山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

中央アルプス縦走(1)

【2015年8月2日(日)】中央アルプス縦走
空木岳(2864m)山頂直下の駒峰ヒュッテに泊まっている。
4時頃、まわりがごぞごそし始めたので、我々も起きることにした。
トイレに出ると、外はまだ暗いが、月がちょうど空木岳の真上に上がっていた。幻想的だ。
DSC_7962_201509040550011f0.jpg

南アルプスや御嶽山、八ヶ岳などのシルエットを撮影。
DSC_7966_20150904055005f1b.jpg
(甲斐駒&鋸岳)

DSC_7967_201509040550069e8.jpg
(仙丈ヶ岳)

DSC_7968_20150904054937949.jpg
(白峰三山)

DSC_7964.jpg
(御嶽山)

DSC_7965_20150904055003c78.jpg
(八ヶ岳)

塩見岳(3052m)の左肩に富士山が顔を覗かせていた。
DSC_7973_20150904054938df4.jpg

今日も素晴らしい天気になりそうだ。
DSC_7974_2015090405494004c.jpg

1階に食材などを下ろして、自炊開始。
私の朝食はたぬきうどん。
(ス821)
今朝は私のガスストーブを使ったが、すぐにガス欠。
ほとんど空の缶を持って来てしまった。
O君のガスを借りる。面目ない。

朝食を済ませて、外に出ると、ちょうど日の出の時間。
八ヶ岳の右、かなり低いところから日が昇った。
DSC_7977.jpg

手前は左が入笠山(1955m)、右が釜無山(2117m)か。
DSC_7980.jpg

伊那谷は一面の雲海。その上に南アルプスがすべて見えた。
左から鋸岳(2685m)、甲斐駒(2967m)、仙丈ヶ岳(3033m)、北岳(3193m)、間ノ岳(3190m)。
DSC_7984_201509040549164f0.jpg

塩見岳、荒川岳(3141m)、赤石岳(3120m)、聖岳(3013m)。
DSC_7983_20150904054914233.jpg

そのさらに南は、ちゃんと同定できない。
DSC_7985_20150904054917996.jpg

目を北から西に転じると、木曽駒(2956m)と木曽前岳(2826m)の鞍部に槍穂高。
DSC_7986_20150904054919d78.jpg
こんなに密集して見えるのも、ほぼ南から見ている角度ゆえ。
しかも北アルプスはこれだけしか見えない。
ここは絶妙な場所なのだ。

熊沢岳(2778m)の向こうには乗鞍岳(3026m)。
DSC_7987_201509040549208d8.jpg

空木岳山頂もモルゲンロートに染まった。
DSC_7989_20150904054850fe9.jpg

頂上で御来光を拝んだ人もかなりいたようだ。
DSC_7990_20150904054852493.jpg

御嶽山(3067m)も雲海に浮かんでいる。
DSC_7996_20150904054855b36.jpg
DSC_7995_20150904054853d33.jpg
絶景を満喫した。

さて部屋に戻って、パッキングを済ませ、トイレに並ぶ。前に1人なので2人分。
DSC_7997_2015090405485600e.jpg
その時入っていた人が異様に長く、その間、facebookに投稿して、時間をつぶした。
我慢できるお腹の状態だったので助かった。

私はちゃちゃっと済ませ、5時半に出発。随分、明るくなった。
DSC_7998_20150904054828f81.jpg
それでも、ちょっとO君を待たせてしまった。

駒峰ヒュッテと八ヶ岳。こんな角度になるとは意外だった。
DSC_8000_20150904054829a03.jpg

登り始めて気づいたが、なんと白山(2702m)が見えてびっくり。
DSC_8001_20150904054831fc8.jpg

改めて乗鞍岳。
DSC_8002_20150904054832587.jpg

木曽駒と槍穂高。
DSC_8003_20150904054834598.jpg

まだ噴煙をあげる御嶽山。
DSC_8005_20150904054753745.jpg

空木岳の岩壁。
DSC_8006_201509040547551ae.jpg

これから縦走する遥かなる稜線。
DSC_8007.jpg

北アルプスもやっとその上に姿を現した。
DSC_8030_20150904054639ee4.jpg
穂高の左に覗いているのは、きちんとは同定できないが、双六岳(2860m)とか樅沢岳(2755m)あたりだろうか。

その左には笠ヶ岳(左、2898m)と抜戸岳(右、2813m)が続いている。
DSC_8031_20150904054641cf1.jpg

とにもかくにも、これで3度目の空木岳山頂。
DSC_8022_20150904054706870.jpg

空木平カールと南アルプス。
DSC_8010_20150904054758431.jpg

南駒ヶ岳(右、2841m)と仙涯嶺(左、2734m)。
DSC_8014_20150904054759b55.jpg

南駒ヶ岳の頂上にすでに人がいるように見える。
DSC_8019_20150904054734e8a.jpg
直下の摺鉢窪避難小屋に泊まっていた人だろうか。

どっしりとした恵那山(2191m)。
DSC_8015_20150904054729316.jpg

影空木。
DSC_8016_20150904054730f73.jpg

無名の山だが、何とか名前を付けたいので、仮に冠岳としておく。
DSC_8017_20150904054732302.jpg

赤椰山(2798m)。
DSC_8018.jpg

美濃方面の山々。月もすっかり高くなった。
DSC_8034_20150904054644db4.jpg

再び目を東に転じる。鋸岳(2685m)の向こうに見えるのは、北奥千丈岳(2601m)。
その左に金峰山(2599m)が見える。五丈石の突起がかすかに確認できる。
DSC_8024_20150904054706238.jpg

八ヶ岳の核心部。左から硫黄岳(2780m)、横岳(2829m)、赤岳(2899m)、権現岳(2715m)。
DSC_8025_20150904054708e7d.jpg

蓼科山(左、2530m)と北横岳(右、2480m)。
DSC_8026_20150904054709670.jpg

真の空木山頂。
DSC_8032_20150904054642222.jpg

まだ日が当たらない西斜面。
DSC_8035_20150904054646c43.jpg

さあ、ひと通り360度の撮影を済ませたので、まずは木曽殿山荘を目指して下っていく。
DSC_8036_20150904054615334.jpg
DSC_8041_201509040546162ce.jpg

今回の山頂滞在は5分もなかった。
DSC_8043_2015090405461974f.jpg

アルプスは雪渓があってこそと思っていたが、緑一色もなかなか素晴らしいと再認識。
DSC_8042_20150904054617d42.jpg

花崗岩の岩峰もあちこちに突き出ている。
DSC_8049_201509040545473e4.jpg

木曽殿山荘のある木曽殿越までは一気に350m下る。
DSC_8047_20150904054621168.jpg

岩場やくさりの連続で、なかなかシビアだ。
DSC_8050_2015090405454999d.jpg
DSC_8052_20150904054551dae.jpg

ただ、この下りは中央アルプスの北の稜線を右手に、南の稜線を左手に見ながら歩ける贅沢な道でもある。
DSC_8054_20150904054552b69.jpg
DSC_8055_20150904054553a41.jpg

少し下って、空木岳山頂部を振り返る。
DSC_8058_20150904054523de4.jpg

前に立ちはだかるこの岩峰は巻かずに越える。
DSC_8057_201509040545215d1.jpg
これが、いわゆる第二ピークだったのだろうか。
第二ピークというのがあることを下ってから知ったが、歩いている限り、それらしき表示を見つけることはできなかった。

とにかく北の眺めはかっこよすぎる。
DSC_8062_201509040545248de.jpg
DSC_8063_20150904054526978.jpg

宝剣岳(右の尖塔、2931m)と木曽駒(左)もくっきり。
DSC_8064.jpg

手前の稜線上には檜尾避難小屋の姿も見えた。
DSC_8072_20150904054454a00.jpg

このあたりから、登って来る人と次々にすれ違う。
木曽殿山荘に泊まっていた方々だ。この日、第一の波である。
DSC_8088_2015090405442899a.jpg

岩の殿堂を進む。
DSC_8090_201509040544292fc.jpg
DSC_8092_201509040544315a7.jpg
DSC_8094_20150904054434f1e.jpg

坂はどんどん急峻になっていく。
DSC_8081_20150904054456b37.jpg
DSC_8084_2015090405445853b.jpg
DSC_8086_201509040544599cb.jpg

なかなか一筋縄ではいかない下りだ。
DSC_8069_201509040544533ac.jpg
DSC_8093_201509040544336fb.jpg

やっとひと息つける場所に出た。
DSC_8096_20150904054402432.jpg

でも、休まずに進む。
DSC_8099_201509040544031e8.jpg
DSC_8100_20150904054405ce7.jpg

下り始めて、ちょうど30分で第一ピーク(2782m)に着いた。
DSC_8102_20150904054406668.jpg
DSC_8107_201509040543375a2.jpg

ここで落ち着いて、背後を振り返る。
DSC_8103_20150904054408092.jpg
DSC_8104_2015090405433655c.jpg

ここで多くの人が休憩していた。
ちょっとご婦人に聞いてみた。
やはり木曽殿山荘に宿泊されたんだそうで、昨夜は60人くらい泊まっていたという。
定員100人の宿なので、「じゃあ、そんなに混んでいませんでしたね」と言ったら、「いいえ、布団1枚に2人でしたよ」とのこと。
だったら、100人近く泊まっていたのかもしれない。
山荘からも御来光は拝めたという。

正面には相変わらず御嶽山の雄姿。
DSC_8110_2015090405433962d.jpg

下をのぞき込むと、続々と登って来る。
DSC_8111_201509040543410a5.jpg

そして初めて、木曽殿山荘の姿をとらえることができた。
DSC_8112_20150904054342c4e.jpg
ちなみに、木曽殿とは木曽義仲のことである。
あの峠を義仲が越えたという伝説があるようだ。

しばし下って、第一ピークを振り返る。
DSC_8116_201509040543127ed.jpg

登って来る人もひっきりなし。いったい何人泊まっていたんだろうというくらい。
DSC_8118_20150904054313554.jpg
DSC_8119_201509040543147b3.jpg
DSC_8120_20150904054316d69.jpg
おそらくほぼ全員がこちらに向かっているのだろう。

(つづく)

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

やはり山の風景は早朝に尽きますね♪
素晴らしい写真見せて頂きまして、ありがとうございます。
私も、もう何年山でテン泊してないんだろ…
ちなみに今日は愛娘の友達三人が来て庭キャンプ(汗)
管理人の私は独り山岳テントで寝ています。
はぁ…山行きたい。

  • 2015/09/06(日) 00:26:53 |
  • URL |
  • おつ山 #-
  • [編集]

Re: タイトルなし

おつ山さん、ゴビ砂漠しております。
いつもご愛読ありがとうございます。

お子さんが小さいと、なかなか出かけにくいですよね。
でも、家族で庭でテン泊なんて、とても楽しそうです。
そんなことしたことありません。

大峰山も読ませていただきましたよ。
シャンプーとリンス別にこだわりがあるとは、新たな発見でした。

当方は、もう窓際族なので、どんどん出かけてます。
中央アルプスの後は、尾瀬、大雪山、白馬を楽しんでまいりました。

おつ山さんも、もう少しですよ~(笑)

  • 2015/09/06(日) 09:47:30 |
  • URL |
  • かたこりまさかり #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/622-40ea832e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (154)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR