山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

入笠山(中)

【2015年6月28日(日)】入笠山
入笠湿原から入笠山への道はクリンソウの天国。
CIMG2700.jpg
CIMG2702.jpg
CIMG2703.jpg
CIMG2706.jpg

アワモリショウマ。
CIMG2704.jpg

これは何だっけ?
CIMG2705_20150722210651eed.jpg

シロバナベニイチゴ。
CIMG2708.jpg

お~すごい、クリンソウの群落。
CIMG2712_20150722210624eae.jpg
CIMG2713_20150722210626cdd.jpg

林道入笠線が分岐するところで、再びシカ柵の中に入る。
CIMG2717.jpg

こちらはアヤメがきれい。
CIMG2719_20150722210600fb9.jpg

キバナノヤマオダマキ。
CIMG2721_20150722210602cd2.jpg

ちょっと登ったところで、部隊から離れて、マナスル山荘を見学。
CIMG2724_20150722210604235.jpg
(新館)

CIMG2725.jpg
(旧館)

このトイレで小用。
CIMG2726.jpg

小走りで部隊に戻る。
CIMG2727.jpg

このシモツケソウに似た花が分からなかったので、スマホで撮って、「みんなの花図鑑」に問い合わせ。
CIMG2729.jpg
すると瞬時に「キョウカノコ」と複数の方が教えてくれた。
ITの発達ぶりに一堂、驚嘆。

登るにつれ再び山々が見えて来た。
蓼科山(2531m)。
CIMG2723.jpg

車山(1925m)。
CIMG2731_20150722210541849.jpg

北八ヶ岳。
CIMG2732.jpg

左下は、花のガイドブックで確認しながら歩くリーダーのMさん。
CIMG2735.jpg

この先、やっと山らしくなり、岩場が出現。
CIMG2736_20150722210515afc.jpg

ダケカンバ。
CIMG2738_20150722210516bcb.jpg

右手、樹間に残雪の峰々が覗けた。
CIMG2740_20150722210518688.jpg
あれはどこだろうと、みんなでわいわい騒いだが、中央アルプスだった。
右から、木曽駒(2955m)、中岳(2925m)、宝剣岳(2931m)。実に美しい。

少し進むと、全容がすっきり見えた。
CIMG2741.jpg

下には赤いじゅうたん。
CIMG2742.jpg

岩場コースを選択。
CIMG2743_2015072221043006b.jpg
CIMG2750_20150722210405248.jpg
CIMG2745.jpg
CIMG2747.jpg

1か所、クサリ場まであった。
CIMG2749.jpg

だんだん背後の視界が開けてきた。
CIMG2753_20150722210406718.jpg

ゴンドラの山頂駅も見える。
CIMG2754_20150722210407fe9.jpg

八ヶ岳は裾野の広がりも見事だ。昔は縄文人の楽園だった。
CIMG2755.jpg
CIMG2757_201507222104105a1.jpg
甲武信ヶ岳(左、2475m)と金峰山(右、2599m)

そして雲をまとい始めた富士山。
CIMG2758_201507222103384ad.jpg
間もなく頂上というところですれ違った少年が楽しそうに教えてくれた。
「あと2分で頂上だよ。すごいよ。360度全部山だよ」
一堂、にっこり。

というわけで、山頂駅から1時間20分ほどで山頂にとうちゃこ。
CIMG2777_20150722210225507.jpg
CIMG2776.jpg
(二等三角点)

まずはその360度の大パノラマを堪能。
南東方面。左から鳳凰三山、甲斐駒(2967m)、鋸岳(2685m)、間ノ岳(3189m)、仙丈ヶ岳(3033m)。
CIMG2760.jpg

鳳凰三山と甲斐駒のアップ。
CIMG2762.jpg

間ノ岳と仙丈ヶ岳。
CIMG2763.jpg

北東には、何度見ても飽きない八ヶ岳の連なり。
CIMG2764_2015072221034447b.jpg

北に車山と霧ヶ峰。
CIMG2774.jpg

そして美ヶ原(2034m)。
CIMG2775.jpg

北西に諏訪湖。
CIMG2765.jpg
手前は大沢山(1859m)と入笠牧場。

諏訪湖のアップ。背後は鉢伏山(1928m)。その後ろは北アルプス。
CIMG2767.jpg
CIMG2787_201507222102058d1.jpg

槍穂高は惜しくも雲の中。手前は守屋山(1650m)。
CIMG2766.jpg

西には、中央アルプス。
CIMG2768.jpg

ちょうど木曽駒のあたりに雲が出てしまった。
CIMG2769.jpg

空木岳(2864m)。左の南駒ヶ岳(2841m)は雲の中。
CIMG2770.jpg

南西には、中央アルプスの南半が低くなっていく。
CIMG2772_20150722210248294.jpg

おっと、これを忘れてはいけない。
CIMG2778.jpg

東には大菩薩嶺(左、2057m)と小金沢連嶺。右手前は金ヶ岳(1764m)。
CIMG2779_201507222102285f1.jpg

方位盤は間ノ岳と甲武信ヶ岳の特定に役立った。
CIMG2780.jpg

頂上には、ちょうどお昼時だけに、50人くらいの人がいただろうか。
CIMG2773.jpg
でも、広かったので場所取りに苦労はしなくて済んだ。
風が少し強かったので、避けられそうなところを探したが、結局は見晴らしのいい標識のすぐそばに陣取ることに。
私はさっきパンを1個食べてしまったので、残るアップルパイを1個食べるのみ。
でも、みんなからいろんなものが回ってきて、お腹がふくらんだ。ありがとう。

冬に一緒に日光に行ったSさんはかまぼこを焼いてくれた。
CIMG2782.jpg
リーダーのMさんからはきゅうりの浅漬け。
のんびり談笑しながら、楽しいランチとなった。

出発の準備をしがてら、再び撮影。
穂高の雲がかなりとれてきた。でも頂上は見えずじまい。
CIMG2784_20150722210202cb2.jpg

乗鞍岳(3026m)もあと一歩及ばすだった。
CIMG2783_20150722210200452.jpg
手前右は鉢盛山(2446m)、その左は小鉢盛山(2374m)。

それにしても、この空の青さ。とても梅雨時期とは思えない。
CIMG2786_20150722210203d03.jpg

再び、八ヶ岳。
CIMG2789_201507222101333f5.jpg

赤岳(2899m)は本当に赤い。
CIMG2790.jpg

仙丈頂上部のカールがかっこいい。
CIMG2791_20150722210136d52.jpg

見納めの木曽駒。ふもと伊那谷の河岸段丘の崖線もよく見える。
CIMG2792.jpg

さて、出発。大阿原湿原方向に下る。
CIMG2793.jpg
みな、Hさん配給のパイナップルドロップをなめながら。私はこれまた昔懐かしいチェルシーをいただいた。

結構急な下りである。
CIMG2794_201507222101107a4.jpg
CIMG2799.jpg

模様の入った、少し不気味なフキ。
CIMG2801.jpg

下り切ったところは仏平峠(1850m)。
CIMG2802.jpg

この道は法華道というらしい。
CIMG2803_20150722210116df3.jpg

ここからしばらく車道歩き。
CIMG2804_2015072221004600a.jpg
CIMG2805_20150722210048714.jpg

なぜか、おだっているMさん。
CIMG2806.jpg

5分ほどで首切清水。
CIMG2807_20150722210050d67.jpg
案内板によると、その昔、高遠藩の金奉行が江戸に参勤中の藩主に公金を届けるため、ここを通過する際、清水で腹ばいになって水を飲もうとしたところ、背後から盗賊に襲われ、首を切られたという伝説があるという。

そのせいか、飲用には適さないようだ。ちょっとがっかり。
CIMG2810.jpg

再び、明るい車道を行く。
左手にプチ縞枯れ現象のような立ち枯れの木々が。
CIMG2813.jpg

こちらはシカの食害が原因らしい。
CIMG2814.jpg

樹皮が完全に食べ尽されている。
CIMG2815_20150722210027641.jpg
根が吸い上げた水分を枝や葉っぱに送る導管は樹皮近くにあるので、はがされると水が送れなくなるのだと、Sさんが教えてくれた。

(つづく)

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/572-afec2ed0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (74)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (93)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (44)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (19)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR