山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

チセヌプリ(下)

【2015年10月4日(日)】チセヌプリ
チセヌプリ分岐で4人と別れ、O君と2人でチセ山頂を目指す。
2人ともわりと速足だ。
CIMG8267.jpg

路面が土でそんなにぬかるんでいないので、さっきとは別人のような歩きやすさ。
CIMG8271_20151016204716150.jpg

眼下に尻別川が光っている。
CIMG8268_20151016204711701.jpg

背後には今登ってきたシャクナゲ岳(1074m)。
CIMG8269_20151016204713f83.jpg

登るにつれ、シャクナゲ岳周辺の3つのピークがはっきりしてくる。
CIMG8272.jpg

こちらは湯本へ下る道。もう彼らは通過した後なのか見えない。
CIMG8274_201510162046471f4.jpg

リフト頂上駅。
CIMG8276_20151016204648442.jpg

チセヌプリ(1134m)の頂上を仰ぎ見る。
CIMG8278_20151016204650768.jpg

まだ半分くらいか。
CIMG8279_201510162046511e5.jpg

シャクナゲ岳への登山道。
CIMG8281_20151016204653222.jpg
そういえば、シャクナゲ岳にシャクナゲが見当たらなかったなあ。

北麓の台地。
CIMG8283_201510162046233dc.jpg

登りは順調だ。
CIMG8284.jpg

頂上直下でいくつかのグループとすれ違った。
CIMG8286_20151016204626941.jpg

何だか感動的。
CIMG8287.jpg

さあ、あともう少し。
CIMG8290_201510162046293bb.jpg

しかし、頂上付近とうとうガスがかかってきた。
CIMG8318_20151016204600dbd.jpg

13時前に登頂。コースタイム40分のところ34分でクリアできた。
CIMG8322.jpg

頂上は赤い溶岩。
CIMG8319.jpg

三角点は堅固なコンクリートで守られていた。
CIMG8321_20151016204603fdf.jpg

頂上はだだっ広い。
CIMG8323.jpg

何も見えないので、早々に下ることにする。
その時、目に飛び込んできたのが、小さな火口湖。
CIMG8327_2015101620453420f.jpg
地形図に表示があったので確認しようと思っていたのだった。
忘れていて見落とすところだった。

まずはハイマツ帯を抜けていく。
CIMG8328.jpg

その先は展望のある楽しい道のはずなのだが、ガスのせいで残念な状態。
CIMG8329.jpg
CIMG8330_20151016204538cd6.jpg

そしてシャクナゲ岳を上回る滑りやすい岩の急坂。
CIMG8332_20151016204542032.jpg
CIMG8333.jpg

これが延々と続いて、なかなか気が抜けない。
CIMG8336_20151016204513d2c.jpg

正面にニトヌプリ(1080m)の双耳峰。
CIMG8340.jpg
CIMG8337.jpg

眼下にはニセコパノラマラインのヘアピンカーブ。
CIMG8339.jpg

単独男性とすれ違った。ピストンだろうか。
CIMG8341_201510162044484e6.jpg

岩場はなおも続く。
CIMG8342_20151016204450b6d.jpg
CIMG8343_201510162044511e4.jpg

その後やっと傾斜はやや緩やかになった。
CIMG8344_20151016204452258.jpg
CIMG8347 - コピー

ガスの下に下りてきてニトヌプリの紅葉もよく見えるようになってきた。
CIMG8346 - コピー
CIMG8345 - コピー

大沼の北にある無名のピーク。こいつ、何だか気に入ってしまった。
CIMG8349 - コピー

ササの中のダケカンバが北海道らしい。
CIMG8351 - コピー
CIMG8354 - コピー

やっと下山目標が見えた。
CIMG8355 - コピー

晴れてきたので山腹が美しい。
CIMG8356.jpg
CIMG8357.jpg

ニトヌプリの北峰と南峰。
CIMG8358_201510162044047af.jpg
CIMG8359.jpg

もうすぐ着くので、意気揚々だ。
CIMG8360_20151016204336340.jpg

景色がいいと道もかっこよく見える。
CIMG8361_2015101620433755f.jpg

というわけで下りに48分。
CIMG8363_201510162043393d4.jpg

コースタイム40分なので、かなり遅かった。
CIMG8364_20151016204339da7.jpg
もう4人はとっくに付いており、N君は車内でカップ麺を食べていた。
私も残りのおにぎりをいただく。

全員そろったところで、お風呂へ。
雪秩父は避けて、近くの紅葉音(あかはね)にした。
DSC_0043_20151016204341402.jpg
DSC_0044_20151016204253df9.jpg
着いたところで、係りの人が出てきて、「今日は2時でおしまいです」と言って引っ込んでいった。まだ13:45だったが、取り付く島もなかった。

1枚だけ、ふもとからのチセヌプリを撮っておく。
DSC_0046_201510162042548ea.jpg

潔く諦め、ニセコ昆布温泉のニセコグランドホテル「若返りの湯」へ転戦。
DSC_0050_201510162042567fd.jpg
DSC_0051_201510162042579a8.jpg
ここの露天風呂は混浴だ。
全く知らなかったので、湯に入って、湯あみを着た女性がいるのを見てびっくり。
間違えて女湯に入ってしまったのかと思った。
そんなはずはないのだが。

露天風呂は鉄分の多いナトリウム・塩化物泉で泉温は49℃。
温度調整のため、湧き水を加水しているという。
DSC_0052_201510162042596c8.jpg
実にいい湯であった。
それにしても入っている女性はみなカップルだった。

このあとラーメンを食べにニセコ市街へ。
お目当ての店は閉まっていたので、国道5号沿線にある道の駅ニセコビュープラザに向かう。
DSC_0055_20151016204217b8c.jpg

アンヌプリ(1308m)が見える場所だ。
DSC_0057_2015101620421843c.jpg

道の駅自体にはファストフード系しかなかったので、歩いて隣のレストランへ。
カツ丼とかの幟が出ていた。
ラーメンのつもりだったが、結局はごはんものに。
別に構わない。
「ごはん&カフェ DOG TAIL」という店だった。
今年4月にオープンしたばかりのようだ。
DSC_0058_20151016204219e05.jpg
ここはワンちゃんの入店歓迎とのことだが、ルールを守ってねと注意書きがたくさん書いてあった。いいことだと思う。

しかし、注文したハンバーグカレーが出来上がるのに30分近くも待たされた。
DSC_0060_20151016204223108.jpg
わりと美味しかったが、ボリュームも満点だったので、ライスは少し残してしまった。

ここで皆さんとは解散。
N君に新千歳空港まで送ってもらう。
喜茂別、大滝経由のコース。なかなか新鮮であった。
車中、伊達市が有珠山、昭和新山の登山ツアーを開催していることを教わり、昭和新山の方に申し込んでみることにした。
子供の頃からずっと登りたかったのだ。

空港には6時過ぎに到着。
2週間後の再会(日高・ピセナイ山登山の予定)を約して別れる。
荷物を整理して、お土産を買い、19:30発のANA76便に乗り込んだ。
機中もう一度、志の輔の「帯久」を聞いて、羽田へ。

手荷物の引き取りに時間がかかってしまい21:35のバスには乗れず、22:05の次発に乗って所沢駅へ。
帰宅は23時半を過ぎていた。
行きも帰りも深夜になったが、仲間と楽しく過ごせた山旅であった。

【行程】2015年10月4日(日)
神仙沼レストハウス(8:35)~神仙沼(8:51撮影8:59)~長沼(9:17)~ビーナスの丘(10:00休憩10:05)~シャクナゲ分岐(10:36)~シャクナゲ岳(10:57撮影11:11)~シャクナゲ分岐(11:31)~ビーナスの丘(12:01休憩12:09)~チセヌプリ分岐(12:20)~チセヌプリ(12:54撮影12:57)~パノラマライン登山口(13:45)
※所要時間:5時間10分(歩行時間:4時間32分)コースタイム:4時間
※登った山:2座(シャクナゲ岳、チセヌプリ)
※歩行距離:10.1km



スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/687-20065e5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (152)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR