山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

半月山(下)

【2014年11月16日(日)】半月山
半月山(1753m)の展望台で絶景を堪能した。
この後は社山(1827m)に向かう予定だったが、相棒のO君が調子が悪いという。
さて、どうするか。
結局、前進は諦め、登山はこれにて終了。
第2駐車場に下りて、車を置いてある第1駐車場まで車道を戻ることにした。
DSC_0619_20141223063923323.jpg

こちら側の登山道は南斜面なので、霜がすでに解けており、滑りやすい。
DSC_0628_2014122306392704c.jpg

しばらく下ると、O君が恥ずかしそうに「あれ、元気になってきちゃった」という。
DSC_0623_20141223063925fc7.jpg
「朝飯食い過ぎただけじゃないのか!」と突っ込みを入れる。
まあ、だったら、「高山でも登るか」と提案。
高山(1668m)は竜頭の滝の西にある山だ。

途中、皇海山(2144m)の雲がとれた。左は鋸山(1998m)。
DSC_0624.jpg

駐車場に下りてきたが、ここからの眺めもいい。
DSC_0629_2014122306392867d.jpg
DSC_0633_201412230638471a5.jpg

足尾方面。
DSC_0638_20141223063850702.jpg

社山方面。
DSC_0634_20141223063848258.jpg

冬枯れの明るい山肌
DSC_0636_20141223063849e75.jpg

ぐるりと駐車場を1周する。
DSC_0639_20141223063851fa9.jpg
DSC_0645_20141223063823e1c.jpg
DSC_0646_20141223063824a0c.jpg

半月山。
DSC_0641_20141223063821f3d.jpg

「足尾銅山観光」の碑にびっくり。
DSC_0647_20141223063826264.jpg
ここは奥日光ではないのか。
これを作った時は、日光よりも足尾の方が羽振りがよかったのだろか。

ここから道路歩きだが、眺めも天気もいいので気持ちがいい。
DSC_0653_201412230637594f8.jpg
DSC_0650.jpg
DSC_0651_2014122306375795a.jpg
DSC_0659_201412230638037c9.jpg

一部、擁壁が崩落している場所があった。道の方を付け替えている。
DSC_0654.jpg

男体山(2486m)と女峰山(2483m)。ご夫婦だ。
DSC_0661.jpg

狸山(1622m)。
DSC_0658.jpg

30分かからずに、第1駐車場に到着。
ちょうど、団体さんが貸し切りバス3台を連ねて繰り出してきたところで、展望台は大賑わい。
DSC_0667_20141223063715f72.jpg
DSC_0670_20141223063716935.jpg

O君は車の中で待機。私は半月山と反対側ある狸山をピストンして、登った山を稼ぐ。
DSC_0672_20141223063718b2b.jpg
DSC_0673_201412230637195c0.jpg

狸山には、10分かからずに着いた。
DSC_0674_20141223063646fdb.jpg

帰りは半月山が正面に見える。
DSC_0677_201412230636475a3.jpg

さて、上からは見納めかな~
DSC_0680_2014122306364912b.jpg
DSC_0682_2014122306365083b.jpg
DSC_0685_20141223063651eb5.jpg
下りで少しトレランしたら、ちょっと足をひねってしまった。
筋が数日痛かった。

結局、ちょっと時間がかかる(周回で3時間ちょっと)というので高山も取りやめ。
ならばと、阿世潟への偵察を許してもらう。

阿世潟への道は、基本的に一般車進入禁止の雰囲気。
歌ヶ浜近くの入口にゲートがあったが、手で上げることができた。
すぐ先にイタリア大使館別荘記念公園があり、人影もある。
ゲート前の駐車場に駐めて、見学に来ている人たちだ。

登山地図には狸窪に2軒の民宿が記されているが、それらしき建物はなかった。
途中、双眼鏡や大きなカメラを持った20人近くの集団と遭遇(外国人含む)。

新しい別荘が過ぎたところで、またゲート。
ここも手動で動かせたので通過。
この先はダートとなる。
途中の浜で遊んでいるハイカーが4人いた。

阿世潟まで車で行くことはできた。
DSC_0690_20141223063617f9f.jpg
駐車スペースもあった。しかし、ここまで入ってきて駐めて、登山するのは、やはり気が引けるなあ。

とにかく折角来たのだから、あたりを散策。
ここは、貴重なダケカンバ林らしい。
DSC_0692_20141223063618400.jpg
DSC_0708_20141223063554e03.jpg

湖岸に出てみる。
DSC_0696.jpg
DSC_0703_201412230635530ab.jpg

きれいな白砂の浜だ。
DSC_0698_20141223063621416.jpg

水も透き通っている。
DSC_0700_20141223063623e81.jpg

対岸の町並み。
DSC_0701.jpg
車に戻ると、さっきの4人がちょうど阿世潟峠の方へ登って行くところだった。

我々は引き返す。
帰りに、イタリア大使館別荘記念公園を見学していく。
アントニン・レーモンドの設計で昭和3年に建てられた。
木造2階建てで、多彩な杉皮張りの内外装が大きな特徴だ。
平成9年まで使用され、現在は栃木県が所有している。

駐めてあった車には「許可車」とのシールが貼ってあった。やはり、無許可はやばいか。
DSC_0710_20141223063555945.jpg
DSC_0711_201412230635573d2.jpg
DSC_0715_201412230635277e4.jpg
なかなかユニークな建築だ。

湖岸にはテラスもある。
DSC_0712_20141223063525233.jpg
DSC_0719_20141223063528b9a.jpg
今は寒いが、夏は避暑にもってこいの場所だ。

ちょうど時間も12時を過ぎた。ランチタイムだ。
O君に「日光と言えば、ゆば料理だけど、何が食べたい?やっぱり肉?」と聞くと、「肉だな」との答え。
湖畔に「とちぎ和牛」の看板を見つけたので、ここに入ることにする。
DSC_2093_20141223063458474.jpg

暖炉のあるしゃれたレストランだ。
DSC_2089_20141223063530d5d.jpg

メニューを開いてびっくり。ハンバーグランチ2300円、ビーフシチューが2500円。
まあ、帰るわけにもいかないので、それぞれ注文。
高級和牛を使用しているので、さすがにおいしかった。
DSC_2091_20141223063531d1a.jpg

12時半をすぎたので、お風呂にも行くことに。割引券で600円だし。
「湖畔の湯」は12時半からだったので一番乗り。
DSC_2105_201412230635019d7.jpg

なので、気楽に写真が撮れた。
DSC_2096_20141223063500285.jpg
湯は硫黄泉で、湯元温泉よりは透明度も高く、温度もぬるめだった。

さて、なんかゆるい1日になってしまったが、O君はこれから静岡まで帰らないといけないので、まあこんな日もあっていいでしょう。

いろは坂を下って、清滝で給油。高いので10㍑のみ。
高速を一路所沢へ。ひたすら南下するので、太陽がまぶしく、熱くて仕方なかった。
佐野SAでトイレ休憩。
DSC_2106_20141223063503c6b.jpg

正面には、かつて登った晃石山(419m)。
DSC_2107_20141223063504c1e.jpg

時間が早かったので、渋滞なしで所沢ICに下りることができたが、市街地で渋滞。
O君を所沢駅に降ろしたのは4時過ぎになっていた。
それでも明るいうちに帰宅。
やっぱり日光はけっこうだった。

【行程】2014年11月16日(日)
中禅寺湖展望台(8:31)~半月山(9:16)~半月山展望台(9:24撮影9:35)~半月山第2駐車場(9:53)~中禅寺湖展望台(10:20)~狸山(10:32)~中禅寺湖展望台(10:40)
※所要時間:2時間9分(歩行時間1時間58分)
※登った山:2座(半月山、狸山)
※歩行距離:4.5km

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/444-fe9c4270
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (92)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR