山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

物見山・八風山(2)

【2015年5月17日(日)】物見山・八風山
初谷分岐からの登山道を抜けて、舗装道路に出た。
CIMG9007.jpg

ここが妙義荒船林道の起点のようだ。
CIMG9008.jpg

当方は、ここを左折。すると、正面に「山荘あらふね」のレストハウスが見える。
CIMG9012.jpg

「ジンギスカン」の幟が見えるので、お昼までにここに戻ってきて、持参のおにぎりと一緒に食べてもいいなと、候補のひとつにする。
CIMG9014_20150621121923d1f.jpg

わあ、菜の花がきれいに咲いている。
CIMG9017.jpg

駐車場のすぐ上に物見岩(1315m)への登山口があり、ゆるやかに登っていく。
CIMG9018.jpg
CIMG9021.jpg
途中、単独の中年男性とすれ違った。

間もなく、物見岩に達する前に見晴らしのいい場所に出た。
CIMG9028.jpg

南に荒船山(1423m)。
CIMG9029.jpg
これだけ天気がいいと富士山も見えそうだが、さすがに確認できなかった。

南西方向。手前は熊倉峰(1234m)。
CIMG9030_20150621121900dae.jpg

それをアップ。
CIMG9031.jpg

八ヶ岳連峰の全容。
CIMG9032.jpg

まだ雪を残している南八ツ岳。左の突起が赤岳(2899m)、その右に横(2825m)と硫黄岳(2760m)。
CIMG9034.jpg

こちらは蓼科山(2531m)。
CIMG9033.jpg

御座山(2112m)かな。
CIMG9035.jpg

おお、私の車も見えるではないか。
CIMG9038.jpg

振り返ると物見岩の頂上。
CIMG9039.jpg

ズミの花は今回初めて認識したが、とてもきれいだ。気に入った。
CIMG9040_2015062112181224f.jpg

さて、もうひと登り。
CIMG9041.jpg

物見岩は本当に巨大な岩だった。
CIMG9042.jpg
CIMG9046.jpg

上に立って360度の大パノラマを楽しむ。
東の眼下に神津牧場。
CIMG9047.jpg

そのアップ。
CIMG9051.jpg

北にはアンテナのある物見山(1376m)とその右奥に浅間山(2568m)。
CIMG9048.jpg

その右に浅間隠山(1757m)。
CIMG9049_20150621121750c65.jpg

同定できなかったが特徴的な山群。
CIMG9050.jpg

その右側。下仁田方面。
CIMG9052.jpg

さらに右側、御荷鉾山(1287m)方面。
CIMG9053.jpg

南はさっき見たのとほぼ同じ。
CIMG9054.jpg
CIMG9055_20150621121726028.jpg
CIMG9056.jpg

手前右は1255m峰。
CIMG9057.jpg

内山牧場のオートキャンプ場。
CIMG9058.jpg

この付近は別荘地だ。
CIMG9059_20150621121657708.jpg

気持ちよく撮影していたら、3人組のハイカーが登ってきたので、場所を明け渡す。
CIMG9060.jpg

物見岩のある山のピークはもう少し先にあり、地形図には三角点の記号もあったが、これのことのようだ。
CIMG9068.jpg

しばらく下ると、アンテナが見えて来た。
CIMG9073.jpg

ここは展望台になっている。
CIMG9089_20150621123443f11.jpg

当然登ってみる。
CIMG9075.jpg

ここからだと物見山がすっきりと見える。
CIMG9076.jpg

東に見える西上州の山並み。
CIMG9077.jpg
あのあたりも時間をかけて、しらみつぶしに登りたい。

浅間隠山。
CIMG9080.jpg

人工のあらふね湖。
CIMG9083.jpg

凧の峰(1293m)。
CIMG9085_20150621121609680.jpg

ちゃんとベンチも用意されていたが、休憩はせずに出発。
CIMG9087.jpg

この先ですぐ道路に出る。
CIMG9092.jpg
CIMG9093.jpg

ここは横断して、また登山道に入る。
CIMG9094.jpg

気持ちのいい道が続く。
CIMG9095.jpg
CIMG9097_20150621121546d1a.jpg
CIMG9099.jpg

すぐにまた道路に出た。
CIMG9102.jpg

すこし進むと路駐している車がある。あそこが物見山の登山口だ。
CIMG9104.jpg

入口に「神津牧場花まつり」に伴い、物見山頂上においてあるハガキを持参すれば、ソフトクリームが無料サービスとのお知らせ。
CIMG9105.jpg
おお、これはうれしい、とは思ったが、今日の予定コースに神津牧場は入っていない。
帰りに車で寄るのも遠回りだ。

とにかく山頂を目指す。
CIMG9106.jpg

ここは右側がもう牧場になっている。
CIMG9109.jpg
CIMG9114.jpg
CIMG9115.jpg
CIMG9124.jpg

妙義の山々も見える。
CIMG9110.jpg

途中ゆっくり登っている家族連れを抜かす。
CIMG9112.jpg

配水地のまわりに大きな蚊の大群がいて、恐ろしかったが全く刺しに来なかった。
CIMG9116.jpg
彼らの狙いは牛だけなのか。

標高を上げるにつれ、浅間山も見えて来た。
CIMG9120.jpg

物見山のアンテナ。
CIMG9122.jpg

右奥に武尊山(2158m)も遠望できる。
CIMG9123.jpg

最後のひと登り。
CIMG9126.jpg

10時半すぎに物見山山頂に到着。
CIMG9129.jpg

三脚を立てて記念撮影をしようとしている老夫婦がいたので、「撮りましょうか」と声をかける。
CIMG9128.jpg
「いや、どうも、あの」と、はっきりしない返事なので、近くに腰を下ろして休んでいたら、「やっぱり、撮ってくれますか」と言ってきたので、縦横2枚撮ってあげた。
今度は「撮りますよ」と言われたが、「自撮りの方が面白いので」と言って断った。

正面に北東方向の山並みが見えるのだが、地図と見比べても、なかなか同定ができない。
CIMG9132_201506211214070f5.jpg
やはり登っていないところは難しい。

しかしここからの浅間の眺めはすばらしい。
CIMG9130.jpg
例年ならまだ雪が残っているのだろうが、もうすっかり消えている。

時間はまだ早いので、はちみつ梅とビーナッツチョコを2~3個口に放り込んで、しばし休憩。
遅れて来た単独男性にまた撮影を頼まれたので、この方も撮ってあげた。

山名板の裏にかかっていた神津牧場の無料券を念のためゲットしておく。
CIMG9133.jpg
もしかしたら寄るかもしれない。

(つづく)

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/540-9aa54f35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (94)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR