山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

鳥ノ胸山(下)

【2015年12月30日(水)】鳥ノ胸山
秋葉山(887m)山頂直下にある秋葉神社への参拝を終え、頂上に戻った。
DSC_0317_20160108053633fec.jpg

ほんの数分の間に、富士山の雲がさらに増えている。
DSC_0318_201601080536345a4.jpg
このまま見えなくなってしまうのだろうか。

とにかく鳥ノ胸山(1208m)に向かう。
DSC_0320_20160108053636f54.jpg

若干下った後は、急登が続く。
DSC_0322_20160108053637f4f.jpg

北斜面なので寒い。地面には大量のどんぐりが落ちていた。
DSC_0324_20160108053639448.jpg

ロープ場では遠慮なく、頼らせてもらう。
DSC_0325_20160108053610303.jpg
DSC_0326_201601080536125cb.jpg

巨石を右に見送りつつ標高を稼ぐ。
DSC_0328_20160108053613d6d.jpg

これはたぶん雨宿り岩。
DSC_0330_2016010805361547a.jpg

標高1050m付近でやっと一度だけ、傾斜が緩んだ。
DSC_0331_201601080536165d1.jpg
DSC_0333_201601080535483d8.jpg

それもつかの間また急坂。
DSC_0338_20160108053551ba2.jpg

右手に三ツ峠山(1785m)が姿を現した。
DSC_0337_201601080535498b0.jpg

やっとのことで道の駅から直接登ってくる道と合流。
DSC_0340_20160108053552fb2.jpg

ここまで来れば頂上台地の上なので、平坦だ。
DSC_0341_20160108053554fe6.jpg

12時前、秋葉山から50分ほどで鳥ノ胸山山頂に到着。
DSC_0344_20160108053525621.jpg
DSC_0355_20160108053506828.jpg

コースタイムより10分早かった。
DSC_0346_201601080535274ac.jpg

頂上からは道志の谷と御正体山(1682m)が大展望。
DSC_0347_201601080535287c7.jpg
DSC_0348_20160108053530c1d.jpg
しかし肝心の富士山は完全に雲の中に隠れていた。
残念だが、秋葉山で見えたので許すとしよう。

その代わり、遠く南アルプスの農鳥岳(左、3026m)と間ノ岳(右、3190m)がくっきりと見えた。
DSC_0349_201601080535313a2.jpg

その左には悪沢岳(3141m)と赤石岳(3120m)も。
DSC_0350_20160108053501a8b.jpg

三ツ峠山の右には、地蔵岳(2764m)のオベリスクと甲斐駒(2967m)もかわいく頂上を覗かせていた。
DSC_0351_20160108053503d26.jpg

全体の位置関係。
DSC_0353_201601080535041c6.jpg

頂上には各地のボーイスカウトが作ったかわいい標識がたくさんあった。
DSC_0356_20160108053507a5a.jpg
DSC_0359_20160108053438759.jpg

ふもとのキャンプ場に泊まり、ここまで登ってくるのだろう。
DSC_0360_20160108053441f40.jpg

となりのベンチでは老夫婦がカップ麺をすすっている。
温かそうだが、こちらはおにぎり2個。温かいのはお茶だけ。
さっきの秋葉山ではぽかぽかだったのに、だんだん曇ってきたこともあり、すっかり寒くなってしまった。

食べ終えたところで、三角点を確認して出発。
DSC_0361_20160108053442533.jpg
DSC_0362_20160108053443c5b.jpg

まずは、ほんの少し下る。
DSC_0363_20160108053444f00.jpg
DSC_0366_201601080534147e5.jpg

そしてすぐ登り返し。
DSC_0367_2016010805341679b.jpg

このピークが西峰。
DSC_0369_20160108053418757.jpg
あまりに鳥ノ胸山に近く、ほとんど高低差もないので、「登った山」に入れることを躊躇したが、地図に名前がある以上、例外にするわけにはいかなかった。
頂上では、先に出発していた老夫婦が荷物を直していたので、先に行かせてもらう。

ここからは一気に100mほど下る。
DSC_0373_201601080534195d3.jpg

かなりの傾斜でロープを張っているところもあった。
DSC_0374_20160108053420148.jpg
DSC_0375_20160108053349bf5.jpg

正面には甲相国境稜線の城ヶ尾山(1199m)が望める。
DSC_0376_2016010805335010f.jpg

下り切ると、しばらく平坦な道。
DSC_0377_20160108053352410.jpg
DSC_0379_20160108053354ddd.jpg

振り返ると、鳥ノ胸山(左)と西峰(右)のシルエット。
DSC_0382_20160108053355afe.jpg

最後にひと登りで、雑木ノ頭(約1140m)。
DSC_0388_201601080533248c7.jpg
2014年3月にO君と来たところだ。


ここにもボーイスカウトの作品があった。
DSC_0386_20160108053323909.jpg

この先は前回、O君と歩いた道だが、あの時は雪で真っ白だったので、ほとんど見覚えがない。
DSC_0389_20160108053326921.jpg

150mほど下ってコルに出ると、正面に岩場が現れた。
DSC_0391_20160108053328bee.jpg
これは雪に埋もれていたはずだが、何となく記憶がある。

少しだけ登り返して、再び植林の中の急な下り。
DSC_0394_20160108053330296.jpg
前回は雪だったので、さくさく下ったはずだ。
今回はチェーンアイゼンを効かせながら慎重に下る。

ボーイスカウト作の古い標識も残っているが、表記が間違っている。
DSC_0395_20160108053301f5b.jpg

尾根沿いの道をさらに下ると、正面が木の枝で通せんぼになっていた。
踏み跡が右についていたので、そちらを下る。
DSC_0396_201601080533013a6.jpg

最後はスラブ状に岩が露出している。
DSC_0398_20160108053303dcb.jpg

チェーンでも滑りそうなので注意して進んだ。
DSC_0399_201601080533047bf.jpg

ここで林道に出たのだが、地図とも記憶とも様子が異なる。
地図では、林道に出たら右に行かなければならないのだが、道は左に下っている。
でも、よくよく考えたら合点がいった。
さっきの尾根は右に下りるのではなく左に下りるべきだったのだろう(道には気づかなかったが)。
つまり一本隣の枝谷に下りてしまったのだ。
そう気づけば何のことはない。このまま右に下ればいいのだ。

ここは何やら、山を削りだしているようなところだった。
DSC_0402_2016010805330567e.jpg

そのおかげで露出した地層。
DSC_0403_20160108053235697.jpg

林道を下って行くと、思った通り道志の森キャンプ場の裏に出た。
正規の道に合流し、三ヶ瀬川沿いに歩く。
DSC_0405_201601080532361fd.jpg
DSC_0407_20160108053238be3.jpg

落合橋を渡ると、その先は車で何度も通った道だ。
DSC_0409_20160108053239e5b.jpg
DSC_0410_20160108053241d78.jpg

舗装道路なので楽ちん。
DSC_0412_20160108053211fff.jpg

風景を楽しみながら歩く。
DSC_0414_20160108053212101.jpg

谷が開けると正面に道志山塊がどっしりと横たわっていた。
DSC_0417_20160108053213474.jpg

左手には御正体山。富士山はやはりもう見えない。
DSC_0419_20160108053214b09.jpg

馬頭観音のとなりにへたくそな馬の線刻があって面白い。
DSC_0422_20160108053217007.jpg

見とれるような姿のいい木があった。
DSC_0423_20160108053147e24.jpg

道志川を渡ると、そこはゴールの道の駅。
DSC_0426.jpg

寒空の下、河原で遊んでいる人がいた。
DSC_0427_20160108053149305.jpg

13:40、道の駅に到着。最後に鳥ノ胸山を振り仰ぐ。
DSC_0749.jpg

車に乗ったら、すぐに温泉へ。
今回は旧藤野町の「いやしの湯」。
DSC_0750_201601080531523f8.jpg
年末ということもあり、みな1年の汚れを落としたいのか、かなり混んでいた。

休憩所で懐かしいメロン玉シャーベットを発見。
もちろんいただいた。
DSC_0752_20160108053130494.jpg

帰りは藤野ICから中央道にのるつもりで藤野駅方面に向かったが、藤野ICも相模湖ICも見逃して、結局高尾山ICから圏央道に乗る羽目に。
やや時間がかかったが、渋滞もなく、スムースに帰宅できた。
懸案を消化できて満足であった。

【行程】2015年12月30日
道の駅どうし(9:45)~観光農園(10:04体操10:08)~秋葉山(10:38撮影・参拝・休憩10:55)~鳥ノ胸山(11:44昼食12:07)~雑木ノ頭(12:33)~落合橋(13:17)~道の駅どうし(13:40)
※所要時間:3時間55分(歩行時間:3時間25分)コースタイム:3時間55分
※登った山:4座(うち新規3座:秋葉山、鳥ノ胸山、西峰)
※歩行距離:7.9km

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/754-49444139
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
北海道の山 (185)
東北の山 (62)
上信越の山 (147)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (97)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (53)
南アルプス (101)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (15)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (33)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR