山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

守屋山(下)

【2015年8月26日(土)】守屋山
守屋山(1650m)山頂直下の「ラビットハウス」で歓談中。
DSC_0852_20150922210919ae3.jpg
ここにいた方は諏訪側の湖南の人で、湖南の小学校では毎年ふもとから3時間かけてこの山に遠足で登るのだそうだ。
今度は天気のいいとき、とくに冬にまたおいでと言ってくれた。

小屋の中にはうさぎにちなんだグッズなどが、かわいらしく飾られていた。
DSC_5120_201509222105116ab.jpg
ほとんど金子さんが持ってきたものだそうだ。

さて、随分休ませてもらったので、そろそろ引き上げることにする。
雨でも降り出したら面倒だ。
来た道を表参道の分岐まで戻る。
DSC_0855_201509222109211be.jpg

あれ、橅難(ぶなん)観音はこっちのことだったのかな?
DSC_0857_201509222108294af.jpg

表参道は標高差550mを一気に下る道だ。
DSC_0862.jpg
DSC_0869_201509222108336fd.jpg

つづら折りになっているところもあるが、かなりきつい。
DSC_0872_20150922210834b0c.jpg
DSC_0874_20150922210836a2d.jpg

見事なアカマツ。
DSC_0875_201509222108067c2.jpg

きのこが結構生えていた。
DSC_0876.jpg
DSC_0878_201509222108114cd.jpg
DSC_0890_2015092221074265e.jpg
DSC_0891_201509222107439f7.jpg
DSC_0896_20150922210746be8.jpg

これは木クラゲの一種かな。
DSC_0892_20150922210745918.jpg

この巨木には御嶽神社が祀られていた。
DSC_0887_20150922210810d15.jpg
DSC_0888_20150922210811277.jpg

見事な針葉樹林。
DSC_0897_2015092221074700c.jpg

守屋神社奥宮の鳥居をくぐる。
DSC_0899_20150922210716e7e.jpg

さらに沢沿いを下る。
DSC_0902.jpg
DSC_0905_20150922210719285.jpg
DSC_0906_20150922210721eac.jpg

東峰から40分で、守屋神社の里宮に着いた。
DSC_0908_20150922210723c7d.jpg
DSC_0910_20150922210555610.jpg
DSC_0913_20150922210556aa0.jpg

拝殿より随分高い場所に本殿があった。
DSC_0916.jpg

なんだか諏訪の匂いがする。
DSC_0917_20150922210700d2b.jpg

無事下山のお礼。
DSC_0921_2015092221060144b.jpg

さらに下ると立派な鳥居があった。
DSC_0925_201509222105309cd.jpg
DSC_0926_20150922210533ca4.jpg
なんと守屋とは物部守屋のことだった。
蘇我馬子との戦いに敗れ、この地に落ち延びてきた物部守屋が創建したと言われているらしい。

私と入れ替わりに、どなたかが参拝に。
DSC_0930_2015092221053732d.jpg

鳥居を抜けると国道。
DSC_0928_201509222105355b1.jpg
DSC_0929_20150922210535a07.jpg

小雨が落ちてきたので、古屋敷のバス停で一眼レフをザックにしまい、コンデジに選手交代。
DSC_0931_20150922210508f57.jpg
あとは車道を登山口まで戻る。

旧道があったので、そちらを選ぶ。
CIMG7437_20150922211121d06.jpg

沿道にはたくさんの花が咲いていた。
CIMG7438_20150922211123a2e.jpg
CIMG7439_20150922211125785.jpg
CIMG7440.jpg
CIMG7442_2015092221112786f.jpg
CIMG7448_20150922211024fe5.jpg

稲も穂が垂れてきた。
CIMG7443.jpg

旧道はいい感じだ。
CIMG7446.jpg

廃屋もあるし。
CIMG7449.jpg

甲子待ちの行事を記念して建てられた甲子塚。
CIMG7453.jpg

再び国道に出る。かなり車の通行量が多い。
こちらは廃業したリゾート会社。
CIMG7459_20150922210959a0f.jpg

向かいのバス停は待合所だけ残して撤去されていた。
CIMG7462_201509222110018a7.jpg

立石コース入口を確認。
CIMG7464_201509222110038db.jpg

沿道の草花。
CIMG7465.jpg
CIMG7469.jpg
CIMG7472.jpg

沿道のため池?
CIMG7471_20150922210938510.jpg

杖突街道の碑。
CIMG7475_201509222109419ca.jpg

その開通記念碑(昭和7年建立)。
CIMG7477_20150922210942c57.jpg

また出た、高遠長谷部アジア公園。
CIMG7479.jpg

太陽光パネルの回りに咲き乱れるオオハンゴンソウ。
CIMG7482.jpg

ムラサキモメンヅル。
CIMG7481_201509222109140f4.jpg

里宮から40分で登山口に到着。
CIMG7484_20150922210917893.jpg
車道歩きは2.5kmほどあった。標高差も結構あり150mも登らされた。
ただ雨はほとんど止んでくれて助かった。

ちょうど4時間で車に戻り、峠道の道しるべの写真などを、いちいち車を止めて撮りながら下る。
DSC_5126_20150922210511b39.jpg
DSC_5127_20150922210512a66.jpg

下の街に下りてきたあたりから、雨が降り始め、時折強く降った。
岡谷の町は混んでいて通過するのに時間がかかった。
塩尻峠は初めて通る(いつもここは高速で通過していた)ので、ちょっと期待したが、「峠」の標識すらなかった。

峠を越えるとひどい濃霧。H君の飛行機が着陸できるか、ちょっと心配になったが、結果的には大丈夫だった。
空港近くの広丘駅によって駅舎を撮影。
DSC_5136.jpg

東西の駅前の様子。
DSC_5140_20150922210447ef1.jpg
DSC_5139_20150922210444c28.jpg

広丘は「短歌の里」だそうだ。
DSC_5133_20150922210513b30.jpg
DSC_5134_20150922210444140.jpg

近くのコンビニで、つなぎの食料を調達。フランクフルトと牛肉コロッケ。
車内で食べながら、空港に向かう。

午後4時前に空港に到着。
DSC_5141_20150922210447ea1.jpg
DSC_5143_20150922210417838.jpg

送迎デッキでFDAを迎える。
DSC_5148_20150922210422fb6.jpg
DSC_5144_2015092221041650b.jpg
DSC_5145_201509222104187be.jpg

残念ながら、北アルプスは雲の中。
DSC_5147_20150922210421030.jpg

H君元気に到着。
DSC_5150_20150922210351113.jpg
私の車で白馬村に向かう。

1時間半ほどで、白馬村のみみずくの湯に到着。
DSC_5154_20150922210353c3c.jpg
DSC_5155_201509222103540ab.jpg

露天風呂でのんびり。
DSC_5157.jpg

ポスターに、こんな表記が。
DSC_5158.jpg
「八方尾根」をローマ字表記にしただけだが「HAPPY-1」にかけているような気がする。

O君の到着時間が、晩飯をどこで食べるかを左右するので、連絡を入れてみるが、すぐには返事なし。
とりあえず、近くのAコープで酒とつまみだけ調達して、宿に向かう。
しかし、宿は入り組んだ場所にあり、道も真っ暗なので、なかなか行き着かない。
結局、GPSのお世話になり、7時すぎになんとかたどり着いた。
DSC_5162_2015092221033244e.jpg
(翌朝撮影)

ペンションは素泊まり2015円(税抜き)という安さ。来年は2016円?
わりと古い印象で、あまりおしゃれじゃない。
カップル向けではなく、学生のスキー合宿向けという感じだ。
でも、こちらはおやじ3人。全く問題はない。
部屋には3つのベッドが備え付けられていた。

早速部屋で宴会開始。
1時間くらい遅れでO君到着。
近くの飲み屋で飲む話もあったが、面倒なので、1階のロビーに下りてこのまま続ける。
O君には腹にたまるものを買ってきてもらった。
楽しく歓談して、11時に就寝した。

【行程】2015年8月26日(水)
登山口(10:11)~水呑場山荘(10:45)~守屋新道分岐(11:11)~東峰(11:22撮影・昼食11:38)~守屋山西峰(12:02撮影・休憩12:27)~表参道分岐(12:40)~守屋神社(13:18撮影13:23)~古屋敷バス停(13:27)~登山口(14:08)
※所要時間:3時間57分(歩行時間:3時間14分)
※登った山:2座(守屋山東峰、西峰)
※歩行距離:8.8km
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/650-58c03c0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (74)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (93)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (44)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (19)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR