山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

ツツジ山(3)

【2016年5月3日(火)】ツツジ山
正丸駅からツツジ山(831m)を経由して、飯盛峠に達した。
DSC_8234_20160530064009d4d.jpg

ここから左に下って、大築山(466m)に向かう。
DSC_8235.jpg

ここにもバイクの走った跡がある。
DSC_8237_20160530064954640.jpg
富士山に近い三国山でも登山道をバイクで走る人を見たことがあるが、絶対にやめてほしい。

もう一つの飯盛山(約795m)の北側を巻いて、がんがん下っていく。
DSC_8239_20160530064015ff9.jpg

こんなマイナーコースでハイカーとすれ違ってびっくり。
DSC_8238_20160530064013df9.jpg

トレランのおじさんも駆け抜けて行った。
DSC_8240_201605300639457e5.jpg

10分ほど下ったところで、いったん車道に出る。
DSC_8242_20160530063948d38.jpg

ここもトレラン大会のコース。私の歩いているコースとどれだけかぶっているのか。
DSC_8241_201605300639463ed.jpg

すぐにまた登山道へ。
DSC_8243_2016053006394942b.jpg

いったん大平尾根に乗る。
DSC_8244_20160530063951b78.jpg

小さなピークを越えて、しばらく直進。
DSC_8246_20160530063922d45.jpg

次のピークに達したら左に曲がる。
DSC_8247.jpg
DSC_8248_20160530063925edc.jpg

大平尾根から北に張り出した支尾根を一気に下る。
DSC_8250_20160530063927c9c.jpg

かなりの急坂だ。
DSC_8251_20160530063929a58.jpg

ヤマツツジがちらほら。
DSC_8252_20160530063900d02.jpg

ここでも一人すれ違った。
DSC_8253_201605300639017e2.jpg
この道はかなりのマイナーだと思うが、さすがGWというべきなのか。

左に見えるのは、檥(ぶな)峠から北東に延びる稜線と思われる。
DSC_8254_201605300639024af.jpg

いったん道は平坦になる。
DSC_8255_20160530063904606.jpg

しかし、その先は難所。
DSC_8256_20160530063905d47.jpg
DSC_8257_20160530063836476.jpg

ここをクリアすると旧林道に出る。
DSC_8259.jpg

この先は、ずっとトラバース道。
DSC_8260_20160530063839158.jpg

ここなら、まあバイクの通行も許容範囲かもしれない。
DSC_8261_201605300638402cc.jpg

平らなところに、こんなに植林があると、ちょっと不思議な雰囲気。
DSC_8262_201605300638423f8.jpg

ここは「馬場」と呼ばれる場所らしい。
DSC_8263_20160530063807977.jpg

植林される前は草原で、山城の馬の練習場だったのかもしれない。
DSC_8264_20160530063809b9b.jpg

これは4輪が走ったのだろうか。
DSC_8267_20160530063811348.jpg

やはり、道を荒らすので、車は通行禁止だね。
DSC_8269_2016053006381223d.jpg

引き続き、なだらかな尾根を巻きながら進む。
DSC_8270_20160530063813b1b.jpg
DSC_8273_20160530063744c7b.jpg

よく見れば、なかなかの美林だ。
DSC_8272_2016053006374356b.jpg

硯水という場所を通過。
DSC_8274_201605300637469cd.jpg
標識はあるが、その由来となったと思われる湧水は見当たらなかった。

それより、なんとバイクの集団がいるではないか。
DSC_8275_20160530063747209.jpg
これから山に入るのだろうか。
行政はちゃんと通行止めにしていないのか。
それとも彼らの強行なのか。頼むから林道までにしてもらいたいものだ。

しかし、彼らにとっては、こういう道が猛烈に刺激的なのだろう。
DSC_8276_201605300637492e5.jpg
困ったことだ。

私は彼らをかすめて、さらに下る。
DSC_8277_20160530063720235.jpg

こんな細い道には、さすがに来ないだろう。
DSC_8278_20160530063721aae.jpg
こっちに来たら、苦情を言わせてもらう。

間もなく大築山手前の鞍部に出た。ここから頂上まで標高差100mほど。
DSC_8279_20160530063722871.jpg

なかなか道が複雑である。
DSC_8280_20160530063724dd7.jpg

左へ下ると、椚平に出るらしい。
DSC_8282_20160530063725d74.jpg

当方は当然ながら直進。
DSC_8283_2016053006365699f.jpg

少し登るだけで、左手に椚平集落が見えてきた。
DSC_8284_201605300636575aa.jpg
DSC_8289_20160530063659483.jpg
DSC_8290_20160530063700b08.jpg

振り返ると、円錐形の547mピーク。
DSC_8291_20160530063702b6b.jpg
ここは巻いていたので登らなかった。

ひと登りで、椚平部落一望見晴台に出た。
DSC_8296_20160530063636154.jpg

確かに一望できる。
DSC_8292_20160530063631a1c.jpg
DSC_8293_201605300636338cc.jpg

山村の眺めは、なぜか心癒される。
DSC_8295_20160530063634366.jpg

中央は770mピーク、その左はさっき登った丸山(三本檥、833m)と思われる。
DSC_8297_201605300636376f6.jpg

いよいよラストスパート。
DSC_8298_20160530063607d02.jpg

傾斜が収まったら、そこはもう頂上。
DSC_8299_20160530063609e78.jpg

13:45ごろ、大築山に登頂した。
DSC_8300_20160530063611d33.jpg

左に二つの飯盛山、右に丸山が見える。
DSC_8303_20160530063612374.jpg

これが二つの飯盛山のアップ。
DSC_8304_2016053006361465b.jpg

椚平集落も俯瞰することができた。
DSC_8306_20160530063544f7b.jpg

ここで腰を下ろして、ひと休み。
DSC_8309_20160530063547d4d.jpg

でも、スズメバチが攻めてきたので、早々に退散。
DSC_8308_20160530063546894.jpg

少し東に進むと、北側の展望も開けた。
左はおそらく新柵山(490m)。
DSC_8311_201605300635507ea.jpg

右はひと月ほど前に登った弓立山(427m)。
DSC_8312_20160530063522375.jpg

奥は雷電山(418m)。
DSC_8313_20160530063523c2a.jpg

ここは城山と呼ばれるだけあって、中世の山城だった。
DSC_8310_201605300635490dd.jpg

北条氏の家臣、松山城主上田朝直が慈光寺を攻略するにあたって築城したものと考えられている。
山頂近くには土塁や空堀、曲輪の跡が残されていた。
DSC_8315_20160530063525c11.jpg
DSC_8319_20160530063528741.jpg
DSC_8316_20160530063526d39.jpg
山城の雰囲気を味わいながら下山。

鞍部まで下りてきた。
DSC_8320_201605300635019de.jpg

モロドの郭なるものが、この先3分とあるが、逆方向なのでパス。
DSC_8321_2016053006350303f.jpg

寄り道せず小築山に向かう。
DSC_8322_20160530063504652.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/890-9ef8c5a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (74)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (84)
中央線沿線の山 (91)
富士山周辺の山 (58)
八ヶ岳周辺の山 (39)
南アルプス (92)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (58)
駅舎の旅 (19)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR