山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

北高尾山稜(下)

北高尾山稜と、高尾・陣馬縦走路の合流点・堂所山(733m)を12:42に出発。
DSC_5882.jpg
この先はわりと起伏に乏しい楽ちんな道だ。

分岐には「消火用水」が備蓄してある。
DSC_5885.jpg
普通は「防火用水」というが、使い途を考えたら確かに「消火用水」が正しい。

縦走路の巻き道とも合流。
DSC_5888.jpg
DSC_5889_201407040636036c2.jpg
ここから俄然、人通りが多くなる。トレランの人もけっこう見かける。

15分ほどで底坂峠。
DSC_5893.jpg
3年前は、ここから美女谷温泉に下りたのだった。
ということで、この先が未知の道だ。

50mほど先の陣馬高原下バス停に下る分岐には古めかしい道標があった。
DSC_5898_20140704063605106.jpg

木の根が生い茂っているところもあるが、道は基本的に広く、舗装してあるかのように平らだ。
DSC_5899_201407040636075e8.jpg
DSC_5900_20140704063609a57.jpg

底沢峠から10分で明王峠(739m)。ここには茶屋がある。
DSC_5908_2014070406354532c.jpg
でも平日だからか、営業はしていなかった。

峠の名前の由来であろう、不動明王尊の石碑があった。
DSC_5910.jpg

まわりには、こじゃれた木製のベンチがいくつかあり
DSC_5911_201407040635483e8.jpg

真新しい木彫りの道標もあった。
DSC_5913_201407040635498f1.jpg

晴れていれば、結構雄大な眺めが得られたのかもしれない。
DSC_5918_20140704063550277.jpg
DSC_5919_201407040635272f5.jpg
ここは峠とは言え、明らかにピークなので「登った山」に加える。

少しだけベンチに腰を下ろして休憩。
でもすぐ出発。7分ほどで奈良子峠。
DSC_5923_20140704063529612.jpg

この先もゆるやかなアップダウンだが
DSC_5925_20140704063530026.jpg
DSC_5928_20140704063532bab.jpg
帰宅して、吉備人出版の「登山詳細図」を見てみたら、明王峠から陣馬山にかけての2つのピークにそれぞれ名前がついていた。
萩の丸と南郷頂。いずれも山名標がないので気づかなかったが、これも加算する。
これですでに登ったことのある堂所山や陣馬山を除いても、この日12座登ったことになってしまった。実においしい山行となった。

2時前に陣馬山に到着。
DSC_5935_20140704063533162.jpg
ここは通算3回目。基本的に行ったことのない山に登る主義だが、別コースで同じ山を登ったり、同行者の意向で同じ山に行ったりということはある。
調べてみると、最も多く登っているのは、自分でも意外だったが高尾山で4回だった。
次いで3回がこの陣馬山を含め、金時山、金峰山、檜洞丸の計4座。
いずれも、わりとポピュラーな山だ。
陣馬山は昨年1月19日に大雪の後、登って以来だから1年半ぶりである。

富士見茶屋と信玄茶屋は休業日。
一軒だけ開いていた清水茶屋に入る。
DSC_5943_20140704063509a6c.jpg

そばを食べたいところだったが、さっきおにぎり2個たべたばかりなので、なめこ汁を食す。250円。
DSC_0676.jpg
なめこがたくさん入っていて、とてもおいしかった。

帰り際、お店の人が話しかけてきたので、しばし雑談。
ここは創業40年ほどとのこと。富士見茶屋は最も古く昭和初期からで、信玄茶屋はその次に古いのだそうだ。
清水は年中無休だが、やはり「平日は商売にならない」らしい。
今年の冬の大雪のときは、1~2mも積もり、富士見茶屋のご主人が遭難したという。
下山しようとして、雪にはまって動けなくなり。ビバーク。凍傷になったとか。
上がってきたはいいが、体力を使い果たして下山できなくなった人もいたらしい。

そんな話している最中に野ウサギの子供が姿を現した。
人が少ないと出てくるとのことだが、すばしこくて写真に収めることはできなかった。

20分ほど休んで出発。
さすがに富士山は見えなかったが、扇山(左)や権現山(右)などは見えた。
DSC_5940_20140704063507449.jpg

こちらは連行峰。
DSC_5939_201407040635052ef.jpg

奥は大岳山(1267m)。
DSC_5937.jpg

下りもつづら折りで道幅も広く歩きやすい道。
DSC_5948.jpg
DSC_5949.jpg

40分ほどで、栃谷の集落に下りてきた。
DSC_5953_20140704063439bf3.jpg
DSC_5959_20140704063440842.jpg
DSC_5962_20140704063441fef.jpg
DSC_5967_201407040634152e7.jpg

道標に従い、近道で陣馬の湯へ向かう。
DSC_5964.jpg

15:20、陣渓園に到着。
DSC_5969_20140704063416ecb.jpg
立ち寄り湯は1000円。ちと高いが仕方ない。

平日ということもあり、湯は独り占めだった。いい湯だった。
DSC_5971.jpg

せっかく汗を流したのだが、これからまた藤野駅まで1時間近く歩かねばならない。
DSC_5972_20140704063420441.jpg
山里を歩くのは嫌いではないが、また汗をかいてしまうのが、ちょっと悔しい。

しかしタクシーを呼ぶ気もなく、バスも時間が合わないのでやむを得ない。
もう1つの陣馬の湯「陣谷温泉」を通過。
DSC_5974.jpg

奥には大岩露天風呂のある姫谷温泉もあるらしい。
DSC_5973_20140704063421a95.jpg

この辺は「柚子の里」と呼んでいるようだ。
DSC_5978.jpg
DSC_5979_201407040633572e9.jpg
汗をかかないようなスピードで舗装道路を下っていく。

バス停のある分岐まで下りてきた。
DSC_5987.jpg

途中でみかけた手作りマンガの看板。
DSC_5997.jpg

沢井隧道を通過すると藤野駅は間もなく。
DSC_5999.jpg
DSC_6001_20140704063336fb2.jpg
17:07に到着。この日はなんと21km以上歩いた。

電車は藤野発17:30、新所沢には18:51着。
高尾は雨だったが、山と新所沢からの帰り道で降られなくてよかった。
本当は冬季用にとっておきたいコースだったが、それにしても12座、21kmとは随分稼がせてもらった。

【行程】2014年6月27日(金)
高尾駅(7:40)~小仏関跡(7:59撮影8:04)~地蔵平(8:39)~富士見台(9:34休憩9:42)~杉沢の頭(9:47)~高ドッケ(10:02)~狐塚峠(10:22)~杉の丸(10:56)~黒ドッケ(11:05)~大嵐山(11:27)~三本松山(11:41)~関場峠(11:56)~堂所山(12:25昼食12:42)~底沢峠(13:01)~明王峠(13:10休憩13:19)~奈良子峠(13:27)~陣馬山(13:58休憩14:22)~栃谷集落(15:10)~陣馬の湯(15:20入浴16:11)~陣馬山登山口(16:39)~藤野駅(17:07)
※所要時間:9時間27分(歩行時間:7時間34分) コースタイム8時間35分
※登った山:14座(うち新規12座:地蔵平、富士見台、杉沢の頭、高ドッケ、杉の丸、黒ドッケ、ツツジ平、大嵐山、三本松山、明王峠、萩の丸、南郷頂+堂所山、陣馬山)
※歩行距離:21.3km
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/358-0a37eb5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (153)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR