山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

三原山(1)

【2016年1月10日(日)】三原山
1月の3連休、9日は用事があったので、10~11日で伊豆大島に行くことを思いついた。
大島へは1984年4月に夜行で行ったことがあるが、今は昼間の高速船が何便も出ている。
ただ、宿を探すと連休中でもあり、結構高い。
しかも考えてみたら、三原山に登るだけなので、2日も必要ない。
だったら、夜行で行って、朝イチで登り、午後の便で帰れば、宿も必要ない。
よし、そうしよう。

夜行の船は朝6時に大島に到着する。
しかし、その時間に三原山登山口に行くバスはまだ出ていない。
港から歩いて登ってもいいのだが、それでは帰りの船に間に合わない。
というわけで、レンタバイクを借りることにした。
元町のお店(レンタバイク屋は元町にしかない)に電話したら、予約してくれれば、朝6時に店を開けて待っててくれるという。

ただし一つ問題があった。
船は、当日にならないと、元町港に着くか、岡田港に着くか分からないのである。
岡田港に着いてしまったら、元町への足はどうする?
レンタバイク屋さんに聞いてみたら、船が着くと、お互いの港に行く連絡バスが出るので大丈夫とのこと。それで、ひとまず安心。
でも、帰りがまた岡田港発だと面倒だが、とにかくそれに間に合うよう行動することにしよう。

竹芝桟橋の出港は夜10時。
30分前までに乗船手続きを済ませておくように言われていたが、早く行けば早く乗船できるかもと思い早めに出たら、8時半前に竹芝客船ターミナルに着いた。
DSC_0759_20160202062715ee3.jpg
DSC_0766_20160202062650e69.jpg
なんだ、ガラガラじゃないか。
すぐにクーポン券を乗船券に換え、まずは腹ごしらえ。
本当は、浜松町からここまで来る間に、うらぶれた大衆酒場があったら、そこで1杯ひっかけたかったのだが、適当な店がなく、ここまで来てしまった。

やむを得ず、ターミナル内にある「TOKYO ISLANDS SHOP&CAFÉ」に入る。
DSC_0760_20160202062716a1f.jpg

生ビール(500円)と、つまみに「大根とさつま揚げの柚子風味島おでん」(700円)をオーダー。
DSC_0761_201602020627190aa.jpg
DSC_0762_20160202062719fff.jpg
これが晩御飯代わり。正月太りをしてしまったので、多少控えめにしておいた。

食事をしていると、式根島出身のシンガーソングライター夏一(なついち)さんという方が、ここでミニライブを9時からするので、ぜひ聞いて行ってくださいと声をかけてきた。
どうせ乗船まで時間があるので聞いていくことにする。
DSC_0764_20160202062721ed5.jpg
5曲ほど歌ってくれた。
声もいいし、歌もうまいと思うが、曲の感じは、メガヒットは難しいだろうなと感じた。

店から出ると、ターミナルには大勢の人がいた。
DSC_0769_20160202062653b1c.jpg
やはり、私が来るのが早すぎただけだったようだ。
半分以上は釣り客という印象だった。

乗船は結局20分前から。
DSC_0765_201602020626497b7.jpg
私は、大島、利島、新島、神津島行きの「さるびあ号」に乗る。

こちらは三宅島、八丈島に行く「橘丸」。
DSC_0767_20160202062652877.jpg

さるびあ丸は、1992年12月の就航。全長120m、旅客定員816人、航海速力20ノット。
総トン数4973トンで、東海汽船では初の5000トン級の貨客船だそうだ。
主に、東京~大島・神津島航路や東京~八丈島航路で使用されている。
以前、八丈島に行こうとした(接岸できず引き返し)時に乗ったのも「さるびあ丸」だった記憶がある。

船室は雑魚寝ではなく、2段「ベッド」の特2等にした。
DSC_0772_2016020206262512c.jpg
料金は2等だと4270円、特2等が6410円だった。
ただ、ベッドや布団ではなく、寝床はカーペット、寝具は毛布と枕だけだった。

寝酒に、小笠原パッションフルーツの缶酎ハイを買い込んで、指定された下段に潜り込む。
DSC_0771_20160202062655c2f.jpg
しかし、これはほとんどジュースだった。

デッキに出て、出港シーンなども撮りたかったが、寒いのでやめた。
以下は、乗船時に撮ったもの。
佃島あたりの超高層マンション群とレインボーブリッジの夜景である。
DSC_0773_20160202062626dc7.jpg
DSC_0774_20160202062627ff9.jpg

スカイツリーも見えた。
DSC_0775_2016020206262996f.jpg

その代わり、船内を探検。
これは2等座席。夜行便だけに誰もいない。
DSC_0776_201602020626302c4.jpg

レストランは夜12時まで営業。グループで来たら、ここで飲むのも悪くない。
DSC_0777_201602020626027ee.jpg

荷物置き場は釣り道具の山。
DSC_0778_20160202063850277.jpg

この船は横浜にも寄るので、11時頃にはまた騒がしくなるはず。
早めに寝てしまおうと横になったが、なかなか寝付けなかった。
それでも何とか眠れたようで、目が覚めたのは朝5時20分。
間もなく、船室の照明も付き、「大島で下船のお客様はそろそろ準備を」とのアナウンスがかかった。

入港したのは事前に告知はあったものの、あいにくの岡田港。
5:55真っ暗な中、着岸。
DSC_0781_201602020626035a4.jpg

元町港への連絡バス(大島バス)に乗り込む。
DSC_0782_20160202062605408.jpg

私の後にもどんどん乗って来て、ほぼ満席。6:12に発車した。
十数分で元町港のターミナルに到着。
DSC_0783_201602020626067ed.jpg

なんとなく薄明るくなってきた。
南に利島が見える。あの宮塚山(508m)にもいつか登ってみたい。
DSC_0784_20160202062608569.jpg

ターミナルの壁伝いに西に回り込むと、伊豆半島やかすかに富士山も見えた。
DSC_0786_201602020625367b9.jpg
今日もいい天気になりそうだ。天気予報でも快晴だったし。

予約したレンタバイク屋さん「らんぶる」は、すぐ近くにあった。
DSC_0788_20160202062537724.jpg
さっそく手続き。1日4500円。
原付に乗るのなんて何年ぶりだろう。簡単に操作の仕方を教えてもらったが、肝心の発進ができない。
再び質問。アクセルを回せばいいだけだった。
6:40スタート。

私はかつて250ccを乗り回していたのだが、久々のバイクは非常に怖かった。
時速30kmを超えると、ビビッてしまう。
寒かったこともあり、20km台でちんたら走った。
登山口までは、わりとすぐ着くイメージだったのだが、分岐で「三原山11km」の標識を見て、びっくりぽん。
このスピードで行ったら、あと30分もかかるではないか。
でも、だからと言って速度を上げる勇気はない。
とにかく寒くてたまらなくなってきたので、途中でダウンの下にもう1枚着込み、下は雨具を履いた。それでも顔が寒くてどうしようもなかった。

走っている途中でやっと陽が昇ったようだ。
大島温泉ホテル前を過ぎると、展望台が現れた。「新火口展望台」とある。
DSC_0796_20160202062515fce.jpg

バイクを止めて撮影に勤しむ。
DSC_0799_20160202062446972.jpg

完全な逆光だが、これが三原山(758m)の全景。
DSC_0790_20160202062539958.jpg

その左半分。左のピークが剣ガ峰(749m)。
DSC_0791_201602020625402ae.jpg

三原新山(758m)。
DSC_0792_2016020206254205b.jpg
三原新山は1950~51年にかけての噴火で形成された山で、それまでの最高峰だった剣ガ峰を抜く高さに成長したという。

右は三原神社周辺。
DSC_0793_20160202062510855.jpg

西側の外輪山。
DSC_0794_201602020625118d6.jpg

ここの標高は565mだそうだ。
DSC_0795_20160202062513727.jpg

道路をはさんで向かい側には、真正面に富士山が見えた。
DSC_0797_20160202062516030.jpg
海越しに見る富士山は実に美しい。ただ、この時期にしては雪が少ないのがやや残念だ。

さらに少し進むと伊豆半島方面の展望台があった。こちらにも立ち寄る。
DSC_0800_20160202062447417.jpg

眼下に元町港。
DSC_0802_201602020624498c2.jpg

最も高く見えるのは万二郎岳(1299m)。そのすぐ左のピークが天城山最高峰の万三郎岳(1405m)。
DSC_0803_20160202062450756.jpg
右のなだらかな山は遠笠山(1197m)。

左の先端は石廊崎。黄砂の影響か、かなり霞んでいる。
DSC_0804_201602020624523c8.jpg

左の小さな茶色い山は大室山(580m)。
DSC_0805_20160202062423d60.jpg
富士山の中腹から左に延びる白い帯は南アルプスだ。

アップにすると、少しは分かりやすいかもしれない。
DSC_0807_20160202062426fae.jpg

乳ヶ崎(左)と大島灯台(右)。
DSC_0806_20160202062425104.jpg

7:20、三原山の登山口に到着。標高673m。
DSC_0816_20160202062403f97.jpg

歩き出す前に、すこしあたりを探検する。
DSC_0813_20160202062429c2f.jpg

まず海側を確認。さっきは一部しか見えなかった大島空港がばっちり見える。
DSC_0811_20160202062428a59.jpg

交番があった。警視庁大島警察署外輪山警備派出所が正式名。
DSC_0817_201602020624049ca.jpg

名代歌乃茶屋。昭和の香りぷんぷん。まだ早朝なので開いていない。
DSC_0818_20160202062406dd0.jpg
だいたい見たので、そろそろ出発することにしよう。

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/773-45017d4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (152)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR