山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

八海山(4)

【2015年6月20日(土)】
地蔵岳(1707m)の巻き道を通過。
さっき晴れたばかりなのに、とうとう雨が降って来た。
手早く雨具の上だけ着て、ザックカバーをかける。
一瞬の通り雨というより、しっかり降っている。
すぐ先の千本檜小屋で休もうかと思ったが、団体さんが雨宿りしていたので通過。
CIMG2411.jpg

薬師岳(1654m)も通過。
CIMG2412.jpg

例の急坂も我慢して一気に下る。
一度通った道なので、写真もほとんど撮らず。
雨っぽい写真のみ、いくつか。
CIMG2414_201507180640401ec.jpg
CIMG2415.jpg
(女人堂)

CIMG2416_20150718064043fac.jpg
CIMG2417.jpg
CIMG2419_2015071806401831b.jpg

千本檜小屋から30分ほどで、女人堂に到着。
CIMG2420_20150718064019099.jpg
CIMG2421_2015071806402094d.jpg

雨も小降りになってきたが、ここで大休止をとることにした。
室内に入り、雨具を脱いで、どっかり腰をおろす。
CIMG2423.jpg
DSC_4377_2015071806353781b.jpg

スマホのバッテリーが切れそうなので充電する必要もあった。
30分ほど休んで、外に出ると雨はすっかり止み、日も差している。
CIMG2427.jpg
CIMG2424.jpg
CIMG2426_20150718063956488.jpg

ガスがどんどん切れていく。
CIMG2428.jpg
CIMG2429.jpg
でもまだ信用せず、雨具を着たまま下る。
スリップだけ気をつけて慎重に。

右手にカネクリ山(1230m)の稜線。
CIMG2433.jpg
CIMG2442_201507180639344ef.jpg

女人堂の建つ浅草岳(1370m)。
CIMG2435.jpg

池ノ峰とコギ池。
CIMG2438_20150718063933c65.jpg

雪渓に踏み出す。
CIMG2443.jpg

すこし道をはずれて雪渓の上を歩いてみた。
CIMG2448_20150718063903c5f.jpg

登山道に戻る。でも小さなスノーブリッジ。
CIMG2450_20150718063904922.jpg

あと何日くらいで、この雪は消えるのだろう。
CIMG2451_201507180639061b6.jpg
CIMG2478.jpg
CIMG2479_20150718063814677.jpg

イワウチワ。
CIMG2452_2015071806390744b.jpg

芽吹き。
CIMG2460.jpg

コギ池アップ。
CIMG2454.jpg

薬師岳を振り返る。
CIMG2457.jpg
CIMG2469.jpg

雪解け。
CIMG2473.jpg

雨のおかげで緑がいっそう濃くなった気がする。
CIMG2475_2015071806384425b.jpg
CIMG2491.jpg

四合目半通過。
CIMG2483.jpg
CIMG2484_201507180638172fd.jpg

ぬかるんだ道を進む。
CIMG2489.jpg
CIMG2493.jpg
CIMG2495.jpg

タ・ム・シ・バ!
CIMG2496_20150718063750e0f.jpg

さっき通りかかった大崎道の標柱の裏は「城内道」だった。
CIMG2500.jpg
大正十五年の建立だそうだ。

さあ、まもなく山頂駅にたどり着く。
CIMG2502.jpg
CIMG2503.jpg
CIMG2505_20150718063723d53.jpg

遥拝堂。
CIMG2506_20150718063725ff3.jpg
CIMG2507.jpg

はい山頂駅に到着。時間は15時前。大日岳まで行ったら、到底最終の16:20には間に合わなかっただろう。
CIMG2509_20150718063654f8d.jpg

15時の便は見送り、まず、迎えに来てくれるという後輩Y君に「15:45くらいに売店の駐車場に来てほしい」と連絡。
CIMG2515.jpg
CIMG2514.jpg

しばらくまわりをゆっくり見学。
先代の小さなゴンドラ。
CIMG2517.jpg

展望テラス。
CIMG2518.jpg

これは何だろうと思ったら、残雪の山だった。
CIMG2520.jpg

靴の汚れをエアーガンで落とす。
CIMG2521.jpg
近くに水洗い場もあったが、そっちの方がきれいに落ちそうだった。

15:20の便は登山者も観光客も多く、40人くらいいた。
CIMG2523.jpg
CIMG2524_20150718063631498.jpg
朝、人が少なかったのは、9時という時間が観光客の来る時間ではなかったからだろう。
下りは座らせてもらった。7分は長かった。

山麓駅から遊歩道で売店に移動。
CIMG2526.jpg

ゲレンデにはオオキンケイギク。侵略性の強い帰化植物だ。
CIMG2528.jpg

山頂駅を振り返る。
CIMG2527_20150718063602084.jpg

売店には裏口から入る。
CIMG2529_201507180636054c8.jpg

まずは、お目当てのバッジを買う。
お酒はやっぱり八海山。でも、これはひやかし。
CIMG2530.jpg

鶴齢の方が美味しいと評判だ。
CIMG2531.jpg

外に出て、八海山の冷水を飲みながら、Y君を待つ。
CIMG2532_201507180635358d3.jpg
間違って上の駐車場に行ってしまったようで、やや遅れて姿を現した。
何年ぶりだろうか。7年くらいか。
テントの下で立ち話をしているうちに、雨が降って来た。
それもどしゃ降り。
彼は走って車に戻り、テントのところまで車を寄せてくれた。

いろいろと話をしながら、まずは温泉へということに。
彼は毎週付近の温泉めぐりをしているらしい。
今日のお目当ては、五十沢温泉の「湯元館」。
DSC_4378_2015071806353874d.jpg

ゲリラ的集中豪雨の中到着。しかし、「本日は入浴のみの方はご利用できません」の掲示。
DSC_4380_201507180635400cd.jpg
Y君が頼んでみたがNG。今日は団体さんが入っているらしい。

すこし移動するとさっきの豪雨がうそのように上がっている。
Y君がスマホで検索して、六日町温泉の「龍気」というところを発見。
そちらに転進。
DSC_4382_201507180635417b8.jpg

お湯がそれほど熱くなかったので、湯につかりながらのんびり談笑した。
DSC_4384_20150718063509af2.jpg

六日町温泉街。
DSC_4385_20150718063510db2.jpg
DSC_4386_20150718063512254.jpg

帰りは、塩沢の町並み、鈴木牧之記念館や湯沢の高半旅館(いずれの車の中から見学)などを案内してもらった。
DSC_4388_20150718063513450.jpg

宿に着いたのが17:45。
着替えをホテルに置いておいたので、さっきの温泉では着替えがなく、汚いズボンやパンツをはいたままだ(シャツはY君が貸してくれた)。
早速着替えてすっきりして、彼が自分の寮に車を置いて戻ってくるのを待つ。
また雨が降ってきてしまった。

傘をさして、Y君いきつけの店へ。
DSC_4390_20150718063515d7d.jpg
DSC_4391_20150718063453b67.jpg
7時すぎから10時近くまで飲み、ホテル前で解散。
宿でもう一度風呂に入って、倒れるように眠りに落ちた。
怪我した足で来る山ではなかった。

【行程】2015年6月20日(土)
八海山スキー場バス停(8:55)~八海山ロープウエー山麓駅(9:04待ち時間9:20)=山頂駅(9:27)~展望台(9:32撮影9:35)~遥拝堂(9:40)~四合目(9:47)~四合半出合(10:00)~五合目(10:16)~女人堂(10:39撮影・休憩10:48)~薬師岳(11:24)~千本檜小屋(11:33見学・撮影11:39)~地蔵岳(11:54)~不動岳(11:58)~五大岳(12:14)~引き返し地点(12:18)~不動岳(12:36昼食12:50)~千本檜小屋(13:03)~薬師岳(13:07)~女人堂(13:32休憩14:02)~四合半出合(14:37)~山頂駅(14:58待ち時間15:20)=山麓駅(15:27)~八海山ベースキャンプ(15:33)
※所要時間:6時間38分(歩行時間:4時間50分)
※登った山:5座(浅草岳、薬師岳、地蔵岳、不動岳、五大岳)
※歩行距離:7.7km

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/569-cb5f3ef3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (93)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR