山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

岡山電気軌道(上)

【2016年7月28日(木)】岡山電気軌道
今回は岡山に出張である。
かつては月に1、2回は出張があったのに、この年になるとほとんどなくなってしまった。
貴重な機会なので、金曜を休みにして、3連休を作った。
この休みを利用して、四国の山を登るつもりだ。

仕事はわりと朝早いので、前日のうちに岡山入りしなければならない。
なので、夕方5時には仕事を切り上げ、東京駅へ。
例によって、コインロッカーからザックを回収。今回はPCもヘルメットも入っているので、かなりきつきつだ。

17:30東京発ののぞみ55号博多行きに乗り込む。
DSC_2795_20160920064515e2c.jpg

一応、出張なので指定席。
DSC_2797_20160920064516390.jpg

もちろん旅のお供に缶ビール。
DSC_2798_201609200645181e9.jpg

夕食はおつまみにもできる、おかずの多い駅弁を選んだ。
DSC_2799_2016092006451922d.jpg

「30品目以上にぎわい弁当」だ。
DSC_2800_20160920064521ce3.jpg
食後はパソコン作業をしたり、うとうとしたり。

20:55、定刻通り岡山に到着。
DSC_2801_2016092006444844a.jpg
桃太郎に歓迎された。

今宵の宿は、駅西口から3分ほどの場所にあるビジネスホテル幸荘。
DSC_2803_20160920064449362.jpg

岡山市内で最初のビジネスホテルだそうだ。
DSC_2806_20160920064454b00.jpg
この日は岡山で開催されるインターハイ開会式の前日とのこともあり、市内のホテルはどこも満室だったが、なぜかこの老舗は空いていた。

館内はなんだかマンションの廊下のよう。
DSC_2804_20160920064451f7d.jpg

とにかく、ひと風呂浴びて、さっぱりする。
脱衣所の衣類置場はひし形の珍しい設計だった。
DSC_2820_20160920064421132.jpg

そういえば、山に登る準備はしてきたが、乗り鉄のことはまるで考えていなかった。
でも、岡山に着いて、ふと気が付いた。
明日の出発時間は8時半。
どうせ朝早く目が覚めてしまうのに、宿でだらだらしているのはもったいない。
岡山周辺の鉄道路線図を検索してみると、路面電車が走っていることを思い出した。
1路線片道15分ほどで2路線ある。
東山線の岡山駅前始発は6:15なので、両方乗ってもちょうど8時くらいには宿に戻れそうだ。
朝は散歩がてらこれらに乗ることに決めて、23時に就寝した。
DSC_2805_2016092006445223f.jpg

翌朝は5時に起床。
ちょっと早すぎるが、5:45ごろ宿を出た。
CIMG5221_20160920064946b26.jpg

岡山市のマンホール。よく見ると逆さまだ。
CIMG5222.jpg

桃太郎をモチーフにした、こんな可愛らしいのもあった。
DSC_2809_201609200644195f3.jpg
CIMG5226_20160920064950f44.jpg
DSC_2828_20160920064423226.jpg

駅前なのに、木造のかなり古い民家がいくつか残っていた。
CIMG5224_201609200649497b4.jpg
CIMG5227_20160920064952417.jpg

繁華街は東口側なので、こちら側の開発は遅れたのだろう。
CIMG5228_2016092006492440a.jpg
CIMG5229_201609200649260e7.jpg
それにしても、あちこちに制服・私服含めて警官がたくさんいて、ものものしい。
今日はインターハイの開会式に皇太子殿下が出席されるそうなのだが、岡山県警は皇族の警備に異常なほどの執念を燃やすらしい。
去年の和歌山はかなり緩かった気がする。

西口から東口に移動。
CIMG5231.jpg

駅ビルのコンビニに入り、朝食を調達。歩きながら食べる。
CIMG5232.jpg

東口に立つ銅像「青春感謝」。
CIMG5234_201609200649309bb.jpg
旧制第六高等学校(現岡山大学)の創立100周年を記念して、平成12年に建立されたものだそうで、高ゲタ黒マントの六高生がモデルだ。
弊衣破帽はバンカラ時代の象徴である。

こちらはお馴染み桃太郎。犬に猿、キジも連れている。
CIMG5236.jpg

岡山に来たのは、2010年の1月以来6年ぶり。
CIMG5239.jpg

今日開幕です。
CIMG5238.jpg

駅前商店街「スカイモール21」。もちろん、みんな開店前。
CIMG5241_20160920070220358.jpg

駅前の大通りは、「桃太郎大通り」。
CIMG5244_20160920064838abf.jpg
CIMG5243_20160920064837642.jpg

この通りに市電が走っている。
CIMG5242_201609200649063da.jpg

これが岡山駅前電停。
CIMG5245_20160920064840657.jpg

東山線と清輝橋線はここから2つ先の柳川電停まで共通だが、両方ともここが始発。
CIMG5246_20160920064841b66.jpg

ざっと、このような概念図となる。
CIMG5247.jpg

時刻表も電子化されていた。
CIMG5249_20160920064811b50.jpg

先客は一人だけ。
CIMG5250.jpg

レールはこのように交差している。
CIMG5251_2016092006481533d.jpg

間もなく一番電車がやってきた。
CIMG5254_201609200648169ad.jpg

予定通り6:15発の始発に乗り込む。わ~い、乗り鉄だ~
CIMG5255_20160920064818510.jpg
一日乗車券(400円)を車内で購入。
片道140円を2往復する形になるので、160円の得ということになる。
時間が限られているので途中下車はせず、終点の東山電停まで一気に乗りつぶす。

目を皿のようにして沿線の市街地を眺めているうちに、15分で東山に到着。
CIMG5258_20160920064748a6b.jpg

岡山駅前行きの電車を見送る。
CIMG5256_20160920064747ed9.jpg

ここで、さっきと違うタイプのマンホールを発見。
CIMG5259_2016092006474988c.jpg
CIMG5264_20160920064724934.jpg

すぐ折り返すのも無粋なので、ちょっとだけあたりを散策する。
ここには「おかでんミュージアム」があったが、もちろん営業時間外。
CIMG5260_20160920064751d06.jpg

仕方ないので、外から見える車両を覗き見。
CIMG5262.jpg

あちらは次の岡山駅前行き。これも見送る。
CIMG5263.jpg

「東山」という地名はあちこちにあるが、だいたい公園があるという共通点がある。
CIMG5265_20160920064725d57.jpg

どんな感じか確認してみよう。
噴水止まってます。
CIMG5266_20160920064726384.jpg

動物園だったと思われる檻はカラ。
CIMG5267_2016092006472839b.jpg
要するに、公園機能は停止した状態だった。

これではつまらないので、近くにあった玉井宮なる神社まで足を延ばすことにした。
CIMG5270.jpg

階段が長すぎる感じがするが、次の電車に間に合うのかな。
CIMG5271_2016092006465871c.jpg

文化年間の奉納とあるので、かなり古い。
CIMG5274_20160920064659438.jpg
蒸し暑くて、ちょっと歩いただけで汗だくになった。

階段を登り切ったところに「大東亜戦争戦災記念碑」。
CIMG5275_20160920064701f9e.jpg
昭和20年6月29日午前2時40分のB29による空襲で、岡山市街の大半が焼失したという。でも、ここの社殿は焼失を免れたそうだ。

ただ、鳥居は直撃弾で一部被災したとのこと。
CIMG5278_201609200647025d8.jpg
玉井宮はもともと児島半島の先端にある米崎に鎮座していたが、応徳二年(1085年)にこの地に遷座した。
その後、正徳二年(1645年)に時の岡山藩主池田光政公がこの地に東照宮を勧請し、現在に至っている。

石灯籠の参道を進む。
CIMG5279_201609200646313d6.jpg

昭和天皇の「御成婚紀念樹」(大正13年)。
CIMG5280_20160920064632bd9.jpg

随身門をくぐる。
CIMG5281_20160920064634291.jpg

左手に天満宮。
CIMG5283_2016092006463623c.jpg

右手は坂中荒神社。
CIMG5284_2016092006463796d.jpg

さざれ石。
CIMG5286_20160920064606084.jpg

豊玉比売命ほかを祀る本殿。
CIMG5287.jpg

守り神はお猿さんだ。
CIMG5289_20160920064609731.jpg

丁寧に参拝したところで、取って返す。
CIMG5290_20160920064610b8f.jpg

他にもいくつか摂社が祀られていた。
CIMG5291_201609200646125e7.jpg
CIMG5292_201609200645421f6.jpg

こちらは備前国が生んだ忠臣、和気清麻呂、児島高徳、楠正行の三柱を祀る三勲神社。
CIMG5294_20160920064543e6a.jpg

さあ、急がなくては。参拝に10分もかかってしまった。
CIMG5297_2016092006454593f.jpg

通勤ラッシュも始まったようだ。
CIMG5296_201609200645443d8.jpg

待機している電車も一応、カメラに納めておいた。
CIMG5298_2016092006454755c.jpg

(つづく)

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/996-13769130
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (154)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR