山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

霊仙山(6)

【2016年3月5日(土)】霊仙山
霊仙山(1094m)登山を終えて、次は乗り鉄。
近江鉄道の未乗車区間、多賀大社前~高宮間を乗りつぶす。
「山と鉄」本領発揮である。
乗車するのは「あかね号」。近江鉄道では1編成しかない貴重な電車にたまたま乗れる。
DSC_2977_20160315054850653.jpg

多賀大社前駅は当然、終着駅。
DSC_1426_20160315054945234.jpg

車内は特急仕様で快適だ。
DSC_1429_20160315054946271.jpg
16:24発車。右側に陣取り、車窓を眺める。

次の駅の名はなんと「スクリーン」。
DSC_1434_20160315054949af5.jpg
スクリーンとは京都に本社がある印刷機器メーカーで、その工場がこの駅前にあるのだが、せめて「スクリーン前」にできなかったのだろうか。

電車はたった5分で高宮駅に到着。
そこには、見覚えのある黄色い電車がいっぱい。
DSC_2983_2016031505485105f.jpg
西武電車のお下がりだ。

運転士に運賃170円を支払って下車。
Y字形のホームにも見覚えがある。
DSC_2985_20160315054821824.jpg

ここは以前、近江鉄道の乗り鉄に来た時、いったんホームに下りて撮影した駅だった。
DSC_2986_20160315054823352.jpg

折り返しまで16分があるので、今回は駅の外に出てみることにした。
駅舎に行くには線路を渡らないといけない。
DSC_2988_201603150548268a4.jpg

わりと新しい駅舎で少し残念。
老朽化に伴い、2002年に改築されたものらしい。
コミュニティーセンターが併設されている。
DSC_2993_20160315054754de8.jpg

駅前の食堂かつらだにそそられたが、ちょっと時間が足りなすぎる。
DSC_2992_20160315054827c67.jpg

駅前を200mほど歩いてみた。
DSC_2994_20160315054755cd1.jpg

すぐ引き返す。ここは彦根市で、マンホールは市章のまわりに市の花タチバナ。
DSC_1431_201603150549485f2.jpg

ホームに戻ると、自転車の少年が。
DSC_2997_201603150547571e1.jpg
近江鉄道は自転車をそのまま乗車させることを許しているらしい。

さて多賀大社前に戻ろう。
DSC_2987_20160315054824fac.jpg

発車は16:45。
DSC_3000_201603150548004bd.jpg
DSC_2999_20160315054758828.jpg

帰りは、車窓から霊仙山を狙ったのだが、どの山だかよく分からなかった。
DSC_3002_2016031505472876e.jpg

でも、手前の黒い山は多賀大社の前にそびえる青竜山(333m)だろう。
DSC_3004_20160315054730697.jpg
多賀大社前駅には16:51着。

たいぶ日が傾いてきた。
さっき歩いてきた参道を引き返す。
DSC_3006_20160315054731b6f.jpg

改めて見ると、駅前はだいぶ寂れていた。
DSC_3007_20160315054733dfc.jpg
多賀大社も車で来る人が増え、電車利用の参拝者は減っているのかもしれない。

橋を渡ると、喫茶店「いっぷく地獄」。
DSC_3008_20160315054734831.jpg
DSC_3009_20160315054650c37.jpg

夕暮れの絵馬通り。
DSC_3010_20160315054651aa9.jpg

さっきの撮り忘れを押さえておく。
DSC_3015_201603150546537dc.jpg
DSC_3016_20160315054654651.jpg

鳥居前まで戻ってきたが、案の定、「多賀や」しか開いておらず、晩飯までのつなぎのつもりで糸切餅を購入(10個入り600円)。
車に戻って、早速食べてみる。
DSC_1437_20160315054951a05.jpg
手にくっつくほど粘着力があったが、餡は上品で甘すぎずおいしかった。
翌日帰りの新幹線までに10個食べ切ってしまった。

この後は、予め探しておいた直近の日帰り入浴施設「クレフィール湖東」の至福の湯へ。
DSC_1439_201603150549119cf.jpg
ナビの言う通りにしたので、どこをどう走ったのかよく覚えていない。
でも神社からは20分かからなかった。

ここはちょっとした高台にあり、琵琶湖方面に沈む夕日がよく見えた。
DSC_1438_201603150549099f4.jpg

休日料金700円。
DSC_1440_20160315054912310.jpg
地下水を汲み上げているということで、厳密には温泉ではないが、別に不満はない。

露天風呂が一瞬空になったので、撮影することができた。
DSC_1446_20160315054914726.jpg
わりといい湯であった。
ここの食事処で何か食べようと思っていたのだが、地元の名物のようなそそられるメニューがなく取りやめ。

とにかく今夜の宿に向かう。
その前に、車の中に散乱した荷物をまとめて、ナビをセットする。
まずはトヨタレンタカー近江八幡店に行って、車を返却しなくてはならないのだが、その名前で入力しても該当なし。
あれこれやってみたが、いずれも不可。結局近江八幡駅にセットして出発したが、随分時間を食ってしまった。

もう真っ暗だが、とにかくナビが連れて行ってくれる。
途中のスタンドでガソリンを入れたら、ちょうど3㍑で333円だった。
走行距離は60kmほどだったので、燃費はリッター20km。やはり軽はいい。

19時半、無事にレンタカー屋さんに到着。
名前を名乗ったら、パソコンをいじりながら首をかしげているので、「乗ったのはここじゃないですよ。米原から乗って、ここに乗り捨てです」と告げたら、「あ、返却でしたか。出発だと思いました」と店員2人して、意外そうな顔。
もうこんな時間なんだから、まずは返却だと思うでしょう。
初めて見る顔なので、出発だと思い込んだのだろうか。
それはともかく、ザックが重いので、「駅まで送ってもらえたりしますか」と聞くと、「駅まで400mなので、送迎はしていないんです」とのこと。500m以上からするのかな。
残念だったが、それは規定なのだから仕方あるまい。
近江八幡駅の連絡通路を通って西口から東口へ。
DSC_1448_201603150549150cd.jpg

とぼとぼと歩きながら、晩飯のことを考える。
これからホテルにチェックインして、また外に出るのはもう億劫だ。
今夜はせっかくパソコンも持ってきているので、ブログを書く作業もしたい。
そうだ、じゃあ缶ビールと惣菜を買って、部屋で食べよう。
そう思いつき、駅中のセブンイレブンと駅前のファミマに寄ったが、そそられるつまみがないのでパス。
ホテルに向かいつつ別の店を探すも、どんどん暗くなるばかり。
こりゃやばいと、やっぱり戻ったら、駅前にスーパー平和堂があった。
しかし、もう閉店間際なので、惣菜もほとんど売り切れ。
困っていたら、半額で390円になったお寿司があったので助かった。
あとはポテトサラダ、ビールを購入してホテルへ。
駅から5分とうたっているが7~8分かかった。
DSC_1454_201603150548489bf.jpg
(翌朝撮影)

和室の315号室に泊まる。
DSC_1449_2016031505484537b.jpg
いつもならその方がいいのだが、今日はパソコン作業をするのでイスの方がよかった。

でも頑張って、お寿司を食べながら、せっせと今日の記録を付ける。
DSC_1450_2016031505484721c.jpg
で、10時には電池切れ。そのまま沈没してしまった。

【行程】2016年3月5日
今畑登山口(9:34)~今畑集落(9:47撮影9:59)~笹峠(10:30)~近江展望台(11:14休憩11;18)~最高地点(12:02)~霊仙山(12:21撮影・昼食12:57)~経塚山(13:12)~お虎ヶ池(13:38)~お猿岩(13:48)~六合目(13:56靴のごみ落とし14:01)~汗ふき峠(14:21)~落合集落(14:50撮影15:05)~登山口(15:11)
※所要時間:5時間37分(歩行時間:4時間52分)コースタイム:5時間
※登った山:4座(近江展望台、最高地点、霊仙山、経塚山)
※歩行距離:10.7km
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

お疲れ様でした

霊仙山は晴れていると見晴らしの良い山で山頂付近のカレンフェルトも絶景ですよね。
南西尾根は、下りで使ったのですが、ずるずる足が滑って怖かった記憶があります。
そして、近江展望台から山頂へのカレンフェルト地獄はしんどいですよね。
そんなに長い距離ではないんですが、なかなか先に進めなく、私も非常に疲れました。
落合登山口は私が行ったときには使えませんでしたが、荒れてはいるけど使えるようになったんですね。
関西は高い山は少ないですが、結構面白い山も多いような気がします。またお越しくださいませ。

  • 2016/03/15(火) 06:47:34 |
  • URL |
  • まきた #IFpQ6OJY
  • [編集]

Re: お疲れ様でした

長文、辛抱強く読んでいただき、ありがとうございます。
思いがけず、いい山にぶつかったなあと感激しました。
まきたさんは大阪在住ですか?
また、関西に行く機会があったら、つぶやきますので、いろいろと教えてください。
よろしくお願いします。

  • 2016/03/16(水) 21:40:42 |
  • URL |
  • かたこりまさかり #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/812-3549f926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (152)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR