山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

侍塚古墳(下)

【2016年2月11日(木)】侍塚古墳
上侍塚古墳をあとにして、大田原市なす風土記の丘湯津上資料館に移動。
DSC_1128_201602152107172d6.jpg
以前は「栃木県立」だった気がする。合併を機に移管されたのだろうか。
それはともかく、ここで(中)で書いたような蘊蓄を勉強した。
館内は撮影禁止なので写真はなし。
職員の方に、埋め戻してある遺物を再発掘する計画はないのか聞いてみたら、「文化庁からなるべく現状のままにという指導を受けていますので」とのことだった。
ただ、何かあれば考えるかもしれません、とのこと。
個人的には、そのままにしておくのがいいと思う。

となりにある大田原市歴史民俗資料館も見学して行ってくれと言われたので、ついでに立ち寄った。
DSC_1127_201602152107158c4.jpg
これで本日のミッションは終了ということになるのだが、まだ日が高いし、帰るのはもったいない。
さっき下侍塚から見えた御亭山(こてやさん、513m)が頂上まで車で行けそうなので、行ってみることにした。
しかし、なぜかガソリンの減り方が激しく、さっきから警告灯が付きっぱなし。
このまま山に行けるか不安だったので、いったん町の方へ戻る。

往路で見つけておいたスタンドなのだが、往復15km、時間にして20分ほどの損をした。
しかもガソリン代が1㍑125円。
この原油安で都心では103円で入れられるのに、満タン30㍑入れたので600円以上も高くついた。
ちょっと凹んだ。

でも気を取り直して、山へ向かう。
那珂川を湯殿大橋で渡る。
DSC_1146_20160215210718392.jpg

快調に登っていたら、前方でUターンしている車がある。
いやな予感がしたら、やはり路面が完全凍結。
DSC_1151_2016021521072090e.jpg
先日の大雪で積もった雪が日蔭だけ解けずに残り、つるんつるんのアイスバーンになっている。

引き返すのも悔しいので、想定外だったが、チェーンを巻くことにする。
久しぶりだったが、意外にさくっと装着できた。
DSC_1152_20160215210721a29.jpg
それより、実はもよおしてきていたので、山頂にあると予想されるトイレに早く行きたかったのだ。

頂上には広い駐車場があり、ちゃんとトイレもあった。
冬期閉鎖でなくて助かった。
DSC_1748_2016021521063246b.jpg

ホッとしたところで歩き始める。
DSC_1745_20160215210631db2.jpg

山頂まではわずか100m。
DSC_1749_20160215210634594.jpg

この付近はキャンプ場になっているようだ。
DSC_1753_20160215210529d22.jpg

右奥にうっすらと筑波山(877m)が見える。
DSC_1752_201602152106365e7.jpg

南西には男体山(左、2484m)と女峰山(右、2483m)。
DSC_1751_201602152106355a8.jpg

山頂直下に巨大な石碑があった。
DSC_1754_20160215210530b66.jpg
ここに小手谷林道を切り開いたことを記念したもののようだ。

なんとここから富士山が見えるらしい。
DSC_1758_20160215210532f47.jpg
今日は天気がいいけど、この時間になるとさすがに無理だった。

さて頂上まではひと登り。
DSC_1759_20160215210533a14.jpg

2分ほどで登頂。
DSC_1763_20160215210502c78.jpg
DSC_1764_20160215210504785.jpg

ベンチがたくさんある。
DSC_1762_20160215210500137.jpg
DSC_1768_20160215210434f22.jpg

それもそのはず、展望が見事だ。
北西には高原山。中央左の最も高いピークが釈迦ヶ岳(1795m)、その左に中岳(1728m)と西平岳(1712m)が並ぶ。
DSC_1761_20160215210534d18.jpg
右に少し離れて前黒山(1678m)。これらもいずれ登りたい山だ。

北北西には那須連峰。左から白笹山(1719m)、南月山(1776m)、茶臼岳(1915m)、朝日岳(1896m)。朝日に隠れるように三本槍岳(1917m)。
DSC_1765_20160215210505c1d.jpg

茶臼岳より右。
DSC_1766_201602152105067b4.jpg

茶臼岳の左。
DSC_1767.jpg

北東の方角。
DSC_1770_20160215210436f7f.jpg

なだらかなピークは茨城県の最高峰・八溝山(1022m)。
DSC_1769_20160215210435472.jpg

手前は萬蔵山(502m)。
DSC_1776_20160215210409219.jpg

南東の方角。左奥のピークは奥久慈男体山(654m)。
DSC_1771_20160215210438d8e.jpg
右手前は高倉山(502m)。

北に目を凝らすと、うっすら磐梯山(1819m)が。
DSC_1774_20160215210406aae.jpg

那須連峰と高原山の間には百村山塊。見えているのは大左飛山(1908m)。
DSC_1775_2016021521040838c.jpg

南の方角。ビルが見える。宇都宮あたりだろうか。
DSC_1778_20160215210412684.jpg

山頂にある「愛林の碑」。
DSC_1777_2016021521041140f.jpg

これで、見える角度はすべて撮影終了。
DSC_1780_201602152103434f2.jpg

稜線に沿って、北のピーク、希望ノ峰に向かう。
DSC_1781_20160215210345392.jpg

距離はわずか200m。
いったん下って、階段を登る。
DSC_1789_20160215210319259.jpg

東屋のあるところが頂上。
DSC_1788_201602152103174eb.jpg

標高はちょうど500m。
DSC_1783_20160215210346da4.jpg

ここからはさっき隠れていた百村山塊の全容が拝めた。
DSC_1784_20160215210348d52.jpg
大佐飛山の左は、鹿又山(1817m)と日留賀山(1849m)。

宇宙基地のような電波塔。
DSC_1785_201602152103497ed.jpg

というわけで下山。
DSC_1790_2016021521032070d.jpg
ほとんど歩いていないわりには充実した眺望だった。
やはり普段行かないところへ行くと、眺めも新鮮だ。

帰りは北側の林道を下ったが、こちらはもっと凍結が激しかった。
結局、平野に下りて来るまでチェーンを外せなかった。

下界から見る那須連峰もすばらしい。
DSC_1793_20160215210322025.jpg
DSC_1794_20160215210323693.jpg

こちらは百村山塊。
DSC_1795_20160215210253297.jpg

片田の交差点に車を止め、温泉神社に参拝。
これは鳥居の手前にあるお堂。
DSC_1799_201602152102563be.jpg
DSC_1800_20160215210258512.jpg

階段を登る。
DSC_1798.jpg

石碑、石仏が多い。
DSC_1801_20160215210259560.jpg
DSC_1802_201602152102290e7.jpg
DSC_1804_201602152102311f3.jpg

鳥居をくぐる。
DSC_1805_201602152102323fb.jpg

小さな摂社が並ぶ。
DSC_1807_2016021521023305e.jpg
DSC_1808.jpg

本殿の覆い屋。
DSC_1810.jpg

中に本殿がある。
DSC_1812_201602152102029f3.jpg

さて、これで本日は打ち止め。お風呂に向かう。
ゆけむりふれあいの丘に上がると、大田原市湯津上支所の立派な庁舎が建つ。
DSC_1814_20160215210203488.jpg
DSC_1815_20160215210204c6a.jpg

その向かいが湯津上温泉やすらぎの湯。
DSC_1155_2016021521065318c.jpg
つるつるのお湯だった。

夕暮れの道を帰途につく。
でもお腹がすいた。栃木と言えば、やはり餃子だろう。
DSC_1161_20160215210656f1a.jpg

目に付いた店に飛び込んでしまった。
宇都宮餃子スタミナ健太。
DSC_1160_20160215210655e43.jpg

名店なのかどうか分からないが、今回の目的は食じゃないので、こだわらない。
12種の食べ比べができるというセットをオーダー。1050円。
DSC_1162_20160215210657552.jpg

見た目はみな同じだが、それぞれやはり味が違う。
DSC_1163.jpg
おいしくいただきました。

あとはひたすら高速を飛ばして帰るのみ。
幸い、渋滞もなく、8時前には帰宅できた。

(おわり)



スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/790-081a3385
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (153)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR