山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

仙丈ヶ岳(10)

【2016年7月10日(日)】仙丈ヶ岳
12時前に北沢峠(2030m)に着いた。
DSC_4203_201608302108228e6.jpg
コースタイム4時間20分のところ、6時間半近くかかった計算になるが、それだけゆっくり歩く価値のあるコースだった。
この前の日光(前白根山)もよかったが、ここはさらに上を行く喜びが得られた。

峠の気温は20℃弱。
DSC_4207_2016083021082419b.jpg
下界では涼しい気温だが、山では暑い方だ。

ここまで行動食だけでしのいできたので、お腹が空いた。
こもれび山荘で予定通りお昼にする。
その前にもう一度、バスの時間を確認しておこう。
DSC_4205_201608302108237f8.jpg
次のバスは13:30だから、あと1時間半もある。
のんびりできそうだが、人が集まると臨時バスが出ることもあるので油断してはならない。

長野県側にクリンソウが咲いている。
DSC_4211_201608302108033e6.jpg

おお、なかなかきれいではないか。
DSC_4208_201608302108261c8.jpg

でも、今は花より団子。とにかく、めしだ。
DSC_4210_20160830210801e47.jpg

ここは以前、甲斐駒(2967m)に登った時もお昼を食べた小屋だ。
DSC_4212_20160830210804ea1.jpg

当時は、長衛荘と言った。その後、わけあって改称された。
DSC_2768_20160830211602982.jpg
店内に入り、地ビールと枝豆、そしてこもれびラーメン(800円)を注文。
以前寄った時はカツ丼を頼んだのだが、べとっとしてておいしくなかった。
評判が悪かったからか、すでにメニューにはなかった。

地ビールは南信州ビール。これはなかなかコクがあって美味だった。
DSC_2769_20160830211603c1e.jpg

しかし、枝豆が遅い。先にラーメンが来てしまった。
DSC_2771_20160830211605826.jpg

そういえば、「餃子が先だろう!」と怒って、ラーメン屋の店長を殴り殺した気違いがいたっけ。怒る気持ちは分からないわけではないけど。
DSC_2770_20160830211604341.jpg
とりあえず、手持ちの酢イカで飲んでいたので、よかったが、何もなかったらムカついたところだった。

ゆっくりしたつもりが30分しか経っていない。
一応、バス乗り場に行って、チケットを買っていたら、間もなく臨時便を出すという。
おお、それは絶妙なタイミング。
小屋でだらだらしていないでよかった。やっぱり油断大敵だ。
12:45に出発。予定より45分も早まった。
運転手さんが後ろに甲斐駒が見えていると教えてくれたが、頂上はすでにガスに包まれていた。
CIMG4110_20160830210840a01.jpg

下っていくと、一瞬、仙丈ヶ岳が見えて、びっくり。
CIMG4113_201608302108429c9.jpg

これは小太郎沢の滝だろうか。
CIMG4115_201608302108436a0.jpg

それとも、こっちだろうか。
CIMG4123.jpg

あれは大樺沢の谷。北岳(3193m)もすっかりガスに覆われてしまったということだ。
CIMG4124_20160830210846983.jpg

そして広河原には13:10に到着。
CIMG4125_20160830210820188.jpg

ここで乗合タクシー(ワンボックス)に乗って、さくっと芦安に行くつもりだったが、運転手さんが次は14:20に出すという。
バスは14:30なので、それよりは早いが、まだ1時間以上もあるではないか。
それじゃあ、北沢峠で定刻のバスに乗ったのとほとんど変わらない。
悔しいけど仕方ないので、とりあえずザックを待合所のイスに置いて、トイレへ。
昨日の朝から出ていなかったのが、やっと出た。
15分くらいこもって出てきたら、タクシーがまさに出るところだった。
急きょ出すことにしたらしい。
全く、張り付いていないと何が起こるか分からない。
乗れてよかったが、危なかった。

ただ、この運転手、かなり高齢なのだが、随分飛ばす。
最初のトンネルで80km近く出していたので、おちおち寝ているわけにはいかず、ずっと起きて、景色を見ていた。
夜叉神峠まで来て、やっと安心できた。
14時すぎに芦安の駐車場に到着。
ここはまだ標高900m近くあるが、やはりめちゃめちゃ暑い。30℃は超えているだろう。

風呂は駐車場の隣にある白峰会館で入ろうと思ったが、何だか営業していない様子。
それではということで、駐車場にある山岳観光案内所で前日ゲットしたマップを頼りに、天笑閣に向かう。
14:30に到着。
ここは日本第二のアルカリ泉だそうだ。
DSC_2787_20160830211627fa9.jpg
さすがにつるつる。
加温した湯船のほかに、ぬるい源泉(29.3℃)があった。
暑かったので、ありがたかった。

15:15、2日分の汗を流して出発。
DSC_2783_20160830211607b68.jpg

このまますいすい高速で帰りたいところだが、そうはいかないのが大東京。
週末は必ず大渋滞となる。
この日も小仏トンネルを先頭に17km。
渋滞は嫌いなので、大月で下りて、国道20号を行く。
途中、気まぐれで猿橋に寄った。
DSC_2790_20160830211630693.jpg

お腹が空いたので、国道沿いを探しつつ、上野原の「綾乃」という店に入った。
肉が食べたかったので、カツ丼を注文。
ノンアルとキュウリの1本漬けも。
カツ丼の味はまずまず。量が多かったのでまたしても満腹になってしまった。
DSC_2792_201608302116317c9.jpg
今回は逆に太ってしまったかもしれない。

精算の際、何気なくレジを見ていたら、食べた覚えのない「メンチカツ」という品物が打たれていて、想定していたのよりかなり高い金額を請求された。
「あの~、メンチカツって打ってませんでした? 食べてませんよ」
「あ、クリアしたはずですから、大丈夫だと思いますよ」
と言って、明細を確認するお店の人。
「あ、残ってましたね。正しくは○○円です」
おいおい、ちょっと待てよ。
「あのさ~、あやうくこっちは1000円も余計にお金を取られるところだったんだよ。そんな言いぐさある?」
「いえ、そんなことありません。ちゃんと気づきますから」
「全然気づいてないじゃないか。こっちが指摘しても、大丈夫とか言ってただろう。へらへらしてないで、ちゃんとあやまんなよ」
「すいません」
その謝罪も全く、悪いと思っている言い方ではなかった。
(まったくいい年をして)と思ったが、喧嘩をしてもくだらないので、「ごちそうさま」も言わずに店を出た。
せっかく素晴らしい山行だったのに、最後の最後にケチがついたわい、と思うのも悔しいので忘れることにした。

この先も藤野駅前や相模湖駅前で少し詰まったくらいで、ほぼ順調に流れてくれた。
高尾山ICから圏央道に乗り、所沢市内も珍しくきわめてスムース。
これはギリギリ20時前に家に着きそうだ。
諦めていた投票にも行けるかも。

帰宅後、急いで投票券をつかんで、エンジンをかけたままの車に乗り込み、投票所へ。
締まる直前に滑り込みセーフ。
私が投票した人は見事落選したが、国民の権利を行使できて、よかった。
これも仙丈ヶ岳の神様からのご褒美だろう。
今度は薮沢を登って、大仙丈を経由して、間ノ岳まで縦走してみたい。

【行程】2016年7月10日
馬の背ヒュッテ(5:35)~丹渓新道分岐(5:46)~仙丈小屋(6:38休憩6:52)~地蔵尾根分岐(7:00撮影7:08)~仙丈ヶ岳(7:33休憩・撮影7:58)~仙丈小屋分岐(8:28)~八合目(8:45)~小仙丈ヶ岳(9:13休憩・撮影9:32)~六合目(10:00)~五合目(10:18休憩10:30)~四合目(10:43)~三合目(10:58)~(11:11休憩11:22)~二合目(11:25)~北沢峠(11:52)
※所要時間:6時間17分(歩行時間:4時間40分)コースタイム:4時間20分
※登った山:2座(仙丈ヶ岳、小仙丈ヶ岳)
※歩行距離:6.3km
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/971-d781f6bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (123)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR