山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

前白根山(3)

【2016年5月22日(日)】前白根山
前白根山(2373m)は目前。
DSC_0619_20160630193951b0b.jpg

ただ、これは三角点ではない。
DSC_0622_20160630193955d34.jpg
つまり、ここはまだ山頂ではない。

もう少し先のあそこだ。
DSC_0626_2016063019393251c.jpg

でも、ここも眺望は抜群。東には日光連山が望める。
DSC_0620_20160630193952ec0.jpg

これまで何度も見てきたが、三ツ岳(1945m)、太郎山(2368m)などだ。
DSC_0621_20160630193954874.jpg

振り返ると、前々白根山(私が勝手に付けた山名)。
DSC_0625_20160630193930e49.jpg

中禅寺湖も姿を見せた。
DSC_0624_201606301939294db.jpg

でも、日光白根山(2577m)の迫力には誰もかなわない。
DSC_0623_201606301939279f6.jpg

それを取り囲む外輪山の白桧岳(2394m)。
DSC_0618_20160630193950b1e.jpg

左手眼下には五色沼避難小屋に通じる道が確認できる。
DSC_0627_20160630193933f76.jpg
DSC_0628_20160630193907823.jpg

そして、11:45ようやく前白根山に登頂。
DSC_0629_201606301939094c3.jpg

実は、この時、頂上は前方に見えるケルンの場所だと勘違いして、ここは不用意に通過してしまった。
DSC_0630_2016063019391037e.jpg

一応、石祠があるなあと思って写真は撮っておいたのだが。
DSC_0631_20160630193912a0e.jpg

分かりにくいかもしれないが、これのこと。
DSC_0632_201606301939132a3.jpg

ここを左に下ると日光白根山への道だ。
DSC_0634_201606301938476b3.jpg

すぐにケルンに達し、やった~頂上だ!と思ったが、山名板がない。
DSC_0635_201606301938498a6.jpg

そんなバカな。
DSC_0636_20160630193850d12.jpg

おかしいなあと思いつつ、少し進むと、エメラルドグリーンの五色沼が目に飛び込んできた。
DSC_0637_20160630193852d97.jpg

これまた感激。
DSC_0639_201606301938242ac.jpg
福島の浄土平から一切経山(1949m)に登って五色沼が見えた時に匹敵する衝撃だった。

白桧岳や白根隠山(2410m)には日光白根山をリベンジする時に同時に回ろう。
DSC_0638_201606301938533c9.jpg

北から北西方面には遠く雪渓の残る山並みが望める。
平ヶ岳(2141m)の右肩に越後三山の一つ荒沢岳(1969m)。
DSC_0640_20160630193825df6.jpg

おそらく会津駒ヶ岳(2133m)の稜線。
DSC_0641_20160630193827f51.jpg

すぐ隣に五色山(2379m)が見える。
DSC_0642_20160630193828442.jpg

さて、とにかく飯だ。時間はちょうど正午。今日のお昼は、前夜泊まった宿で用意してもらったものだ。
DSC_0643_2016063019383036c.jpg
少しくらいおかずが欲しかったが、贅沢は言うまい。

おにぎりを頬張りながら、来た道を振り返ると、さっき通過してきた石祠のピークの方が微妙に高い。
DSC_0644_20160630193759e9a.jpg

やはりあちらが山頂なのではないかと思い、戻ってみた。
DSC_0647_20160630193804a4f.jpg

すると、朽ちた山名板が石積みの上に置いてあるではないか。
DSC_0648_201606301938052dc.jpg
なぜ、さっきこれを見逃したのだろう。
やはり思いこみというのは怖いものだ。

ここから改めて外輪山を俯瞰すると、尾根上に小さな小屋が見える。
DSC_0646_20160630193802cf8.jpg
五色沼避難小屋かと思ったが、小さすぎるし、小屋はもっと谷側にあるはずだ。
あれが何なのか、今度行った時に確認せねばならない。

山頂だと思うと、周辺の景色を見るのも念入りになる。
南の方角、2268mの三角点がある稜線。
DSC_0649_20160630193736037.jpg

南に延びる稜線に生じた突起。
DSC_0650_20160630193737847.jpg

その向こうには中禅寺湖が横たわる。
DSC_0651_20160630193739477.jpg
左が半月山(1753m)、右が社山(1827m)。

どれ、昼食を食べた場所に戻るか。ザックを回収しなくては。
DSC_0652_2016063019374086e.jpg

白桧岳にお別れ。
DSC_0654_20160630193712635.jpg

正面には、念仏平と根名草山(左、2330m)。
DSC_0653_20160630193742781.jpg

日光連山の前に立ち枯れのオブジェ。ちょっと芸術的だ。
DSC_0655_20160630193714bbd.jpg

中央に於呂倶羅山(2020m)。
DSC_0656_2016063019371503b.jpg

五色山との間には、小さなピークが一つある。
DSC_0657_20160630193717c58.jpg

再び山頂を振り返る。
DSC_0658_2016063019371864b.jpg

というわけでランチポイントに到着。
DSC_0645_20160630193801d3f.jpg

もう一度丁寧に、展望を堪能する。
さすがに温泉ヶ岳(2333m)はお馴染みでしょう。
DSC_0660_2016063019364934e.jpg

やはり森林限界を超えると気分が違う。
DSC_0662_20160630193652208.jpg

五色沼のほとりに道が見える。誰か歩いているようだ。
DSC_0661_201606301936515a2.jpg
DSC_0663_20160630193654494.jpg

外輪山の向こうに覗いている双耳峰は燧ヶ岳(2356m)だろうか。
DSC_0664_20160630193655b03.jpg

五色山の稜線にも人影が見える。
DSC_0665_201606301936264a5.jpg

日光白根山にもかすかに。
DSC_0666_20160630193627c29.jpg

さて、そろそろ出発するか。
DSC_0667_20160630193629f58.jpg

ますはゆるやかな下り。
DSC_0659_20160701065246558.jpg
DSC_0668_201606301936300a1.jpg

すぐに中間ピークを通過する。
DSC_0669_20160630193632ec4.jpg

これが五色山の全容。
DSC_0670_20160630193601b1d.jpg

眼下には温泉街と湯ノ湖。
DSC_0673_20160630193605beb.jpg

駐車場にある私の車も米粒のように確認できた。
DSC_0671_20160630193602efc.jpg

大きな男体山(2486m)。
DSC_0672_20160630193604a4f.jpg

ごつごつしたガレ場を行く。
DSC_0675_20160630193607cab.jpg

どこから見ても格好いい日光白根山。
DSC_0676_20160630193536e8b.jpg

前白根を振り返る。
DSC_0681_2016063019354384e.jpg

外輪山たち。
DSC_0678_20160630193537b19.jpg

これは何という鳥だろう。せっかくうまく撮れたのに分からない。
DSC_0679_20160630193539131.jpg
DSC_0680b.jpg

進路は火山らしい道だ。
DSC_0682_201606301935080c7.jpg

右の崖下に岩場。
DSC_0683_20160630193510b52.jpg

徐々に五色沼に近くなってきた。
DSC_0684_20160630193511d72.jpg

はるかに平ヶ岳。
DSC_0685_201606301935131e3.jpg

ダケカンバ。いい写真でしょ。
DSC_0686_2016063019351519f.jpg

五色山の登りは意外に長そう。
DSC_0687_20160630193445fb5.jpg

それに急そう。
DSC_0688_20160630193447836.jpg

もったいないけど、急な岩場を下る。
DSC_0689_20160630193448d54.jpg

60mくらい下ってしまった。
DSC_0690_20160630193450a27.jpg

すぐに登り返し。
DSC_0691_2016063019345185f.jpg

右手に雪渓。
DSC_0692_20160630193421440.jpg

登りもガレ場。
DSC_0694_20160630193423011.jpg

だいぶ五色沼を回り込んできた。
DSC_0695_201606301934254ff.jpg

ん、外輪山の内壁に赤い屋根が見えるぞ。
DSC_0697_20160630193427b36.jpg

あれこそが五色沼避難小屋だ。
DSC_0696_201606301934265db.jpg

五色山の稜線中段まで登ってきた。
DSC_0699_20160630193400b4c.jpg

あと半分。
DSC_0700_2016063019340129a.jpg

前白根方面を何度か振り返る。
DSC_0701_20160630193402868.jpg
DSC_0702_20160630193404037.jpg

雪渓の向こうに日光連山。やはり絵になる風景だ。
DSC_0703_2016063019340504d.jpg

(つづく)

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/925-b5d0f823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (123)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR