山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

石鎚山(1)

【2016年7月28日(木)】石鎚山
JR伊予西条駅前から、せとうちバスに乗って1時間弱。
17:15、「ロープウエイ前」のバス停に着いた。
石鎚登山ロープウエイの山麓駅は、バス停のすぐ横にあるのではなく、少し歩いて登らなければならない。
CIMG5387_2016092106544892a.jpg

その登り口がやけに淋しくて、もう廃線になっているのではないかと思わせるほどの雰囲気を漂わせていた。昭和の香りもプンプンした。
CIMG5389_20160921065451e7a.jpg

「やすまんかい」と言われると怒られているような気もするが、「休んで行ってくださいね」という意味の方言なのだろう。
CIMG5388.jpg

平日だし、時間も時間なので、どの店も閉まっている。
CIMG5390.jpg
CIMG5396_20160921065428961.jpg

階段をひとつ登ると、大きな天狗の面がある法起坊堂の前に出た。
CIMG5391_2016092106545482f.jpg

縁起は説明板の通りである。
CIMG5392_201609210654242b6.jpg

石鎚神社に功績のあったと思われる山本伊之助氏の頌徳碑。
CIMG5393.jpg

参道にはいろんなものがお祀りされていたが、ロープウエイの時間が気になるので先を急ぐ。
CIMG5394_201609210654272d0.jpg
CIMG5397_20160921065430574.jpg

とは言いながら、写真だけは撮るのだが。
CIMG5398_20160921065402139.jpg
CIMG5402.jpg
今着いたばかりのロープウエイで下ってきたと思しき人と数人すれ違った。

これは役行者とその一味って感じだろうか。
CIMG5399_20160921065404f45.jpg

石鎚大権現。
CIMG5400_20160921065405ac1.jpg

ここはさすがにもう廃業している。
CIMG5403_20160921065408c67.jpg

左手に瓶ヶ森(1897m)方面の山々が望めた。
CIMG5404.jpg

バス停から5分ほどで、山麓駅に着いた。
CIMG5406.jpg

ちょうど17:20。私が着いたと同時に、駅員が上の階に上って行った。
CIMG5407_201609210653455d1.jpg

「次の発車は17:40」と表示がある。17:20の運行のために行ったのか。
CIMG5408_20160921065346439.jpg
「乗ります!」と叫ぼうとしたが、ちょっと勇気がなかった。

でも20分の便は、山頂からの乗客もいなかっららしく、運行しなかった。
CIMG5411_20160921065319432.jpg

20分も時間ができてしまったので、しばらく周辺を散策。
CIMG5405_20160921065342069.jpg
CIMG5409_20160921065316d8e.jpg

山麓駅は正式には「山麓下谷駅」というようだ。
CIMG5410_20160921065318032.jpg
CIMG5412_201609210653211e5.jpg

あれが山頂駅か。随分高い。
CIMG5414.jpg

猫には何か意味があるのかな?
CIMG5416_20160921065253734.jpg

戻ってチケットを購入する。片道1030円。石鎚山のバッジも買った。400円は安い。
CIMG5417_20160921065255e78.jpg

田中陽希さんは後日、西条にも講演で来るようだ。大忙しだ。
DSC_2860_201609210711107e5.jpg

さて、17:40が近づいてきたので、ホームへ。
CIMG5419_20160921065258a88.jpg

今まで考えてもみなかった石鎚山へGO!
CIMG5423_201609210652295c6.jpg

ロープウエイには係りの人は乗らず、私ひとり。
CIMG5421.jpg
乗客が私1人で係りの人が一緒ということはあったが、ほんとに自分1人なのは初めてではないか。

さあ発車。
CIMG5427_2016092106523347b.jpg

谷に沿って登っていく。
CIMG5425_20160921070705285.jpg

まわりは鬱蒼とした森だ。
CIMG5426.jpg

東の山々が見えてきた。
CIMG5428_201609210652352d6.jpg

加茂川も谷が深い。
CIMG5429.jpg

あれは荷物運搬用の箱だろうか。
CIMG5430_201609210652077fe.jpg

うお~、これはかなり高い鉄塔だ。
CIMG5431_20160921065208e5a.jpg

左手に瓶ヶ森が姿を現した。
CIMG5432.jpg

背後の尖塔は二ノ岳(1156m)。
CIMG5433_201609210652115b7.jpg

下り「列車」とすれ違い。
CIMG5434_20160921065129a40.jpg

あちらには誰も乗っていなかった。
CIMG5436_201609210651303c2.jpg

お~絶壁だ。
CIMG5437_20160921065132d79.jpg

これを越えると、鉄塔の背は低くて済むらしい。
CIMG5438_20160921065133ebf.jpg

やはりロープウエイが通るラインはきれいに伐採されている。
CIMG5439.jpg

北西には道前平野が広がっているはずだが、霞んでよく見えない。
CIMG5440.jpg

二ノ岳の向こうに見えてきたのは高森(1360m)だろう。
CIMG5441.jpg

その全貌。
CIMG5443_20160921065105f64.jpg

さらに奥には西条市街が光っていた。
CIMG5442_2016092106510433e.jpg

間もなく山頂成就駅に到着。
CIMG5444.jpg

スギの美林が夕陽を浴びている。
CIMG5445.jpg

標高差約850mを8分で登ってしまった。
CIMG5447_20160921065035de0.jpg

改札を出ると、最終便で下るカップルの登山者に声をかけられた。
「これからですか?」
「いえ、成就社までです」
「じゃ、ゆっくり登れますね」
「ええ」と返事をして二人を見送った。
CIMG5449.jpg

出発前に駅舎コレクション。
CIMG5453_20160921064958379.jpg

ここのリフトはスキー場が開いている間だけの営業かと思ったら、夏も動いていた。
CIMG5452.jpg

リフトの頂上は展望台になっているので行ってみたいが、今回はちょっと無理だ。
CIMG5454.jpg

アジサイがきれい。やはり1300mとなると南国四国でも涼しいんだろう。
CIMG5455_20160921065001be1.jpg

いい天気だが、やっぱり明日も雲が気にかかる。
CIMG5450_20160921065038145.jpg
CIMG5456.jpg

まあ、なるようにしか、ならない。
では、今宵の宿がある成就社に向けて出発するとしよう。
CIMG5459.jpg

成就社までは、実は車の通れる道だ。
CIMG5460.jpg

すぐ先に展望台があった。
CIMG5462_20160921064934b15.jpg
CIMG5463_20160921064935e96.jpg

見えているのは、こうした山々。
CIMG5465_20160921064937f94.jpg

こちらの案内図も昭和らしくて、なかなか秀逸。
CIMG5466.jpg

なんて、ゆっくりしている暇はないので歩こう。
CIMG5467.jpg

あれ、ここには「リフト運休中」とあるなあ。臨時点検中かしら。
CIMG5468_201609210649096d2.jpg

沿道に建つのは奥前神寺。
CIMG5469_20160921064910466.jpg

「鎚」を「金」に「夫」と書く表記もあるようだ。
CIMG5472_20160921064912de0.jpg

宿まではあと20分。
CIMG5473_20160921064913a59.jpg

いつの間にか砂利道になっていた。
CIMG5474.jpg

静かな道を黙々と歩く。
CIMG5476.jpg

単独の下山者が下りていった。
CIMG5480_20160921064844336.jpg

結局、成就社までに2組3人とすれ違った。
後に会った2人はロープやカラビナを持っている人なので、下まで歩いても下れそうだが、もう1人は疲れた顔をしていたし、もうロープウエイは終発が出てしまったし、どうするのだろう。
CIMG5484_20160921064817854.jpg

成就社までの中間地点を通過。
CIMG5481.jpg

ヘアピンカーブもあった。
CIMG5482_20160921064848217.jpg

西之川に下りる分岐も通過。
CIMG5486_20160921064819a81.jpg

ケルンや小さな石仏も見送る。
CIMG5488.jpg
CIMG5489_20160921064822910.jpg

「杖立王子」という地名があるのか。
CIMG5490_20160921064823be4.jpg

「山と高原地図」には載っていない分岐もあった。
CIMG5491_2016092106475372f.jpg

あと5分だそうだ。
CIMG5492.jpg

ここは大橅(おおぶな)。
CIMG5493_20160921064756f18.jpg

これのことか。
CIMG5494_20160921064757747.jpg

左手にはブナの森が広がっていた。
CIMG5495_2016092106475919d.jpg

おお、そろそろ成就社に着いたようだ。
CIMG5496_20160921064735609.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/998-c5703a20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (74)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (84)
中央線沿線の山 (91)
富士山周辺の山 (58)
八ヶ岳周辺の山 (39)
南アルプス (92)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (59)
駅舎の旅 (19)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR