山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

美の山(下)

【2016年2月14日(日)】美の山
蓑山神社の鳥居まで下ってきたところで、道は分岐する。
DSC_1958_201602182058464c7.jpg

いずれも皆野駅に通じているが、直進が2.6km。左折が2.5km。
表参道を下るつもりだったので、参道は当然直進でしょ、と地図を確認せずに進んでしまった。
DSC_1960_2016021820581650c.jpg
DSC_1959_20160218205847554.jpg

でも道はどんどん右にそれて、トラバース道になり、明らかに参道とは異なる様相。
DSC_1963_20160218205819a1b.jpg

出発点にあった丁目石もずっと見当たらず、道を間違えたのは明白だった。
でも、皆野駅に向かっているのだから、戻る必要もない。
DSC_1962_201602182058186a3.jpg
そのまま、ちょっとつまらない気持ちで下った。

下りはやや道が悪く、傷口の当たりがちょっぴり痛かった。
DSC_1964_20160218205821e7b.jpg
DSC_1965.jpg

いったん林道を横断。
DSC_1966_20160218205754277.jpg
DSC_1968_20160218205756ac7.jpg

この先はコケ生した岩が露出しており、スリップがめちゃめちゃ怖かった。
DSC_1969_20160218205757703.jpg
DSC_1970_2016021820575933e.jpg

朽ちかけた木橋をいくつか渡る。
DSC_1971_201602182058001d3.jpg
DSC_1972_20160218205725272.jpg

蓑山神社から30分ちょっとで下界に下ってきた。
DSC_1974_201602182057267d4.jpg

すぐに国道140号を渡る。
DSC_1975_20160218205728875.jpg

右手に宝登山(497m)が近い。
DSC_1976_20160218205729c6c.jpg

道端に県立秩父農工高校の分校跡。
DSC_1977_20160218205731544.jpg

その先に役場があったのでコレクション。小さな町のわりに立派な建物だ。
DSC_1978_20160218205700c56.jpg
休みの日なのに出入りしている人がちらほらいるので不思議に思っていたら、この日は町議会議員選挙の投票日だった。
防災無線でも「投票に行きましょう」と呼びかけていた。

駅に近づくと旧街道のおもかげを残す古い建物がいくつか残っている。
DSC_1980_20160218205702235.jpg
DSC_1981_20160218205703f7d.jpg

そのうちのひとつ金子医院の旧宅は、金子元春・兜太父子の実家だった。
DSC_1982_2016021820570591c.jpg

路地から美の山を望む。山容は蓑虫ならぬ芋虫に似ている。
DSC_1983_201602182057070aa.jpg

駅前のバスターミナル横に秩父音頭家元碑があった。
DSC_1984_20160218205615d0e.jpg

その背後に望楼。
DSC_1986_20160218205616a3a.jpg

皆野駅の前を通過して、梵の湯に向かう。
DSC_1988_201602182056176ba.jpg

駅近くの踏み切りからは武甲山のりりしい姿が望めた。
DSC_1993_20160218205620fe9.jpg

逆方向は駅のホームの向こうに宝登山。
DSC_1994_20160218205536e3f.jpg

ちょうど目の前を電車が通過して行った。
DSC_1992_201602182056199fb.jpg

しかし、ここからお風呂まではめちゃめちゃ遠い。
改めて地図を見て、やっぱり止めて帰ろうかと思ったほどだ。
でも、行程も何とか楽しみつつ進む。
猿田彦神社。
DSC_1995_20160218205537e3e.jpg

社殿は見えないが、椋神社の標柱。
DSC_1998_20160218205539209.jpg

大浜稲荷神社。
DSC_1999_2016021820554008f.jpg

皆野橋で荒川を渡る。いい眺めだ。
DSC_2000_20160218205542e33.jpg
DSC_2001_2016021820551263b.jpg

振り返ると美の山。
DSC_2003_201602182055148e5.jpg

皆野橋はコンクリート製のアーチ橋だった。
DSC_2004_20160218205515610.jpg

駅から20分以上歩いてきたが、まだ800mもある。
DSC_2005_201602182055171a1.jpg

宝蔵寺まで来れば、もう少し。
DSC_2007_201602182055186b6.jpg
DSC_2008_201602182054490bd.jpg

田んぼの中に島状に浮かぶ墓地があったが、これも宝蔵寺と関係があるのか。
DSC_2009_20160218205451926.jpg

バス停発見。帰りは時間次第でバスも検討しよう。
DSC_2011_20160218205454156.jpg

梅もしっかりほころんでいた。
DSC_2010_20160218205453cf7.jpg

帰りに同じ道を通るのはいやなので、荒川を渡るバイパスに歩道があるかどうか確認しようとしたら、歩いている人が見えたので、帰りは別ルートで駅に戻れそうだ。
DSC_2014_20160218205435217.jpg
ただ、さっきの小柱バス停の時刻表では西武秩父駅行きが17:29。
現在は15:30。まだ2時間あるが、お風呂に1時間弱、すぐそこにある梵天茶屋で「山麓酒場」をして1時間すごせば、ちょうどいい感じだ。
歩くのは止めてバスに乗ることに決めた。

梵の湯まで駅から30分。いやあ遠かった。
DSC_1197_20160218205902457.jpg
入浴料は880円。

浴室は駐車場にとまっていた車の数のわりには、すいていた。
アルカリ性のつるつるの湯である。
DSC_1199_20160218205904c8b.jpg
今日はたくさん汗をかいたので、実に気持ちよかった。

16:30に梵天茶屋へ移動。
DSC_2013_20160218205455b76.jpg

生ビール(600円)でまずはぐびっ。
DSC_1203_20160218205905ae9.jpg

ただ、つまみがみそおでん(450円)とカツ(1枚400円)しかない。
おでんを食べ終わったところでカツを頼み、カツを食べ終わったところで、もりそば(750円)を注文。
DSC_1204_20160218205907d21.jpg
カツは秩父名物わらじカツ丼の味付きカツ。冷凍ぽかったが、わりとおいしかった。

そばを頼んだのは5時をちょっと回ったところ。
「え、言ってなかったけど、ラストオーダー過ぎたんです」と女将さんらしき人。
「ちょ、ちょっと待って下さい」とあわてた様子。
(おいおい、そりゃ普通は通用しないでしょ。まあ、別にNGでも文句は言わないけど)
と思っていたら、大丈夫のようだった。
このそばが手打ちでかなりうまかった。
DSC_1205_20160218205908a6d.jpg
お腹いっぱいだ。
都合2200円を支払って、夕暮れのバス停へ。

バスは5分ほど遅れて到着した。
DSC_1208_20160218205842d08.jpg

18:00西武秩父発の急行に乗りたかったが、タッチの差で間に合わず、18:25の特急になってしまった。
DSC_1215_20160218205844bc5.jpg
行きと同様入間市までの切符を買ったが、調べてみたら、飯能で降りても乗り継ぎは同じ電車だった。ちょっと損した。
小手指には19:29に到着。
8時前には帰宅できた。
手術後初の本格的な登山だったが、とくに問題は見当たらなかった。
今後は徐々にグレードを上げていくことにしよう。

【行程】2016年2月14日
和銅黒谷駅(12:11)~和銅遺跡入口(12:19)~和銅遺跡(12:33撮影12:35)~美の山展望台(13:23撮影13:28)~美の山山頂(13:47休憩13:56)~蓑山神社(14:11)~皆野登山口(14:47)~皆野駅(15:02)~梵の湯(15:32)
※所要時間:3時間21分(歩行時間:3時間2分)
※登った山:1座(美の山)
※歩行距離:8.8km
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/793-8367144b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (152)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR