山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

鎌北湖(下)

【2015年5月4日(月)】鎌北湖
鎌北湖を訪ねている。
堰堤から少し奥まで行って、鎌北湖レイクビューホステルを見学。
CIMG7342.jpg
ここも「営業しているのか?」といった雰囲気の店構えだったが、明かりはついていた。
ネットで検索してみると、安くて評判の宿のようだ。
しかし経営は厳しいだろうなあ。

真ん前が飯能の天覧山に至る総延長11kmほどの奥武蔵自然歩道のスタート地点だった。
CIMG7344.jpg

その上の斜面がつつじの花畑になっていた。四季彩の丘公園という。
CIMG7347.jpg

さて、駐車場まで戻って、宿谷の滝へ向かう。
CIMG7339.jpg

家族連れのあとをついていく。階段がしばらく続く。
CIMG7350.jpg

さらに行くと山道に。
CIMG7354_2015050621191511d.jpg

間もなく峠。ここは標高約240mで、この日の最高地点。
CIMG7356.jpg

この先は、ゆるやかな下り。
CIMG7357.jpg

車道に出たら右折。
CIMG7358_2015050621191946e.jpg

すぐに左手の階段を下る。
CIMG7361.jpg

ちょうどお昼時になったが、食事の適地は通過して、まずは滝へ。
CIMG7362.jpg

ここのところ雨が降ってなかったので、あまり期待していなかったが、なかなか滝らしい滝だ。
CIMG7363.jpg
CIMG7365.jpg

ただし、あまり清流ではない。
CIMG7366_201505062118513bb.jpg

まわりには水にちなんだ神仏たち。
CIMG7367.jpg
CIMG7368.jpg
家族連れが遊んでいたので、ゆっくりできず、写真だけ撮って、後にする。

川沿いの遊歩道を下っていく。
CIMG7372_20150506211819be1.jpg
CIMG7374.jpg
CIMG7376.jpg

数分で車道に出た。
CIMG7377.jpg

埼玉県は川の表示が丁寧。
CIMG7378.jpg

宿谷の滝は「宿谷瀑」として石碑に刻まれていた。
CIMG7379.jpg

武甲鉱業のベルトコンベヤーの下をくぐる。
CIMG7382.jpg
地形図によれば、これはこの先地下に潜り、日高市役所のとなりにある太平洋セメント工場まで通じている。

そのまま車道を行く。路傍にはマーガレットやアヤメなどの花々が咲いている。
CIMG7383_20150506211752f84.jpg
CIMG7384.jpg
CIMG7392.jpg

お昼を食べる機会を失っていたので、河原の石垣に腰を下ろしてお昼にする。
CIMG7387.jpg
ここにしたのは娘の提案。ちゃんとしたベンチがなくても気にしないところはえらい。
本日は、すじこのおにぎりと五目いなり。

食べ終わって出発しようとしたら、地元の方らしきおばちゃんが、河原に何かを摘みに来ていた。何だろう。
CIMG7389.jpg

もちろん、お花ではない。
CIMG7390.jpg

さて、富士山への道の入り口には標識がなかったが、地形図からして、ここで間違いない。
CIMG7393.jpg

標識がないわりには、意外に整備された道。
CIMG7396.jpg
CIMG7398.jpg

標高差にして60mほど登ったところが峠。
ここが高麗神社方面と富士山方面との分岐だが、いきなり目立つ道標が出現。
CIMG7399.jpg
CIMG7400.jpg
これは見覚えがある。確か、高麗神社周辺には、このタイプのが数多く設置されているはずだ。

ここで針路を左にとる。
CIMG7401.jpg
富士山への道は地形図には載っていなかったので、踏み跡程度かと思っていたが、こちらも意外に整備されていた。

しばらく行くと左手にピークへ直登する踏み跡があったので、これが頂上への道だと判断して左折。
CIMG7402.jpg
しかし登り切ったところには何の標識もなく、稜線が右に続いている。
かなり手前で登ってしまったようだ。

でも、稜線にもしっかりした踏み跡があったので、そのまま進む。
CIMG7403.jpg

頂上に近づくと、さっきの登山道が合流してきて、階段まで出てきた。
CIMG7405.jpg
山と高原地図でもピークは巻いているように見えたので、わざわざ登山道をはずれたのに。
まあ、損したわけではないからいいや。

ピークには、ちゃんと山名板があって、うれしかった。
CIMG7410.jpg
木造の社と石の祠もあった。さすが富士山。
しかし表記は「冨士山」になっている。地形図は「富士山」だ。

三角点は小さな四等。
CIMG7407.jpg
ベンチがあったのでしばし休憩。
でも雲が広がってきて、遠雷も聞こえたので、そそくさと出発。

木々の切れ間から丹沢の大山が見えた。
CIMG7412_20150506211557710.jpg

急坂を下ると、御師岩なるものが出現。
CIMG7416.jpg
CIMG7420_20150506211601721.jpg

その傍らには下浅間社。
CIMG7418.jpg

御師岩は、かつて富士講の行者たちが禊を行った場所だという。
この岩の下には1km離れた高麗川沿いの金剛寺淵まで続いている空洞があって、その中に住んでいる白蛇の姿を山開き(6月15日)の朝に見た者はすべての願いがかなえられたという。
岩の上で足踏みをすると不思議な音色が聞こえるというが、何も聞こえなかった。
信心が足りないからか。

浅間神社の鳥居をくぐって下界へ。
CIMG7423.jpg

舗装道路に出て、高麗川カントリークラブの横を下っていく。
CIMG7424_2015050621152695b.jpg

今度はポピーが咲き乱れている。
CIMG7427_2015050621152885f.jpg
CIMG7428.jpg

路傍には、石仏や小さな社。
CIMG7430.jpg
CIMG7432.jpg

のどかだが、またまた日差しが戻ってきて暑い。
CIMG7433.jpg

総合公園へ近道をしたら、橋の先に道がない。
CIMG7436.jpg

道は、焼き物をしているらしき、この家のためのものだった。
CIMG7438.jpg
しかし果敢に進むと、人の通れるほどの道はあった。

これを突き抜けると、山根六角塔婆。
CIMG7444_201505062113387c1.jpg

貞和二年(1346年)の板碑を含め6枚(1枚は欠損)を六角形に組んである。
CIMG7441.jpg
CIMG7442.jpg

すぐそばに宿谷地蔵尊。
CIMG7448.jpg
地元の武将・宿谷重本が寛文十二年(1673年)に建立したものだという。

さて、あとは戻るだけ。さいたまゴルフクラブの横を通る。
CIMG7450.jpg
14:22、毛呂山総合公園の駐車場に無事、到着。
足も痛くならず無事でよかった。

帰りは狭山のCoCosに寄って、スイーツを食べて4時前に帰宅。
DSC_4102_20150506211342ebe.jpg
娘との半年ぶりの楽しいハイキングであった。

【行程】2015年5月4日(月)
毛呂山総合公園(10:48)~鎌北湖(11:26撮影・休憩11:37)~宿谷の滝(12:17)~宿谷川原(12:39昼食12:55)~富士山(13:24休憩13:34)~山根六角塔婆(14:05)~総合公園(14:22)
※所要時間:3時間34分(歩行時間:3時間5分)
※登った山:1座(富士山)
※歩行距離:8.3km


スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/502-bd4f0a66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (154)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR