山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

仙ノ倉山(4)

【2016年5月28日(土)】仙ノ倉山
平標山(1984m)を経て、仙ノ倉山(2026m)に迫っている。
シャクナゲが見事に咲き乱れている。
DSC_1155_20160708081839a35.jpg
DSC_1156_20160708081841fb7.jpg

シャクナゲ越しに見る稜線の美しさったら。
DSC_1157_20160708081842e72.jpg

輪のように開いた花びらの乱舞。芸術的である。
DSC_1163_2016070808182106f.jpg

目指す山頂は、左から2番目のピーク。
DSC_1159_201607080818444f6.jpg

雪渓はすでにほんのわずかになっている。
DSC_1160_20160708081845b77.jpg

でもサクラと雪は結構似合う。
DSC_1161_201607080818188e4.jpg
DSC_1167_20160708081718b17.jpg

この「東芝ランプ」は別に登山道を照らしているわけではない。
DSC_1162_20160708081819ed5.jpg

いつごろ設置された広告なのだろう。一応、道標になっているものもある。
DSC_1168_201607080817201cb.jpg
しかし、10000mとは(笑)

毛渡沢の谷から飯士山(左端、1112m)を望む。
DSC_1164_20160708081822496.jpg

一つ目のピークへは木道をたどる。
DSC_1165_20160708081823eff.jpg

振り返ると、広大な稜線だ。
DSC_1170_201607080817215b8.jpg

平標山から山ノ家へ下る稜線。
DSC_1171_2016070808172388e.jpg

おお、あれはエビス大黒ノ頭(1888m)。
DSC_1172_20160708081724819.jpg

あまりの鋭さにびっくり。谷川への縦走はかなりアップダウンが激しそうだ。
DSC_1176_2016070808170337f.jpg

左奥には万太郎山(1954m)、谷川岳(1977m)も見える。
DSC_1173_20160708081659274.jpg
中央は東俣ノ頭、奥のギザギザは俎嵓山稜。ピークは川棚ノ頭(1846m)。
未知の世界だったが、なんとなく雰囲気がつかめた。

奥に重なる稜線は手前が武尊山(2158m)、奥は日光白根山(2578m)。
DSC_1174_201607080817006d9.jpg

エビス大黒ノ頭のはるか向こうに見える突起は皇海山(2144m)。
DSC_1175_20160708081701c68.jpg

幾重にも連なる山並みの向こうに子持山(左、1296m)と小野子山(右、1208m)。
DSC_1177_20160708081704011.jpg

テーブルマウンテンの山々は左から三峰山(1123m)、吾妻耶山(1341m)、大峰山(1255m)。
DSC_1178_20160708081637935.jpg

これらのほぼ全景。
DSC_1182_201607080816431da.jpg

仙ノ倉山の南斜面の雪渓。
DSC_1180_2016070808164167b.jpg

頂上にはやはり結構人がいるな。
DSC_1179_2016070808163915d.jpg

最後は階段の連続のようだ。
DSC_1181_201607080816424b8.jpg

振り返ると、平標山と苗場山(2145m)のコラボ。
DSC_1183_20160708081615d2a.jpg

さあ、もう先は見えた。
DSC_1184_20160708081616bb2.jpg

最後のピークを越えていく。
DSC_1185_2016070808161866f.jpg

越えたところで振り返る。
DSC_1186_2016070808162034c.jpg

そして、天国への階段。
DSC_1187_20160708081621441.jpg

山頂付近のササが枯れているのは、登山者が踏み荒らしたせいなのか。
DSC_1188_20160708081553b91.jpg

何度も振り返る。
DSC_1189_20160708081555aed.jpg
DSC_1191_201607080815588b7.jpg

平標山が見える角度も若干変わってきた。
DSC_1190_20160708081556fdc.jpg

階段もかなり上がってきました。
DSC_1192.jpg

まさに馬の背といった風情。
DSC_1193_20160708081532cf3.jpg

そして、平標山から50分弱で仙ノ倉山に到着。
DSC_1194_20160708081534f4e.jpg
DSC_1195_20160708081535e16.jpg

山頂は平らで広い。
DSC_1201_201607080815152e5.jpg
ここには新潟高校の生徒がいた。さっきは巻高校とすれ違ったので、この日は最低6校来ていたことになる。みんな頑張ってほしい。

しばらくゆっくりさせてもらった。
DSC_1196_201607080815362bb.jpg

さすがにここまで来ると、谷川連峰の稜線が全容を現す。
DSC_1197_201607080815388ba.jpg
あまり繰り返さないが、左の大きなピークが万太郎山だ。

右手前がエビス大黒ノ頭。
DSC_1198_20160708081510d42.jpg
しかし恵比須様と大黒様を冠するとは、二重にめでたい山だ。

遠く皇海山。
DSC_1199_20160708081511d10.jpg

三峰山。
DSC_1200_20160708081512ff6.jpg

川棚ノ頭と、手前に東俣ノ頭。
DSC_1202_20160708081516447.jpg

谷川岳の鞍部ノゾキの向こうはおそらく至仏山(2228m)。
DSC_1203_20160708081448e8a.jpg

はるか南に連なるのはたぶん奥秩父の主稜線。
DSC_1204_20160708081449a03.jpg

浅間山(2568m)。
DSC_1205_201607080814516dd.jpg

山頂から北に延びる稜線。
DSC_1206_20160708081453153.jpg

平標山、一ノ肩そして苗場山。
DSC_1207_20160708081454539.jpg

仙ノ倉の前衛のピーク。
DSC_1208_20160708081400438.jpg

遠く榛名山(1449m)。
DSC_1209.jpg

お馴染み、子持山と小野子山。
DSC_1210_20160708081403212.jpg

随分のんびりしたので、そろそろ腰を上げましょうか。
DSC_1211_20160708081404e5a.jpg

知らないうちに30分も経ってしまった。
DSC_1213_2016070808140629f.jpg

青空も覗いてきたが、なんだか逆に霞んできた気がする。
DSC_1214_20160708081337c7b.jpg

平標山まではピストンだが、全然苦にならない。
DSC_1215_20160708081339788.jpg
DSC_1216_20160708081341de0.jpg

これだけ開けていたら、同じ景色を二度楽しむのも悪くない。
DSC_1217_201607080813430d6.jpg

前を歩く人たちを眺めているだけでも楽しい。
DSC_1218_2016070808134442a.jpg

わずかな登り返し。
DSC_1219_20160708081314c69.jpg

おっと、プチ渋滞。
DSC_1220_20160708081316f6b.jpg

初めて、仙ノ倉を振り返ってみる。
DSC_1221_201607080813179ee.jpg

いつ撮っても、どこで撮っても絵になるわい。
DSC_1222_201607080813193e8.jpg

ほう、峡谷にはかなり雪が残っていた。
DSC_1223_201607080813217b7.jpg
DSC_1225_20160708081250f16.jpg

左手に平標山ノ家を望む。
DSC_1226_20160708081252e5a.jpg

高山植物を大切に。
DSC_1228_2016070808125364f.jpg

実に雄大な眺めだ。ちょっと日本離れしている。
DSC_1229_20160708081255ef6.jpg

木道歩きも愉快だ。
DSC_1231_20160708081256bdb.jpg

見渡す限りのササ原は雪国ならではである。
DSC_1232_201607080812279d2.jpg

まさに空中漫歩。
DSC_1233_201607080812290fe.jpg

再び、シャクナゲの花道。
DSC_1236_20160708081230ffa.jpg

雪渓とセットにしてみました。
DSC_1240_20160708081206dad.jpg

下山してしまうのが、もったいないくらいだ。
DSC_1238_20160708081233a41.jpg
DSC_1239_201607080812052fd.jpg

シャクナゲは葉っぱ自体がとても元気である。
DSC_1243_20160708081208efe.jpg

平標山への階段。
DSC_1244_201607080812091ad.jpg

あれを登るのは面倒だなあ、巻き道はないかなあと思って山肌を眺めてみたら、それらしきラインが見えた。
DSC_1237_2016070808123293b.jpg
地図にはないのでもう廃道になっているのだろう。

足元は若干ガレている。
DSC_1245_20160708081211c95.jpg

ミヤマキンバイさん、踏まれませんように。
DSC_1246_20160708081141e2b.jpg

鞍部まで下りてきた。
DSC_1249_20160708081143434.jpg

このベンチが旧巻き道への分岐のようだ。
DSC_1250_201607080811447dd.jpg

立入禁止の看板があるし。
DSC_1251_20160708081146692.jpg

たった今、歩いてきた稜線。
DSC_1254_2016070808114700d.jpg

この登り返しで、Y君がストックの先のゴムを落としたが、すぐ気づいて数歩もどったら見つけた。超ラッキーだった。
DSC_1257_20160708081125d25.jpg

今日最後の登り。
DSC_1255_20160708081122bda.jpg

もうひと踏ん張りだ。
DSC_1256.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/931-4843f496
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (154)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR