山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

天狗山・男山(2)

【2015年11月1日(日)】天狗山・男山
天狗山(1882m)手前のピークを巻き、展望のいい尾根に出た。
右前方に北八ツの峰々。
DSC_4934_20151105063934bab.jpg
右から蓼科山(2530m)、北横岳(2480m)、縞枯山(2403m)、茶臼山(2384m)。

1683mピークの向こうに北アルプス。
DSC_4936_201511050639367d3.jpg
その間を八ヶ岳の長い裾野を引いている。

その左には、針ノ木岳(2821m)の向こうに剱岳(右、2999m)と立山(左、3015m)。
DSC_4938_2015110506393705b.jpg

正面にこれから登る天狗山。この角度から見ると、やけにずんぐりしている。
DSC_4939_20151105063939444.jpg
岩もほとんど見えない。

やはり今朝は冷え込んだらしく、落ち葉に霜が降りていた。
DSC_4940_2015110506394371f.jpg
日なたはぽかぽかだが、日蔭はまだ気温が上がっていない。

思い出した。この岩だ。
DSC_4942_201511050639108bb.jpg
娘のお尻を押して、登った岩は。
記憶にあるより、それほど危険な場所でなかった。
それはそうだ。クサリを使わないといけないところだったら登らせられなかっただろう。
しかし、ここまでの道もかなり険しい。
よく4歳の女の子が登ったし、よく連れて行ったと思う。
今の私なら、ここは選ばなかっただろう。本当に無知は怖い。

この岩の上からの展望も素晴らしい。
眼下には南相木村の立原高原自然公園。
DSC_4944_2015110506391244d.jpg

相木川に沿って連なる南相木村の集落。
DSC_4949_20151105063916e99.jpg

御座山(おぐらやま、2112m)から東の稜線。
DSC_4947_201511050639137d4.jpg

振り返れば、今巻いてきたピーク。
DSC_4948_201511050639154ba.jpg

この岩を今度はロープで下る。
DSC_4951_2015110506384703e.jpg
ここも娘を下らせたんだなあ。

しばしトラバース。
DSC_4952_20151105063849d4e.jpg

再び奥秩父方面。
DSC_4954_201511050638500f0.jpg
DSC_4956.jpg

その最奥部は同定しにくいが、おそらく左から三宝山(2483m)、甲武信ヶ岳(2475m)
木賊山(2469m)、水師(2396m)、富士見(2373m)だろう。
DSC_4955_2015110506385113d.jpg

再びロープ場。
DSC_4957_20151105063826d01.jpg

ここをクリアすると、千曲川沿いの谷が一望できた。
DSC_4958.jpg

そして御陵山(おみはかやま、1822m)を見下ろす位置まで来た。
DSC_4960_20151105063831d46.jpg

大蛇倉山(1962m)と南相木ダム。
DSC_4961_20151105063831adb.jpg

ナイフリッジを行く。
DSC_4959_20151105063829e94.jpg

続いて、さらに急峻な岩場を登る。
DSC_4963_20151105063759157.jpg
新しいロープがたくさん設置されていて、随分整備が進んだ気がする。
でも、ほとんどロープは使わなくて済んだ。

昭和40年代の看板だろうか。
DSC_4964_20151105063802884.jpg
当時のセンスはなかなか興味深い。

御陵山への稜線も全容を現した。
DSC_4965_201511050638023cc.jpg

東に上信国境の山々。
DSC_4968_201511050638064b1.jpg

最後のロープ場をよじ登ると、ふいに頂上が見えた。
DSC_4966_20151105063804ec7.jpg
DSC_4970_20151105063736947.jpg

まだ9時前だから、1時間かからずに登頂できた。
DSC_4971_20151105063738c1f.jpg

まずはだぶり承知で360度の大パノラマを堪能しよう。
東から。
DSC_4972_20151105063739ef3.jpg

北東は御座山。
DSC_4973_20151105063740f34.jpg

北に浅間山(2568m)。
DSC_4974_201511050637425c4.jpg

北西に遠く北アルプス。
DSC_4975_20151105063711144.jpg

西には男山(1851m)と八ヶ岳。
DSC_4977_2015110506371239c.jpg

南西には南アルプス。
DSC_4978_201511050637148ab.jpg

ここまで見たところで、すこし近場を確認。
これから登る男山。
DSC_4979_20151105063715b2e.jpg

双耳峰だが奥の方が頂上だ。
DSC_4980_20151105063717fc9.jpg

名峰をアップで見ていく。
草津白根山(2171m)。左のなだらかな稜線は横手山(2307m)。
DSC_4983_20151105063648bab.jpg

浅間山。右が頂上。中央は前掛山(2524m)、左が黒斑山(2404m)。
DSC_4984_2015110506364910e.jpg

篭ノ登山(2228m)から湯ノ丸山(2101m)にかけて。
DSC_4985_20151105063651ee6.jpg

妙高山(2454m)やら高妻山(2353m)やら。
DSC_4986_20151105063652202.jpg

中央に白く尖っているのは白馬鑓ヶ岳(2903m)、その右の黒い尖塔は白馬岳(2932m)。
DSC_4987_201511050636541ce.jpg

中央左に鹿島槍(2889m)。
DSC_4988_201511050636248ca.jpg

立山・剱。
DSC_4989_20151105063625015.jpg

北八ツ。
DSC_4990_20151105063627ef5.jpg

八ヶ岳の中山(2496m)。右の小さな突起はニュウ(2352m)。
DSC_4991_2015110506362819a.jpg

右のごつごつが東天狗、その左に根石岳(2603m)。
DSC_4992_20151105063630ad2.jpg

硫黄岳(右、2742m)と横岳(左、2829m)。
DSC_4993_20151105063557176.jpg

横岳と赤岳(2899m)。
DSC_4994_20151105063559fb0.jpg

赤岳と権現岳(2715m)。赤岳から東に延びる県界尾根と真教寺尾根がよく分かる。
DSC_4995_20151105063600318.jpg

権現岳と三ツ頭(2580m)。
DSC_4997_20151105063603a2a.jpg

八ヶ岳の広大な裾野。
DSC_4996_201511050636024dd.jpg

奥に中央アルプス。
DSC_4998_20151105063534b5a.jpg

甲斐駒(左、2967m)と鋸岳(右、2685m)。
DSC_5000_20151105063535b9c.jpg

北岳(3193m)と間ノ岳(3190m)。
DSC_5002_2015110506353737c.jpg

南から見た山頂の標識。かなり新しい。
DSC_5004_2015110506353855d.jpg

ケルンのわきにたたずむ石の祠。
DSC_5005_201511050635413d6.jpg

パシャパシャ写真を撮っていると、男山の方から単独の男性が登ってきた。
「御所平から登ってきたんですか」と聞くと、「いえ馬越峠から。もう男山まで行ってきました」とのこと。ピストンのようだ。
それは早い。峠に車を止めていたもう一人の方だろう。
「もう1人と会いませんでしたか」
「ええ、赤い人ね。ちょうど男山まで1.2kmの標識のところですれ違いました」
ちょっと雑談になった。小諸の方らしい。
この日、ふもとの立岩湖で釣りの大会があるとのことで、帰りに寄ろうと思っていると話していた。
シナノユキマスという魚が釣れるそうで、釣りキチ三平杯だとかどうとか。
釣りはほとんど分からないもので。

おじさんはさくっと馬越峠方面に下って行った。
DSC_5007_2015110506351109c.jpg

私もそろそろ出発する。
少し下ると、左手にゴルフ場が見えてきた。
DSC_5011_2015110506351317e.jpg
カワカミバレーカントリークラブだ。

原の集落と信州峠方面。
DSC_5012_20151105063514f84.jpg

北斜面に切られた新しい林道。まだ木の伐採をするのだろうか。
DSC_5014_20151105063517fe8.jpg

日蔭の松には霜が降りたまま。
DSC_5013_20151105063516bc4.jpg

立原高原。
DSC_5015_2015110506344894d.jpg

お、あれは五丈石。金峰山(2595m)も小川山(2418m)の陰から見えてきた。
DSC_5016.jpg

瑞牆山(2230m)のシルエットもかっこいい。
DSC_5017_20151105063450d98.jpg

頂上から150mほど一気に下る。
DSC_5019_20151105063452544.jpg
DSC_5023_2015110506342086a.jpg

今シーズン初めて見た霜柱。
DSC_5022_20151105063453521.jpg

これだけ木を切っているのに、ゴルフ場が美しく見えてしまう。
DSC_5026_20151105063421261.jpg

下りが一段落したところで、この標識。なんだかあか抜けている。
DSC_5027.jpg

大深山遺跡と書いた道標が倒れていた。
DSC_5029_20151105063424f5d.jpg
かつては直接行く道があったのかもしれないが、たぶんもう廃道だろう。

振り返ると。下ってきた天狗山の絶壁が見えた。
DSC_5031.jpg
DSC_5034_201511050634012c3.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/704-dc00a90f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (152)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR