山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

旧東海道Ⅱ(4)

【2016年5月8日(日)】旧東海道
磐井神社を後にして、南下を続ける。
密厳院を探しに、第一京浜を離れたが、なかなかたどり着けない。
今にも取り壊されそうな古いアパートを見つけただけ。
CIMG2380_20160610213208093.jpg
CIMG2381_201606102132100da.jpg

どうやら、すぐ手前を左折して迷ってしまったようで、随分遠回りをさせられた。
CIMG2383_20160610213212164.jpg
CIMG2387_20160610213213b83.jpg

ここには、八百屋お七を供養するために造立された地蔵菩薩が安置されている。
CIMG2393.jpg
彼女は、恋人に会いたいばかりに自宅に放火し、鈴ヶ森で火刑(天和三年=1683年)に処された人物である。
地蔵はお七の三回忌にあたる貞享二年(1685年)に、小石川村百万遍念仏講中が建立。
最初は鈴ヶ森刑場にあったが、ある日一夜にしてこの寺に飛来したという伝説がある。
その隣には、寛文二年(1662年)建立の庚申塔。
石造舟形で阿弥陀如来を彫った庚申塔としては、かなり古いものだという。

境内にはそのほか、いくつもの石仏・石塔が集められていた。
CIMG2389_201606102132149bf.jpg
CIMG2390_201606102131468c9.jpg
CIMG2396_20160610213152175.jpg
CIMG2397_20160610213123f16.jpg

太子堂。
CIMG2391_201606102131478a6.jpg

本堂そのものは近代的なビルだった。
CIMG2392.jpg

参拝は省略して、東海道に戻る。
CIMG2398_20160610213124669.jpg

しばらく行くと、大森神社。
CIMG2399.jpg

社殿そのものは新しい。
CIMG2400_20160610213127b1d.jpg

ここも見学だけにとどめ、先に進む。間もなく平和島駅。
CIMG2404.jpg

平和島駅に寄るために、ちょっと行き過ぎたので、数百m戻る。
二又の左手が旧東海道。今は三原通りと呼ばれている。
CIMG2408_20160610213104d7f.jpg

この先900mは当時の幅員を比較的よく残しているのだそうだ。
CIMG2407_20160610213102b05.jpg
CIMG2416_201606102130435b3.jpg

なんと廻船問屋が健在だった。
CIMG2410_20160610213105e01.jpg

右手に美原不動尊。
CIMG2411_20160610213107348.jpg

提灯に灯りがともっている。
CIMG2412_201606102131088c7.jpg

本堂の中では法要を営んでいる様子だった。
CIMG2413_20160610213039080.jpg

古く見えるが、昭和25年に建立されたばかりのようだ。
CIMG2414_20160610213041e69.jpg

この通りのお店はみんなシャッターに浮世絵の絵柄が書かれている。
CIMG2415_20160610213042b4a.jpg

戦前は、映画館や芝居小屋、寄席などがひしめく繁華街だったらしい。
CIMG2418.jpg

「三原」の語源は「北原」「中原」「南原」と三つの原があるからだった。
CIMG2419_20160610213018a27.jpg
こうした案内板をいくつも設置してくれて、とても親切だ。

「中氷の氷」は評判だったらしい。いつ頃の話なのか知りたかった。
CIMG2421_20160610213019c44.jpg

休憩用のベンチもあちこちに。
CIMG2422.jpg

まだ、通りはしばらく続く。
CIMG2423_201606102130220c0.jpg

旧東海道の標柱はあるが、街道歩きの人はあまり見かけない。
CIMG2424_20160610213024cd8.jpg

ほとんどが地元の人。その証拠に自転車が多い。
CIMG2425_20160610212955143.jpg

左手に徳浄寺。なんかインド風。
CIMG2426_20160610212956138.jpg

創業享保元年(1716年)の老舗「餅甚」。
CIMG2428_201606102129587aa.jpg

内川を渡る。
CIMG2430_20160610212959d2c.jpg

ここは羽田に向かう羽田道の基点。
CIMG2432_2016061021300181d.jpg
かつて、歌舞伎「浮世塚比翼稲妻」(鶴屋南北作)で有名な旅籠「駿河屋」があったので、「するがや通り」とも呼ばれるとのこと。

三原通りは大森警察署の手前で産業道路及び第一京浜と再び合流する。
その大森警察署の裏に、西南戦争(1877年)と日清戦争(1894~95年)に旧大森村から従軍し、戦死した兵士の慰霊碑が並んでいる。
CIMG2439.jpg

警察署あった場所にはもともと、大森町役場・大森区役所があったとのこと。
CIMG2436_2016061021292548d.jpg
昭和6年に建設された鉄筋コンクリート3階建ての建物だったという。
昭和15年に役所が移転したのちは、ずっと警察署として使用されてきた。

ちょっと街道から外れて、大林寺に向かう。
この辺は、かつて町工場が多かった地区なのだろうか。
CIMG2441.jpg

鰯のおいしそうな店。ゆっくり飲みに来たいが、そう簡単には来られないだろうなあ。
CIMG2442_20160610212930672.jpg

享保14年(1729年)に、大森村の甲子講という日蓮宗の信者たちが建てた池上道道標が境内にあるというので、わざわざ来たのだが、もう門が閉じられていた。
CIMG2445.jpg
参拝は午後4時半まで、とある。
今はもう6時前。全然お話にならなかった。
池上道とは池上本門寺に至る道のことで、今の京急梅屋敷駅あたりで東海道から分かれていたというから、ある時期にここに移設されてきたのだろう。

覗き見するだけで諦めた。
CIMG2444.jpg

なんだか、じわじわくる名前のお店だ。八百長だから激安できるのだろうか。
CIMG2446_201606102129005c1.jpg

日没前に第一京浜沿いの貴船神社に参拝。
CIMG2447.jpg

最近、少し移転したような雰囲気がある。
CIMG2449.jpg

さて、本日はこのくらいにしておこう。
CIMG2450_2016061021290450d.jpg

梅屋敷駅から帰ることにする。
CIMG2452_2016061021284282f.jpg

その前に、高架下にぽつんと残った洋品店「橋本屋」をチェック。
CIMG2451_20160610212840cf6.jpg

もう6時になってしまった。
この日は4時間弱で12kmほど歩いた。
10日にわたるGWはこれにて終了。
10日のうち勤務は1日、札幌帰省2日、残り7日は鎌倉の超低山も含めみな山だった。
われながら呆れます。

(おわり)

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

丙午

八百屋お七で丙午の迷信が広まったそうだけど俺のばーちゃんふたりとも丙午の生まれでね、そりゃ孫にはやさしくてめんこがってくれたけど今思えば気が強かったのかも。 因みに母方のばーちゃんは誕生日が明治39年8月1日ででうちの嫁さんが昭和39年8月1日だったりします。

  • 2016/06/11(土) 06:39:39 |
  • URL |
  • o平 #Hb8WYnzA
  • [編集]

Re: 丙午

それはすごい偶然だね。赤い「綱」で結ばれていたんだね。

  • 2016/06/14(火) 08:38:26 |
  • URL |
  • かたこりまさかり #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/909-2cff3b77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (152)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR