山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

熊倉山・浅間峠(下)

【2015年5月6日(水)】熊倉山・浅間峠
日原峠(900m)から日原集落方面に下る。
CIMG7943.jpg

少し進むと右手に、富士山の頂上部がうっすらと見えた。
CIMG7947.jpg

昔の生活道らしく、幅が広い緩やかな道が続く。
CIMG7948.jpg

急なところはジグザグになっている。
CIMG7951.jpg

往来がかなり多かったのだろう、結構えぐれている。
CIMG7950_20150609070200670.jpg

山道と旧街道との分岐に道しるべを兼ねた馬頭観音があった。大正13年の建立。
CIMG7953.jpg

右手に権現山(1312m)の稜線が見える。
CIMG7956.jpg

これは不気味な自然の造形。化け物が上を向いて大声で叫んでいる。
CIMG7961.jpg

さらに下る。
CIMG7958.jpg
CIMG7959.jpg

尾根筋を離れて道が右に下りていくあたりで、地図ロイドを確認すると、やはりちょうど分岐のところに到着していた。
地形図では現場と同じく、ここで左右2つの道が表記されているが、山と高原地図では左のコースしか書かれていない(実線)。
しかし、左の道には枯れ枝で通せんぼがしてある。
CIMG7962.jpg
左の道を行きたい。なぜなら、愛宕の古池と愛宕神社がルート上にあるからだ。
ちょっと迷ったが左の道を行く。
通せんぼをしてあるのは、途中で道が崩落しているからかもしれないが、その時はその時。戻ればいい。

こちらの道がかつての生活道だったことは明らかで、道はしっかりしている。
CIMG7964.jpg

しかし、しばらく歩かれていないからなのだろう、枝と枯れ葉がひどい。
CIMG7963.jpg

山道との分岐を通過しかけて、引き返す。
CIMG7967.jpg
CIMG7965.jpg

このあたりに「愛宕の古池」があるはずなのだ。
山道を100mほど行ってみたが
CIMG7969.jpg
それらしきものは見当たらない。諦めて、登山道に戻る。

道のわきに炭焼き窯の跡を発見。
CIMG7970.jpg

さらに黙々と下る。日原峠から日原集落までの標高差は450mもある。
CIMG7973.jpg
CIMG7974.jpg

「全然、危険個所などないじゃないか~」と進むうち、日原集落に出た。
CIMG7975.jpg
CIMG7976.jpg

出迎えてくれたのは愛宕神社。
CIMG7977.jpg

無事下山のお礼をして、ストックをザックにしまう。
CIMG7982.jpg

ここからの日原、猪丸集落の眺めは素晴らしい。
CIMG7980_2015060907002459d.jpg

正面には権現山の東側の稜線。二本杉(909m)あたりか。
CIMG7983.jpg

斜面に展開する日原集落の中を下りていく。
CIMG7986.jpg
CIMG7988.jpg

民宿長明園は山と高原地図にも載っている。
CIMG7990.jpg

こんもりした右の山は聖武連山(542m)。
CIMG7995.jpg

こういう山村の雰囲気にとても癒される。
CIMG7996_2015060907000025a.jpg
CIMG8004.jpg

日原本光寺。
CIMG8001.jpg

花菱草のお花畑を通過。
CIMG8005.jpg
CIMG8010.jpg

こういう石仏・石碑があると、古い集落であることがわかる。
CIMG8008.jpg
CIMG8012.jpg

鷲神社。
CIMG8014_20150609065856d05.jpg
CIMG8015.jpg

瑞光寺。
CIMG8021.jpg
CIMG8026.jpg

ここの梵鐘は享保四年(1719年)、多摩地方を中心に活躍した勅許鋳物師の加藤市良右衛門吉次と加藤半六によって製作されたという。
由緒ある文化遺産ということで大戦時の金属供出をまぬがれたという貴重な存在だ。
CIMG8022.jpg

公衆便所があったので、小用を済ませ、水道で顔を洗う。
CIMG8024.jpg

旧家にはきれいな白いツツジの生垣。
CIMG8028.jpg
CIMG8031.jpg

ユズリ原小学校まで下りてきた。
CIMG8032.jpg

校門前にはコカ・コーラの自販機の残骸。
CIMG8033_20150609065806591.jpg

県道をショートカットする道をさらに下る。
CIMG8034_20150609065808ea2.jpg

下ったところに廃屋。
CIMG8035.jpg
CIMG8039.jpg

ほかにも古い家がたくさんある。
CIMG8036.jpg
CIMG8037_20150609065812332.jpg

バス通りに出た。
CIMG8043.jpg

鶴川の支流、三二山(さにやま)川を渡る。
CIMG8044.jpg

こちらは鶴川。
CIMG8047.jpg
バスの時間までかなりあるので、用竹まで県道を歩くことにする。30分弱くらいだろう。
そこまで歩けば、以前権現山に登った時のと、歩いた線がつながる。

県道33号線「上野原あきる野線」はかなり通行量が多い。
CIMG8055.jpg

神戸と書いて「ごうどう」。山と高原地図には「ごうど」とあるが。
CIMG8054_20150609065749329.jpg

対岸に見える桐坪の集落。
CIMG8056.jpg

途中のコンビニでバニラアイスのもなかを購入。
CIMG8059.jpg
DSC_4170_20150609065655a03.jpg
食べながら歩く。

用竹バス停の手前にもうひとつ神社があった。こちらも鷹神社。
CIMG8064_20150609065720335.jpg

時間があるので立ち寄る。
CIMG8070.jpg

改めて、無事下山のお礼。
CIMG8071.jpg

バス停には14:50に到着した。
CIMG8073.jpg
CIMG8072.jpg
バスの時間は15:10。

20分の待ち時間、残った燻玉を食べたり、靴下についた枯れ葉の細かいのをほろったりしながら過ごす。その間、もう1人ハイカー到着、並んでベンチに座った。
時間通りバスが来たので乗り込む。
座れたので、ほとんど寝てしまった。

20分ほどで上野原駅に到着。
DSC_4171_20150609065657ed8.jpg
DSC_4172.jpg
東京方面の電車は15:55発。ずいぶん時間があるので、行動食の「サクサクしっとりチョコ」をホームで待ちながら1袋食べてしまった。
帰りの電車もそこそこ混んでいたが、なんとか座れた。
国分寺で乗り過ごしそうになったが、順調に乗り継ぎ、午後5時半に帰宅。
6時まで帰宅の約束は守れた。
今日も足は持ちこたえてくれた。
5連休5連登となったが、順調な回復ぶりを実感した5日間だった。

【行程】2015年5月6日(水)
石楯尾神社(8:44)~佐野川峠(9:51)~三国山(10:25休憩10:42)~熊倉山(11:03休憩11:06)~浅間峠(11:50昼食12:09)~日原峠(12:48撮影等12:54)~愛宕神社(13:40休憩13:47)~新山王橋(14:24)~用竹バス停(14:50)
※所要時間:6時間6分(歩行時間:5時間16分)
※登った山:4座(うち新規3座:熊倉山、坊主山、栗坂ノ丸)
※歩行距離:14.9km

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/529-3ab4f31e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (152)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR