山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

三原山(3)

【2016年1月10日(日)】三原山
火口展望台から三原山(758m)の山頂へ向かっている。
カルデラはまるで黒い砂漠だ。
DSC_0953_2016020307020498d.jpg
DSC_0956_20160203070208837.jpg

その向こうに伊豆諸島。
DSC_0955.jpg
利島の左に新島。その手前は無人島の鵜渡根島。
実は新島と利島の間にうっすらと神津島も見えている。
式根島はよく分からない。

富士山もだいぶはっきりと見えてきた。
DSC_0957_20160203070209928.jpg

海が青い。青すぎる。
DSC_0959_201602030701427cd.jpg
DSC_0962_20160203070145dd4.jpg

三原新山(758m)のシルエット。
DSC_0958_20160203070210259.jpg

火口は展望場よりも、こちらからの方がよく見える。
DSC_0961_201602030701435b2.jpg

小ピークに地殻変動観測施設が設置されていた。
DSC_0966_20160203070146d3e.jpg
これはGPSでわずかな地面の動きを観測している。
現在も伊豆大島は年に数㍉から数㌢のペースで膨張を続けているとのことで、これは地下にマグマが蓄えられていることを意味するという。
また何十年か後には噴火するのだろう。

ここではトゲトゲではなく、牛の糞のような溶岩を見かけた。
DSC_0969_2016020307012041c.jpg
DSC_0970_20160203070122a29.jpg

広大な溶岩の海。
DSC_0968_201602030701487cd.jpg

三原新山が大きく迫ってきた。
DSC_0972_20160203070125ffe.jpg

地面から水蒸気が出ているので、手をかざしてみたらやはり温かかった。
DSC_0971_20160203070123720.jpg
DSC_0973_2016020307012720d.jpg

三原新山を回り込むと、意外に長い山であることが分かった。
DSC_0975_2016020307005922e.jpg

おっと、前方から人が現れた。大島温泉ホテルから歩き始めた人だろうか。
DSC_0976_2016020307010172b.jpg

さっきの小ピークを振り返る。
DSC_0977_201602030701026a4.jpg

大島南岸。
DSC_0978_20160203070104009.jpg

南側の外輪山。670mピーク。
DSC_0980_20160203070105a7d.jpg

そのさらに左に白石山(736m)。
DSC_0981_20160203070038474.jpg

鷹かしら。
DSC_0984_20160203070039de1.jpg

三原新山の山腹を登っていく。
DSC_0985_20160203070042838.jpg

振り返ると、後ろからも二人やってきた。
DSC_0987_2016020307004396a.jpg
DSC_0988_20160203070044522.jpg

そうこうしているうちに、南東カルデラが全貌を現した。
DSC_0992_20160203070014000.jpg
DSC_0993_20160203070016309.jpg

遊歩道は三原新山のピークを巻いていたので、自己責任で頂上に向かう。
DSC_0994_20160203070017440.jpg

右は切れ落ちているので慎重に。
山頂には何の標識もなかったが、そこが一番高いところであることは、周囲に遮るものが何もないので、よく分かった。
DSC_0999_20160203070020e15.jpg

さすがにここからの眺めは絶景である。
剣ガ峰(749m)。
DSC_0998_20160203070019c51.jpg

火口がド迫力。
DSC_1000_2016020306595021b.jpg
DSC_1001_2016020306595262b.jpg

アップにすると、かなりおどろおどろしい。
DSC_1004_20160203065955d13.jpg
DSC_1005_2016020306595664f.jpg
DSC_1006_201602030659294e0.jpg
過去の噴火時の溶岩が層状に積み重なっているのが分かる。

観測施設の電源となるソーラーパネルもあちこちにあった。
DSC_1007_20160203065931f8a.jpg

そして今なお絶え間なく吹き上げる水蒸気。
DSC_1002_2016020306595378e.jpg

剣ガ峰の前衛峰。
DSC_1008_201602030659323bf.jpg

それらを満喫して、遊歩道に戻る。
DSC_1009_20160203065933ec3.jpg
DSC_1011_201602030659355ae.jpg

遊歩道からも火口が覗けた。
DSC_1014_20160203065907b01.jpg
この中央火孔は直径300~350m、深さ200mに及ぶ。

平らな面からぽっかり開いているのがユニークだ。
DSC_1018_2016020306590980b.jpg
DSC_1021_20160203065912809.jpg
DSC_1028_2016020306584754e.jpg

さっきの2人も三原新山の頂上に行ってみるようだ。
DSC_1020_20160203065910809.jpg

と思ったら、今度は剣ガ峰方面からまた二人現れた。外国人だった。
DSC_1022_2016020306591370b.jpg

東の砂漠。
DSC_1024_20160203065845df1.jpg

私も剣ガ峰を目指す。あそこには山名板があるといいなあ。
DSC_1027_20160203065846bb5.jpg

三原新山を振り返る。
DSC_1032_20160203065849f72.jpg

火口の北壁。
DSC_1033_201602030658507bb.jpg

右手に外輪山の櫛形山(670m)。
DSC_1034_20160203065822c8e.jpg

間もなく剣ガ峰頂上。
DSC_1039_20160203065823537.jpg
DSC_1043_201602030658257fb.jpg

東から北にかけてのカルデラ。
DSC_1044_2016020306582612c.jpg
DSC_1045_20160203065828778.jpg

新山と剣ガ峰の鞍部から利島が覗く。
DSC_1046_201602030657578a2.jpg

とうとう中央火孔の全体を捉えた。
DSC_1047_20160203065759dfb.jpg

北に流れ出た1986年溶岩流の跡。
DSC_1048_20160203065801d47.jpg

まるで氷河のようだ。
DSC_1052_20160203065734534.jpg

その先端。
DSC_1054_20160203065735b67.jpg

剣ガ峰頂上。これは山名板ではなかった。
DSC_1049_20160203065802549.jpg

足元から水蒸気が吹き上げてくる。
ほとんど臭いはしないので、火山性ガスではないようだ。
DSC_1051_201602030658042b5.jpg

前衛峰と富士山。
DSC_1055_20160203065737b5f.jpg

この瓦礫が自然のものなのだろうか。
DSC_1056_201602030657388af.jpg

前衛峰の裏には1986年B2火口が口を開けていた。
DSC_1063_20160203065711f22.jpg
DSC_1064_201602030657123ac.jpg
当時の噴火では中央火孔のほかに、南東から北西に向かって1kmにわたって割れ目火口が8か所できた。そのうち南から数えて2番目がB2火口。

ここから流れ出た溶岩がさっきも見た「氷河」だ。
DSC_1059_2016020306574038e.jpg

一緒に見ると、こういう状況。
DSC_1066_20160203065714c4f.jpg

前衛峰にも登ってみよう。
DSC_1067_20160203065715781.jpg

ここも大展望だ。
DSC_1068_2016020306571734c.jpg

振り返って剣ガ峰。
DSC_1069_20160203065649b09.jpg

水蒸気が等間隔に並んで吹き出しているのが分かる。
DSC_1071_20160203065650459.jpg

そして秀峰富士。海と伊豆半島をはさんでいるのに実に大きい。
DSC_1077_20160203065652801.jpg

すぐ遊歩道に戻る。
DSC_1079_20160203071447e25.jpg

少し下ると、大島温泉ホテルへの分岐に至った。
DSC_1083_20160203065655620.jpg
ホテルまで1時間、そこからバイクを置いた登山口まで40分くらいか。
まだ9:40なので、それだと早く着き過ぎてしまう。
本当は、櫛形山(670m)や白石山(736m)など、東から南、西の外輪山を回って登山口に戻ることを考えていたのだが、今見てきた感じでは相当時間がかかりそうなので、そこまではできない。
であれば、櫛形山ピストンを加えて大島温泉経由で戻ることにしよう。

それなら、おそらくプラス1時間程度なのでちょうどいい。
DSC_1084_201602030656259f8.jpg
でも、後で実際に地図を見てみると、外輪山経由の方がずっと短かった。

そうとも知らず、どんどん北のカルデラを下っていく。
DSC_1085.jpg

振り返ると、ゴリラが何匹も。
DSC_1086_201602030656285b8.jpg

このあたりの溶岩は流れが急だったのか、せり上がっている。
DSC_1089_2016020306562936c.jpg

ここまでダウンを着ていたが、盆地に下りてかなり暖かくなってきたので、ウインドシェルに着替える。
ついでに、ちょっと小腹が空いたので、パンを1つかじりながら歩く。
DSC_1094_20160203065602878.jpg

北から望む剣ガ峰。
DSC_1093.jpg

地面の溶岩はわりと細かく歩きやすい。
DSC_1097_201602030656034f0.jpg
DSC_1102_20160203065608bac.jpg

この辺はアア溶岩だらけ。
DSC_1099_20160203065605d8a.jpg
DSC_1100_20160203065606066.jpg
DSC_1103_20160203065539b61.jpg

モンスターの競演だ。
DSC_1104_20160203065541609.jpg
DSC_1110_20160203065545eab.jpg
DSC_1112_20160203065519499.jpg

だいぶ剣ガ峰から遠ざかった。
DSC_1107_20160203065542698.jpg

あの黒いのは割れ目火口。左がB1、右の大きいのがB2だろう。
DSC_1108_20160203065543dbb.jpg

外輪山越しの富士山はクセになりそう。
DSC_1114_20160203065521eb1.jpg

あれ、その隣に見えるのは丹沢じゃないか。
DSC_1118_2016020306552100b.jpg
ということは、右のピラミッドは大山(1252m)だ。
大島からの大山もなかなかいい。

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/775-1f85adcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (153)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR