山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

医王山(上)

【2015年5月9日(土)】医王山
金沢の奥座敷・湯涌温泉の「お宿やました」で朝を迎えた。
CIMG8430.jpg
昨日の晴天とは打って変わって、どんよりした雲が垂れ込めており、雨もしとしと降っている。
でも朝食の8時半まで、ずいぶん時間があるので温泉街の散策に出かけた。

宿の向かいにあるのが、入浴施設の「総湯 白鷺の湯」。
CIMG8431_20150613060855848.jpg
CIMG8435.jpg

そのすぐ脇から薬師寺へ登る階段がある。竹久夢二も歩いた道だそうだ。
CIMG8432.jpg

その途中には足湯がある。
CIMG8434_20150613060858d00.jpg

まずは、湯涌稲荷大明神に参拝。
CIMG8438_2015061306083114e.jpg

これは源泉臼。
CIMG8443.jpg
養老二年(718年)、この山里に1羽の鷺が舞い降り、身を伏せて動く気配がないことを不審に思った里人が近づいてみると、そこに湯が涌いていることを初めて知った。
ただちに井戸を掘ってみると、枠にしたこの石臼にあふれかえるほど薬湯が涌き上がったという。
たぶん江戸時代くらいのものなのだろうが、古色を帯びた味わい深い遺構だ。

こちらは竹久夢二の歌碑。
CIMG8444_20150613060834431.jpg
「湯涌なる山ふところの小春日に目閉じ死なむときみのいふなり」
夢二は全国あちこちに足跡を残しているが、ここには大正六年(1917年)9月、愛人の笠井彦乃と逃避行に訪れている。

地蔵堂はガラス戸に覆われている。
CIMG8447_20150613060835032.jpg
雪害防止であろう。

境内を見学して、もと来た道を戻る。
CIMG8448.jpg
CIMG8449.jpg

下った右手が、金沢湯涌夢二館。
CIMG8450.jpg
CIMG8451.jpg
CIMG8455.jpg

日本料理さかえや
CIMG8454_20150613060814354.jpg

カレーパンが名物らしい茶房しばらく。
CIMG8458.jpg
この人形、最初は本物かと思った。

民宿うえのや。
CIMG8460.jpg

温泉街の奥の方。
CIMG8462.jpg

かなや。
CIMG8463.jpg

高尾食堂。
CIMG8465.jpg

うつわ・雑貨の日暮らしのディスプレー。
CIMG8466.jpg

木造の古い家屋。
CIMG8467.jpg

湯のかわ喜船商店。
CIMG8468.jpg
ここで昼食のパンを調達した。
昨夜、宿の仲居さんに、この辺でパンやおにぎりを買える店はないかと聞いたら、「10km先のコンビニまで行かないとない」と言われたが、なんだ、目と鼻の先にあるじゃないか。

湯涌温泉のバス停。
CIMG8469.jpg

アニメ「花咲くいろは」のポスターが貼ってあった。
CIMG8470.jpg

改めて地図を見ると。温泉街はこんな風になっている。
CIMG8471.jpg

右折して、湯の川を渡る。
CIMG8474_2015061306065794d.jpg

この先は、たぶん新しく開発した温泉街。
まずは足湯のお出迎え。
CIMG8475_20150613060659897.jpg

右手に「湯の出」。
CIMG8476.jpg
CIMG8478_2015061306063018e.jpg

左手に「戸田屋」。
CIMG8477.jpg

左手奥に「秀峰閣」。
CIMG8479_20150613060631cd7.jpg

右手奥には「あたらしや」。
CIMG8485.jpg

このメインストリートの両側にこれらの大型旅館が並んでいる。
CIMG8484.jpg

突き当りに、金沢湯涌江戸村。古民家を移築したテーマパークだ。
CIMG8482.jpg
当然まだ開いていない。

さて宿に戻ろう。
CIMG8489.jpg

お宿やましたは、夢二が逗留した旅館なのである。
CIMG8491.jpg

ついのんびりしてしまった。着いたら、もう8時40分。
朝食も彩り豊かで、しかも量も多くなく、上品であった。
DSC_3871_2015061306041692f.jpg
さて遅くなった。出発、出発。
と言っても、医王山の登山口までは、ここから車で30分ほどだ。

医王山には登山口が四方八方にある。
私はこのうち西から登る見上道を選んだ。その方が、「登った山」を効率よく稼げるからだ。
本来なら見上峠から登るべきなのだろうが、時間短縮のため、その上の西尾平まで車で上がる。
CIMG8494.jpg

10時すぎに到着。トイレと軽いストレッチを済ませ、10:12出発する。
CIMG8497.jpg
幸い、朝方ぱらついていた雨も止んだようだ。曇り空だが見通しはきく。

早速、タニウツギのお出迎え。
CIMG8498.jpg

右手には、笈ヶ岳(1841m)方面の山々が望める。
CIMG8500.jpg

雪解け直後だけに、いろんな春の花が目を楽しませてくれた。
ユキツバキ。
CIMG8527_201506130604346e5.jpg

白いスミレ。
CIMG8508.jpg

タチツボスミレ。
CIMG8515_201506130604550c4.jpg

チゴユリ。
CIMG8509.jpg

いくつか分からないお花も。
CIMG8501_20150613060517def.jpg
CIMG8510.jpg

湿地にカエル君発見。卵も大量にあった。
CIMG8511.jpg
CIMG8512_201506130604540ec.jpg

登山道は最初だけ、くいっと登るが、その後はだらだら。
20分もかからずに前山(724m)に着いた。
CIMG8519.jpg

地形図には「墓地」の記号が表記されているが、それらしきものはない。これのことだろうか。
CIMG8517_2015061306045730e.jpg

とくに展望もないので、そのまま通過。
ショウジョウバカマを発見。
CIMG8523_20150613060430643.jpg

これはコゴミ?
CIMG8524.jpg

こちらも関東に負けず、新緑が濃くなっている。
CIMG8525_2015061306043388c.jpg

いったん下った鞍部が「しがらくび」という名の場所。
CIMG8528.jpg
ここでさっきの林道に出ることもできる。

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/533-c60f295f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (91)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR