山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

斑尾山(下)

【2015年9月21日(月)】斑尾山
ぐん平街道の「ク」地点から先は再び道が狭くなる。
DSC_3465_20151011221849e8a.jpg

小腹がすいたのでソーセージをかじりながら歩く。
DSC_3466_201510112218500ef.jpg

いい道だ。散歩にちょうどいい。
DSC_3467_20151011221852390.jpg

局地的な紅葉も美しい。
DSC_3468_20151011221853a85.jpg

展望が開けた場所からペンション街を見下ろす。
DSC_3469.jpg

「ケ」地点に出たので、左折して、再びゲレンデを下る。
DSC_3470_20151011221828925.jpg
この道は名前がついていないが、レストランハイジに通じている。
観光案内所のお兄さんは、もう少しぐん平街道を進んで、登ってきたかえでの木トレイルを下りるコース取りを教えてくれたが、少しでもピストン区間を少なくするため、手前で下ることにした。

再び斑尾高原の核心部が見えた。
DSC_3471_20151011221828dc4.jpg

レストランハイジも見える。
DSC_3472_2015101122183064a.jpg

しばらくはゲレンデを下る。
DSC_3474_20151011221831333.jpg

アキノキリンソウ。
DSC_3476_20151011221833c0b.jpg

途中から、砂利道に出た。歩きにくい。
でも、我慢して、頂上から1時間半ほどで下界に下ってきた。
DSC_3478.jpg
DSC_3479_20151011221806c53.jpg

ハイジ周辺は、トレランの選手たちが三々五々集まってきている。
DSC_3481_20151011221808c5d.jpg

おそらく明日の大会の受付がもう始まっているのだろう。
DSC_3933_20151011221747ae3.jpg
同窓生の彼が来ているかなと見回してみたが、見つからなかった。

この先は、左手に芝スキーを見ながら車道歩き。
DSC_3483_20151011221809a8f.jpg
DSC_3484_20151011221811ece.jpg

登りはエスカレーターみたいなので、登っていった。
DSC_3485_20151011221743000.jpg

右手はパットパットゴルフ。
DSC_3486.jpg
こちらはカップルや家族連れが楽しんでいる。

そんなのを見ながら10分。ちょっと登り返して、チロル前の駐車場に到着。
DSC_3488_20151011221745731.jpg
ほぼ4時間の山行だった。
展望には恵まれなかったが、なかなかリラックスできる山歩きであった。

一応、お昼用にカップ麺を用意していたが、昼過ぎに下山してしまったので、食べず終い。
お腹がすいたけど、まずはお風呂だ。
近くの「まだらおの湯」に向かう。
DSC_3937_20151011221748511.jpg
DSC_3938_20151011221719a79.jpg
駐車場はほぼ埋まっていたが、お風呂はそれほど混んでおらず、内湯と外湯にゆっくりつかり、汗を流すことができた。

地元のおばちゃんが厨房でそばを打っているのが窓越しに見えたので、そばが食べたくなった。ここでお昼を済ませてしまうことにした。
DSC_3939_201510112217212b2.jpg

ざる蕎麦(750円)と鶏の唐揚げ(500円)。
DSC_3940_20151011221723b9b.jpg
そばは細めで、普通のおいしさだった。

満腹になったところで、売店でお土産を購入。
DSC_3941_201510112217245c2.jpg

これは買わなかったけど、ピーマンに似たぼたんこしょう。
DSC_3942_201510112217266ab.jpg
帰りは野尻湖経由で高速に乗ることにした。

途中で見つけた信濃町のマンホール。クロスする鎌が物騒だ。
DSC_3943_20151011221654955.jpg

こちらはナウマンゾウのデザイン。野尻湖畔ではウマンゾウの化石が出土していることにちなんでいる。
DSC_3944_20151011221656832.jpg

稲が稔って黄金色に染まった山里の村を抜けて、湖岸の道路に出ると、斑尾山(1382m)の雲がすっかり晴れてきれいになっていた。
DSC_3945_20151011221657b77.jpg
DSC_3946_2015101122165842a.jpg
ちょっと悔しいが、こんな時間まで山頂にいるわけにはいかないので仕方ない。

湖畔の桟橋。長野在勤時代は仕事も含めて、よく野尻湖には来たものだ。
DSC_3947_201510112217010ec.jpg

信濃町ICから上信越道に乗る。
長野時代は、この高速道路を作るために、あちこちで発掘調査をしていた。
それを見るために何度も、このあたりを走り回った。
とても懐かしい場所なのだが、出来上がった高速に乗るのは実は初めて。
なんだか感慨深いものがある。

高速に乗ったのは午後2時半。
さて何時に着くだろうか。
最初のうちは、中央道の渋滞情報しか表示されていなかったのに、だんだん関越の情報が出てきた。
渋滞距離もだんだん長くなり、なんと藤岡の手前でもう渋滞が始まっている様子。

横川ICまでは2時間かからずに順調に来たが、渋滞に備え、ここでひと息入れる。
DSC_3950_20151011221634266.jpg

高速中山道か。おもしろいね。
DSC_3949_201510112216332f8.jpg

振り返れば、妙義山のギザギザ。
DSC_3951_20151011221635b02.jpg
DSC_3956_20151011221637382.jpg

売店には高級なぶどうがたくさん売られていた。
DSC_3953_201510112216377dd.jpg
1房1800円のもあり、びっくり。とても手が出せない。

ここからが大変だった。
富岡から先20kmの渋滞。これを1時間近くかけて通過。
しかし、藤岡JCTの手前からまた詰まってしまい、鶴ヶ島JCTまで45km、通過に2時間以上の表示。
これはさすがに付き合いきれないと思い、ハンドルを左に切って、新潟方面へ。
高崎の先で北関東道に入り、太田から一般道で熊谷に抜けることにした。

スムースに太田薮原ICまで行けたのはいいものの、そこから先の道が皆目分からない。
もう真っ暗なのに、ほとんど土地勘もない。
ナビがあると便利だが、もちろんない。
実は、私の愛車は車内灯が壊れていてつかないので、明るい照明の下で止まらないと地図も見られない。
しかも今回は群馬県の地図は持って来ていないので、埼玉県道路地図の広域版で解読するしかない。
ないない尽くしである。

厳しい条件の中、とうとう境町で道が分からなくなり、何とか軌道修正して国道17号バイパス(上武道路)に出たが、なんと、この道も利根川を渡る手前で大渋滞。
こりゃダメだと、またまたハンドルを左に切り、尾島町からの利根川越えを試みる。
道が分からないながらも順調だったが、橋の手前でまた信号渋滞。
この通過に15分くらいかかったが、あとはほぼ滞らずに進めた。
熊谷市内で休憩がてら晩飯にしたかったが、いい店はことごとく右側にあり、入りにくい。
ずるずると進んで、東松山も通過。坂戸でようやくガストに入ることができた。
時間はすでに20:40。
カレーと景気づけにあんみつを頼んで、パワーを補給。

ここから所沢まで、50分ほど。
なんとか10時過ぎには帰宅できた。
「まだらおの湯」からなんと8時間。距離はちょうど300km。
大型連休の首都圏帰宅はいつもながらきつい。

5連休の4、5日目も天気がめちゃめちゃいい予報なので、22日も出かけることを考えていたが、疲れ果てたのでやはり断念。
静養にあてることにした。
それはともかく、温泉も含め2泊3日の充実した山旅であった。

【行程】2015年9月21日(火)
チロル前登山口(8:25)~ぐん平街道交差点(8:45)~山頂まで40分地点(9:02休憩9:06)~万坂峠分岐(9:37)~斑尾山(9:51)~大明神岳(10:02休憩10:25)~斑尾山(10:35)~万坂峠分岐(10:47)~ぐん平街道入口(11:22)~ケ地点(11:49)~レストランハイジ(12:09トイレ12:14)~チロル前登山口(12:23)
※所要時間:3時間58分(歩行時間:3時間26分)
※登った山:2座(斑尾山、大明神岳)
※歩行距離:6.8km
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/678-6fa4f911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (152)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR