山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

刈込湖・切込湖(下)

【2016年5月21日(土)】刈込湖・切込湖
切込湖を過ぎて、山王峠に向かっている
右手にササ山が現れた。
DSC_0316_20160627062609708.jpg

と思ったら、左手が開けた。
DSC_0317_20160627062611d18.jpg

涸沼である。奥は山王帽子山(2077m)。
DSC_0321_201606270626134c6.jpg

一面のササ原の中に立つカラマツが美しい。
DSC_0323_20160627062615120.jpg

道は涸沼の縁をトラバースしている。
DSC_0318_20160627062612da6.jpg
DSC_0326_20160627062547cf7.jpg

沼の底には土が露出している部分もある。
DSC_0325_20160627062546ea8.jpg

梅雨時などは水溜まりができるのだろうか。
DSC_0327_201606270625499e9.jpg

それにしても、ここは絶景だ。
DSC_0328_20160627062550edc.jpg

手を広げて下りていってしまいたくなる。
DSC_0329_20160627062552f51.jpg

振り返ると、於呂倶羅山(2020m)。
DSC_0330_2016062706252277d.jpg
「山と高原地図」によると、「ヤブ山だが、山王林道から尾根沿いに踏み跡がある」という。
いつか行ってみよう。
ちなみに「オロ」は日蔭、「クラ」は岩場のこと。

初夏になると一面緑色になるんだろうなあ。
DSC_0331_20160627062524175.jpg

いろんな植生もそれぞれ美しい。
DSC_0334_20160627062525c73.jpg
DSC_0335_20160627062527630.jpg
DSC_0336_20160627062528de5.jpg

涸沼の真ん中ではカラマツの赤ちゃんが生まれていた。
DSC_0337_20160627062501957.jpg

あれはクマかと思ったら岩だった。
DSC_0338_20160627062502e4c.jpg

展望スポットに着いたので、ここで小休止。
DSC_0339_20160627062504f0a.jpg
あまりに景色がいいので、10分ほどのんびりした。

この先は整備された遊歩道を進む。
DSC_0340_2016062706250534f.jpg

斜面もササに覆われている。
DSC_0341_20160627062507071.jpg

歩道上にロックガーデン。
DSC_0342_20160627062439b59.jpg

このあたりは縁石をこしらえてあった。
DSC_0344_20160627062440127.jpg
DSC_0349_2016062706241581a.jpg

山王峠までは、あと900m。
DSC_0346_201606270643252f0.jpg

涸沼周辺は不思議なことに下から紅葉が始まるのだという。
DSC_0347_2016062706244354c.jpg

すり鉢状の地形のため冷気が底にたまりやすいからだそうだ。
DSC_0350_201606270624160c3.jpg

ジャンプ台?
DSC_0348_2016062706244404b.jpg

さて、登りにかかる。
DSC_0352_20160627062418274.jpg

車道の山王峠までは、ここから標高差120m。
DSC_0354_20160627062419db2.jpg

思わず泳ぎたくなる。
DSC_0356_201606270624210de.jpg

実によくできた造形だ。
DSC_0357_2016062706235238c.jpg

あれはさっき、刈込湖にいた2人組かしら。
DSC_0358_20160627062353f48.jpg

少しずつ標高を上げていく。
DSC_0359_20160627062354ee6.jpg
DSC_0360_20160627062356e42.jpg

確かに涸沼はすり鉢状だ。
DSC_0362_201606270623578e1.jpg

谷間から見えてきたのは温泉ヶ岳(2333m)。
DSC_0363_201606270623251a1.jpg

これで涸沼はほぼ見納め。
DSC_0364_201606270623263d7.jpg

樹林帯に入る。
DSC_0366_20160627062328c62.jpg

またまたオオカメノキ。
DSC_0367_2016062706232990e.jpg

つづら折りの道だ。
DSC_0368_2016062706233277c.jpg
DSC_0370_20160627062303053.jpg

この先は人工的な石が続く。
DSC_0369_2016062706230144b.jpg
DSC_0371_20160627062304c68.jpg
DSC_0372_20160627062306600.jpg

山王林道に達すると、しばらく擁壁に沿って歩いた。
DSC_0373_201606270623075c8.jpg

ここにも、かわいいタチツボスミレ。
DSC_0374_201606270622340c8.jpg

下の展望スポットから30分ほどで車道の山王峠に着いた。
DSC_0375_201606270622366a9.jpg

ここから先は、2013年の10月に高校の後輩Sさんと太郎山(2368m)に登った時に歩いたコースだ。
DSC_0376_201606270622372ab.jpg

本当の山王峠を目指して、階段を登る。
DSC_0377_20160627062239539.jpg

その先は木道。記憶の通りだ。
DSC_0378_201606270622402e4.jpg

左手に男体山(2486m)のシルエット。
DSC_0379_201606270622083cc.jpg
この角度から見るのが、頂上部分の形が最も崩れていない。
かなりつぶれた感じだが。

正面は三ツ山(1945m)。
DSC_0381_20160627062210420.jpg

木道は終わり。
DSC_0382_20160627062211fc5.jpg

間もなく、山王峠(1741m)。
DSC_0383_201606270622130f6.jpg

ここからは下るのみだ。
DSC_0384_20160627062214fe7.jpg

峠から光徳牧場までの標高差は300mほど。
DSC_0385_201606270621433d6.jpg

ダケカンバの林を行く。
DSC_0386_20160627062144480.jpg

それを抜けると、カラマツ林。
DSC_0390_20160627062146d92.jpg

傾斜はそれほどきつくないが、わりと長い。
DSC_0391_20160627062147080.jpg

やっと中間地点。
DSC_0393_20160627062149f4b.jpg

再び明るい広葉樹の森になる。
DSC_0394_201606270621164ee.jpg
DSC_0395_201606270621182c2.jpg

道幅も広くなってきた。ということは、もう少しかな。
DSC_0398_20160627062119bc3.jpg

おお、牧場まであと200m。
DSC_0401_2016062706212177a.jpg

ようやく下界に下りてきた。
DSC_0404_20160627062049acd.jpg

この先、ハイキングコースは戦場ヶ原まで続いているが、もう4時近いので、今日のところはこのあたりで打ち止め。
DSC_0403_20160627062122c59.jpg

とにかく光徳牧場を目指す。
DSC_0406_2016062706205060d.jpg

その前にトイレ。
DSC_0407_20160627062053616.jpg

山王峠から50分ほどで光徳牧場に到着した。
DSC_0411_201606270620257cc.jpg

背後の山は三ツ岳。
DSC_0409_201606270620550e4.jpg

ここでは、やはりアイスクリームを食べなければならない。
DSC_2299_20160627061936ee8.jpg

下山ビールもいいが、本当は下山ソフトの方が好きだ。
DSC_2298_20160627061934c35.jpg
ふう、生き返る。

10分ほど休んで出発。
DSC_0413.jpg

敷地に馬頭尊などいくつかの石碑が並んでいた。
DSC_0408_20160627062053545.jpg

ちょっと、牧場そのものも覗いてみた。
DSC_0414_20160627062028c8b.jpg
DSC_0416_2016062706203111e.jpg

牛たちは牛舎の近くにいた。
DSC_0415_20160627062030a35.jpg

牧場を後にして、バス停のあるアストリアホテルに向かう。
DSC_0417_2016062706195490d.jpg

ここには光徳温泉という温泉があり、日帰り入浴も可能らしい。
DSC_0420_201606270619567ad.jpg
DSC_0421_20160627061957b01.jpg

バス停に着いたのは16:17。
DSC_2302_20160627061906579.jpg
バスの時間は16:24なのでジャストタイミング。

身支度を整えているうちに、バスが到着した。
DSC_0422_20160627061959c67.jpg
車を置いてある湯滝入口まで運んでもらう。
バスはわりと混んでいたが、座れたような気がする。

7分ほどで湯滝入口に到着。
DSC_0424_201606270620003d1.jpg

駐車場までは数百mほど遊歩道を歩かされた。
DSC_0425_201606270619300db.jpg
DSC_0426_20160627061931164.jpg

不気味な樹木に、ちょっとびっくり。
DSC_0427_20160627061933e35.jpg
車に戻ってみたら、スモールランプがつけっぱなしだった。
危ない、危ない。バッテリーが上がっていたら目も当てられなかった。

今夜の宿はちょっと奥まったところにある「実之屋」。
DSC_2304_20160627061908ee2.jpg

見かけはペンション風だが、こじんまりした旅館だ。
DSC_2305_201606270619090bd.jpg

お部屋はこんな感じ。
DSC_2306_201606270619115f3.jpg

ひと息入れてから、さっそくお風呂へ。
DSC_2308_2016062706191279c.jpg
強烈な硫黄泉で、のんびり浸かって体が芯から温まった。

食事は午後6時から。メーンは豆乳鍋。
DSC_2309_20160627061842389.jpg
これはかなり美味しかった。

もちろん、ビールもいただきます。
DSC_2310_20160627061844048.jpg

さらにお昼に続いて、アユの塩焼き。
DSC_2311_2016062706184512f.jpg

他にも2品。
DSC_2312_20160627061847927.jpg
DSC_2313_20160627061848d4e.jpg
そんなに高級ではなかったが、和風の小鉢がたくさんあって、年寄りには満足のいくものだった。
満腹になると、途端に眠くなる。8時すぎには寝てしまった気がする。

【行程】2016年5月21日
湯滝駐車場(11:03)~湯滝(11:04撮影等11:11)~湯元温泉(11:46)~国道交差点(12:07)~小峠(12:34休憩12:39)~刈込湖(13:08昼食13:33)~涸沼(14:20休憩14:37)~山王峠(15:09)~光徳牧場(15:57休憩16:09)~光徳温泉バス停(16:17)
※所要時間:5時間14分(歩行時間:4時間)コースタイム:4時間40分
※登った山:なし
※歩行距離:10.4km
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/922-5b41e7ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (93)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR