に着いた~!
DSC_1170_2017051506191834e.jpg

時刻は14時を回ったところ。計画より1時間半も早かった。
DSC_1172_20170515061921ea6.jpg
小屋にはすでに2組10人ほどが入っていたが、1階の隅を余裕で確保することができた。
テントは使わずに済んだ。

小屋の中は寒いので、とにかく日の当たるところで休憩することにする。
外に出ると、さっきの言葉を交わした青年がテン場の上に寝ころんでいた。
DSC_1171_20170515061920c45.jpg
その奧では、中国人の若者グループが騒いでいる。

私も休憩適地を探す。ここはちょっと日影だな。
DSC_1173_20170515061923c10.jpg

テン場を過ぎてトイレの方に行ってみると、根っこの部分がトンネルになった屋久杉くん。
DSC_1174_201705150618537a7.jpg

休憩の前に、用を済ます。
DSC_1175_20170515061855c6e.jpg

トイレの先は登山道。
DSC_1176_20170515061856a7d.jpg

水場で焼酎用の水を確保。
DSC_1177_20170515061858b90.jpg

結局、テン場とトイレの間にある階段に腰を下ろして休むことにした。
まずは担ぎ上げてきたビールで乾杯。
あっという間に飲み干して、次は九州だけど麦焼酎。
DSC_4536_20170515061859eba.jpg

調子に乗って、黒霧島。
DSC_4538_20170515061832944.jpg

つまみはアゴ(トビウオ)の燻製など。
DSC_4537_20170515061830445.jpg
日なたぼっこをしながら、ゆったりした時間を過ごした。

16時すぎに日が陰ってきたので、小屋に戻り、夕餉の支度。
まだ、17時前だけど、いただきます。
DSC_4539_20170515061833049.jpg

今夜はカレーと汁代わりにラーメン。
DSC_4540_201705150618347b7.jpg

食べ終わったら、もうすることもない。シュラフに潜り込んだ。
DSC_4541_20170515061836089.jpg

明日は、紀元杉14:50発のバスに乗っていては飛行機に間に合わないので、14時に淀川登山口にタクシーを予約してある。
これも実は、前日、宿からあちこちのタクシー会社に電話をかけて、3軒目で確保できたもの。
「その時間は出払っている」と言われ続けた時は、どうなることかとハラハラした。
淀川登山口までのコースタイムは7時間15分。
朝6時に出れば間に合いそうだが、何らかの理由で遅れたりすると、ほんとに帰京できなくなるので、大きく余裕を見て、4時半に出発することにした。
ということは3時半に起床ということになる。
今、寝れば9時間半の睡眠は取れそうだ。

【行程】2017年4月12日
荒川登山口(5:58)~大山祇社(6:59参拝7:06)~小杉谷集落跡(7:09休憩7:21)~楠川分れ(7:49)~小杉谷山荘跡(7:53トイレ休憩8:00)~仁王杉(8:53)~大株歩道入口(9:13休憩・トイレ9:35)~ウイルソン株(10:00見学10:05)~大王杉下(10:47昼食11:11)~大王杉(11:20)~縄文杉(11:56見学12:07)~高塚小屋(12:25休憩・トイレ12:51)~新高塚小屋(14:03)
※所要時間:8時間5分(歩行時間:6時間42分)コースタイム:6時間10分
※登った山:なし
※歩行距離:12.7km
このページのトップへ

宮之浦岳(7)

【2017年4月12日(水)】宮之浦岳
夫婦杉を過ぎて縄文杉に向かっている。
DSC_1063_20170513054208469.jpg

ザ・年輪。
DSC_1062_201705130542067d2.jpg

すでに深い深い森の中だ。
DSC_1064_20170513054209cb8.jpg

これは明らかに屋久杉。
DSC_1066_201705130542125cf.jpg

その表面。
DSC_1067_201705130541428d5.jpg

どんどん標高を上げていく。
DSC_1068_20170513054143530.jpg

これはどうなってるんだ? まさに木のトンネル。
DSC_1069_20170513054145fbe.jpg

くぐり抜けても、どうなっていたのかよく分からない。
DSC_1070_201705130541464bb.jpg

再び、沢に下る。
DSC_1072_201705130541193ec.jpg

対岸。
DSC_1071_20170513054148175.jpg

渡渉。
DSC_1074_2017051305412324a.jpg

倒木だらけだ。
DSC_1073_2017051305412072a.jpg
DSC_1075_20170513054123692.jpg

木の根が蛇のよう。
DSC_1076_201705130541257d2.jpg

木の根滝。
DSC_1077_20170513054055d71.jpg

甌穴。
DSC_1078_20170513054057fad.jpg

花崗岩のかけら。
DSC_1079_20170513054059dbb.jpg

広い休憩スポットを通過。
DSC_1080_20170513054100940.jpg

古木に次世代の木々がからみついている。
DSC_1081_2017051305410229c.jpg

縄文杉の手前で分岐があったので、ここからはピストンになると勘違いし、ザックをデポ。
でも、実はそのまま高塚小屋方面に行けたのであった。
空身になって進むと、今度は北デッキと南デッキの分岐に出た。
DSC_1082_20170513054029ad0.jpg

まずは右の北デッキへ登る。
これは北デッキへの階段から見た南デッキ。
DSC_1083_20170513054030b09.jpg

大きな木のトンネルをくぐる。
DSC_1084_20170513054032ff7.jpg

数分で北デッキに到着。
DSC_1085_2017051305403348b.jpg

縄文杉が正面に見えた。
DSC_1086_2017051305403507f.jpg

さすがに太い。
DSC_1087_201705130540033f9.jpg

この杉は昭和41年(1966年)、当時屋久町の観光課長だった岩川貞次によって発見された。
DSC_1088_20170513054004bde.jpg

樹齢4000年以上と推定され、縄文時代から生きているということで「縄文杉」と呼ばれるようになった。
DSC_1089_20170513054006968.jpg

ただ、うねった感じの幹の造形が縄文土器に似ているから、という説もあるらしい。
DSC_1090_20170513054007d03.jpg

南デッキへ移動する。
DSC_1091_201705130540093ea.jpg

樹齢については、1976年、九州大学の真鍋大覚助教授の調査により、7000年以上と発表され、それが定着していった。
DSC_1092_201705130539302c1.jpg

その後、3本ほどの若い木が古木を包み込んでいる合体木の可能性が浮上し、若木の樹齢は2700年と判定された。
DSC_1093_20170513053932c07.jpg

しかし、鹿児島大学農学部の調査では1本の木であることが証明されており、樹齢については依然として確定していない。
DSC_1094_201705130539330f3.jpg

ただ、約7300年前の鬼界カルデラの大火砕流で屋久島の大型植物は全滅したとされており、縄文杉の樹齢は、4000年以上は遡らないというのが定説となっているそうだ。
DSC_1098_2017051305390718e.jpg

サイズは直径5.2m、幹回り16.4m、樹高25.3m。
DSC_1100_20170513053910087.jpg

いずれにしろ、屋久島随一の屋久杉であることには変わりはない。
DSC_1101_20170513053911b14.jpg

南デッキはこの人だかり。
DSC_1099_20170513053909143.jpg

あちらが北デッキ。
縄文杉の北側の古木が近年倒れて、展望が効くようになったので、今年3月に完成したばかりなのだそうだ。
DSC_1102_20170513053832426.jpg

できたてほやほやのデッキで、これまで見られたことのない角度から縄文杉を見ることができたのは幸運だった。
DSC_1104_20170513053835a64.jpg

10分ほどかけてじっくり見学し、ザックをデポしてあるところまで戻る。
DSC_1103_20170513053834ce3.jpg

ほんとうは南デッキから直接、小屋方面に行けたのに、ちょっと失敗した。
DSC_1105_201705130538374bb.jpg
でも、おかげで身軽に見学できたのだから、よしとしよう。
ザックに戻ると、レンジャーみたいな人がザックの写真を撮っていた。
世界遺産内でこういうことをされては困るという証拠写真だったのだろうか。
ちょっと緊張してしまった。

気を取り直して、高塚小屋に向かう。
DSC_1106_20170513053838fc8.jpg

縄文杉の先にも、本土にあったらびっくりするような古木が普通にある。
DSC_1107_201705130538053a8.jpg
DSC_1108_20170513053807b12.jpg

休憩舎を通過。
DSC_1109_201705130538086c6.jpg

倒木も通過。
DSC_1110_201705130538107c9.jpg

縄文杉から20分弱で高塚小屋に到着。
DSC_1111_201705130538110c3.jpg

ここで大休止とする。
DSC_1112_20170513053740176.jpg

小屋にはスポンサーの名前も付いている。
DSC_1113_20170513053741afe.jpg

中を見学すると、どなたかの荷物がデポされていた。
DSC_1114_20170513053743713.jpg
ここを拠点に宮之浦岳(1936m)をピストンするつもりなのだろう。

2階もきれいだった。
DSC_1115_20170513053744c55.jpg

外には携帯トイレ用ブースもあったが
DSC_1116_20170513053746e73.jpg

普通のトイレもあったので、そこで用を足す。
DSC_1117_20170513053708ead.jpg
ここで単独の青年(と言っても40歳くらいかも)が休んでいた。
途中で、私を抜かして行った方だ。
少々雑談。
ルートは私と一緒だが、明日は淀川小屋に泊まる予定なんだとか。
一応テントは持ってきているが、今日は新高塚小屋が空いていれば、小屋に泊まるつもりらしい。
ここまで、このペースで来ているなら、明日は淀川に泊まらなくても、バスの時間までに下れるのでは?と話した。
三重の方らしく、登山歴も私とそれほど変わらなかった。
余計な自慢話はしないし、かと言って無口でもない。フレンドリーだし、とてもジェントルな方だった。

私が小屋の中を見学している間に、単独男性がトイレ方面から出てきて、頂上の方へ登って行ったという。
どうやら、荷物をデポしていた人らしい。
トイレまでは木道が続いており、それを登山道と勘違いしたのだろう。
トイレの奧にも踏み跡があって、そこにはロープが張ってあったのだが、「これは観光客用。登山者は通行可」と勝手に思いこんで突き進んで行ったみたいだ。
DSC_1118_20170513053710f9b.jpg
途中で不審に思い、引き返してきて、正規の道を行ったようだが、ここから頂上まで往復するとコースタイムは8時間半。
いくらほぼ空身とは言え、途中から真っ暗になる。
ていうか8時間半の行程をほぼ空身で行くなんて。
ちょっと信じられない。
ほかにも軽装の外人が「暗くなっても構わない」と登っていった。
世界遺産にはいろんな人がいるわい。無事を祈るしかない。

食事でもないのに30分近くものんびりしてしまった。
DSC_1119_201705130537110b8.jpg

13時前に出発。
DSC_1120_20170513053713ddb.jpg

今宵の宿、新高塚小屋まではコースタイムで1時間20分の距離だ。
DSC_1121_201705130537142e2.jpg

ここは標高1330mほど。
DSC_1123_2017051305364587e.jpg

この先、100mほど登って50m下り、最後にまた100mほど登らなければならない。
DSC_1122_20170513053643ebc.jpg

すでに出発してから7時間近く経過している。
DSC_1124_20170513053646e6b.jpg

背中のザックがさらに重くのしかかるが、気力を振り絞って頑張る。
DSC_1125_2017051305364824c.jpg

最初の100mの登りには、やはり階段があった。
DSC_1126_201705130536498b3.jpg

こちらは木の根の階段。
DSC_1127_201705130536199ab.jpg

階段は歩きやすいが、登り続けなければならないので、精神的にはきつい。
DSC_1128_201705130536207c3.jpg

こういう道の方が手を使えるので、まだマシだ。楽ではないけど。
DSC_1129_2017051305362206b.jpg

背後に見えるシルエットは高塚山(1396m)だろうか。
DSC_1130_20170513055241f4c.jpg

お~いきなり展望が開けた。吉田岳(1165m)から北東に延びる稜線だ。
DSC_1131_20170513053623703.jpg

こちらは高塚山。
DSC_1136_20170513053558e6e.jpg

おそらく愛子岳(左、1235m)と三野岳(右、944m)。
DSC_1134_20170513053555353.jpg

愛子岳を単独でご覧に入れて今回の〆とする。
DSC_1137_2017051305355977b.jpg

(つづく)
このページのトップへ

宮之浦岳(6)

【2017年4月12日(水)】宮之浦岳
大株歩道に入り、縄文杉へと向かっている。
DSC_0956_20170512202341db2.jpg

大勢の登山者が歩いて、すり減った階段を登る。
DSC_0955_2017051220233970e.jpg

木の根もすり減っている。
DSC_0958_201705122023433fa.jpg

いよいよ縄文の森の中に分け入っていく感じだ。
DSC_0957_20170512202342786.jpg
DSC_0961_20170512202312467.jpg

やはり、トロッコ道よりも、こういう道の方が歩きやすい。
DSC_0959_20170512202345195.jpg

渡渉もうきうきする。
DSC_0960_20170512202311270.jpg

この太さは間違いなく屋久杉だろう。
DSC_0962_2017051220231483b.jpg

石の道、そして木の根道を行く。
DSC_0963_20170512202315844.jpg
DSC_0964_20170512202317c57.jpg

道自体が沢のようになっているところもある。
DSC_0966_2017051220224696f.jpg

この大木は伐採されずに済んだんだなあ。
DSC_0965_20170512202245216.jpg

翁杉。
DSC_0968_20170512202249437.jpg

ここにたどり着いたら、先行していたおじさんが「これはウイルソン株じゃないよ」とわざわざ声をかけてきた。
そんなことは看板があるのだから分かる。
DSC_0969_201705122022514b1.jpg

きっと、自分たちがウイルソン株だと勘違いしたから、そういう言葉が出たのだろう。
DSC_0971_201705122022221d9.jpg

翁杉は縄文杉に次ぐ幹回りで12.6mもあり、樹高は23.7m。
DSC_0972_201705122022234b4.jpg

樹齢は約2000年と推定されていたそうだが、平成22年9月10日未明に幹が折れてしまったという。
そんなガイドさんの説明に、みな熱心に耳を傾けている。
DSC_0973_2017051220222576a.jpg

こちらは渡渉して、さらに登っていく。
DSC_0974_20170512202227d57.jpg

またもや階段だ。
DSC_0976_20170512202154489.jpg

切株がコケで覆われている。
DSC_0977_20170512202154266.jpg

もうふさふさだ。
DSC_0978_20170512202157fb8.jpg

左手の沢。
DSC_0979_20170512202157ad8.jpg

裸の木はヒメシャラかな。
DSC_0980_201705122021253ea.jpg

階段が続く。
DSC_0982_20170512202128def.jpg

ちょっと怪獣に似ている。
DSC_0983_20170512202130a5e.jpg

おや、人だかり。
DSC_0984_20170512202131fb1.jpg

これが正真正銘のウイルソン株だ。
DSC_0987_201705122021021fa.jpg

こんな看板があるということは、森の中でお昼を食べる人がいるのかな。
DSC_0986_20170512202100327.jpg

ウイルソン株の中に人が入れるのはよく知られている。
DSC_0985_20170512202059dc1.jpg

伐採年代は18世紀末ごろと伝えられ、屋久島では最も古い切株だそうだ。
1586年に秀吉の命で、大坂城築城のために切られたとの伝説もある。
DSC_0990_201705122020320ed.jpg

私も中に入ってみた。相当広い。
DSC_0995_20170512204613446.jpg

小さなお社が祀られている。
DSC_0993_20170512202037469.jpg

見上げると、空がハートの形に見えた。
DSC_0994_201705122020380a9.jpg

米国の植物学者アーネスト・ヘンリー・ウイルソンが1914年に紹介したことから、そう呼ばれるようになった。
DSC_0998_201705122020071c2.jpg

ゆっくり味わいたかったが、撮影したい人がいっぱいいるのでそうもいかない。
DSC_1000_201705122020101e5.jpg

見学は早々に切り上げて出発した。
DSC_1001_20170512201938dcd.jpg

早速、階段である。
DSC_0999_20170512202009f15.jpg

「トイレ絶対禁止」。そういえばウイルソン株の中を沢が流れていたっけ。
DSC_1003_2017051220194179e.jpg

それにしても屋久島は人気があると改めて思う。
DSC_1002_20170512201939ac5.jpg

新学期が始まったばかりの平日なのに、こんなに若者がいるなんて。
DSC_1007_2017051220183741b.jpg

ウイルソン株以外にも、大きな株や樹木は珍しくない。
DSC_1004_201705122019423ee.jpg

枯死したスギも少なくない。
DSC_1008_20170512201838ff5.jpg
DSC_1009_201705122018402ff.jpg

標高は1000mを超えた。
DSC_1010_20170512201841237.jpg

水場には事欠かない。
DSC_1005_20170512201944e9f.jpg

緑の倒木。
DSC_1011_20170512201811e7b.jpg

これほどのものは本土では見たことがない。
DSC_1012_201705122018122d2.jpg

こいつらなど、まだ若造の部類だ。
DSC_1013_20170512201814cac.jpg
DSC_1018_20170512201744fcc.jpg

意味ありげな石の配置。
DSC_1014_2017051220181543f.jpg

ここで、いきなり宮之浦岳(1936m)の頂上が見えた。
DSC_1015_201705122018176cd.jpg

これは翁岳(1860m)だろうか。
DSC_1016_20170512201741b08.jpg

両者の位置関係はこのようになっている。
DSC_1017_20170512201743068.jpg

切株の大きさは半端ではない。
DSC_1019_201705122017461b1.jpg

さすがに世界遺産。よく整備されている。
DSC_1020_20170512201747b6a.jpg

渡渉地点に休憩スポットがあった。
DSC_1021_20170512201618f64.jpg

でも、ここは通過する。
DSC_1022_201705122016192de.jpg

沢からちょっと登ったところにあるベンチで休憩。
まだ11時前だが、朝が早かったのでここでお昼にした。
DSC_1028_201705122015509fa.jpg

まわりにも休んでいる人がちらほら。
DSC_1024_20170512201622d20.jpg

濃い緑に囲まれた潤いのある空間だ。
DSC_1023_20170512201621ba9.jpg
DSC_1027_20170512201549d92.jpg

まずは、しろくまのクリーム大福。もっちりしていて美味しい。
DSC_1025_20170512201623c2c.jpg

主食はフリーズドライのスープパスタ。
DSC_1026_2017051220154763a.jpg

ゆっくり食べて、25分ほどで出発。
DSC_1029_20170512201552b87.jpg

この上にも、いくつか休憩スポットがあった。
DSC_1030_20170512201553bbc.jpg

早朝出た人はちょうどお昼を食べたくなるあたりだからだろうか。
DSC_1032_2017051220151592e.jpg

ちょうど水場もあるし。
DSC_1033_201705122015165b7.jpg

緑の衣をまとった屋久杉。
DSC_1031_201705122043021d8.jpg
DSC_1034_20170512201518949.jpg

これらもかなり大きい。
DSC_1036_20170512201450dc9.jpg
DSC_1037_20170512201451cb7.jpg
DSC_1038_20170512201453a44.jpg

どんどん標高を稼いでゆく。
DSC_1035_20170512201519f7f.jpg

ここは倒木により通行止め。
DSC_1039_20170512201454291.jpg

間もなく、大王杉に到着。
DSC_1040_20170512201456fec.jpg

最初はこの切株のことかと思ったけど
DSC_1041_2017051220142515b.jpg

その向かいにある生きた木の方だった。
DSC_1042_20170512201427c46.jpg

杉の皮をはがす人がいるなんて。
DSC_1044_20170512201430c69.jpg

大王杉の根元の部分。
DSC_1045_20170512201431001.jpg

真ん中のあたり。
DSC_1046_2017051220135994c.jpg

上の方。やはり王者の風格がある。
DSC_1047_2017051220140039e.jpg

間もなく携帯トイレブース前を通過。
DSC_1048_2017051220140206d.jpg

ここは女王杉のあるところらしいが
DSC_1050_20170512201405645.jpg

これのことだろうか。
DSC_1051_2017051220133165a.jpg

この切株のわけはない。
DSC_1049_20170512201403c52.jpg

こちらは女王ではなく、アザラシ。
DSC_1052_201705122013330f6.jpg

とにかくスケールがでかい。
DSC_1053_2017051220133452e.jpg

なんと、ここからやっと世界遺産の登録範囲だ。
DSC_1054_2017051220133661d.jpg

すぐに夫婦杉。
DSC_1056_20170512201337d57.jpg

手を取り合っているように見えるのが分かるだろうか。
DSC_1057_20170512201305572.jpg

こちらが夫の方かな。
DSC_1058_20170512201306c2f.jpg

左が奥さん。
DSC_1059_201705122043043f8.jpg

ちょっと光の加減で分かりにくかった。
DSC_1060_20170512201309d40.jpg

では縄文杉へと向かおう。
DSC_1061_20170512201311c39.jpg

(つづく)
このページのトップへ

宮之浦岳(5)

【2017年4月12日(水)】宮之浦岳
荒川登山口から縄文杉に向かって、安房(あんぼう)森林軌道を歩いている。
DSC_0849_201705110604488a0.jpg

雨量の多い屋久島では、岩の上にもあっという間に木々が根付いてしまう。
DSC_0848_201705110604463ed.jpg

小杉谷集落跡を過ぎ、いよいよ樹齢1000年を超える屋久杉が姿を現してきた。
DSC_0850_2017051106044969e.jpg

切株の上に落ちた種子が発芽し、2代目も育っている。
DSC_0851_20170511060451840.jpg

300年も前に伐採されたものだが、切株は次世代の栄養源なのだ。
DSC_0852_20170511060452f3c.jpg
DSC_0853_20170511060421dba.jpg

大いなる自然の営みに畏敬の念を感じつつ、山の奥へ奧へと分け入ってゆく。
DSC_0854_20170511060423e6a.jpg

切株に幼木が生えてくることを切株更新という。
DSC_0855_20170511060425868.jpg
DSC_0856_20170511060426ac4.jpg

ツバキの花びらが線路に落ちている。ツバキは地面にも咲く花だ。
DSC_0859_201705110603598a5.jpg

山の中は静かそうに思えるかもしれないがそうでもない。
DSC_0860_201705110604016b7.jpg
ガイドさんがいるグループが後ろにつくと、結構賑やかだ。
ガイドさんは後ろの人にも聞こえるように話すので、声が大きいのだ。

小杉谷事業所跡から30分ほどで楠川分れを通過。
DSC_0863_20170511060405dd9.jpg

ここは白谷雲水峡への分岐にあたる。
DSC_0861_201705110604027c2.jpg

軌道の終点までは、あと1時間だ。
DSC_0862_20170511060404e6b.jpg

境谷を立派に整備された橋で渡る。
DSC_0864_20170511060337eaa.jpg

その先に引き込み線の跡らしきものがあった。
DSC_0865_201705110603398e4.jpg

これは単なる引き込み線のようだ。
DSC_0866_201705110603400e0.jpg

さらに小さな橋を渡ると
DSC_0867_20170511060342206.jpg

小杉谷山荘跡に設置されたトイレに出た。
DSC_0868_20170511060343afe.jpg

もちろん利用させていただいた。
DSC_0871_20170511060317b2e.jpg
ここには普通に垂れ流していいトイレと、携帯トイレ用ブースがあった。

水場とかまどの跡もある。
DSC_0869_2017051106031457c.jpg

キャンプもさせていたのだろうか。
DSC_0872_20170511060319f73.jpg

山中では数少ないトイレなので、さすがに利用者が多かった。
DSC_0870_201705110603165c7.jpg

用が済んだら出発、といきたいところだが、しばし休憩。
DSC_0873_20170511060320ae1.jpg

7分ほどぼんやりしていた。
DSC_0874_20170511060250ca6.jpg

トイレのすぐ先に登場したのが三代杉。
DSC_0875_2017051106025294d.jpg

1代目のスギが約2000年で倒れ
DSC_0876_20170511060253e2d.jpg

倒木更新した2代目が約1000年で伐採され
DSC_0877_20170511060255c2f.jpg

その上に切株更新して育った3代目の樹齢が約500年。
DSC_0878_20170511060256e86.jpg

ものすごい命の営み、つながりだ。
DSC_0880_2017051106022737e.jpg

この先はしばらく整然とした樹林帯。
DSC_0881_201705110602294b1.jpg

ところどころに古い切株が残る。
DSC_0882_20170511060230ec7.jpg
DSC_0883_20170511060232464.jpg

一瞬、岩に見えてしまうほど大きい。
DSC_0884_2017051106015918a.jpg
DSC_0885_20170511060200e3b.jpg
DSC_0889_2017051106013382e.jpg

ようやく高塚小屋までの中間地点を通過した。
DSC_0886_20170511060202fa4.jpg

この洞穴はかつての林業関係者の避難所だったのだろうか。
DSC_0887_201705110602037e6.jpg

いくつかあったが、中は覗かなかった。
DSC_0888_20170511060205e8a.jpg

乱沢を通過すると
DSC_0890_20170511060135f3d.jpg

道は大きく右に旋回。
DSC_0892_201705110601384e5.jpg

左手に、山に入っていく踏み跡があるが、これが近道であるのに気付かず、そのまま軌道を進んでしまった。
DSC_0893_20170511060139ec6.jpg

間もなく思い出したのだが、戻るのもばかばかしいので、近道は断念。
DSC_0894_20170511060109a9c.jpg

乱沢を再び渡る。
DSC_0896_20170511060111cdc.jpg
DSC_0897_201705110601124a2.jpg

水は実に清冽だ。
DSC_0898_201705110601137ec.jpg

勢いよくほとばしっている。
DSC_0899_2017051106003823d.jpg

あれれ、あれから随分歩いたのに、距離表示が同じだ。
DSC_0900_20170511060040c54.jpg

急カーブして、一段上から、今歩いてきた軌道を見下ろす。
DSC_0901_20170511060041531.jpg

近道との合流地点。まあ時間のロスは数分程度だろう。
DSC_0902_201705110600427b4.jpg

路盤の石垣は初めて見た。
DSC_0903_20170511060045919.jpg

丸太の太さは、1mはありそうだ。
DSC_0904_2017051106000999a.jpg

だそうです。
DSC_0905_201705110600102a6.jpg

石塚山とはこれのことだろう。あれが鳥井岩なのだろうか。
DSC_0906_20170511060012628.jpg

無造作な休憩用ベンチを通過。
DSC_0907_20170511060013216.jpg

間もなく、先行していた団体さんに追いついてしまった。
DSC_0908_20170511060015865.jpg

これは、まさに旧線跡。
DSC_0909_20170511055943e69.jpg

そして木橋7号。
DSC_0911_20170511055946d0f.jpg

再び小さな沢を渡った。
DSC_0912_20170511055947f0a.jpg

切通。レールが随分ゆがんでいるように見えるが、大丈夫だろうか。
DSC_0914_20170511055915ddd.jpg

仁王杉(啊行)。
DSC_0918_2017051105592031d.jpg

この部分、大きく口を開いているように見えるのが、名称の由来だろうか。
DSC_0919_20170511055922521.jpg

吽行の方はすでに倒れていた。
DSC_0921_20170511055847fc5.jpg

再び引き込み線。
DSC_0922_20170511055849ded.jpg

これは壁にぶつかって止まっている。
DSC_0925_20170511055851a69.jpg
方向転換が目的なのだろうか。

これは切株の年輪?
DSC_0926_20170511055852c9f.jpg

またまた無造作な休憩用ベンチ。
DSC_0927_20170511055854cc7.jpg

この巨岩は軌道を築く時に削ったのだろうか。
DSC_0928_2017051105582183c.jpg

屋久島中枢部の山が見えてきた。
DSC_0929_20170511055822c0b.jpg

山の名前は分からない。
DSC_0930_20170511055824a77.jpg

まだ休憩は我慢。
DSC_0931_2017051105582541f.jpg

初めての白骨樹。
DSC_0932_2017051105582731f.jpg

新緑と常緑、冬枯れの対比が見事だ。
DSC_0935_2017051105575012d.jpg

ちょっと崩れかけた待避線。
DSC_0934_20170511055749bc0.jpg

新緑が本当に鮮やかだ。
DSC_0936_20170511055752da2.jpg

歩き始めてから3時間15分で、大株歩道入口に到着。
DSC_0937_201705110557539a5.jpg

岩に腰掛けて休憩し、栄養を補給。
DSC_0938_20170511055722b86.jpg

10分ほど休んでトイレに向かう。
DSC_0939_20170511055724f4d.jpg

トイレは大株歩道の入口前を通過して、もう少し軌道に沿って進んだところにある。
DSC_0940_20170511055725112.jpg

大杉谷も渡らなければならない。
DSC_0943_20170511055658ed2.jpg

橋を渡った先が、まさに森林軌道の終点。
DSC_0945_20170511055701e0c.jpg

その奥にあるトイレで、たまっていたものを出すことに成功。
DSC_0947_20170511055704994.jpg

これで快く、大株歩道の登山道に臨める。
DSC_0946_20170511055702964.jpg

橋をもう一度渡って
DSC_0948_20170511055631d83.jpg

ここからが本格的な登山開始だ。
DSC_0949_20170511055633cef.jpg

大株歩道と呼ばれているのは、大きな切株がたくさんあるからなのだろうか。
DSC_0942_20170511055728413.jpg

いきなりの急登なので、努めてゆっくり歩く。
DSC_0950_20170511055635c89.jpg

やはりトロッコ道よりも登山道の方が落ち着く。
DSC_0951_20170511055636b39.jpg

木道はスリップに注意。
DSC_0952_20170511055638e40.jpg

手も使って、登っていく。
DSC_0953_20170511055608a04.jpg

丸太のような石だが化石ではあるまい(笑)
DSC_0954_201705110556106dd.jpg

(つづく)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (74)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (84)
中央線沿線の山 (91)
富士山周辺の山 (58)
八ヶ岳周辺の山 (39)
南アルプス (92)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (19)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR