山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

ユガテ・物見山(下)

【2015年5月3日(日)】ユガテ・物見山
奥武蔵。物見山から下山中。
中野集落に入った。
CIMG7135.jpg
CIMG7137.jpg

これは山と高原地図にも載っている民宿啓明荘。
CIMG7141.jpg
こういう近場の何でもない民宿に用もなく泊まるのが夢だが、貧乏性の私は一生そういうことができそうにない。

ここの猫かな。
CIMG7143.jpg

実は、小字の中野、土山がある大字権現堂は、奥武蔵の主稜線の南側にあるのに飯能市ではなく毛呂山町。
CIMG7146_20150603060329991.jpg
このエリアだけなぜか、毛呂山町が稜線を越えて出っ張っている。
理由は調べ切れていない。

林道を下ったところに遊歩道の道標があったので、それに従う。
CIMG7147.jpg

ここから五常の滝が近いが、遠回りになるので今回は見送る。
CIMG7148.jpg

少し歩くと、すぐさっきの林道に出る。
CIMG7151.jpg
さて、この先が分かりにくい。
ここ土山集落から深沢山(コワタ)を経て白子集落に下るつもりだが、山と高原地図でもこの先わずかの区間だけ、破線になっている。

道はここで行き止まりだが、このまま先に通じているヤブの細道に侵入していいものか。
CIMG7152.jpg
地図ロイドとも相談しながら、とりあえず直進。

間もなく、踏み跡もしっかりしてきたので間違いないようだ。
CIMG7154_201506030603076f6.jpg

引き続き、心もとない道を進むと、やっと道標が出てきて、ひと安心。
CIMG7157_20150603060238c2f.jpg
CIMG7158.jpg
やや、深沢山と愛宕山は山と高原地図にも載っているが、水晶山は初耳。
これまた、1つ登った山を稼ぐことができそうだ。

武蔵横手駅への道を左に分ける。
CIMG7159.jpg

しばらくは標高320m前後のなだらかな道。
CIMG7161.jpg

間もなく、標高約350mの深沢山。
CIMG7165.jpg
杉木立の中で全く展望はきかない。

この先は標高差50mほどの急な下り。ロープがかかっていたほど。
CIMG7169.jpg

その後はまた平坦。
CIMG7171.jpg

なぜ、こんなに大量の糞がここに集められているのか。
CIMG7174.jpg

ここに山の名がどうしてついているのか分からないような平坦なところにある水晶山。標高は310mくらい。
CIMG7175_2015060306021843b.jpg

作業道と合流。
CIMG7179.jpg

さて、最後7座目の愛宕山へも急な登り。
CIMG7180.jpg

頭上を電線が激しく交差する。
CIMG7182.jpg

もう、ひと登り。
CIMG7184.jpg

愛宕山は標高250mほど。
CIMG7185.jpg

その名の通り、登場には愛宕神社が祀られている。
CIMG7186_201506030601551e4.jpg
CIMG7187.jpg
ここでしばし休憩。余ったパンをかじる。
今日は標高こそ高くないが、アップダウンの道をかなり歩いて、足も疲労している。
もうひとふんばりだ。

西へ急坂を下って、鉄塔の下に出ると、いきなり開ける。
CIMG7194.jpg
CIMG7199.jpg

栗林を抜けていくと、長念寺の大きな分譲墓地。
CIMG7202.jpg
CIMG7204_20150603060129ee0.jpg

それを横切り、境内に入る。
CIMG7205.jpg
鐘楼の下のベンチでまた、ひと休み。杖をしまう。
そして、水道で顔を洗う。
長念寺は鎌倉末期ごろの創建と考えられるという。

韋駄天の像と「願昇」の文字が浮き彫りにされた素焼きの円盤がたくさん奉納されていた。
CIMG7210.jpg
観音堂に韋駄天像が安置されていることにちなみ、「願い事が韋駄天とともに天に昇って叶えられますよう」との祈りを込めて、住職が考案したものだという。

その観音堂。
CIMG7216_2015060306010034c.jpg

こちらは本堂。
CIMG7211.jpg

長念寺は武蔵野三十三観音霊場の第二十九番札所。
国道沿いにある。
CIMG7220.jpg

さて、ここからしばらく国道歩きになるが、せっかくなので旧道を行く。
CIMG7223.jpg

なんとも言えない味わいがある。
CIMG7224.jpg
CIMG7225.jpg
CIMG7228.jpg

入間川も近い。
CIMG7233.jpg
CIMG7237.jpg

木材の加工場もあった。
CIMG7232_20150603060037995.jpg
CIMG7236.jpg

新道に出た。鳥居が立つ岩に萩の花が咲いている。
CIMG7246.jpg
CIMG7244.jpg

愛宕山を振り返る。
CIMG7248.jpg

入間川の上をレッドアロー号が駆け抜けて行く。
CIMG7250.jpg
CIMG7251.jpg

新道沿いにも傾きかけた空き家が残る。
CIMG7253.jpg

この国道歩きが結構きつく、久々に片足を引きずるような形になった。
午後4時すぎ、やっと吾那神社に到着。
CIMG7257.jpg

軽く渋滞に巻き込まれながらも、5時すぎに帰宅。
早速、風呂に。
この時、足首を冷やそうと冷水にしばらくつけておいたのが良くなかった。
足首が完全に硬直してしまい、ほとんど曲がらなくなってしまった。
この時は久々に長く歩きすぎた、無理してしまったのだと思い、夜中も翌朝も必死でマッサージしたら、なんとか歩けそうだったので、翌日は娘との約束通り、鎌北湖へ行けた。

翌日はそれほどハードではなかったのに、やはり足首が固くなってしまった。
もしや冷水のせいかと思い、その翌日つまり5日は冷水をやめたら、わりと歩いたのに異変は起きなかった。
原因は冷水だったと判明。以後はしていない。

というわけで、骨折後最多の7座に登頂した1日だった。

【行程】2015年5月3日(日)
吾那神社(10:01参拝・体操10:11)~雨乞塚(10:45)~橋本山(10:55休憩11:00)~ユガテ(11:20)~エビガ坂(11:40)~スカリ山(11:56昼食12:10)~北向地蔵(12:28撮影等12:33)~物見山(13:04)~小瀬名(13:20)~土山下(13:50)~深沢山(14:21休憩14:33)~水晶山(14:43)~愛宕山(14:58休憩15:00)~長念寺(15:29撮影15:36)~吾那神社(16:02)
※所要時間:6時間1分(歩行時間:5時間12分)
※登った山:7座(雨乞塚、橋本山、スカリ山、物見山、深沢山、水晶山、愛宕山)
※歩行距離:12.3km

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/523-bc978229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (93)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR