山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

ピセナイ山(下)

【2015年10月18日(日)】ピセナイ山
ピセナイ山(1027m)山頂でお昼を食べた。
天気はみるみるよくなっていくのだが、東の雲はなかなかしぶとい。
CIMG8547_20151024072405bed.jpg
CIMG8548_2015102407240727d.jpg

眼下には高見ダムの高見湖は見えた。
CIMG8550_20151024072338012.jpg

しかし、もう日高の眺望は断念して下山開始。
CIMG8542.jpg
CIMG8543.jpg

また誰か登ってくる。
CIMG8544_20151024072404aa1.jpg

と思ったら、つづけて大団体の行列。
CIMG8555_20151024072340e30.jpg

彼らとは9合目の手前ですれ違う。確かに30人くらいはいた。
CIMG8557_201510240723418f0.jpg
中に「静内山岳会」というTシャツを着ている人がいて、それがとてもかっこいい。
敏感に反応したN君がわれわれも作ろうと言い出す。
いい考えだ。
数日後、さっそくデザインをfacebook上で提案してくれた。

どなたかに「どうでしたか」と聞かれたので、日高は見えなかったと正直に答える。
でも、「晴れてきたから見えるようになるかもしれませんよ」と慰めた。
実際晴れてきている。
CIMG8560_20151024072316f4c.jpg
CIMG8561_201510240723184ed.jpg

こちらは、未練を残しつつさくさく下る。
CIMG8558.jpg
CIMG8559_20151024072344476.jpg

9合目通過。
CIMG8563_20151024072319265.jpg

左手もだんだんくっきり見えるようになってきた。
CIMG8565.jpg
CIMG8569.jpg
CIMG8570.jpg

花の季節はとっくに終わり。
CIMG8568_201510240723225eb.jpg

どれも何山なのか、さっぱり分からない。
CIMG8571.jpg

8合目は見逃して、7合目を通過。
CIMG8573_2015102407225638f.jpg

6合目から頂上を望む。さっきは見えなかったのに。
CIMG8575_20151024072257356.jpg

この先は傾斜も急なので、ゆっくり慎重に下る。
CIMG8576_2015102407222847d.jpg

そうは言っても、下りは速い。
すぐに5合目通過。
CIMG8579.jpg
CIMG8581.jpg

ここまで来ると、また紅葉の季節。
CIMG8582_20151024072231daf.jpg

東の山はまだ雲の中のようだ。ちょっと安心。
CIMG8584_20151024072234781.jpg

4合目通過。
CIMG8586_2015102407220439b.jpg
CIMG8587_20151024072205051.jpg

紅葉の中の下り道。
CIMG8590_20151024072208ce8.jpg
CIMG8592_20151024072209fe6.jpg

難なく3合目通過。
CIMG8594.jpg

うわあ、完全に晴れてしまった。
CIMG8598_201510240721320d4.jpg
CIMG8596.jpg

まもなく2合目。
CIMG8601.jpg
CIMG8602_20151024072134aad.jpg
CIMG8603.jpg
ここで、ちょっぴり小休止。
晴れても景色はほとんど見えなかった。

1合目通過。
CIMG8607_20151024072108ddd.jpg
CIMG8606_20151024072106830.jpg

1時間20分ほどで登山口まで下りてきた。
CIMG8609.jpg

あとは林道。並んで歩く。
CIMG8610.jpg

団体で登ってきた地元の人はどこまで車を入れているか興味があったが、やはり一般車両通行止めを無視して、登山口まで来ていた。
CIMG8613_2015102407211200d.jpg
ここに駐車スペースがあるのを知っていたら、来ないわけがない。
でも、止まっているのは5台だけ。
これだけではあれだけの人数は運べない。
マイクロバスがどっかにあるのではと思ったら、我々が車を止めた場所の少し下にあった。

天気はすっかりよくなり、快適な林道歩きなのだが、みんな気になるのは、もう日高山脈が見えているのではないかということばかり。
CIMG8616_20151024072039c2d.jpg
CIMG8620_20151024072044588.jpg

早く登った人がダメで、ゆっくり登った人は景色を見られるというのは、よくあることだが、やはりちょっと悔しい。
CIMG8617_20151024072040792.jpg
CIMG8618.jpg

下山して車に乗ってからも、「まだ雲があるぞ」「なんか晴れてきたなあ」と一喜一憂し続けた。
CIMG8619_20151024072043dfe.jpg

林道歩き20分で車に到着。
CIMG8621_2015102407201306d.jpg
CIMG8623_201510240720167c7.jpg

車にはわずか4時間ほどで、枯れ葉がかなり積もっていた。
CIMG8624_2015102407201681e.jpg

頂上直下で先に行ってもらった親子には追いつけなかった。
車で抜かすことになるだろうと思っていたら、全然現れない。
最初のゲートのところの車がなくなっていたので、ああもう乗って帰ったな、早いなあと思っていたら、その随分先を歩いていた。
なんと彼らは最初のゲートから歩いていたのだった。
ちょっと驚いた。
息子さんかなりの健脚だ。
帰りはお父さんの100m先を歩いていた。
人は見かけによらない。

静内温泉で汗を流す。
DSC_0111_201510240720187bd.jpg
DSC_0112_201510240720189d9.jpg

かなり広い、ぬるぬるの湯だったが露天はなかった。
DSC_0114_20151024071948766.jpg

上がってから、楽しみだったソフト。N君はもう生ビールだった。
DSC_0115_201510240719505df.jpg
帰りは車窓風景を楽しみたかったが、やはり寝てしまった。
千歳あたりでとうとう雨が降ってきた。
高速は事故渋滞とのことで、手前の輪厚ICで下り、羊ケ丘通りで都心へ。

ホテルには6時前に着いた。
荷物を整理して、すすきのの飲み会へ向かう。
DSC_0116_201510240719521ef.jpg

深酒した昨日に引き続きなので、今夜は控えめ。
DSC_0117_201510240719538b1.jpg
おいしいイタリアンの店だった。
11時前にはホテルに帰り、ぐっすり寝た。

目覚ましをかけるのを忘れたが、幸い5時前に目が覚め、5:40に呼んだタクシーには間に合った。
札幌駅まで運んでもらう。
DSC_0118_2015102407195594c.jpg
DSC_0119_20151024071924c06.jpg

電車は6時発の始発。
DSC_0122_20151024071926856.jpg
DSC_0121_2015102407192584c.jpg

6:48新千歳空港駅着。
DSC_0123_20151024071928dd2.jpg
お土産を買って7:30発のANA50便に乗り込む。

うとうとしながら帰りも上空からの眺めを楽しんだ。
DSC_0125_20151024071929c0b.jpg

これは三陸の久慈あたり。
DSC_0126_20151024071900b61.jpg

岩手の岩洞湖。
DSC_0127_201510240719012c2.jpg

霞ヶ浦。
DSC_0131_20151024071903b7b.jpg

利根川。
DSC_0132_2015102407190557e.jpg

富津岬のむこうに富士山。
DSC_0134_20151024071906be2.jpg

袖ヶ浦の工業地帯。
DSC_0135_201510240718398d5.jpg

東京湾。
DSC_0137_20151024071840926.jpg

到着は定刻より15分遅れ。
おかげで、出勤も少し遅れたが問題なかった。
夜の部も連チャンだったので、なかなかハードな帰省だった。
日高にはまた行ってみたい。

【行程】2015年10月18日(日)
林道終点(8:50)~登山ポスト(9:05)~登山口(9:12)~1合目(9:18)~2合目(9:30)~3合目(9:42)~4合目(9:52休憩9:59)~5合目(10:08)~6合目(10:23休憩10:26)~7合目(10:32)~8合目(10:43)~9合目(10:55)~山頂(11:04昼食11:41)~6合目(12:11)~4合目(12:26)~2合目(12:42)~登山口(13:00)~林道終点(13:20)
※所要時間:4時間30分(歩行時間:3時間40分)
※登った山:1座(ピセナイ山)
※歩行距離:6.6km

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/695-d4b4f932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (90)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR