山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

横手山(3)

【2015年9月20日(日)】横手山
横手山(2307m)から四十八池湿原に下りてきた。
DSC_3166_20151009203959327.jpg

これはさっき登った鉢山(2041m)。
DSC_3167_20151009204000991.jpg
DSC_3169_2015100920400314e.jpg

もう少しずつ紅葉が始まっている。
DSC_3168_20151009204002593.jpg

湿原の北にあるベンチまで行って昼食にする。
ハイカーで大混雑していることを想像していたが、それほどでもなく、ベンチを一つ確保することができた。
DSC_3170_20151009204005d8e.jpg
(背景は裏志賀山)

大沼池、裏志賀山方面への道。
DSC_3171_20151009203937806.jpg

ここで、横手山頂ヒュッテで調達したパンを、ようやく食べることができる。
DSC_3173_201510092039393bf.jpg
でもでも、楽しみにしていたカスタードがアップルパイではないか!
ちょうど近くにいた人も「あれ、アップルパイだ。カスタードを買ったのに」とつぶやいていたので、私が間違えて取ったわけではなく、あの女の子が間違えて並べていたようだ。
アップルパイも美味しかったが、やはりカスタードを食べたかった。

カレーパンはこんがり焼けて、中が大きく空洞になっており、これも美味だった。
DSC_3174_20151009203940842.jpg

ふと時計を見ると、なんと12時半を過ぎている。
ここから木戸池までのコースタイムは1時間15分。
木戸池で13:48発渋峠行きのバスに乗るつもりだったが、これではギリギリだ。
あわてて歩くのもいやなので、次の便に乗ることにした。
時間は14:58。1時間10分も余裕ができたので、全く急ぐ必要はなくなった。
これで笠ヶ岳(2076m)につまみ食い登山をする選択肢はなくなったが、まあいつでも来られるからかまわない。

30分近く休憩して、おもむろに立ち上がる。
DSC_3179_20151009203942966.jpg

さっき歩いてきた湿原の中の木道を引き返す。
DSC_3181_20151009203918693.jpg
DSC_3182_20151009203919736.jpg

草紅葉の湿原もなかなか趣がある。
DSC_3180_20151009203944157.jpg
DSC_3183_20151009203921a5e.jpg
DSC_3184_201510092039227c2.jpg
DSC_3185_20151009203923a15.jpg
DSC_3188_201510092038581be.jpg

振り返ると、志賀山(左、2037m)と裏志賀山(右、2040m)が仲良く並ぶ。
DSC_3187_20151009203857ccf.jpg

この枯れてしまったのは何だろう。
DSC_3189_20151009203901fe8.jpg

ミツガシワはまだまだ青々としていた。
DSC_3190_20151009203901870.jpg

鉢山を借景にした風景を楽しみつつ、湿原を縦断。
DSC_3192_20151009203834b9c.jpg

東屋のところを右折して、渋池に向かう。
DSC_3191_201510092039030e7.jpg

木々の間からのぞく湿原は黄金色に光っていた。
DSC_3196_2015100920383721c.jpg

この先は車も通れる広い道。
DSC_3194_20151009203835512.jpg

鉢山の北麓をトラバースする道で、ほとんど平らだ。
DSC_3199_20151009203839bc2.jpg

左の斜面にはササが生い茂っている。
DSC_3201.jpg

平らな道は楽ちんだ。
DSC_3202_20151009203812e21.jpg
DSC_3204_20151009203814758.jpg

ただ、砂利が敷いてあるところは、ちょっと歩きにくい。
DSC_3205_201510092038151e8.jpg

この道は前山リフトで登って来ると、1時間ほどで四十八池に行けるハイキングコースなので、わりと人通りが多い。
DSC_3206_20151009203817229.jpg
さすがにハイヒールや革靴の人はいないが、しっかりダウンを着込んだ人がいておもしろい。
こちらはずっと歩いていて体が温まっているので長袖1枚だが、彼らは車で来て、いきなり2000m近い標高だから、寒いのだろう。

湿原から25分ほどで志賀山への道との分岐を通過。
DSC_3207_20151009203818726.jpg

ここの看板、「ダケカンバ」の濁点を忘れたらしく、ビニールテープで加筆してあった。
DSC_3209_20151009203742576.jpg

渋池に着いてみて、びっくり。
DSC_3222.jpg

ここも2か月前に来た時は、ガスで回りは何も見えなかったが、今回は池の向こうに横手山(2307m)がでんとそびえている。再訪してよかった。
DSC_3212_20151009203743b11.jpg

いくつもの浮島たち。
DSC_3213_20151009203745d01.jpg
DSC_3215_201510092037463ce.jpg
DSC_3221_20151009203722d1d.jpg

絵になる風景にしばし見とれた。
DSC_3218.jpg

横手山をアップで。スカイペアリフトが見える。
DSC_3224_201510092037252a6.jpg

こちらはのぞき。ここは横手山に通じるスカイレーターの起点だ。
DSC_3216_20151009203748293.jpg

ここも全く前とは違う場所のようだった。
DSC_3226_20151009203656b94.jpg

本来ならここで右折して、木戸池に向かうのだが
DSC_3225_20151009203726811.jpg
(この道)

トイレに行きたくなったので、直進して前山(1796m)まで足をのばすことにした。
改修中の四十八池公衆便所に「トイレは前山リフトにある」と書かれていたような気がしたからだ。
そんな施設があったような記憶は残っていないが、念のため。
無駄骨でも、晴天の前山からの風景も見られるのだから苦にならない。
しかもバスを遅らせたので時間がある。

すぐ、正面に前山リフトと笠ヶ岳が見えてきた。
DSC_3227_20151009203658c1c.jpg

前山に着いたが、やっぱりトイレは見当たらない。
リフトのスタッフに聞いたら、下にあるという。
ああ、そういうことか。

でも、ここからの眺めも前回とは見違えるほどだ。
ロックガーデンからの笠ヶ岳。
DSC_3230_201510092037013a8.jpg
DSC_3232_20151009203703a3e.jpg

山頂の方位盤。
DSC_3229_2015100920370064f.jpg

熊の湯スキー場。
DSC_3233_20151009203635576.jpg

熊の湯の温泉街。
DSC_3244_20151009203613c37.jpg

振り返ると、志賀山。
DSC_3235_20151009203637885.jpg

こちらは鉢山。
DSC_3239_20151009203638769.jpg

そして横手山。ここからもばっちり見えた。
DSC_3240_20151009203640048.jpg

手前は前山湿原。
DSC_3243_2015100920364199f.jpg

咲いているのは、もうヤマハハコくらいだ。
DSC_3245_2015100920361591e.jpg

改めて前山山頂をおさえておく。
DSC_3247_2015100920361636e.jpg

このあたりはやはり観光客だらけだ。
DSC_3248_20151009203617f26.jpg

横手山ともおさらばして、渋池前の分岐まで戻る。
DSC_3249_20151009203619bfa.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/674-7fa93770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (93)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR