山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

七面山(12)

【2016年4月24日(日)】七面山
七面山(1989m)から、やっと下ってきた。
最初の下界の風景は神通坊の墓地だった。
DSC_6887_201605090615295e3.jpg
DSC_6886_201605090615279cf.jpg

こちらは御崎稲荷大明神。
DSC_6889_20160509061459560.jpg

里でも桜が咲いていた。
DSC_6890_20160509061501765.jpg

神通坊の本堂。
DSC_6894_201605090615052b0.jpg
DSC_6892_20160509061502455.jpg

境内に、「是ヨリ四十八丁」の標識。
DSC_6893_20160509061504ee7.jpg
計算は合う。裏参道で最初に見た丁目石は、奥之院から1丁下った三十八丁目だから、奥之院まで39丁。
表参道吉祥門に「奥之院まで8丁」とあったので、足して47丁。
吉祥門から敬慎院まで1丁とすれば、合計48丁になる。

これで七面山は表参道も裏参道も踏破した。
DSC_6896_20160509061436cb1.jpg

ここ角瀬集落もかつての宿坊の街だったのだろう。
いくつか確認してみる。俵屋旅館。
DSC_6897_20160509061437844.jpg
DSC_6900_201605090614394c8.jpg

ひのや旅館。
DSC_6904_20160509061442bf8.jpg
食事をしたら、ここで入浴すべく、先に話をつけておいた。

とにかく腹が減った。
昨夜と今朝が極端な精進料理だったので、肉が食べたい。
幸い、こんな小さな集落にも観光拠点ということだからか、食堂があったので飛び込んだ。
DSC_6901_2016050906144048a.jpg

まずはビールで喉を潤す。
DSC_2081_20160509061802b84.jpg
本当は、缶ビールは売り物ではなかったのだが、「瓶だと量が多すぎるので」と言ったら、「私物だけど」と言って出してくれた。つまみ付きで300円だった。

メニューを見て、一番高いトンカツ定食(1000円)を注文。
DSC_2082_20160509061803743.jpg
かなりボリュームがあり、御飯は残してしまったが、肉は美味しかった。
バスの時間は14:33。まだお昼になったばかりなので、あわてずゆっくりいただいた。
あまり愛想のない女将さんだと思っていたが、会計の時に「富士山は見えましたか」と聞いてくれた。
「今日はだめでしたが、昨日はよく見えました」
満腹。ごちそうさまでした。

すぐに、ひのや旅館に移動する。
女将さんが出てくるまでの間、玄関にある売店で、どんなお土産ものがあるのか物色。
DSC_2083_20160509061805e92.jpg
DSC_2084_20160509061806286.jpg
DSC_2085_20160509061808287.jpg

お風呂は、鉱泉で加温しているが、七面山温泉を名乗っている。
DSC_2087_20160509061741210.jpg
当然のように独占状態。
昨日は体を洗えなかったので、念入りに垢をこすった。
無色透明のさらさらした単純硫黄鉱泉で、いい湯だった。

湯から上がると、休憩室にお茶とお菓子が用意してあった。
まだバスの時間まで30分以上もある。
畳の部屋に座布団をしいて横になった。
うっかり寝てしまい、やべっと飛び起きたが、10分しか寝ておらず、なんてことはなかった。
でも、また寝入ってしまい、乗り遅れると何時間待たないとならなくなるか分からないので、その後は起きていた。
14:20頃おいとまし、バス停へ。
時間があるので、ちょっとだけその辺を散策。
まずは私の好きな廃屋を発見。
DSC_2090_20160509061743229.jpg
DSC_2091_2016050906174410c.jpg

こちらは、廃業した旅館こなや。
DSC_2092_20160509061746368.jpg

七面山口郵便局。
DSC_2093_201605090617488b6.jpg

急流の早川。
DSC_2095_20160509061719c77.jpg

その向こう岸に散らばる家並みは薬袋(みない)の集落。
DSC_2098_20160509061722de6.jpg

ここで春木川が早川に合流する。
DSC_2096_20160509061720a13.jpg

早川の向こうの山は、いい形で目立っているが残念ながら名前がない。
DSC_2094_2016050906171770a.jpg

14:30ちょうどにバス停に到着。
DSC_2099_20160509061725993.jpg

バスも定刻通りにやってきた。早川町乗合バスである。
乗客は私のほかに地元の方1人。
DSC_2100_20160509061647ea0.jpg

早川の車窓を眺めながら、25分のバスの旅を楽しむ。
DSC_2104_201605090616480d5.jpg

下部温泉駅に着いたのは15時前。
DSC_2105_20160509061650e0b.jpg
DSC_2107_2016050906165343c.jpg

身延線の時刻表を見ると、次の甲府行きは15:19発の特急ワイドビューふじかわ7号だ。
DSC_2109_20160509061618a2b.jpg

しばらく時間があるので、また周辺を散策。
まずは駅舎をコレクション。
DSC_2111_20160509061622238.jpg
DSC_2108_20160509061617ad1.jpg

身延町のマンホールもチェック。
DSC_2112_20160509061623860.jpg

これは、どなたの言葉なのだろうか。
DSC_2106_2016050906165138a.jpg

駅前の旅館組合案内所。昭和な感じが好ましい。
DSC_2110_20160509061620f54.jpg
DSC_2113_20160509061550f25.jpg

駅のホームには毛無山(1964m)ハイキング下車駅の案内。
DSC_2114_20160509061552e7b.jpg
こっち側から登るのは、かなり大変だ。

線路を渡ると下部ホテル。
DSC_2115_20160509061553503.jpg

ここは身延線の電車からもよく見えるホテルだ。
DSC_2119_201605090615236df.jpg

常葉川をいで湯橋で渡る。
DSC_2116_20160509061555c31.jpg

この橋は毛無山の格好の展望スポットである。
DSC_2118_20160509061556836.jpg

さて、駅に戻りましょう。
DSC_2120_20160509061524d93.jpg

ふじかわ号到着。
DSC_2125.jpg
切符を買っていないので、車内で甲府からの特急券も併せて買おうとしたら、甲府駅で買ってくれとのこと。
甲府での乗り継ぎ時間は8分しかない。買う時間あるかなあ。

16:02甲府着。
乗り継ぐかいじ118号は甲府始発のようなので、指定券を買うのは止めて、自由席に乗り込む。
全然余裕で座れた。
本来ならビールでプチ打ち上げといくところだが、さっき食堂ですでに飲んでいるので、ここでは大人しくしておいた。
車窓を眺めたり、うとうとしたり。
立川、国分寺、東村山と乗り換えて、18:07新所沢着。
今回は実に新鮮な信仰登山の旅だった。
私は、なるべく行ったことのない山に行く主義だが、七面山は1年に1回くらい来てもいいなと思った。
問題は、あの質素すぎる精進料理だけど。

【行程】2016年4月24日
敬慎院(6:36)~遥拝所(6:39撮影6:41)~七面山(7:22撮影7:27)~希望峰(7:43撮影7:49)~七面山(8:04)~敬慎院(8:31パッキング8:35)~二の池(8:46撮影8:49)~奥の院(8:57撮影、着替え9:07)~明浄坊(9:35休憩9:49)~安住坊(10:30撮影・休憩10:39)~七丁目休憩所(11:14)~やませみ食堂(11:46)
※所要時間:5時間10分(歩行時間:4時間18分)コースタイム:5時間20分
※登った山:2座(七面山、希望峰)
※歩行距離:11.1km


スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/871-55c31a44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (153)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR