山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

岩戸山・十国峠(上)

【2015年5月23日(土)】岩戸山・十国峠
今日は帰りに大手町にある勤務先で残り仕事をしないといけないので、東京駅発で行ける山がいい。
しかも登山口が駅から近いとなおいい。
というわけで、伊豆に出かけた。熱海から十国峠を登る。

ゆっくり起きて8:20に自宅を出発。8:33新所沢発の電車で東京駅へ。
9:56発の新大阪行こだま645号に乗って、10:46熱海着。
もともと10:03発ひかり岡山行に乗るつもりだったが、早く着いたので前のこだまに乗ったのだが、後から出たひかりの方が3分早く着いていたことを熱海で知る。
まあ、それだけ新幹線に長く乗っていられたんだから、いいや。
DSC_3865_20150624062738a84.jpg

ここから岩戸山の登山口まではバスの便もあるのだが、ちょうどいい時間のがないので、時間節約のためタクシー(伊豆第一交通)に乗車。
伊豆山神社の奥の宮へと伝えたが、行ったことがないらしい。
七尾団地の近くですと言うと、「ああ、あの辺かな」と行って連れてってくれた。
どんどん坂を登り、七里団地のところを左折。今度は細い道をかなり下る。
着いたところは、奥の宮ではなく、別の神社だったが、別の名所も見られると考えれば、結果オーライ。料金は2150円。
CIMG9468.jpg

ここは結明神(むすぶみょうじん)本社というらしい。
CIMG9471.jpg
由来については上の説明を読んでいただきたいが、名前の通り縁結びの神で、ふもとの伊豆山神社の参道階段の脇に里宮があるとのこと。

鳥居の手前にある「伊豆山史蹟顕彰保存会創立三周年記念」の碑。
CIMG9464.jpg
岩戸山開発公園化、伊豆山史蹟名勝顕彰、吉野桜植樹等の建設参画者の芳名が記されている。昭和32年の建立である。

安全登山を祈願して出発。
CIMG9470.jpg
CIMG9472_201506240628036c0.jpg

細い参道のような道がしばらく続く。
CIMG9474.jpg
CIMG9475.jpg
もう5月下旬の伊豆は春を通り越して、夏の装いだ。

途中、カメラに「メモリがいっぱいです」の表示。
しまった、FDカードを入れてくるのを忘れた。
愕然としたが、考えてみればスマホがある。
いやあ助かった。幸い、充電器も持って来ていた。
スマホは望遠に難があるが仕方ない。
この後の写真はスマホカメラによるものです。

10分ほどで奥の宮の鳥居が見えて来た。
DSC_3867_20150624062739d0e.jpg

お社は真っ赤っか。
DSC_3868_20150624062741b2b.jpg
ここで熟年カップルが仲良さげに写真を撮っていた。

なになに、由緒を読んでみよう。
そもそも伊豆山神社は関八州総鎮護だそうだ。
かつては伊豆大権現とか走湯山(そうとうさん)大権現とか称したらしい。
仁徳天皇の時代というから5世紀頃に、松葉上人なる方が日金山(十国峠)に社を建てたが、その後この地に移された。
さらに承和三年(836年)に今の伊豆山神社が建造され、こちらは本宮社となった。
かつては東西五間の拝殿、鳥居3か所、付近に求聞持堂などがあったが、江戸時代後期の野火のため焼失してしまい、今は石鳥居が1基、新しく建てた拝殿が残るだけだ。

ここでも丁寧に参拝したが、その直後に今度はスマホを地面に落としてしまった。
今日はよくないことが起きるのではないか。そんな、いやな予感がよぎる。
結果として、小さいことだが、ひとつだけよくないことが起きた。
それは後ほど。

奥の宮の森を抜けると、別荘地に出る。
DSC_3872_201506240627113b5.jpg

今日は晴れの予報だったが、雲が多い。
DSC_3873_20150624062712d3d.jpg

ただ相模湾の眺めがいい。初島も見える。
DSC_3874_2015062406271492b.jpg

ここから岩戸山(734m)へ直接いけるような歩道が何本か地形図には書いてあるが、廃道になっている恐れもあったので、かなり遠回りだが、安全策をとって車道を行く。
DSC_3880_2015062406264640c.jpg

道端に春の花が咲き誇っていた。ハコネウツギとコバノガマズミ。
DSC_3876_20150624062717d68.jpg
DSC_3878_20150624062645a12.jpg

せっかく登った分をほとんど下ってしまう。
七尾団地まで下りて来てしまった。
DSC_3882_2015062406264859c.jpg

しかもここからがまた長い。道は延々と逆方向にトラバースしていく。
DSC_3883_20150624062649fd5.jpg

そろそろ折り返すあたりかなと思って、小さな公園を横切って小カットしてみたら
DSC_3884_2015062406265191c.jpg

日経の伊豆山保養所への道だった。
DSC_3885_201506240626213d7.jpg

仕切り直し。右手に熱海の町並みや別荘地を見下ろす。
DSC_3887_20150624062622e05.jpg
DSC_3888_20150624062623905.jpg

これはヤマボウシ。でも花びらの形からして園芸種かも。
DSC_3889_201506240626256eb.jpg

やっと折り返した先に上七尾原のバス停。ちょうどバスが来たが、「乗りませんよ」の合図。
DSC_3890_20150624062626d60.jpg

随分遠回りさせられたが、登山口はちゃんとあった。
DSC_3892_201506240625575cc.jpg

車道の行き止まりの手前右にある階段を登る。
DSC_3893_20150624062558953.jpg
DSC_3894_201506240625595f6.jpg
いや~、ここまで奥の宮から50分近くも歩かされた。

登山道はきちんと踏まれているようだ。
DSC_3897_20150624062601f69.jpg
DSC_3901_20150624062532428.jpg

時折、伐採の跡がある。
DSC_3904.jpg
DSC_3903_20150624062535ffe.jpg

うわあ、巨大なみみず!
DSC_3900_20150624062603bc1.jpg

だらだら登りがしばらく続く。
DSC_3906_201506240625392b2.jpg
DSC_3907_201506240625109d6.jpg

道標はこまめに立っている。
DSC_3902_20150624062534c00.jpg

でも、肝心なところが分かりにくい。
DSC_3909_20150624062510435.jpg
この標識通りに行くと、山頂方向は巻き道になってしまう。
岩戸観音の方がぐいっと登っているので、道標に逆らい、その道を行く。

こんな手書きの地図も立っているのだが、もしかしたら岩戸観音への道は廃道になっているのではないか。
DSC_3910_20150624062512606.jpg

ともかく「岩戸観音」方向の道を歩き始めたら、すぐこんな簡易道標も現れた。
DSC_3911_20150624062513fc5.jpg

全くまぎらわしいが、これで安心。
DSC_3912.jpg
DSC_3913_20150624062445e73.jpg

沿道にニガナやツツジ。
DSC_3914_2015062406244759f.jpg
DSC_3916.jpg

一瞬、右手の樹間から富士山がひょっこり顔を出した。すっきり見える感じではない。
DSC_3918_20150624062450234.jpg

でも鉄塔まで来ると、もっとよく見えた。
DSC_3921_20150624062423806.jpg
DSC_3920_20150624062451531.jpg

大観山(1012m)の稜線の向こうには箱根駒ヶ岳(1356m)。
DSC_3922_20150624062424ee9.jpg

ここまで来れば頂上は、あとひと息。
DSC_3923_201506240624272ce.jpg

はい、岩戸山山頂に到着。登山開始から1時間40分。
DSC_3928_20150624062402312.jpg
もう午後1時前。道理でお腹がすくはずだ。

でも、お昼の前に撮影を済ます。
ここからは熱海の町並みや相模湾、天城山(1406m)などがよく見える。
まずは初島が浮かぶ相模湾。
DSC_3926_20150624062429e83.jpg

熱海の町並み。熱海城も見える。
DSC_3927_20150624062400af9.jpg

伊豆の山々。
DSC_3930_20150624062403aee.jpg

天城山をアップで。
DSC_3931_20150624062404942.jpg

三角点に蝶々。
DSC_3932_20150624062406885.jpg

さてさて、食べましょう。
ここまで誰にも会わず。頂上にも先客がいなかったので、ベンチを独占。
DSC_3924_201506240624286e0.jpg
いつもながらのおにぎり2個(漬けまぐろ&鮭)。
30分以上のんびりして出発した。

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/543-31a8d9ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (154)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR