山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

志賀高原(中)

【2015年7月18日(土)】志賀高原
旭山(1524m)は秩父宮ご夫妻が昭和4年に新婚旅行を兼ねて三笠宮とともに登った山だそうだ。
翌日、岩菅山(2295m)に登ったことで一躍、志賀高原が有名になったらしい。
CIMG4857.jpg

ここは展望もなかなか素晴らしい。
琵琶沼と志賀山温泉。
CIMG4860.jpg

温泉のアップ。
CIMG4863.jpg

頂上から南東方面を望む。
CIMG4861.jpg

志賀山(右、2036m)と裏志賀山(左、2037m)。
CIMG4862.jpg

東館山(左、1994m)と寺小屋峰(右、2125m)。山腹に発哺(ほっぽ)温泉。
CIMG4864.jpg

改めて、頂上散策。
CIMG4867.jpg
CIMG4868.jpg

この丸太はベンチのつもりなのだろうか。やけに低いが。
CIMG4869.jpg

南西方面には善光寺平の北部が望めた。
CIMG4870.jpg

東屋でひと息ついてから出発。
CIMG4872.jpg
CIMG4873.jpg

旭山駐車場方面には行かず、一沼方向へ進む。
CIMG4877.jpg
CIMG4878.jpg

もうナナカマドが赤く色づいていた。
CIMG4881.jpg

この池は見てびっくり。
ヒツジグサの白い花が絵に描いたように咲いている。
CIMG4885.jpg
CIMG4886.jpg

ヒツジグサの花を見たのは、生まれて初めてのような気がする。
CIMG4888.jpg
CIMG4890.jpg

実に美しいものだ、と感嘆。
CIMG4891.jpg
CIMG4892.jpg

木道を通って、国道方面に向かう。
CIMG4893.jpg
CIMG4903.jpg
こちらに来てしまうと、琵琶沼の湖畔へそう簡単には行けないようだったので、さっき見ておいてよかった。
この先はしばし車道歩き。

サンバレーの大きな駐車場からは、北に焼額山(右、2003m)や竜王山(左、1900m)が望めた。
CIMG4907.jpg

こちらは今登って来た旭山。
CIMG4915.jpg

正面にはビワ沼ホテルと丸池スキー場。
CIMG4908.jpg
このホテルの自販機で、ミネラルウオーターのペットボトルを購入。
実は水分を何も持たずに歩き始めていたのだ。

サンバレーには、おしゃれなホテルやレストランが並ぶ。
CIMG4910.jpg
CIMG4911.jpg

丸池はこの谷にあるのかと思ったら、上の段にあり、もう少し車道歩き。
丸池には堰があって、水が勢いよく琵琶沼方向に流れていた。
CIMG4917.jpg
CIMG4919.jpg

ただ基本的には静かな池である。
CIMG4921.jpg
CIMG4922.jpg
CIMG4927.jpg

ボート乗り場は廃業していた。
CIMG4932.jpg
CIMG4933.jpg

湖畔にあった小さな祠。
CIMG4930.jpg

そこから見た丸池。
CIMG4931.jpg

いったん車道に戻ると、左手に琵琶沼が見下ろせた。
CIMG4925.jpg
背景には五輪山(1620m)。

道端にはクサフジやホタルブクロ。
CIMG4937.jpg
CIMG4938.jpg

左手に、志賀高原歴史記念館。
CIMG4940.jpg
これはもとの志賀高原ホテルで、日本最初のスキー用本格的ホテルだそうだ。
昭和12年1月1日開業で、4階建ての山小屋風外観。赤い屋根と大きな切妻を組み合わせたファサードや石積の柱に支えられたエントランスポーチが印象的だ。
見学したかったが、今回は池めぐりに専念する。

この先右手に丸池ホテル。
CIMG4947.jpg

廃業しているのかと思ったら、これは旧館のようで、ちゃんときれいな新館があった。
CIMG4948.jpg

ここからは丸池が見下ろせる。
CIMG4945.jpg

左手にシャレードイン志賀。ヨーロッパのお城のよう。元気に営業中。
CIMG4952.jpg

その奥に、ホテルニュー志賀。夏季休業中かな。
CIMG4956.jpg

さらに進むと、志賀ハイランドホテル。こちらも夏季休業中のようだ。
CIMG4959.jpg

左手には志賀ロイヤルホテル。休業中かと思ったら裏口だった。
CIMG4955.jpg

その上に、ホテル白樺荘。
CIMG4961.jpg

蓮池に到着。これは蓮池のバスターミナル。
CIMG4963.jpg

迎えてくれたのは、三角屋根の蓮池ホテル。
CIMG4962.jpg
CIMG4964.jpg
廃業している。あるブログによれば、2012年10月21日をもって閉館。
2007年には蓮池に面したヒノキ造りの露天風呂がオープンしたばかりだったようだが。
スキー人口がピーク時の3分の1に減っているそうで、どこも経営が厳しいのだろう。

ホテルの裏に回ると蓮池。確かに、その名の通り、ハスのようなヒツジグサだらけだ。
CIMG4966.jpg
CIMG4968.jpg

湖畔には、志賀レークホテル。
CIMG4970.jpg

その向かいは、その名もホテル五郎兵衛。でも結構人気のようだ。
CIMG4971.jpg

木道を通って蓮池を一周する。
CIMG4974.jpg
CIMG4975.jpg

キショウブ。
CIMG4977.jpg
華やかに見えるが、これは西アジアからヨーロッパ原産の外来種。
このあたりでも野生化しているのか。

白いヤマアジサイ。
CIMG4984.jpg

ヒツジグサ。
CIMG4979.jpg

成長しきったミズバショウ。
CIMG4981.jpg

ニッコウキスゲ。
CIMG4987.jpg

対岸からホテル群を望む。背後には志賀山。
CIMG4991.jpg
CIMG4990.jpg

志賀高原ゲートウェイステーションはもとの志賀高原ロープウエイ蓮池駅(山頂駅は発甫温泉)。
CIMG4992.jpg
全長1500m、高低差100m
ロープウェーは1960年に開業したが、設備の老朽化や利用者の最盛期の7分の1に減少したことにより、2011年5月25日で廃止された。
もっと早く来ておくべきだった。

一周して見納めの蓮池。
CIMG4994.jpg

この先は再び遊歩道になる。
その入り口を探すべく車道を登り始めた。
CIMG4996.jpg

だが、なかなか見つからない。右手に蓮池スキー場。
CIMG4997.jpg

左手に、廃業したホテル。
CIMG4998.jpg

どうもおかしいので、地図を見直したら、さっき通過したワタスゲ平から入ることがわかり、引き返す。
CIMG5005.jpg

なんと、道は蓮池の方から道路をくぐって通じているのだった。
CIMG5004.jpg

これがワタスゲ平。あまり咲いていない。冬にはスキー場の下になってしまう場所だ。
CIMG5006.jpg

前方に2人のハイカーが登っているのが見えた。
CIMG5007.jpg

(つづく)

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/592-a52c89a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (90)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR