山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

丹沢山行1

大型連休の前半、もう花粉症の季節も終わったとみなし、ほぼ2か月ぶりに山へ出かけた。
まずは丹沢である。

4月中旬以降の駅舎探訪など、まだ記録していないが、ひとまずすっとばすことにする。
山行の行程は以下の通り。

4月28日:秦野駅=ヤビツ峠(8:35)~岳ノ台(9:10休憩10分)~菩提峠(9:50)~二ノ塔(10:45)~三ノ塔(11:00休憩10分)~烏尾山(11:30休憩20分)~行者ヶ岳(12:05)~急病人救助現場(30分停滞)~新大日(13:00昼食15分)~木ノ又大日(13:30)~塔ノ岳(13:55休憩5分)~小丸(14:45)~鍋割山(15:10)

4月29日:鍋割山荘(6:25)~鍋割峠(6:40)~雨山峠(7:25)~雨山(8:00休憩15分)~檜岳(8:40休憩10分)~伊勢沢ノ頭(9:20休憩5分)~秦野峠(9:55休憩15分)~〈道迷い〉~日影山(12:00休憩10分)~秦野峠分岐(12:50)~小ピーク(13:05昼食30分)~大野山(14:40)~高杉集落(15:10)~山北駅(17:30)

28日は曇りのち晴れの予報だったが、秦野に着いた時点(7:30)でもまだ厚い雲がたれ込めている。どうなることやら。
バス停は予想通りの行列。座れないのは覚悟していたが、ヤビツ峠(761m)まで50分の立ちはやはりきついので、ザックから携帯用イスを取り出し、座る。これは楽だった。

峠に着く頃には晴れてきた。というか、雲の上に出ただけだった。
DSC_8965_convert_20120507155817.jpg

峠には自転車の方やら車で来た方やらで大にぎわい。
ここに来たのは学生時代、大山を登りに来た時以来だからもう30年ぶりくらいのこと。
当時はもっと、ひっそりとしていたような気もする。
こんなに大きなバス転回スペースはなかったのではないか。

国民宿舎丹沢ホームのヤビツ峠売店というのがあって、
DSC_8961_convert_20120507155929.jpg
店番らしきご老人が店先をうろうろしている。
大した物は売っていない。パンとかチョコとか行動食のたぐいだ。
ある青年が店内に入り、ゴミを捨てようとしたのか、店番のじいさんに「人の家に来て、ゴミを捨てるやつがいるか!」と怒られていた。

う~ん、確かにそれはしちゃいけないのだが、じいさんも誰かを怒鳴りたいという感じで手ぐすね引いて待っているような雰囲気だ。
でも本当はやさしい人なのではないか、とも思い、
「あのお、登山届けを出す所はどこですか?」
と、知っているのにわざと聞いてみた。すると
「トイレの前にあるよ」
と、つっけんどんに言われた。そんなのも見つけられないのか、と言わんばかりの口調。
きっと、最近のハイカーのマナーの悪さに常にイライラしてしまっているのだろう。

まあ、とにかく出発だ。
表尾根を行くには、舗装道路をそのまま下り富士見山荘から登るのが定番のようだが、当方は岳ノ台経由のコースを取った。
1つでもピークを稼ぎたいからだ。
どうやら表尾根が雲と晴れの境界になっているようで、左は雲、右は晴れで、ときどき左から雲が流れてくる。
DSC_8975_convert_20120507160034.jpg

歩き始めてすぐ、2人の若者に抜かれた。「暑いですね」と声をかけると、
「ええ、ぼくらは蓑毛から登ってきたので、もう汗だくです」
との答え。
こちらも寒さ対策はしてきたが、暑さのことは考えなかった。
半袖を持って来なかったのは失敗だった。

それにしても新緑と桜が美しい。桜はマメザクラか。
花びらが小さくて、スズランのように下を向いて咲いている。
DSC_8994_convert_20120507160142.jpg

振り返ると、大山が見えた。南から雲の波が押し寄せている。
DSC_8995_convert_20120507160542.jpg

岳ノ台(899m)には30分ほどで到着。
ここには小さな展望塔があり、雲海の向こうに春の富士山が見えた。
DSC_9007_convert_20120507160911.jpg

下ると30分ほどで、菩提峠。
ここまで、最初に抜かれた若者2人のほかは1人としかすれ違わなかった。
道路を歩くよりよほどいいコースなのだが、あまり歩かれていないようだ。

菩提峠には車が何台か駐まっており、ここから歩く人も多いらしい。
富士見山荘にも興味があるが、ここから標高差にして50m下らないといけない。
止めた。
ここからゲートのある林道を少し歩き、富士見山荘からの登山道と交差したところから山道に入る。
交差点では、小学生のグループがいて、引率の方が、檜洞丸がどうのと言っていた。
ひえ~あの子たちを1泊するとは言え、檜洞丸まで連れていくんかいと驚いた。

ここから二ノ塔まではかなり急な登りもある。
DSC_9053_convert_20120507161026.jpg

でも、振り返ると大山の雄姿に励まされる。
DSC_9054_convert_20120507161145.jpg

二ノ塔には林道分岐から45分ほどで到着。
ベンチがいくつかあったが、みな埋まっていたので休憩はしないで、そのまま通過した。
DSC_9067_convert_20120507161315.jpg

三ノ塔はすぐそこに見える。
このあたりから箱根方面の展望が開けた。
これは金時山である。
DSC_9072_convert_20120507161410.jpg

相変わらす下界は厚い雲に覆われている。
15分で三ノ塔(1205m)に到着。昨年秋以来、半年ぶり。ここから烏尾山までは昨年歩いた道だ。
DSC_9080_convert_20120507161521.jpg

富士山はもちろん、塔ノ岳に至る表尾根が一望できる。
DSC_9097_convert_20120507161645.jpg

ここから見下ろす烏尾山も味わい深い。
DSC_9090_convert_20120507161802.jpg

10分ほど休んで出発。お地蔵さんに見守られ、急坂を下る。
DSC_9099_convert_20120507161923.jpg

ほんの少し登り返すと烏尾山(1136m)。
昨年来た時は、台風直後で小屋の修理をしている最中だった。
烏尾山荘の中を見てみたかったので、かき氷のイチゴ(400円)を注文した。
外で食べる方が気持ちいいのだろうが、中の方が涼しいので、中で食べた。
なんと室温は21度。外は23度はありそうだ。
DSC_9114_convert_20120507162050.jpg

小屋番の人に聞くと、今年は雪が多かったらしい。
でも3月初旬以降は新たに降ることもなく、解けるのも早かったようだ。
結局20分休んで出発。
行者ヶ岳(1209m)には知らぬ間に着いてしまった。休むスペースもないし、通過。
ここからの下りは鎖場があるが、それほど行列はできていなかった。
それより、正面の山腹で停滞しているグループがあり、それを遠目に眺めて、となりのパーティの若者が「やばいよ、あれ、心肺停止してんじゃん?」とつぶやいている。
望遠で見てみると確かに、心臓マッサージをしている様子がうかがえる。

それにしては緊迫感が感じられず、「訓練じゃないの?」と思いつつ彼らの横を通ったら、訓練ではなく、60代の男性が顔面蒼白でマッサージを受けている状況だった。
間もなく神奈川県警のヘリが救助にやってきて、急病人を運んでいった。
DSC_9175_convert_20120507162200.jpg
でも、見ている限り、蘇生はしなかった。
おそらく心筋梗塞と思われるが、やはり山は万全な体調で登らないと何が起こるか分からない。自戒しなくては。

気を取り直して、歩を進める。
新大日の手前に書策小屋というのがあると地図には出ているが、何もなかった。
きっと取り壊されてしまったのだろう。
帰宅後、調べてみると、書策小屋は日本最高齢の小屋番渋谷書策(かいさく)さんがずっと守ってきた小屋だったらしい。8年ほど前、88歳になる直前まで営業していらっしゃり、3年前の7月、93歳で大往生を遂げたそうだ。
何も知らず、申し訳ありませんでした。
たぶん、ここが小屋の跡地かと思われる。
DSC_9192_convert_20120507162316.jpg

新大日には午後1時に到着。ここでお昼にする。
緑色の新大日茶屋があるが閉まっている。
GWにも開けないということは、もう営業していないということなのだろうか。
DSC_9198_convert_20120507162436.jpg
大倉尾根にはたくさんの小屋や茶屋があるが、こちら表尾根にこうした施設がどんどんなくなっていくのは淋しい気がする。
みな、下からペットボトルで飲料を持ってくるようになったし、山の上で高い飲み物を買わなくなってしまったのだろうなあ。

すぐ先には木ノ又小屋がある。これも書策さんが開いた小屋だというが、こちらは健在だ。
DSC_9204_convert_20120507162610.jpg

塔ノ岳への最後の登りで、鹿に出会った。親子で3頭いた。
DSC_9218_convert_20120507163104.jpg
鹿の食害がいろいろと問題になっているようだが、彼らは芽を出したばかりの草をむさぼるように食べていた。

塔ノ岳(1491m)には2時前に到着。廃屋となった日の出山荘が迎えてくれる。
DSC_9239_convert_20120507163231.jpg

大倉尾根からの登山客は表尾根の比ではない。
塔ノ岳への最短コースなのだから、当然か。
DSC_9232_convert_20120507163403.jpg

塔ノ岳に来るのは昨年のクリスマス以来。相変わらず、人が多い。
関東の低山では、高尾山、大山に次いで、ハイカーの多い山という印象がある。
DSC_9241_convert_20120507163524.jpg
これだけ人が多いと長居は無用。写真だけ撮って早々に大倉尾根を下る。
金冷しから右に折れて、鍋割山稜に入る。
途中、大倉尾根の花立山荘が雲の切れ間に見えた。
DSC_9257_convert_20120507163630.jpg

標高1200内外のこのあたりまで来ると、桜も咲いていないし、若葉もまだだ。
木々は晩秋の景色とあまり変わらない。ただ、地面には様々な植物が顔を出し始めている。名前が分からないのが残念だ。
DSC_9252_convert_20120507164122.jpg

午後3時10分、本日の目的地、鍋割山荘(1272m)に到着。
DSC_9297_convert_20120507163754.jpg

南は依然として雲海。西に見えるはずの富士山もかすんでしまって見えない。
夕方になれば、蛭ヶ岳の時のように見えてくるだろう。
すこし小屋の中で休むことにする。

前日電話で予約した時には「そんなに混んでいない」と言っていたのだが、着いてみると「今日は混んでてねえ、屋根裏で寝てもらえる?」と言われた。
もちろん、こちらに異存はない。
DSC_9310_convert_20120507164230.jpg
屋根裏は背が立たないので、かがんで歩かなければいけない。
それはいいのだが、一番の問題は、出入りが面倒だということ。
いちいち垂直のはしごを上り下りしなければならず、夜のトイレが厄介そうだ。
ただ、部屋はぽかぽかと暖かく、布団を背にのんびりと文庫本などを読んで、夕食を待った。

鍋割山荘の食事はものすごく人気があると聞いていた。
鍋焼きうどん(1000円)も有名だが、朝晩の食事が豪華であると。
それほど食事にうるさくないつもりだが、出てきたメニューに目を見張った。
DSC_9311_convert_20120507164342.jpg
(メカジキのチーズ焼き。これは8人分)
主食はチラシ寿司、メーンディッシュ(と言いたくなる)はメカジキのチーズ焼き、それにおでんと天ぷら(カボチャ+レンコン)、みそ汁にフルーツまで付く。これで1泊2食6300円は安い。
蛭ヶ岳山荘なんて、晩はカレー、朝は漬けものだけなのに7500円もする。山が深いと言えばそれまでだけど、この差は大きい。

お腹いっぱいになって、カメラを抱えて外に出る。
やった! やはり富士山が顔を出していた。
DSC_9321_convert_20120507164513.jpg

雲の動きが速く、いろんな表情を見せる。
日が暮れてからは、こんな笠雲も出た。
DSC_9328_convert_20120507164625.jpg

この日の宿泊客は32人。うち家族連れが2組。
まず、この子供たちが賑やか。あと、お酒を飲んでいる方々。
当方は、ちょっと世代的に合う人がおらず、酒もあまり山では飲まない質なので、7時には屋根裏に引き上げていたのだが、消灯の9時までは全く眠れなかった。
まあ、そうは言っても9時に寝れれば十分なので、イライラはしない。

布団がちょっと湿っていたので、テントシートをシーツ代わりに敷き、シュラフで寝たのだが、寝返りを打つたびに独特の音が出るので、それがご迷惑ではないかと気になって、あまり安眠できなかった。

つづく

追伸 連休後半は十文字小屋に泊まって甲武信岳に登ってきた。帰り、激しい雷雨と雹に襲われたが、無事帰還。
こちらも追い追い報告します。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/63-ab87415b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (91)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR