山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

雲取山(1)

【2014年12月30日(火)】雲取山
タイトルは雲取山(2017m)だが、今回の目的は雲取山ではない。
長沢背稜の未踏区間(芋ノ木ドッケ~水松山)とタワ尾根を歩くことだ。
それには1泊2日必要なので、雲取山荘に泊まるしかない。
雲取山荘に泊まるなら、これで3回目になるが雲取山も登ってしまおう。
どうせ登るなら、今まで歩いたことのないルートにしたい。
というようなわけで、富田新道を取り入れ、日原~富田新道~雲取山~雲取山荘~芋ノ木ドッケ~滝谷ノ峰下~(タワ尾根)~日原という周回コースになった。

前日の29日(月)、都内は雨が降る中、雲取山荘に予約の電話を入れたが、雪はほとんど降っていないという。日陰で15cm程度だとか。ちょっと拍子抜けだが、豪雪ラッセルよりはマシだ。
宿泊予定者も30人程度とのことで、以前泊まった時のような超満員の苦しみを味わわなくていい。
あまり好きな小屋ではないが、テントを担いでいくのはちょっときついので致し方ない。

30日当日は5:13、目覚ましが鳴る前に起床。5:40に出発した。
今回は周回コースをとれたので、マイカーだ。
駐車場が心配だったが、登山地図には日原鍾乳洞のところにPマークがあるから大丈夫だろう。
奥多摩駅より先は路面が凍結しているので、ゆっくり進む。
以前から地形図を見て気になっていた、石灰岩を運ぶ奥多摩工業曳鉄線の地上部分が確認できた。思わず、車を止めて撮影。随分高いところを走る鉄橋だった。
DSC_4173_201501182007413f2.jpg

日原鍾乳洞の駐車場は無料のようだが、「専用駐車場」と書いてあるので、駐められない。
うーむ。とりあえず、トイレに入る。
便座が温かくて感動。ゆっくり用を足すことができた。

さて、それなら日原林道を少し走ってみる。
どこかに適当な路肩があるだろうと思っていたら、日原渓流釣場の駐車場の先にちゃんとした駐車スペースがあった。
DSC_4545_20150118200744048.jpg
安心して駐めて、準備を整える。
今日は、前回くるぶしが痛くなった冬用ニューシューズ。気が重い。
一応、普通のソックスの上に登山用靴下を二重に履いて、防御しているつもりだが。

出発しようとして、ふと見ると、ここにも日原鍾乳洞専用駐車場との表示があった。
黄色い字が薄くなっていて気づかなかった。
でも、この時期に、ここまであふれてくるほど鍾乳洞への観光客が来るとは思えない。
迷惑はかからないだろうと判断して、駐めさせてもらうことにした。

軽くストレッチをして7:45に出発。
ここから八丁橋までの日原林道は、ちょうど2年前、天祖山(1723m)に登った時に歩いた道だ。
DSC_4548_201501182007464b5.jpg
DSC_4550_20150118200747859.jpg
雪はないが、路面が凍って、わりと滑る。

伊勢橋を渡るとダートになる。
DSC_4552_201501182007161bd.jpg
DSC_4566_201501182006503a3.jpg

前回と同様、氷川鉱山のケーブルがあった。
DSC_4558.jpg
DSC_4560_2015011820071900b.jpg

滝にしては、変な音がする。何だろうと思っていたら、やはりホースからの排水だった。
DSC_4563_201501182007209f8.jpg
DSC_4564_2015011820072240f.jpg

35分で八丁橋に到着。
DSC_4569_20150118200651d22.jpg

ここから先は未知の道だ。
DSC_4575_201501182006537bd.jpg

林道歩きがさらに延々と続く。
DSC_4580_20150118200656b80.jpg

日原川の渓谷も深くなっていく。
DSC_4578.jpg
やはり、靴の相性が今イチ。この林道で2度ほど紐を締め直した。

路面の凍結も派手になってきた。
DSC_4585.jpg

落石や湧き水のつらら。
DSC_4589_20150118200610093.jpg
DSC_4590.jpg

9時を過ぎて、やっと谷の中にも日が射してきた。
DSC_4592_20150118200613093.jpg

天気は最高だ。
DSC_4595_201501182006144dc.jpg

山肌に目立った木を見つけたので遠くから撮影していたら、名のある木だった。
DSC_4597_20150118200451355.jpg
DSC_4601_201501182005538f1.jpg
DSC_4603_2015011820045709b.jpg

名栗沢を渡る。橋の竣工は昭和42年。
DSC_4598_20150118200453ab1.jpg
DSC_4600_2015011820045414d.jpg

それにしても、この林道はこんなに金をかけて整備しなければならないほど重要な道路なのだろうか。確か施工は平成25年だった気がする。
DSC_4609_20150118200427d91.jpg
だったら、崩落している大ダワ林道の復旧も早めにお願いしたいものだ。
そのための関連工事であっのなら、ごめんなさい。

お、またまた巨木。
DSC_4613.jpg

これまた名木であった。
DSC_4618.jpg

なんだかんだで、スタート地点の標高620mからだらだらと登り、1000mを超えてきた。
DSC_4624_20150118200432798.jpg

出発からちょうど2時間で、大ダワ林道と富田新道との分岐に到着。
大ダワ林道は2010年4月30日から通行止めのままになっている。
同年6月12日に転落による死者が出ており、かなり危険な状態のようだ。

もちろん、そんな危ない道に単独でロープもなく行くわけがない。
富田新道に向かう左の登山道に入る。
DSC_4627.jpg
いろいろと注意事項が多い。

日原川の河原近くまで標高差にして70mほど下る。もったいない。
DSC_4630_20150118200402ce2.jpg
石垣でしっかり組んだ箇所があってびっくり。

かと思えば、落ち葉に埋もれて道がよく分からないような箇所も。
DSC_4632_20150118200404795.jpg

こんなところにMTBのタイヤ跡が。下りてきたのか登る途中か。いずれにしても勇気がある。
DSC_4634_20150118200405e70.jpg

日原川の支流・長沢谷を渡る吊り橋「唐松橋」。
DSC_4636_20150118200406b8c.jpg
DSC_4638.jpg

滑りそうで怖い。
DSC_4637_201501182004079b4.jpg

ここからいきなり急な登り。
DSC_4641_20150118200336464.jpg
DSC_4647_20150118200338de0.jpg
足首が動かず、登りにくいので、靴の紐を3段から1段に下げる。

吊り橋から、富田新道と唐松谷林道との分岐まで標高差180mほどの登り。
後半はすこし傾斜がゆるんだので、息を整えることができた。
DSC_4648_20150118200339c77.jpg

林道から分岐まで、コースタイム30分のところ40分近くかかってしまった。
DSC_4651_2015011820034122a.jpg
靴のせいもあるが、もともとタイム設定が厳しいのかも。

しかし靴が合わず疲れた。ここでどっかり座り込んでしまった。
ホットレモンを飲みながら、回りの山や空を眺める。
風もなく暖かい。
それにしても、ここから小雲取山(1937m)までコースタイム通り3時間半もかかるとしたら、途中でお昼を食べる時間も計算すると、小屋に着くのは4時になってしまう。
地図を見る限り3時間で行けそうな気もするが、この靴ではどうなることやら。

15分ほど休んで出発。
DSC_4652_201501182002563d7.jpg

大きくジグザクを繰り返しながら高度を稼いでいく。
DSC_4656.jpg

振り返ると、天祖山が見える。
DSC_4655.jpg

1300mを超えて、雪が残るようになってきた。
DSC_4661_201501182003015ce.jpg
DSC_4663_20150118200302b1b.jpg

登りはかなりきついが、時々平らな道がはさまるので助かる。
1410mから1460mのあたりはとくに傾斜が緩く、歩きながら一息入れることができた。
DSC_4666.jpg

1450mあたりからは、もうすっかり真っ白に。
DSC_4670.jpg

さっきの自転車と思われるタイヤの跡がくっきり。
DSC_4673_20150118200233b10.jpg
足跡もないし、ラインが真っすぐなので下りのようだ。

尾根道をえっちらおっちら。
DSC_4679_20150118200234ad3.jpg

サワラノ平と呼ばれる1708mピークでお昼にしたかったが、その先はなだらかになるので、休まなくても進める。それならば、と登りの途中で食べてしまうことにした。
というか力尽きた。
DSC_4683.jpg
この切り株をイス代わりにして、マットを敷いて座る。

メニューはカップ麺のみ。お湯はすぐ沸いた。今日は新調したテルモスにお湯を入れて持ってきた。
DSC_4177_20150118200742257.jpg
おにぎりはこの時期ぱさぱさになってしまうので適さない。
パンとカップ麺は合わないし。

30分ほどで出発。休んだ後なのに、依然として足が重い。
昼食現場から10分で、サワラノ平を通過。山名板などは見当たらなかった。
DSC_4687_2015011820020644d.jpg

南には七ツ石山(1757m)が見える。
DSC_4689_20150118200207189.jpg

ここからは、なだらかな道なのでありがたい。
DSC_4693.jpg

雪も深さ5cmほどになり歩きやすい。
DSC_4706_20150118200145d07.jpg

木々の間からだが、だいぶ周辺の山も見えるようになってきた。
天祖山。左のこぶはナギ谷ノ頭(1671m)。
DSC_4701.jpg

芋ノ木ドッケ(1946m)。
DSC_4702_20150118200144f71.jpg

奥は長沢背稜。手前は天祖山から梯子坂ノ頭(1662m)への稜線。
DSC_4700_2015011820021092a.jpg

1845mピークは権衛ノ頭という名称が付いていたことを帰宅後に、吉備人出版「登山詳細図」を確認して初めて知った。
現地には、山名板はなかった。
DSC_4711_2015011820014704f.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/467-865c595a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (152)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR