山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

日向山(4)

【2015年10月31日(土)】日向山
日向山(1660m)の山頂で30分ほど休んで出発。
DSC_4805_20151104060459ba1.jpg

しばし背丈の低いササが生い茂る頂上台地の上を進む。
DSC_4807_20151104060501fab.jpg

山頂から200mほど離れた場所にある三角点に立ち寄った。
DSC_4808_20151104060503f5d.jpg

この三角点の標高は1659.6m。頂上は1660mなのでほぼ同じ高さだ。
DSC_4810_20151104060504485.jpg

このあたりが真の山頂かな。
DSC_4811_20151104060433f4b.jpg

ササの上はカラマツ林。
DSC_4812_2015110406043409c.jpg

もうお昼を過ぎたが、まだまだ下からどんどん登ってくる。
DSC_4813_2015110406043692e.jpg

すぐ先に雨量計があった。
DSC_4815_201511040604371f5.jpg

ここが9合目、あっという間に1合分進んでしまった。
DSC_4816_20151104060439fe4.jpg
かなり早く矢立石に着きそうだ。

しばらくだらだら下った後、ようやく傾斜が出てきた。
DSC_4819_201511040604060c4.jpg
DSC_4820_20151104060408dc8.jpg

人気の山だけあって、かなり登山道がえぐれている。
DSC_4823_20151104060409a37.jpg
DSC_4825_201511040604119e4.jpg

前方には、楽しそうにおしゃべりしながら歩いている女子3人組。
DSC_4826_201511040604126f9.jpg
ザックは都会風だが、足元はしっかりした靴を履いていた。

それにしても、驚くほど次から次へと登ってくる。
DSC_4828_20151104060341750.jpg
結局、われわれが矢立石に着いた頃、つまり1時半ごろから登る人もいて、びっくり。
往復2時間半だから、それでも明るいうちに下りて来られるわけだが。

4合目と3合目の間にぽつんと石仏。沿道では唯一だった。
DSC_4830.jpg

3合目を通過。
DSC_4831_20151104060344393.jpg

終盤になって、かなり傾斜がなだらかになってきた。
DSC_4833_201511040603450fc.jpg
DSC_4835_20151104060347cfe.jpg

林相もカラマツが終わって、広葉樹。
DSC_4838_20151104060317d99.jpg

これが矢立石かな、って思ったが、何の標識もなかったので違うのだろう。
DSC_4839_20151104060318f4a.jpg

登山口近くに、炭焼き窯を発見。かなり保存状態はいい。
DSC_4840_2015110406032034d.jpg

ちょうど1時間で、矢立石登山口に到着した。
DSC_4841_20151104060321aa4.jpg

やはり、うわさ通り駐車場は満車。
DSC_4844_20151104060253721.jpg

路駐も激しい。
DSC_4843_20151104060323ae7.jpg

ここから尾白川渓谷の駐車場まで、さらに40分下る。
DSC_4845_20151104060254b20.jpg

今度はかなりの急坂だ。
下り始めて気づいたが、「あれ、矢立石って、あった?」
おそらく、さっきのところから少し林道を下ったところにあったのかもしれない。
空身の女性2人が林道を登ってきたのを見た時に、ピンとくるべきだった。
さすがに戻る気にはならないので、そのまま下降する。

いったん林道に出て、100mほど歩く。
DSC_4847_20151104060256620.jpg

またすぐに登山道へ。
DSC_4848_20151104060258327.jpg
DSC_4850_20151104060259b44.jpg

こちらにも立派な炭焼き窯が残っていた。
DSC_4851_201511040601378d8.jpg

いくつかの巨石をかすめて、高度を下げていく。
DSC_4854_2015110406013966a.jpg
DSC_4855_2015110406014048b.jpg

35分ほどで、尾白川登山口まで下りてきた。
DSC_4856_201511040601426d2.jpg
DSC_4858_201511040601437dc.jpg

この先は、今朝通った道を5分ほど歩く。
右手には、往路では気づかなかった巨大な砂防ダムのような岩壁が見えた。
DSC_4860_201511040601188d1.jpg

で、とうちゃこ。車はやはり朝より増えている。
DSC_4861_20151104060119501.jpg
売店が開いていたので、ちょっとひやかし。
のつもりだったが、日向山のバッジがあったので買ってしまった。650円もした。

それぞれの車で、すぐ近くにある尾白の湯に向かう。
その時に気付いたのだが、第2駐車場に大型バスが4~5台止まっていた。
いわゆる団体さんは日向山の方には来ていなかったが、渓谷の方に行ったのだろうか。
翌日、O君からメッセージが来て、びっくり。
なんと、この日、尾白川渓谷で転落事故があり、千葉県の女性(69)が亡くなったそうだ。NHKのローカルニュースで放送されたらしい。
事故が起きたのは午後2時過ぎというから、ちょうど我々が駐車場に着いた頃。
それにしても、200人の団体があの渓谷道を歩いていたというから、さらに驚いた。
あんなすれ違いもできないような狭い登山道に、百人単位のハイカーを送り込むとは、常識はずれも甚だしい。そんなツアーを組んだ旅行会社の責任も重大だ。

そんなこととはつゆ知らず、我々は白州・尾白の森名水公園の中にある「尾白の湯」へ。
DSC_0253_20151104060608989.jpg
DSC_0251_20151104060633bb1.jpg

ここは日本最高級の「超高濃度」温泉だそうだ。
DSC_0245_2015110406062774e.jpg

とくに、赤い色をした湯は、温泉と認められる有効成分基準値の約30倍の濃度があり、神戸の有馬温泉に近いのだそうだ。
とくに、バリウムイオンとストロンチウムイオンがとくに濃い極めてユニークな温泉とのこと。
湯温は39.5℃なので、O君と10分以上のんびりと湯につかっていた。
となりの透明な温泉は、上記温泉と白州尾白川天然水を1:9の割合で混合したもので、こちらにも10分近く入っていた。

露天風呂からは正面に八ヶ岳が見える絶好のロケーションなのだが、電柱がどんぴしゃで邪魔。まあ、湯につかると柵で何も見えなくなるのだが。
DSC_0246_20151104060629ace.jpg

湯上りは当然ソフト。
ここには「信玄ソフト」なるものがあり、信玄餅が添えられているようだ。
DSC_0249_20151104060630055.jpg

せっかくなので、それを注文。
DSC_0250_20151104060632f12.jpg

生ソフトなので、おいしかった。

汗も引いたところで、O君とは2週間後の再会を約して、さようなら。
私は今宵の宿のある野辺山に向かう。
その途中で、いくつか撮影をしていく。幸いまだ明るい。

名水公園から見た八ヶ岳。
DSC_0252_201511040606060a6.jpg

名水公園の池に逆さ甲斐駒。
DSC_0254_20151104060609ce1.jpg

こちらは本日、登頂した日向山。
DSC_0256_20151104060610865.jpg

国道20号に向かう道すがら見えた、金ヶ岳(中央、1764m)と茅ヶ岳(右、1704m)。
DSC_0257_20151104060612e6b.jpg

旧白州町のマンホールには甲斐駒があしらわれていた。
DSC_0258.jpg

国道20号をしばし韮崎方面に下る。
しばらく走って、旧甲州街道の台ヶ原宿を通る旧道に入る。
旧道好きなので、きょろきょろしながら通り過ぎようと思ったのだが、見ものが多すぎて、とうとう車を止めてしまった。

よく街道の宣伝看板で見る「七賢」の酒蔵があった。
DSC_0263.jpg
DSC_0267_201511040605245df.jpg

その隣には、明治天皇の行在所跡。
DSC_0264_2015110406055096a.jpg

向かいには、お菓子の金精軒。
DSC_0266_20151104060523035.jpg

街道歩きのハイカーが何人もいたが、確かにここはゆっくり歩いてみたい宿場町だ。
DSC_0260_2015110406054664a.jpg
DSC_0261_201511040605479cb.jpg

調子に乗って、さらに「古道」と書いてある細い道に侵入したら、間もなく車両は通行止めだった。
なので、成果はこれだけ。
DSC_0268_20151104060526590.jpg

さて、お腹も空いてきた。ラーメン屋を探しつつ、国道141号を野辺山に向かう。
しかし、そば屋やほうとう屋ばかりでラーメン屋がない。
清里を過ぎると、とうとう何もなくなってしまった。
あたりも薄暗くなってきた。
まあ、最悪、セブンイレブンで弁当を買ってって、ホテルで食べてもいいやと思ったが、長野県に入ってから国道沿いに、何とも言えない微妙な店を見つけた。
DSC_0269_20151104060527f74.jpg

ものすごくまずいか、ものすごくうまいかのどちらかという雰囲気。
とにかく「うまい」方にかけて、車を止めると、まだお客さんがいるのに「準備中」の看板が下がっている。
ギギっと扉を開けて、カウンターの奥にいる女将さんに「もう終わりですか」と一応確認してみる。
「おとうさ~ん、お客さん。まだ大丈夫?」
「今何時?」
「まだ5時前よ」
「△□×◎・・」(よく聞き取れず)
「まだ大丈夫ですって、どうぞ」
ということになり、青ネギラーメンを注文。750円。店内はもうストーブがついている。
奥のお客さんは、常連さんなのか飲んでいるようで、追加のつまみを注文していた。
このお客さん対応のため、早めに閉店にしたのだろうか。

とにかく、出てきたラーメンを見てびっくり。
DSC_0270_201511040605296f1.jpg
麺が見えない。でも、青ネギは好きなので、うれしい。
麺やつゆは普通だったが、ネギが美味しかった。

セブンイレブンで翌朝のパンを調達して、ホテルへ。
昨夜予約したばかりの「野辺山リゾートイン黒岩荘」。6時前にチェックイン。
DSC_0273_20151104060458eb2.jpg
あてがわれたのは、2階の「赤岳」。洋室でツインだった。
今日はわざわざパソコンを持ってきたので、眠くなるまで、ブログを書いて過ごした。
日向山は滝あり砂あり眺望ありの変化に富んだ素晴らしい山だった。

部屋が寒く、ファンヒーターがありがたかった。
宿は線路の近くなので、時折小海線を走る列車の音が聞こえる。いいものだ。
11時近くまで頑張って、沈没。目覚ましはかけずに就寝した。

【行程】2015年10月31日(土)
尾白川渓谷駐車場(7:36)~吊り橋(7:47)~千ヶ淵(7:52)~三ノ滝(8:22)~旭滝(8:33)~百合ヶ淵(8:59)~神蛇滝(9:08)~不動大橋(9:44)~不動滝(9:51)~大橋詰(10:00休憩10:11)~(10:20救助見学10:26)~林道(10:42)~錦滝(10:53)~雁ヶ原基部(11:32)~日向山山頂(11:54撮影・昼食12:24)~4合目(12:58)~矢立石登山口(13:27)~尾白川渓谷駐車場(14:07)
※所要時間:6時間31分(歩行時間:5時間50分)
※登った山:1座(日向山)
※歩行距離:9.5km


スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

おつかれ山でした!

尾白川渓谷、やはり良いところだったようですねぇ〜
分県登山ガイドもここをセットで載せてくれたら良かったのに…
天気も良かったようで何よりです。

O平さんヤマレコ始められましたら是非教えて下さい!

  • 2015/11/04(水) 11:09:16 |
  • URL |
  • ブログの師匠 #-
  • [編集]

ヤマレコです

おつ山さんお久しぶりです!

今回2年ぶりくらいでヤマレコ書きました。お恥ずかしいかぎりですがご覧ください。

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-756546.html

  • 2015/11/04(水) 15:00:57 |
  • URL |
  • O平 #Hb8WYnzA
  • [編集]

>O平さん

お久しぶりです!
ヤマレコのアドレス教えて頂き有難うございます。
早速拝見させて頂きましたが、かなり前から参加されているんですね。
私はメンバー登録してませんのでコメント出来ませんでしたが、これから時々覗いて影ながら拍手したいと思っております。
なんか掲示板みたいになっちゃいました。
ごめんなさいKさん。

  • 2015/11/04(水) 18:48:53 |
  • URL |
  • おつ山 #-
  • [編集]

Re: おつかれ山でした!

おつ山さん、いいとこを紹介していただき、ありがとうございました。
いずれ水晶ナギにも行ってみようかと思ってます。
また季節がよくなったら、3人で同窓会しましょう!

  • 2015/11/04(水) 21:50:25 |
  • URL |
  • かたこりまさかり #-
  • [編集]

ラジャー!

遂に、痛風レンジャープリン隊出動ですね!
お会い出来るの楽しみにしております。
トォーゥ!

  • 2015/11/05(木) 19:53:53 |
  • URL |
  • おつ山 #-
  • [編集]

楽しみです!

チーム高尿酸値で参りましょう!

  • 2015/11/05(木) 21:13:35 |
  • URL |
  • O平 #-
  • [編集]

Re: 楽しみです!

なんか、そんな隊にも、そんなチームにも入りたくないけど(笑)

  • 2015/11/05(木) 22:26:42 |
  • URL |
  • かたこりまさかり #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/702-ac3e19a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (123)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR