山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

仙ノ倉山(6)

【2016年5月28日(土)】仙ノ倉山
平標山ノ家から山を駆け降りている。
とくに樹林帯に入ってしまったら容赦はいらない。
DSC_1353_201607090525107ab.jpg
DSC_1357_20160709052511a12.jpg

一気に高度を下げていく。
DSC_1358_201607090525127f3.jpg

階段もどんどん攻める。
DSC_1359_20160709052514733.jpg
DSC_1363_20160709052441ffe.jpg

エンレイソウ。これから咲くのか終わってしまったのか。
DSC_1362_201607090525156df.jpg

とにかく下りでも膝が痛くならないのはありがたい。
DSC_1365_2016070905244216a.jpg

だんだん森が深くなってきた。
DSC_1366_20160709052444179.jpg

下草も繁茂している。
DSC_1367_201607090524457c1.jpg

初夏の趣である。
DSC_1369_20160709052447440.jpg

それにしても、この山はよく整備されている。
DSC_1370_2016070905242092f.jpg

首都圏の人にはそれほど馴染みがあるとは思えないが、新潟の人にはかなり近い存在なのだろう。
DSC_1371_201607090524219ab.jpg

途中、テン泊らしき人が2組上がって行ったが、張る場所は確保できただろうか。
DSC_1372_2016070905242399d.jpg
まあ、場所がなければ小屋に泊まればいいのだから、余計なことは言わなかった。

コースタイム45分のところ、30分で登山口まで下ってきた。
DSC_1375_20160709052424746.jpg

登山口にはかわいい道祖神。
DSC_1376_20160709052425133.jpg

そして道大きな案内板。
DSC_1377_20160709052358bf2.jpg

ここからは長い林道歩きとなる。
DSC_1379_20160709052401cff.jpg

林道の奥には車が何台か駐まっていた。
DSC_1378_2016070905240019d.jpg
ゲートがあるはずだから、一般車両ではない。小屋の関係者のものだろう。

ちょっと小休止していたら、3人の登山者に抜かれてしまった。
DSC_1381_20160709052403540.jpg

続いて、新潟高校も下りてきた。
DSC_1383_20160709052404775.jpg

では我らも進もう。
DSC_1384_20160709052334777.jpg

下山してから晴れてきやがって。全く!
DSC_1385_20160709052336636.jpg

激しく土砂を押し流している涸れ沢を通過。
DSC_1386_20160709052337852.jpg

林道は全く荒れておらず、ずっと平らな土の道なので歩きやすい。
DSC_1387_20160709052339f5d.jpg
DSC_1388_20160709052340e2d.jpg

ただし、距離はある。コースタイムでほぼ1時間。
DSC_1390_20160709052312cb6.jpg

ゲートのところで、また1人とすれ違った。
DSC_1394_2016070905231325d.jpg

「このまままっすぐでいいですか」と聞かれ、ここから別の山道が通じているのに気付いた。
DSC_1395_201607090523148a9.jpg

やはり一般車の通行はここまでのようである。
DSC_1396_2016070905231667c.jpg

木橋で河内沢を渡る。
DSC_1397_201607090523178af.jpg
DSC_1398_20160709052247168.jpg

しばらく行くと、林道を外れて、駐車場へショートカットする道があった。
DSC_1400_20160709052249c0e.jpg

近道なのだろうからと行ってみたが、結構、露岩が多く歩きにくい。
DSC_1406_201607090522238f6.jpg
DSC_1407_20160709052224727.jpg

でも沢沿いの気持ちのいい道で
DSC_1405_20160709052253019.jpg

ラショウモンカズラやクルマバソウに出会うことができた。
DSC_1403_20160709052250777.jpg
DSC_1404_20160709052252e3c.jpg

最後の最後の登り返しは、ちょっとでも足が重い。
DSC_1408_20160709052226af0.jpg

そのまま舗装道路を歩いた方が楽だったかもしれない。
DSC_1410_20160709052227311.jpg

16時すぎにやっと駐車場に到着。
DSC_1413_20160709052229732.jpg

ちょうど8時間の活動だった。
DSC_1414_20160709052158fbc.jpg
いやいや、お疲れさまでした。

駐車場から出る時、料金600円を請求されたが、入る時に箱に入れましたと言って通過。
これは本当の話だ。
さっきのトイレの壁の地図を見て苗場山のことを話題にしたら、赤湯まで行けるところまで行ってみましょうということになり、車で赤湯手前のゲートに向かう。

しかし後でわかったことだが、赤湯とは別の道(国道353号)に行ってしまい、ダートになったところで引き返した。
スキー場の跡かなあと思ったところは、思った通り三国山スキー場跡だった。
だから、行き止まりの道なのに、あんなに奥まで舗装されていたのだ。
三国山(1636m)に登る時はここを通ることになる。

戻る時、この松明のような奇岩を発見。
DSC_2387_20160709052159762.jpg
名前はあるのだろうが、地図には載っていなかった。

日帰り温泉はこの付近にたくさんあり、「雪ささの湯」や「本陣」なども候補に上ったが、Y君が持っている温泉本の割引クーポンの対象になっていないこともあり、当初の予定通り二居宿の町営「宿場の湯」に決めた。
DSC_2388_2016070905220170f.jpg

あれだけ山が混んでいたので、風呂も込んでいるかと心配したが、駐車場には10台ほどしか車は駐まっておらず、拍子抜け。
DSC_2389_20160709052202dbe.jpg

クーポンで1人600円が480円に割引してもらえた。
DSC_2390_20160709052204a03.jpg
車を出してくれたお礼に、ここはおごり。

露天風呂はなく、単純泉でちょっと塩素の臭いもしたが、それほどこだわりはない。
ちょっと熱めだったが、いい湯であった。
DSC_2392_201607090521322d0.jpg

このあと、ようやく山麓酒場。Y君に案内されたのは越後湯沢駅前の山新。
DSC_2395_20160709052134a0a.jpg
地酒を飲み比べできるところだ。
少量ずつを安い値段で出してくれるのでありがたい。

でも、まずは生ビール。
DSC_2396_20160709052135888.jpg

そのあと、山岳しばりということで「巻機」「大源太」「八海山」を飲んだ。
DSC_2397_20160709052137ea0.jpg
DSC_2398_201607090521389f6.jpg
DSC_2399_201607090521131d7.jpg
話もはずみ、すっかり酔っぱらってしまった。

つまみは、サザエつぼ焼き、アスパラばら肉巻き、なす田楽、チョリソー、なんとかの刺身だった。
どれも美味であった。
2時間ほど楽しく飲んで、20:36越後湯沢発のMaxたにがわで帰京。
深夜23時前に帰宅した。

残雪は期待していたほどではなかったが、Y君と初めて一緒に山に登れて実に愉快だった。
高山植物も見頃だったし、何より自分の空白域だったので、山の眺望が新鮮だった。
法師温泉から谷川温泉までの馬蹄形縦走実現にむけ、気合が入ってきた。
越後の山は今後、重点スポットとして取り組んでまいりたい。

【行程】2016年5月28日
平標山登山口(8:11)~鉄塔(9:09休憩9:15)~松手山(9:48休憩9:59)~平標山(11:11昼食11:46)~仙ノ倉山(12:34休憩13:01)~平標山(13:40休憩13:53)~平標山の家(14:22休憩14:43)~岩魚沢林道終点(15:15休憩15:19)~ゲート(15:47)~平標山登山口(16:11)
※所要時間:8時間(歩行時間:6時間)コースタイム:7時間15分
※登った山:3座(松手山、平標山、仙ノ倉山)
※歩行距離:14.1km
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/933-cae6506d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (120)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR