山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

ユガテ・物見山(上)

【2015年5月3日(日)】ユガテ・物見山
この春就職した娘が「五月病になりそ~」と元気がない。
研修先が自宅からあまりに遠く、毎日の通勤に疲れている様子。
それでも、GWは4連休だそうなので、「気分転換にハイキングにでも行くかい?」と誘ってみた。「平らなとこなら」とのことなので、近場で適当なコースを探してみた。
奥武蔵の地図を眺めていると、ユガテの名が目に飛び込んできた。
桃源郷のように言われる有名なところだが、まだ行ったことがない。
ここいいかもと思ったが、少し標高差がある。
ちょっと娘との散歩にはきついかな、と諦めたが、自分自身が行きたくなり、行ってしまうことにした。
娘との約束は5月4日なので、また別のコースを後で考えよう。

というわけで、東吾野駅からユガテに登り、そこからエビガ坂、スカリ山、北向地蔵を経て鎌北湖に下り、物見山経由で引き返してくるロングコースを設定。
もしきつかったら、鎌北湖は省略すればいい。
そんな感じで行程は固まった。

東吾野駅から登山口はすぐなので、電車で行けばいいのだが、GWで里帰りしている息子が昨夜、私の自転車を使って飲みに行ったまま帰ってこない。
どうせ朝まで飲んで、友達の家に転がり込んでいるのだろう。
自宅から新所沢駅まで20分も歩くのは面倒なので、車で行くことにした。
幸い、山と高原地図には東吾野駅前に駐車場マークが記載されている。
GWではあるが、ほとんどのハイカーは電車で行くだろうから、多分大丈夫だろう。

家を出た途端に、いつもより車が多いことを実感。
国道299号バイパスでは早くも渋滞が始まったので、裏道に入り、わざと飯能市街を抜けて、吾野方面に向かう。
滝不動近辺で少し滞り、その先もゆっくり気味。
秩父・羊山公園の芝桜目当ての方々がかなり多そうだ。

東吾野に着くのに、結局1時間半かかってしまった。
しかも、駅前の駐車場というのは、みな月極め。なんだ、あの情報は!
ただ、そんなこともありうると予想していたので、そんなにあわてない。
登山口である吾那(あがな)神社の横、国道沿いに駐車スペースを見つけておいたので、そこに移動。
CIMG6892.jpg

手早く準備をして歩き始めたら、すこし上に神社用と思われる駐車場があったので、車をそこに移す。これで憂いはない。
まずは、神社に安全祈願の参拝だ。
CIMG6896.jpg
CIMG6900.jpg
この神社はもともと熊野神社と号し、西側の谷にある平戸村、虎秀村の鎮守であったが、室町時代の15世紀半ばに現在地に社殿を造営して、遷座したものという。
明治44年、近在の八社を、さらに大正4年に白鬚神社を合祀した際に、吾那神社に名を改めたのだそうだ。
吾野は古くは我野、我那、吾那保などとも呼ばれたらしく、古い言い方を採用したようだ。

ここでストレッチも済ませ、10時過ぎに出発する。
CIMG6905.jpg

登山道は神社の脇をすり抜けていく。
CIMG6906.jpg

もうタンポポが綿帽子に。
CIMG6910.jpg

少し登ると、東吾野駅周辺の集落を見下ろすことできる。
CIMG6919.jpg

ちょうど西武線の電車がやってきた。
CIMG6915.jpg

このあたりは昔から林業が盛んなところだ。
CIMG6917.jpg

最初はつづら折り。
CIMG6913.jpg

西に見えるのは多分、大高山(493m)。
CIMG6914.jpg

道は植林帯へと入っていく。
CIMG6922.jpg

かなり急な登りも出現。
CIMG6923.jpg

ロープまで出てきた。
CIMG6925.jpg

最初のピークは272.5m。国道は約 140mなので130mほど登ってきた。
CIMG6927.jpg

すぐ先の鉄塔のところで展望が開けた。これは北向地蔵方面。
CIMG6931.jpg

中央のピークは多分、武甲山(1304m)。
CIMG6932.jpg

大高山。
CIMG6933.jpg

今日、最後に登る予定の愛宕山(約250m)。
CIMG6934.jpg

しばらく進むと、福徳寺の方に下る道との分岐。
CIMG6937.jpg
CIMG6936.jpg

ここに役に立つイラスト地図が貼ってあった。
CIMG6938.jpg
この先に、地図に記載されていない「雨乞塚」「橋本山」というピークがあるようだ。
これで2座も得してしまう。ありがたいことだ。

まずは雨乞塚(289m)を目指して、引き続き植林の中を行く。
CIMG6942.jpg

雨乞塚は尾根道から外れたところにあるが、分岐がしっかりしていたので迷うことはなかった。
CIMG6948.jpg

展望はゼロ。
CIMG6945.jpg

すぐに引き返す。
CIMG6946.jpg

マイナーコースではあるが、ユガテへの道だけあって、しっかり路面は踏まれている。
CIMG6949.jpg

橋本山(321m)へは時間節約のため男坂を登る。
CIMG6950.jpg
CIMG6951.jpg

あっという間に山頂に着いてしまった。
CIMG6957.jpg

いい眺めなので、丸太のベンチに腰を下ろして、しばし休憩。
CIMG6952.jpg

飯能アルプス。右のピークは天覚山(446m)
CIMG6953.jpg

秩父方面の山並み。
CIMG6955.jpg

核心部をアップに。
CIMG6956.jpg
右が武甲山。その左下に武川山(1052m)。その手前は伊豆ヶ岳(851m)。

5分ほどで出発。
しばらくなだらかな尾根道を歩く。
CIMG6965.jpg

ユガテの直前で廃道化した林道に合流。
CIMG6970.jpg

この先は「ひきゃく道」というらしい。
CIMG6969.jpg
CIMG6971.jpg

「西川木楽会」という木工?の作業所の前で、立派なシイタケが売られていた。
CIMG6976.jpg
CIMG6977.jpg

このまま進むと、いろんなところへ行けそうだ。
CIMG6981.jpg

開けた場所がユガテ。
CIMG6983.jpg

確かにのどかないいところだが、「桃源郷」という評判はやや大げさのような気がする。
CIMG6986.jpg

木陰にベンチがあり、立派な標識も立っていた。
CIMG6989.jpg

かわいいトイレもある。
CIMG6992.jpg

休憩したいところだが、ベンチが埋まっているので通過。
CIMG6995.jpg

菜の花畑を横目に歩を進める。
CIMG6996.jpg

のらぼう菜が100円。
CIMG6997.jpg

角を左折。
CIMG6998.jpg

お花畑を通り抜けていく。
CIMG7001.jpg
CIMG7002.jpg
CIMG7004.jpg

柑橘系も大きく実っていた。
CIMG7005.jpg

坂を登ってユガテとも早くもおさらばである。
CIMG7007.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/521-082e2213
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (74)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (93)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (39)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (19)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR