山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

坪山・奈良倉山(上)

【2015年9月23日(水)】坪山・奈良倉山
今年のシルバーウィークは5日間とも晴れた。
最終日も出かけることにしたが、もう渋滞はこりごり。
車での遠出は止めておく。
前夜、山と高原地図の「奥多摩」や「陣馬・高尾」を見ていて、以前考えていたコースを思い出した。
冬向けではあるが、行ってしまおう。
坪山(1103m)と奈良倉山(1349m)を結んで、鶴峠(870m)に下りてくるコースである。
バスを利用することになるので、それに合わせないといけないが、何とかうまくいきそうなので、これに決定。

上野原駅8:30発のバス(松姫峠行き)に乗るために、家を6時半に出発。
新所沢駅前のコンビニで、朝食と昼食を調達し、6:54発の電車に乗り込む。
東村山、国分寺、高尾で乗り換え、8:25に上野原駅到着。
駅のすぐ前にいたバスに乗車する。
バスの前で「要害山~尾続山」のハイキングマップを配っていた。
「山と高原地図」には載っていないコースだが、最近整備したのだろうか。
以前は「八重山~能岳」のコースを宣伝していたが、誘客のため、あれこれ開拓しているのかもしれない。
制作は「上野原里山くらぶ」である。

バスは定刻に発車。
鶴峠を経て丹波山に至る県道18号線をさかのぼっていく。
DSC_3958_201510122159186f3.jpg

用竹や新山王橋などのバス停は懐かしい。
この路線は山歩きのため何度か使ったことがある。
用竹より先は今回初めての乗車区間だが、ユニークな地名がたくさんある。
初戸(はど)、六藤(むそうじ)、偏盃(へはい)などなど。
DSC_3959_20151012215919908.jpg
由来はいずれ、ゆっくり調べてみたい。

さて目的地の阿寺沢入口には9:17に到着。
DSC_3960_2015101221592197e.jpg

軽くストレッチをして9:20に歩き始めた。
DSC_3490_201510122203298dd.jpg

まず少し坂を下って、鶴川を渡る。ここで標高約530m。
DSC_3493_201510122203302d3.jpg
DSC_3494_2015101222033290d.jpg

このあたりにはツリフネソウが咲いていた。
DSC_3495_20151012220333324.jpg

橋から100mほどで登山口があるはずだが、変な標識があるだけで、道があるようには見えない。
DSC_3496_201510122203355f9.jpg
地形図もこの手の道はよく間違えているので、もっと先にちゃんとした登山口があるのかもしれないと思い、もう少し進んでみる。
しかし、それらしきものは全くない。

あるのは馬頭観音くらい。
DSC_3497_2015101222030483b.jpg

やはり引き返して、さっきの標識のところから山に入る。
草の中にかすかな踏み跡があった。
しかし、その先はヤブ。踏み跡を頼りに進む。
DSC_3499_20151012220306ca6.jpg

ヤブを抜けると、植林の中に古い階段が出てきた。
DSC_3501.jpg

どうやら、この道で間違いないようだが、もう廃道寸前である。
DSC_3502_20151012220309929.jpg
「山と高原地図」は何の断りもなく、このルートを実線にしているが、破線に格下げすべきと考える。

時々ヤブが出てくる踏み跡をたどって、しばしトラバースすると、道が二手に分かれている。
DSC_3503_201510122203116b3.jpg
左は下り、右は登り。標識は脱落して行方不明。

ここからは左右とも踏み跡はわりとしっかりしている。
DSC_3504.jpg
DSC_3505_20151012220243634.jpg
ははん。確認していないので断言はできないが、登山口はこの道を下ったところに新しく付け替えられているのではないか。
だから、私の入って来た登山口は荒れ果ててしまったのだ。

しかし、この道も登るうちに踏み跡が拡散してしまい、かなり不明瞭になってしまった。
DSC_3506_201510122202446ca.jpg
DSC_3509.jpg

ただ、尾根は分かりやすいので迷うことはない。
下草のほとんどない山腹をしばらく直登する。
DSC_3511_20151012220224980.jpg

この斜面はめずらしいキノコのオンパレードである。
DSC_3507_20151012220246507.jpg
DSC_3508_20151012220248266.jpg
DSC_3510_2015101222022209f.jpg
DSC_3512_201510122202255c4.jpg
DSC_3513_20151012220227cf0.jpg
花だと名前を必死に調べるのだが、キノコはサボってしまう。すいません。

最初にヤブこぎをしたせいで、なかなか息が整わない。
その後、急坂が続いたこともあるが、尾根に乗ったあたりで、やっと落ち着いた。
尾根は木の墓場のようなところだった。
DSC_3516_20151012220159abe.jpg
DSC_3515.jpg

これは雷の産物なのだろうか。
DSC_3517_201510122202014bb.jpg
DSC_3518_201510122202023f1.jpg

間もなく勾配が少し緩やかになった。
地形図を見て、720mあたりかなと予想して、地図ロイドで現在地を確認したら、ズバリだった。
今日は、山頂以外はほとんど視界がきかず、地形図を見ながら、現在地の確認をする練習のような山行になった。
お蔭さまで、常に現在地を地形図上で追うことができた。
アップダウンがあると分かりやすい。

木々も植林だけでなく広葉樹もちらほらと出てきた。
DSC_3520_20151012220204446.jpg
DSC_3521_201510122201309df.jpg

しばらくすると、郷原の「びりゅう館」からの道が右から合流してきた。
コースタイム45分のところ、所要47分。登山口探しに少し時間を食ったことを考えれば、まあまあか。
ここで初めて道標と対面。
DSC_3523_20151012220131d82.jpg

阿寺沢方面は「登山道未整備につき危険」と書かれている。
DSC_3524_20151012220132e5b.jpg
それほど危険なところはなく、道迷いの危険性があるという意味だろうが、やはり「山と高原地図」は破線にすべきだ。

ここからようやく道がしっかりする。
DSC_3526_20151012220134cb9.jpg

間もなく、896m標高点。
DSC_3527_20151012220136e46.jpg

山名板を期待したが、何もなし。道標があるだけだった。
DSC_3530_20151012220100dce.jpg
今日は、三角点のある場所も含め、いくつものピークを越えたが、地図に載っている坪山と奈良倉山以外、ひとつも新規発見はなかった。
展望もほとんどないし、だから撮影のための立ち休みもなく、疲れる原因となった。
いろんな意味で残念なことの多い山行となったが、ひたすら歩くという意味では、いい鍛錬になった。

こぶを1つ越えて、標高約940mのピークで道は右に屈曲する。
DSC_3534_20151012220104cab.jpg

この先はやせ尾根となり、ロープも出てきた。
DSC_3535.jpg
DSC_3536.jpg

手書きの地図はかなり読みにくくなっている。
DSC_3538_2015101222003104c.jpg

「坪山→」の道標だけは、何度も見かける。
DSC_3540_20151012220032519.jpg

995m標高点で再び右に屈曲。
DSC_3541_2015101222003367d.jpg

二重山稜を通過。
DSC_3543_201510122200353cd.jpg

次のこぶは結構な急坂。
DSC_3545_20151012220002c41.jpg

越えれば、なだらか。
DSC_3547_20151012220004dfd.jpg

このあたりもキノコの産地。
DSC_3544_20151012220036d23.jpg
DSC_3549_20151012220005ff4.jpg
DSC_3550_201510122200063c5.jpg
DSC_3551_20151012220008a25.jpg

1034m標高点。
DSC_3553_20151012215938fe2.jpg
アップダウンを繰り返しながら、徐々に標高を上げてきた。

木々の隙間から権現山(1312m)の稜線が覗ける。このピークが何山なのかは不明。
DSC_3555_20151012215940a8d.jpg

坪山の最後の登りは急登続き。
DSC_3557_201510122159411bb.jpg
DSC_3558_20151012215943faf.jpg

頂上直下の分岐を過ぎると
DSC_3560_20151012215944f9b.jpg

ぴょんと頂上に躍り出る。
DSC_3562.jpg
登り始めてから2時間かからなかった。
コースタイムは2時間半なので、かなり速い。
しかし、かなり疲れていることは間違いない。
アクエリアスの500ccは飲み干してしまったので、テルモスに入れてきた水を空になったペットボトルに移し変えた。

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/679-66644c31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (74)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (93)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (39)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (19)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR