山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

石裂山(上)

【2015年12月23日(水)】石裂山
天皇誕生日。ぐずついた予報だったので出かけるのは諦めていたのだが、前日になってみると、関東地方の雨は夕方かららしい。
でも山の上は雨が降り出すのが早いかもしれないから、雨雲の到達がなるべく遅そうな北関東で適当なところを探した。
お昼くらいまでに下りてしまえて、周回コースで、車で行けて・・・などの条件に合致したのが鹿沼の石裂山(おざくさん、879m)だった。

自宅から登山口まで、ルート検索によると150kmで2時間40分ほど。
圏央道も東北道につながったし、いい機会だ。
標高も900mに満たないので、まだ雪は降っていないだろう。
足首の関係で、まだトレランシューズしか履けない身なので、雪はNGなのだ。

4:45に起床、5:20に出発。
高速も一般道も順調で、都賀西方PAでのトイレタイムをはさんで8時ちょうどに登山口の加蘇山(かそやま)神社に到着した。
その手前で、石裂山(左)と月山(右)が見えたので、車を止めて撮影。
DSC_0641_20151223223516f2b.jpg

神社前の駐車場には1台も止まっていなかった。
DSC_8013.jpg

丁寧にストレッチをして、8:10に歩き始める。
まずは目の前にある加蘇山神社に安全祈願をしなければなるまい。
ここの周回コースは「一部にハイキング・コースとして紹介されていますが、本格的な登山コースです」との警告板がある。
DSC_8014_201512232235191ad.jpg
平成3年3月から翌年6月までの間に、死亡事故3件を含む5件の転落事故が起きたらしい。
そんなこともあって、後で見るような立派なハシゴや階段を整備したのだろう。

ガイドブックもここの案内板も、時計回りに歩くよう誘導しているが、安全上どうなのだろう。
DSC_8016_20151223223522afa.jpg
歩いてみて分かったのだが、時計回りをすると、ルート上にある剣ノ峰の2つの長大なハシゴは下りで通過することになる。これは登りにした方がいいのではないか。
左コースには中の宮、奥の宮があるので、かつての信仰登山は左から登ったのだろう。それを踏襲しているのかもしれない。
私も実は時計回りのつもりだったのだが、早く展望のあるところに行きたくて、予定を変更し、時計と逆回りにしたのだった。

この神社の社頭はなかなか渋い。
DSC_8017_201512232234558ce.jpg

境内には市の天然記念物になっている杉の大木(樹齢500~800年)が3本あり、そのうちの1本がこれ。
DSC_8023_20151223223457109.jpg

石裂山大権現鳥居と刻まれている、この石の鳥居は寛延三年(1750年)の建立だ。
DSC_8021_20151223223455c1b.jpg
神社の縁起によると、その名の由来は、剣ノ峰にある賀の岩と蘇の岩にちなむらしい。
賀の岩は五穀豊穣、蘇の岩は医薬長寿の祈願のためにそれぞれ祀られているとのこと。
でも、現地でそれらしきものを発見することはできなかったが。

神護景雲元年(767年)、日光を開いた勝道上人が開山したと伝えられる。
DSC_8026_20151223223459c96.jpg

ここは、NHKの大河ドラマ「義経」のロケ地としても使用されたそうだ。
DSC_8015_201512232235213a0.jpg

いつもより威儀を正して念入りに二礼二拍手一礼で安全を祈願。
DSC_8029_20151223223432155.jpg

苔むした燈籠群が歴史の古さを物語っている。
DSC_8027_201512232235006e4.jpg
DSC_8028_2015122322343148d.jpg

柵は大谷石。
DSC_8032_20151223223434844.jpg

そのまま左手の登拝門に進む。
DSC_8033_20151223223435eb8.jpg
三本杉のうち残り2本のスギがこれだ。

林道に合流する手前に、石仏がぽつんと1体たたずんでいる。
DSC_8035_20151223223437bcf.jpg

それほど古いものではなさそうだ。
DSC_8037_20151223223410a81.jpg

その先にはやや大き目の摂社。
DSC_8039.jpg

石の祠もいくつか。
DSC_8036_20151223223410d0a.jpg
DSC_8042_20151223223413321.jpg

驚いたのは、山の荒れ方だ。
DSC_8043_20151223223415f47.jpg
倒木もあるのだが、多くは伐採されたまま放置されているように見える。
これから回収するのだろうか。こんな山は初めて見た。

最近、重機で道ならししたばかりのような林道を登っていく。
DSC_8046_20151223223323a82.jpg

荒れた山の中で一服の清涼剤のような滝が、右手に現れた。
DSC_8047_2015122322332538b.jpg

清滝、と看板が出ていた。
DSC_8048_20151223223326f8d.jpg

小さな橋を渡ると、沢は左に移った。
DSC_8050_20151223223328cc2.jpg
えぐれた、きれいななめ滝だ。

沿道にはスギの巨木の伐採跡があった。
DSC_8051.jpg
これがいくつか並んでいたので、もしかしたら奥の宮への杉並木だったのではないか。
伐ってしまってよかったのだろうか。
だんだん暖かくなってきたので、ダウンを脱いで、ウインドシェルに着替える。
今日は気温が低めだが、風がないのでありがたい。

林道は10分ほどで終わり、登山道になる。
DSC_8052_20151223223301a66.jpg

何度か渡渉箇所もあった。
DSC_8053_2015122322330294b.jpg

登山道を7分ほど歩くと、竜ヶ滝休憩舎。
DSC_8056_20151223223304b06.jpg

右手の道を下りて、滝を見物。
DSC_8058_20151223223305a43.jpg
わりと小さな滝だった。

休憩舎の横をかすめて進む。
DSC_8059_20151223223306a2d.jpg

すぐに奥の宮への道と月山への道との分岐。
DSC_8060_20151223223234a6a.jpg

迷わず月山に向かう。いきなり渡渉だ。
DSC_8061.jpg

それにしても、これはどうにかならないものか。
DSC_8063_20151223223237509.jpg
もしかしてダム代わりなのだろうか。
こうしておけば、大雨が降っても土石流が発生しないとか。
よく分からない。意味があるとしても、見苦しいことは間違いない。

こんな状態なので歩いていても決して気持ちよくはない。
DSC_8066_2015122322323844e.jpg
DSC_8067_20151223223240573.jpg

路面にも浮き石がゴロゴロ。
DSC_8069_2015122322321183f.jpg

とにかく、黙々と登っていくのみだ。
DSC_8068_20151223223210e4e.jpg

行く手の岩陰に祠が祀られている。
DSC_8070_20151223223213fdd.jpg

こういうものがあると、それなりに心が和む。
DSC_8071_20151223223214535.jpg

和んだ途端、ハシゴが現れた。
DSC_8072_2015122322321593e.jpg

傾斜はそれほどきつくないので助かる。
DSC_8074_2015122322314516c.jpg

登り切ると岩壁のへつり。クサリも登場だ。
DSC_8076.jpg
DSC_8078_20151223223148b8a.jpg

石裂山の名の通り、岩が露出してきた。
DSC_8081_20151223223149f2e.jpg
DSC_8082.jpg
DSC_8083_201512232231183eb.jpg

あせらず、ゆっくり登る。
DSC_8084_201512232231195e9.jpg

そんなに歩きにくいわけではない。
DSC_8086_20151223223121e34.jpg

ここからいよいよ沢を離れて、尾根に向かう。
DSC_8091_20151223223123bed.jpg

実は、ちょっとルートを間違えてしまった。
本当はこのクサリを登るはずだったのだが、岩を回り込んでしまった。
DSC_8092_20151223223124cb7.jpg
でも、多分その方が楽だった。

クサリはどんどん出てくる。
DSC_8093_201512232230539f4.jpg

でもまだ使わなくても登れるくらいの傾斜だ。
DSC_8094_2015122322305480c.jpg

登り切ったところに石の祠。
DSC_8095_201512232230568aa.jpg

現代の修行者がお札を奉納している。
DSC_8096_20151223223057c0c.jpg

いったんトラバースした後、植林の中に突入する。
DSC_8097_2015122322305989d.jpg
DSC_8100_20151223223029dc7.jpg

階段で一気に高度を稼ぐと、間もなく稜線に出た。
DSC_8101_201512232230302ce.jpg
DSC_8102_20151223223031bf2.jpg
「一部にハイキング・コースと紹介されているが」なんて警告の看板があることはすでに記したが、現場にこんな標識があるのだから仕方がない。
撤去してしまった方がいいのでは。まあ、ここまで来たら、誰も単なるハイキング・コースでないことは誰でも分かるだろうが。

この先の尾根歩きがかなり急坂だ。
DSC_8103_20151223223033771.jpg
DSC_8105.jpg

右手には女峰山(2483m)あたりがかろうじて見える。
DSC_8104_20151223223034e09.jpg
今朝、鹿沼の黒川を渡る時は、男体山(2484m)も日光白根山(2578m)も見えていたのに、もう雲に隠れてしまったのだろうか。

尾根に出てからの300mがやけに長い。
DSC_8106_20151223223005872.jpg

クサリとロープがセットで出てきてしまった。
DSC_8107_2015122322300600b.jpg

でも、これを越えれば、もうすぐそこ。
DSC_8108_20151223223007fb2.jpg

はい、たどり着きました。
DSC_8110_201512232230080d0.jpg

ここまで1時間20分。コースタイムより15分速かった。
DSC_8113_20151223222841f54.jpg
この「石裂山荘」って何だ?と思ったら、さっき車で通過してきた加蘇山神社の社務所のことだった。宿泊もできるのかしら。

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/743-013767fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (74)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (93)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (39)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (19)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR