山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

鷹取山

【2014年12月21日(日)】鷹取山
この日は、地図エッセイストの今尾恵介さん、廃道愛好家の石井あつ子さんと群馬県の廃道を歩く予定だったが、この時期すでに雪が積もっていそうなので廃道歩きは中止。
今尾さんの提案で、暖かい三浦半島を散策することにした。

集合は京急の三崎口駅に10:54。
わりとゆっくりめなので、集合前にどこかへ登ってしまおうと思いついた。
というわけで、クライマーのゲレンデとして有名な鷹取山(139m)が浮上。
ヤマケイのガイドブックによれば、2時間ちょっとで、神武寺駅から京急田浦駅まで歩けそう。家を5時すぎに出れば、大丈夫そうだ。

5:40に新所沢駅を出発、高田馬場、品川、金沢八景で乗り換え、神武寺駅に7:47着。
DSC_3236.jpg
天気は晴れの予報だったが、こちらは雲が多い。

しばらく県道を東へ。
DSC_3239_20150109065815a3f.jpg

逗子中のグランドの手前、鷹取山登山口のバス停があるところを右折。
DSC_3240_20150109065816d34.jpg

早くも、右手に山が迫る。
DSC_3244_201501090658196db.jpg
野球少年が元気に挨拶をしてくれた。

車道のどん詰まりは特別養護老人ホーム。
なぜか、こんな案山子が周囲を飾っていた。
DSC_3250.jpg
中央の日本エレキテル連合は分かるが、右の錦織圭は全然似てない。

この奥から登山道が始まる。
DSC_3257_20150109065751cdc.jpg

スタート地点がいきなり石切り場の跡。
DSC_3255_2015010906575043b.jpg

このあたりからは、明治末から大正時代にかけて凝灰岩の「池子石」が切り出された。
塀や垣根、土台、護岸、井戸などのほか、墓石、灯籠などに使われたという。
DSC_3242.jpg
しかし、近くで採れる「鷹取石」「佐島石」(横須賀市)や栃木の「大谷石」との競合や関東大震災の影響で徐々に廃れてしまったらしい。

しばらく岩に沿った道を行く。
DSC_3260.jpg
DSC_3264_20150109065754b04.jpg

間もなく、右手に小さな沢が見えてくる。
DSC_3266.jpg

地面は落ち葉のじゅうたん。
DSC_3269_20150109065724877.jpg

石橋で沢を渡る。
DSC_3272_201501090657267fd.jpg
DSC_3273_201501090657274e2.jpg

この先は沢登りの雰囲気が楽しめる。
DSC_3274_20150109065729de6.jpg
DSC_3277.jpg
徒渉も何度かある。昨日雨が降ったとはいえ、大した流域面積もないのに、こんなに水が流れていることに驚いた。

それにしても、首都圏の標高100mに満たない場所とは思えない自然豊かな散策路だ。
DSC_3285_20150109065659fbf.jpg
DSC_3286.jpg

残り紅葉もちらほら。
DSC_3288_20150109065702c7e.jpg

階段を登って、左折すると、間もなく神武寺の境内。登山口から20分ほどかかった。
DSC_3289_20150109065704ae2.jpg
DSC_3291_20150109065630274.jpg
DSC_3294_201501090656310aa.jpg

石畳に均等に散らばった落ち葉が美しい。
DSC_3297_20150109065633e99.jpg
神武寺は、神亀元年(724年)、行基の開創と伝わる。鎌倉時代には頼朝はじめ幕府の篤い崇敬を受け、北条政子の安産祈願も行われたとされる古刹である。

境内の露頭には、岩隙(がんげき)植物が繁茂している。
DSC_3312.jpg
DSC_3314.jpg
神武寺周辺の丘陵は、堆積岩が隆起して形成されたもので、岩肌の露出した日陰には、コモチシダやイワトラノオなど独特な植物が成育する。
これらを岩隙植物というのだそうだ。

この切通を抜けた先にある本堂は関係者以外立ち入り禁止。
DSC_3309.jpg
DSC_3311_20150109065600406.jpg
DSC_3313_20150109065604d9f.jpg

手前には、大きな宝篋印塔(尊勝塔)があった。
DSC_3308_20150109065634bc5.jpg

階段を登って、薬師堂に向かう。
DSC_3316_20150109065606298.jpg

逗子八景の1つに数えられる梵鐘。「神武晩鐘」の名で呼ばれる。
DSC_3324_201501090655381a8.jpg
DSC_3323_20150109065537ec9.jpg
逗子八景は、大正10年に「逗子倶楽部」という団体が選んだものらしい。
先代の鐘は太平洋戦争の際に供出され、現在のものは1950年に鋳直されたものだそうだ。

鐘楼から眺める本堂。
DSC_3321_2015010906553851a.jpg

六地蔵を右手に見て、さらに階段を登る。
DSC_3326_20150109065540b44.jpg
DSC_3327.jpg

赤塗りの山門。
DSC_3329_20150109065502b0e.jpg

銅板葺きの薬師堂。慶長三年(1598年)の建立とされる。いつもの通り安全祈願。
DSC_3331_20150109065504bab.jpg

境内の雰囲気。
DSC_3332_20150109065505a76.jpg
DSC_3334_20150109065506dd3.jpg
DSC_3339.jpg
DSC_3343_20150109065429661.jpg
暖まってきたので、薬師堂に腰掛けて、ダウンからレインウエアに着替えた。

薬師堂の左脇から山道に入る。急な石畳の道だ。
DSC_3350_20150109065432177.jpg

左手には「女人禁制」の石碑が立つ。
DSC_3349_201501090654319fa.jpg

ひと登りで、碑のあるピーク。手水鉢のような石があった。
DSC_3354_2015010906543333b.jpg
DSC_3357_2015010906543549b.jpg

ここからしばらく平らな道。左手に横浜のランドマークタワーが見える。
DSC_3358_201501090654004e1.jpg
DSC_3359.jpg

この少し向こうに、134mの三角点ピークがある。
DSC_3366_20150109065334da8.jpg
DSC_3367_20150109065335a61.jpg

一度通り過ぎそうになったが、地図を確認して引き返し、踏み跡を登る。
展望があった。正面に二子山(208m)。
DSC_3361_20150109065403202.jpg

桜山方面と逗子市街。背後は相模湾。
DSC_3362_20150109065405c30.jpg

全景。
DSC_3364_20150109065406bd3.jpg
富士山は雲に阻まれ見えなかった。

この先は、露岩もある軽いアップダウン。
DSC_3369_20150109065336f79.jpg
DSC_3370_201501090653387fd.jpg
DSC_3373_2015010906530779f.jpg

眺望も比較的よい。
DSC_3374.jpg

江ノ島も見えた。
DSC_3375_20150109065309c92.jpg

それにしても送電線の多いところだ。
DSC_3371_20150109065339a21.jpg
DSC_3372_201501090653058a1.jpg
DSC_3383_20150109065239f67.jpg

引き続き、岩の多い道を進む。
DSC_3382_20150109065311a87.jpg
DSC_3385_20150109065241041.jpg

十州望というピークがあるはずだが、きちんと特定できなかった。
ここのことだろうか。
DSC_3387.jpg

クサリ場の手前で、単独のハイカーに追いつかれた。
DSC_3389_2015010906524433f.jpg

こちらが写真を撮っている間にさくさく行ってしまった。
DSC_3391_20150109065245552.jpg

このクサリ場は結構、足場が悪い。要注意だ。
DSC_3394_201501090652104a9.jpg

鷹取山が近づいてくると、石切り場の跡らしきものが目立ってきた。
DSC_3402_201501090652119b7.jpg

鷹取山山頂の南側を巻く。
DSC_3404_20150109065212c0a.jpg

そうすると、大規模な石切り場の跡たる鷹取山の山頂エリアに出る。
DSC_3407_20150109065216a32.jpg
DSC_3412_201501090652167b5.jpg
DSC_3413.jpg

機銃掃射の跡のような穴は、クライマーが打ち込んだハーケンの跡。
DSC_3443_20150109065038c2f.jpg

とにかく、まずは展望塔のある頂上に登ってみる。
DSC_3414.jpg

数分で登れてしまう。
DSC_3435_201501090651169bc.jpg

展望は360度。まずは大楠山(241m)に向かう横浜横須賀道路。
DSC_3421.jpg

二子山と阿部倉山(右奥、161m)。
DSC_3422.jpg

横須賀市田浦町方面。最奥右の双耳峰は房総半島の富山(349m)。左は鋸山(329m)。
DSC_3426_20150109065148aea.jpg

クライマーのゲレンデになっている石切り場跡。
DSC_3428_2015010906510411a.jpg

東京湾。
DSC_3431_201501090651053cd.jpg

横須賀市湘南鷹取の高級住宅街。
DSC_3432_20150109065108235.jpg

奥は東京都心の高層ビル群。右にスカイツリーが見える。
DSC_3433_2015010906510946a.jpg

ひと通り眺望を楽しんで下山。頂上広場になっている。
DSC_3438.jpg

切り立った岩ではクライマー2組が練習の準備をしていた。
DSC_3441_20150109065036924.jpg

鷹取山の山頂部は随分、石が切り取られて、ほとんど原形をとどめていないように思われる。
DSC_3445_20150109065039d14.jpg
DSC_3448_20150109065041032.jpg
DSC_3449_2015010906500800e.jpg
しかし、採石が行われたのは、こちらも明治から昭和初期にかけてで、関東大震災による崩落で採石が行われなくなったというのも、池子石と同じだ。

このエリアは「鷹取山公園」ということになっており、管理人の詰め所もある。
DSC_3450_20150109065009bea.jpg
勝手に岩登りをしないよう監視もしているのだろう。

ここからも展望がいい。眼下に鷹取小学校。
DSC_3451_201501090650112a5.jpg

横浜方面も遠望できる。
DSC_3452_20150109065012d79.jpg

エジプトの神殿遺跡のような壁を抜けていくと、弥勒菩薩の摩崖仏に出る。
DSC_3457_201501090650142e6.jpg
DSC_3458_201501090649369b2.jpg
DSC_3460_201501090649386d8.jpg

高さ8mと巨大だが、製作はなんと昭和35年頃というから、またびっくり。
DSC_3464.jpg
作者は、逗子市在住の川口満氏の依頼により、横須賀市在住の彫刻家・藤島茂氏。1年がかりで彫ったという。
これとは別に釈迦如来の摩崖仏もあったが、こちらは昭和40年に鷹取小建設のため取り壊されたというから、さらにびっくり。
なんともちぐはぐである。

当初は京急田浦駅に下りるつもりだったが、残り時間は25分しかなくなり、追浜駅に変更。
屏風のような岩を回り込んで、下界へ。
DSC_3466_201501090649417f9.jpg
DSC_3468_20150109064943035.jpg
DSC_3470_20150109064907bf1.jpg
DSC_3472_201501090649080b5.jpg

階段を下りると、高級住宅街。
DSC_3475_20150109064910565.jpg
DSC_3476.jpg

時間が心配なので、速足で歩く。懐かしい住居表示板。
DSC_3477.jpg

でも、予定の電車の7分前に駅に着いた。
DSC_3479_201501090648517b7.jpg
助かった。さて、待ち合わせ場所の三崎口駅に向かおう。

【行程】2014年12月21日(日)
神武寺駅(7:52)~池戸石石切り場跡(8:10)~神武寺(8:39撮影8:51)~鷹取山(9:31)~登山口(9:52)~追浜駅(10:12)
※所要時間:2時間20分(歩行時間2時間)
※登った山:2座(十州望、鷹取山)
※歩行距離:4.9km
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/460-c25cbb5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (82)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (9)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR