山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

要害山・聖武連山(下)

【2015年12月26日(土)】要害山
要害山(536m)を下り、山風呂集落に入る。二十三夜塔などの石碑群。
DSC_8580_20151230061541281.jpg

向風(むかぜ)集落に向かうべく進路を北にとる。
DSC_8581_20151230061542c83.jpg

「山風呂」という地名も由来に興味がある。今度調べてみよう。
DSC_8582_20151230061512e3c.jpg

要害山の左には不老山(839m)、そしてその奥に扇山(1138m)が見える。
DSC_8584_20151230061513ebe.jpg

そして、さっき歩いた小倉集落。
DSC_8585_201512300615154b6.jpg

なんと、もう梅が咲いていた。今年はほんとに暖冬だ。
DSC_8586_2015123006151646a.jpg

向風集落に入ったが、それほど特徴がない。
DSC_8587_2015123006151885c.jpg
DSC_8590_20151230061452570.jpg

ただ、いくつか古い家を見つけることはできた。
DSC_8588_20151230061449f2c.jpg
DSC_8589_20151230061451849.jpg

バス停の向かいに、上野原名物の酒まんじゅうの店。
DSC_8591_201512300614545da.jpg
定休日は月曜日らしいが、土曜日なのにお休みしていた。

渋い土壁の蔵。
DSC_8593_201512300614559f5.jpg

こちらは村の鎮守か。
DSC_8595_20151230062834b40.jpg

このすぐ先で集落は終了。
ここで引き返しても、時間はあまりまくりなので、やはり駅まで歩くことになってしまう。
バスの時間まであと1時間20分。
しばらく平らなところを歩いて、気持ちが充実してきたのか、いったんは諦めていた聖武連山(542m)に登る気になってきた。
1時間20分あれば登っても間に合うかもしれない。
次のバスは16時半ごろだったと記憶している。
さらに1時間以上も間が空くが、間に合わなければ、これに乗ればいい。
というわけで前進。少し速足で登山口に向かう。

道路には珍しいトラスの鉄橋で沢を渡る。
DSC_8596_20151230061428543.jpg

その脇に石の祠。
DSC_8597_20151230061429666.jpg

道端に水場があったので、手ですくって少しいただく。
DSC_8599_20151230061431fc3.jpg

ゆずり原橋で鶴川の支流、黒田沢川を渡り、トンネルをくぐる。
DSC_8601_20151230061432f19.jpg

すると、間もなく聖武連山への登山口。
DSC_8603_20151230061402b80.jpg
ちゃんと東ルート、西ルートの表示があった。
東ルートから登って、西ルートを下ることにする。

さて何分で登れるか。
DSC_8604_20151230061404b7f.jpg
ここは「山と高原地図」に破線すら書いていないコースなので見当がつかないが、目標は25分。

最初は植林の中の急坂。
DSC_8606_20151230061405b9a.jpg

いったん傾斜も落ち着いて、明るい冬枯れの道になるが
DSC_8607_20151230061407a4f.jpg

その後はロープ付きのきつい直登がかなり続く。
DSC_8609_201512300614084c4.jpg

途中、木が伐採されたところで展望が開けた。
DSC_8613_20151230061339612.jpg

富士山も再び顔を出した。雲もすっかりなくなった。
DSC_8614_20151230061341f9d.jpg

道志山塊。
DSC_8615_20151230061342e46.jpg

檜洞丸(左、1601m)と犬越路をはさんで大室山(右、1588m)。
DSC_8616_20151230061344087.jpg

再び、岩の多い急登を踏ん張ると
DSC_8617_20151230061345484.jpg

ふいに頂上に飛び出した。
DSC_8618_20151230061318755.jpg

なんと、所要時間はちょうど25分。
DSC_8619_201512300613192a5.jpg

頂上からの眺めはさっきとあまり変わらない。
DSC_8622_2015123006132227d.jpg

でも富士山はかなり背が高くなった。
DSC_8623_20151230061324b16.jpg

雲は富士山のまわりにしかない。
DSC_8626_20151230061255a4e.jpg

丹沢の主脈。
DSC_8624.jpg

右奥に顔を覗かせているのは、最高峰蛭ヶ岳(1673m)。
DSC_8625_20151230062521437.jpg

これは丹沢三峰から北東に下る稜線のあたりかと思われる。
DSC_8628_20151230061258d6b.jpg

眼下に向風の集落。
DSC_8629_2015123006130056b.jpg

聖武連山はほぼ無名の山だが、山名板もきちんと整備されていた。
DSC_8627_201512300612572f3.jpg

さて時間がない。現在14:40。バスの時間まで36分しかない。
下りに20分として、残りを16分では無理か。
半分あきらめムードで下り始める。
今度は西ルート。
DSC_8621_201512300613219ad.jpg

稜線に沿ってわずかに下ると、左に折れて、ぐんぐん標高を下げていく。
DSC_8633_2015123006123178e.jpg

東ルートと違って、ジグザグに道をつけてくれているので歩きやすい。
DSC_8635_20151230061232f88.jpg
というか走れるくらいなので走った。

登山口近くまで下ると、廃屋を発見。
DSC_8637_201512300612338f7.jpg
DSC_8638_2015123006123559a.jpg
ここは車では入れないところだ。
たぶんお住まいになっていたのはお年寄りだろうから、出かけるのは大変だっただろう。

間もなく登山口に到着。
DSC_8639_201512300612367bf.jpg

走った甲斐があって、11分で下り切ってしまった。あと25分ある。
山旅ロガーを確認すると、錦渡橋バス停から東ルート登山口まで35分かかっている。
ここからバス停まではさらに数百㍍長い。走れば何とかなるか。
それと地図をよくよく見ると、錦渡橋よりもその先にある新井バス停の方がここから近いことが分かった。
そこだとバスの時間は15:19なので、3分得する。
よし、走ろう。
時計を見ながら、何度が歩きの交え、ペース配分しつつ走る。

虎丸への登山口を通過。
DSC_8641_20151230061210488.jpg

なんと8分の余裕をもって着いてしまった。
DSC_8643_201512300612124a8.jpg
2.4kmを20分で走った。時速7.2kmの計算になる。
とにかく間に合ってよかった。
ベンチに座って、カメラをザックに納め、靴の中にたまったゴミを払う。
バスはほぼ定刻通りに到着。ホッと一息だ。
今日はよく歩き、よく走った。ビールが楽しみだ。

10分ちょっとで上野原駅に到着。
お目当ての駅前大衆食堂「一福食堂」に入る。
DSC_0714_201512300615363fc.jpg

まずは生ビールの小。
DSC_0724_20151230061538da6.jpg

ここはカキのパスタなどが有名らしかったが、気づかずに麻婆ラーメンを注文。
DSC_0725.jpg
こちらもうまかった。昼食はおにぎり1個だけにしておいてよかった。

16時ちょうどにお暇して、16:06の高尾行き普通列車に乗る。
そこそこ混んでいたが、ボックス席に座れた。
17時半すぎに帰宅。
すぐ風呂に入り、疲れを癒した。
通院した翌日にしては、よく頑張った。

【行程】2015年12月26日(土)
尾続バス停(10:45)~尾続山(11:25)~実成山(11:45)~コヤシロ山(11:53休憩12:01)~風の神様(12:15)~要害山(12:35昼食12:58)~鏡渡橋(13:35)~聖武連山東コース登山口(14:10)~聖武連山(14:35)~聖武連山西コース登山口(14:51)~新井バス停(15:11)
※所要時間:4時間26分(歩行時間:3時間55分)
※登った山:6座(尾続山、実成山、コヤシロ山、風の神様、要害山、聖武連山)
※歩行距離:12.6km
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/748-003d5265
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (82)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR