山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

摩周岳(4)

【2015年7月13日(月)】川湯温泉・摩周岳
摩周岳(857m)に登頂した。
頂上からは迫力のある眺めが楽しめる。
CIMG4759.jpg
CIMG4764_2015080620175322c.jpg

これは火口壁。一面の原生林だ。
CIMG4762.jpg

火口の底まで原生林。
CIMG4767_201508062017212e9.jpg
CIMG4770_20150806201721301.jpg

外輪山の稜線と西別岳(799m)。
CIMG4763.jpg

きっちり西別岳。
CIMG4777.jpg

あれは赤いけどチシマフウロだろうか。
CIMG4774_20150806201723a98.jpg

ヨツバシオガマ。
CIMG4780_20150806201726d23.jpg

真の頂上。風が強くて、とてもあそこまで行けなかった。
CIMG4783.jpg
骨折してから、随分臆病になった気がする。

ちょうど、ここでデジカメのメモリー(4GB)がいっぱいになってしまった。
3日間で1200枚ほど撮ったので無理もないか。カメラ役はスマホに移行する。
さて、長居は無用。お腹も空いたので、下山開始。
DSC_4418_20150806201659fed.jpg

登りの時には気づかなかった。エゾノキリンソウ。
DSC_4419_20150806201701b2f.jpg

シラカバ林の急坂を下る。
DSC_4421_201508062017021a9.jpg
DSC_4423_20150806201704771.jpg

コメツツジ。
DSC_4424_20150806201626f96.jpg
この下りで、若い女性2人パーティーとすれ違う。
彼女たちの無事を祈る。

二色のタカネニガナ。
DSC_4425_20150806201627c8a.jpg

この標識を過ぎると、傾斜はなだらかになる。
DSC_4426_20150806201628c4d.jpg
DSC_4428_20150806201630102.jpg

ベニテングダケ?
DSC_4429.jpg

ゴゼンタチバナの群落。
DSC_4431_2015080620155374c.jpg

チシマフウロ。
DSC_4433_20150806201555e93.jpg

西別岳への分岐まで戻ってきたあたりで、急に雨足が強くなってきた。
DSC_4434_201508062015568d4.jpg

さっきのおじさんたちがのんびりランチをして、テーブルを占領しているのではないかと不安だったが大丈夫だった。
傘を取り出して、テーブルの屋根代わりにする。
残りのお湯で、カップヌードルの半分カップをいただく。
あとは、豆パン。
人間のにおいをかぎつけて、蚊が大量に襲ってくる。
顔や手、足首にも虫除けスプレーをかけまくり、防御体制をとる。
手早く食事を終え、出発。

このあとは本降りの中の行軍となる。
DSC_4436_20150806201557828.jpg
DSC_4438_201508062015595dd.jpg

右足の足首に加え、左足のかかとも靴擦れのようで痛い。
しかし、景色は抜群だ。
DSC_4441_20150806201531d06.jpg
DSC_4442_20150806201533d20.jpg

さっき休んだベンチでもう1回小休止。
DSC_4443_2015080620153493e.jpg
残りのお湯で、ロイヤルミルクティー。
きのうは猛暑だったのに、今日は気温が低い。

あとはひたすら我慢。
DSC_4447_2015080620153621d.jpg
DSC_4448_201508062015373ab.jpg

コウリンタンポポ。ピンボケですいません。
DSC_4449_20150806201250957.jpg
コウリンは「紅輪」。つまり赤いタンポポという意味。
もともとヨーロッパ原産で、日本には明治以降、観賞用に持ち込まれたらしい。
でも、北海道北部にも多く分布しており、こちらは戦後サハリンから侵入したと思われるとのこと。

お~し、あと1.8km。30分ちょっとで行けるか。
DSC_4450_20150806201251072.jpg

再びオニシモツケ。
DSC_4452_201508062012537c4.jpg

最後の登り。
DSC_4457_20150806201255ba6.jpg
DSC_4459_201508062012094ce.jpg

おなじみの角度で摩周湖も見えてきた。
DSC_4458_20150806201256edb.jpg
DSC_4460_20150806201210414.jpg
このあたりで外人の親子とすれ違う。
もう時間は3時前。まさかこれから摩周岳に行くとは思えないが、早めに引き返してほしいと願わすにはいられなかった。

14:50やっと展望台に到着。
DSC_4462_20150806201212287.jpg

まずは雨具の下を脱ぎ、荷物の整理。
落ち着いたところで、売店に入り、下山ソフトをいただく。
摩周湖ブルーなるメニューもあったが、ノーマルにバニラ(300円)にした。
外でエゾシマリスが餌付けされているのを見学。
DSC_4467.jpg
DSC_4468_20150806201145769.jpg
DSC_4465.jpg
15時15分ごろ出発。
濡れた体を温めるべく、弟子屈町の中心部にある摩周温泉「ホテル摩周」に向かう。

ナビをセットしたので、迷わず15時半に到着。
DSC_4474_201508062011490d0.jpg

向かいにつぶれた「ホテルニュー子宝」があった。
DSC_4469_201508062011462bb.jpg

入浴料は400円。安い。
宿の女将さんに「工事をしたばかりなので、すこしぬるいですが」と言われたが、そんなに選択肢があるわけでもないので、了解。
入ったらそんなにぬるくなかった。
DSC_4472_20150806201148c8a.jpg
1人先客があったが、しばらくして出て行ったので、一瞬独占状態に。
すっかり温まって、脱衣所で体を拭いていたら、お客さんが相次いで2組。
最初は、かなり太った若い人。
私が出入り口付近で着替えをしているのに、その人は入口の扉を開けたまま、連れの女性と風呂から上がる時間など相談している。
そんなの入る前に済ませておけよ~。
たぶん、私の大したことない裸体は彼女に丸見えだっただろう。
次は高齢者2人。うち一人は、2段あるロッカーのうち、私が使っているロッカーの下を開けて着替えを始めた。
奥にいくらでも空いているのに、なぜわざわざ私とかぶる場所を選ぶのか。
思わず、「ここ狭いので、奥へどうぞ」と声かけしてしまった。
公共の場でまわりに配慮ができない人が、老いも若きも本当に多い。

そんなこんなで16:15に出発。
釧路空港へナビを入れると、目的地までの距離75km、所要時間1時間15分と表示あり。
それなら17時半に着くので余裕だ。

飛行機の時間は19:15なので、レンタカー屋に18時に着けばいいと思っていたからだ。
雨の中、国道274号を快調に走る。
ほんとうに車が少ない。
途中、鶴居村で給油。220kmくらい走ったが、ガソリンが11㍑。
燃費は20kmなので、すこぶるよい。
まわりに何もない道を延々と走って、予定通り17:30にレンタカー屋に到着。
車を返して、釧路空港に。
DSC_4476_20150806201151eea.jpg

まずは荷物を預け、トイレへ。ここで靴の汚れをとる。泥ではなく藁だ。
引き続いて、夕食。
ビールにイカの沖漬け、醤油ラーメン。
DSC_4478_20150806201125ed2.jpg
釧路ラーメンは札幌、旭川、函館に次ぐ北海道4大ラーメンの地だそうで、なんでもない空港の店だったが水準以上だった。

19:15定刻で離陸。
DSC_4479_20150806201127f0c.jpg
DSC_4480_201508062011282a4.jpg

すぐに雲海の上に出る。夕焼けがきれいだった。
DSC_4481.jpg
機内ではほんの少し寝て、ほぼ定刻に羽田着。
21:35の所沢駅行きのリムジンバスに乗り、後半爆睡。
所沢駅に着いた時には22:55。随分時間がかかった。
痛い足を引きずって、西武線に乗り、帰宅は23時半になっていた。
東京は気温29℃だが風が強くて、その分マシだったが、汗をかなりかいたので帰宅後、もう一度風呂に入らなければならなかった。

摩周岳はあまりいい天気とは言えなかったが、景色はしっかり見えたし、猛暑よりはましだっただろう。
雌阿寒も摩周も条件はばっちりだった。

【行程】2015年7月13日(月)
摩周第一展望台(9:00)~683mピーク(10:17)~641m標高点(10:31休憩10:44)~西沢岳分岐(11:09)~山頂(11:54撮影12:04)~西沢岳分岐(12:39昼食12:57)~641m標高点(13:20休憩13:25)~第一展望台(14:50)
※所要時間:5時間50分(歩行時間:5時間4分)
※登った山:1座(摩周岳)
※歩行距離:14.4km

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/590-b25f7728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (74)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (93)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (46)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (19)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR