山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

渥美半島(1)

【2016年2月20日(土)】渥美半島
2月は足首の傷口養生のため禁足月間にしてあるので、この週末は山ではなく観光旅行に出かけた。
そんなに遠くはなく温暖そうな場所ということで渥美半島を選んだ。
いろいろ調べていたら、伊良湖ビューホテルからのオーシャンビューが素晴らしいようなので、宿泊はそこに決定。

天気予報は土曜日が雨、日曜日が晴れ。
土曜日はかなり荒れた天気になりそうだったが、天気が持ちこたえてくれることを祈って、8:03東京発のひかり463号に乗り込む。
まずは朝食。コンビニ🍙2個。
天気は曇りで、富士山は裾野しか見えなかった。
9:32浜松に到着。とうとう雨が降り出してきたが、まだポツポツなので、傘なしでレンタカー屋さんに移動できた。
ここは昨年の暮れにも来ているので勝手知ったお店だ。

手続きを済ませて、9:50頃に出発。
まずは浜名湖の舘山寺(かんざんじ)に向かう。
道路も順調で、10時半前に舘山寺温泉の無料駐車場に到着。
小雨になっていたので、傘をさして、ロープウエー乗り場へ。
CIMG9589_2016022806280383c.jpg
舘山寺には大学2年の時、1983年2月23日に自転車で来たことがあるが、ロープウエーには乗っていない。
今回はこれに乗るのが一つの目的だった。

ゴンドラはピンク。料金は往復820円。
CIMG9591.jpg
乗客はほかに女性2人だけだった。

このロープウエーは舘山寺温泉から大草山(113m)を結ぶ延長724mの路線。
高低差はわずか94mだが、湖(内浦)の上を横断するように架けられているのがユニークだ。
CIMG9593_20160228062806795.jpg

かんざんじ駅は遊園地「浜名湖パルパル」の一角にある。
雨なのに、そこそこ賑わっていた。
CIMG9594.jpg

あちらが大草山。
CIMG9595.jpg

舘山寺方面。
CIMG9598_20160228062743924.jpg

舘山寺温泉のホテル街。
CIMG9597.jpg

ものの4分で大草山駅に到着。
CIMG9600_201602280627441fb.jpg

舘山寺温泉街を見下ろす。
CIMG9601_20160228062746ed0.jpg

「秋惜しむ松に夕日や舘山寺」の句碑がたたずんでいた。
CIMG9602_20160228062747b5c.jpg
地元の俳人原田濱人(1884~1972年)の作品のようだ。

早速、大草山の山頂に向かう。
CIMG9603_201602280627198c2.jpg

徒歩1分で登頂。
CIMG9608_201602280627224ac.jpg

展望もそれほどではなく、山名板もないので、ちょっぴりがっかり。
CIMG9605_20160228062720fce.jpg

下ってくると、「ビルマゆかりの碑」なるものを見つけた。
CIMG9609_20160228062723114.jpg
ビルマ建国の父と言われるオンサン将軍が昭和15年、日本に亡命し、当地出身の陸軍少将鈴木敬司とともに独立運動の秘策を練った場所なのだそうだ。
それを記念するとともに、ビルマで戦没した英霊を慰めるために昭和49年に建立されたのだという。
ビルマ語で「日緬永遠の友好を!」と書かれているらしい。

ロープウエーの大草山駅には浜名湖オルゴールミュージアムが併設されているが、それほど興味がないので、そちらは見学せず。
CIMG9611_20160228062725a0d.jpg

通り過ぎて、逆方向の展望台に行ってみる。
大草山より見る浜名湖は「かんざんじ八景」に選定されているらしいし。
CIMG9612_201602280626551c4.jpg

階段をかなり下って、ベンチのある展望台へ。
CIMG9616.jpg

こちらの展望もやや木に邪魔されている。
CIMG9615_20160228062658ea3.jpg

浜名湖の西岸。
CIMG9613_20160228062656d7a.jpg
本当は、大草山駅の屋上に登れば、もっとすっきり見えたのだが、うっかり失念してしまった。残念。
これで大草山遊覧は終了。雨風がそれほど強くなくて助かった。

この後は車で、舘山寺温泉街へ移動。
お腹が空いたので、何か食べよう。
浜名湖と言えば、やはり鰻でしょう。
温泉街のどん詰まりにある駐車場の奥に「舘山寺園」という食堂があったので、他に店を探し歩くのも面倒なので、さくっとここに決める。
CIMG9621.jpg

目の前を遊覧船が通過して行った。
CIMG9619_201602280627016fb.jpg

鰻を食べるつもりだったのだが、カバ牡蠣丼というメニューがあるのを見て、気が変わった。
浜名湖は鰻だけでなく、牡蠣も古くからの特産らしい。
CIMG9622_20160228062632b27.jpg
2400円と結構いいお値段だが、かなりしっかりした刺身と茶碗蒸しまで付いていたのでうれしかった。ただ、肝心の牡蠣はややくどかった。
牡蠣は蒲焼きにするものでないのかも。

それでも満腹になって、舘山寺に参拝。
CIMG9625.jpg

舘山寺は弘仁元年(810)、弘法大師(空海)が高野山より仏道行脚の際、当地に訪れて修行を行い、開創されたと伝えられる。
CIMG9626_20160228062635d9f.jpg
CIMG9629.jpg

ここは34年ぶりの再訪である。
この看板を見て、当時を思い出した。
CIMG9627.jpg

34年前のものとは掛けかえられているが、雰囲気は同じだった。
DSC_1330_20160228062412b66.jpg

本堂の隣には縁結地蔵尊。
CIMG9634_20160228062609ee5.jpg
おびただしい数の絵馬が奉納されていた。

さらに進むと、お寺のような建築だが愛宕神社。
CIMG9635.jpg

とりあえず参拝は後回し。まずは丘に登って、穴大師を目指す。
CIMG9636.jpg
CIMG9638_20160228062613916.jpg

ここは古墳の横穴式石室であった。
CIMG9641_20160228062540343.jpg

弘法大師が修行を行った場所らしい。
CIMG9670.jpg

引き続き、ロープウエーから見えた聖観音を見学。
CIMG9647_20160228062542b74.jpg
高さ16mで、昭和12年に建立されたとのこと。

見上げると、安倍首相にそっくりでびっくり。
CIMG9649_20160228062544ea4.jpg

周辺にはいくつか石仏もあった。
CIMG9644_20160228062541463.jpg

この丘は舘山(たてやま)と言う名があるらしく、思いがけず「登った山」を稼げてしまった。
舘山は縦横に遊歩道がめぐらされている。
頂上は富士見岩というところのようだ。
そこに向かう途中に、水が涸れた天辺池なる人工の庭園があった。
CIMG9652.jpg

こちらは千年椎ノ木。
CIMG9655_2016022806251474b.jpg

このコンクリートの廃墟のような建物は何なのか、よく分からない。
CIMG9656.jpg

富士見岩は標高50m。
CIMG9663.jpg

ここからの展望は西方面のみ。富士見岩というくらいだから、晴れていれば富士山が見えるのかと思ったら、東方面は何も見えない。
CIMG9660_201602280625209fd.jpg
CIMG9659.jpg

浜名湖大橋。
CIMG9658_201602280625179bd.jpg
CIMG9661.jpg

昔の写真を見ていたら、ここで撮ったものが見つかった。
全然記憶にないが、当時ここにも来ていたようだ。
CIMG9665_20160228062454f6e.jpg
CIMG9666_20160228062455060.jpg

ちょっと変わった植物。
CIMG9668_20160228062457275.jpg

石仏がもう1体。
CIMG9669.jpg

最後に愛宕神社に参拝して、駐車場に戻る。
CIMG9671_20160228062431d76.jpg
CIMG9673_201602280624325ea.jpg

温泉街にもおさらば。
CIMG9674.jpg
ここまで雨はなんとか持ちこたえてくれて助かった。
さて、次なる訪問地、竜ヶ岩(りゅうがし)洞に向かおう。

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2016/02/29(月) 00:36:47 |
  • |
  • #
  • [編集]

Re: 静岡県へようこそ!

おつ山さんご無沙汰です。
ご指摘ありがとうございます。
いや、ひどいミスタッチですね。お恥ずかしい。
早速直しておきました。
また、何かおかしいところがあったら、よろしくお願いします。

  • 2016/02/29(月) 08:37:41 |
  • URL |
  • かたこりまさかり #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/794-11a20ad7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (123)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR