山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

沼津アルプス(下)

【2014年2月22日(土)】沼津アルプス
横山峠から20分ほどで、横山(182m)の頂上。
DSC_9673_201403011836395f1.jpg
これも地図には載っていない山。今回、得した山3つ目だ。
しかし、ここでとうとう1㍑用意してきた水がなくなってしまった。
この先、いったん下界に下りるし大丈夫だろう。

眺望もないので、さっさと通過。
DSC_9674.jpg

10分ほどで車道に出る。
DSC_9677_201403011836442ae.jpg

八重坂峠(標高約25m)である。
DSC_9679.jpg
沼津アルプスを横断する峠の中では一番低い。だから道路もすんなり通っている。
さっきの横山峠は、車道はトンネルで通っていた。

標識には八重坂峠の香貫山入口まで20mとあるのに、歩いてもなかなか登山口が出てこないから、引き返してもう一度標識を確認すると、120mだった。

ここから登り。
DSC_9683.jpg
もう3時近いので、いい加減疲れてきた。でも、この山ひとつ残しても、これだけのためにまた来ることはないだろうから、我慢して登る。

再び車道に出て、しばらく歩く。
右手には、今登ってきた横山が見える。
DSC_9689.jpg
車道の行き止まりがゴルフ練習所。ここになら自販機がありそうだったが、中に入っていくのも億劫だし、何とか持ちそうなので、止めた。

目指しているのは香貫山(193m)。
DSC_9698.jpg

この山だけは登りがなだらかなので助かる。
DSC_9699.jpg

山芋掘りは禁止とのこと。
DSC_9696_20140301183608280.jpg
でも、「山芋掘りの皆様へ」と言ってしまった時点で、認めてしまっているような気もするが、いかがだろうか。
この看板を見て、明治の人の英語の覚え方「掘った芋、いじるな」(What time is it,now?)を思い出した。

山頂部に着くと、箱根方面の展望が開けた。
これは玄岳(798m)かなあ。
DSC_9702_20140301183614a49.jpg

そして、駒ヶ岳(右、1356m)と神山(左、1438m)。
DSC_9703_20140301183542e43.jpg

南には、沼津アルプス。
DSC_9705.jpg
左から、大平山、徳倉山、鷲頭山、無名の山。

そして、なんとまたまた聞いたことのない山の名を見つけてしまった。
DSC_9707_20140301183547279.jpg
八重象山ですって。

実はこの方向に歩いても下るばかり。
少し歩くと展望スペースがあるので、このあたりが八重象山と言われているのだろうか。
DSC_9718_201403011835145f3.jpg
山名板が見当たらないので分からない。
山旅ロガーの地図で、標高を確認しようと思ったら、間違って移動測定を切ってしまい、あわてて再開。

しかし景色はすこぶるよい。
沼津市街と牛臥山、そして西伊豆北岸。
DSC_9710.jpg

狩野川河口。左上に覗くのは大瀬崎。
DSC_9712.jpg

淡島(左)と瓜島(右)。
DSC_9714.jpg

香貫山山頂。
DSC_9719.jpg

ここは頂上部まで車が入り、香貫山公園として整備されている。桜台、新桜台などという展望スポットめいた場所もあるようだが、時間節約のため、それらはパス。
頂上に向かう。
DSC_9721.jpg

3時半ちょうどに香貫山に登頂。
DSC_9725_2014030118352140b.jpg

電波塔のたもと、展望も何もない場所だが、ちょうどいい座るスペースがあったので、腰掛けてホットキャラメルを飲む。
DSC_9726_20140301183448f81.jpg
くつろいでいると、おじさん2人がやってきた。
「展望台はあちらですか」と聞くので、「私も初めてなので分かりませんが、標識にはそう出ていますね」と答える。
八重象山も含め本日10座目。6座の予定だったのに、随分インフレとなった。

鷲頭山以来のまともな休憩。ひと心地ついたので出発。
私も展望台に向かう。
と、いきなりノラ猫が出現。
DSC_9731.jpg

5分ほどで展望台に到着。
上に登ると、なんと本日初の富士山。
DSC_9738.jpg
すそ野は富士山のものではなく、手前の愛鷹山のもの。
この位置から見ると、富士山はちょうど愛鷹山の真後ろになる。

アップにしてみる。
DSC_9740.jpg
いやあ感激。

沼津もご多聞に漏れず、高層マンションの街になってしまった。
DSC_9741_201403011834566aa.jpg

裾野・箱根方面。
DSC_9742.jpg

千本浜方面。
DSC_9748.jpg

駿河湾を挟んで、西伊豆の山々。
DSC_9752.jpg

沼津アルプス。
DSC_9759.jpg

雲の帯。
DSC_9768_20140301183429abd.jpg

日本平、焼津方面。
DSC_9769_2014030118335751e.jpg

日本赤十字社創立100周年のモニュメント。
DSC_9773.jpg

360度のパノラマを楽しんで、あとは下山するのみ。
下山口がよく分からなかったが、山頂の裏のから夫婦岩経由で行く道を風致林案内板で知る。
途中、水飲み場があり、超ラッキー。
DSC_9777.jpg
喉が渇いていたので、1杯いただく。

すぐ先に夫婦岩。
DSC_9779_2014030118340329d.jpg
らくだにしか見えない。突起が男という意味だろうか。

整備された道を下りてくると、中腹にある香陵台に至る。
ここには戦没者慰霊のための五重塔(沼津市慰霊平和塔)がある。
DSC_9786.jpg

無料休憩所があったので、バッジがないか物色。
DSC_9788.jpg
お店の人にはなんとなく恥ずかしくて聞けなかったが、ないようだ。
不審がられないよう、「市街地からも富士山は見えますか」と一応、会話。
「いや見えませんね。ここから見ればいいじゃないですか」と言われてしまった。

若山牧水の歌碑。
DSC_9791.jpg
「香貫山いただきに来て吾子と遊び ひさしくをれば富士はれにけり」
牧水は大正9年にここ沼津に東京から移り住んだ。
ある日、海を見たいと長男と香貫山に登った際に詠んだ歌だそうだ。
知らなかったが、牧水は沼津に永住したのだった。

その富士山。
DSC_9793_20140301183333112.jpg
今日の私も似たような気分。「久しく歩けば富士はれにけり」である。

そして平地に下りてきた。
DSC_9798_20140301183335769.jpg
あとはホテルへまっしぐら。
市街地から富士山は見えないと言われたが、実はちゃんと見えた。

関東玉造郷の石碑を横目に
DSC_9804.jpg

黒瀬橋を渡る。
DSC_9809.jpg

香貫山を振り返る。
DSC_9811_20140301183307740.jpg

日枝神社で、無事下山のお礼参り。
DSC_9815_201403011833088c8.jpg

境内に芭蕉の句碑があった。
DSC_9816_20140301183310653.jpg
「都出でて神も旅寝の日数哉」
なかなか面白い句である。
芭蕉は「おくの細道」の旅を終えて大津・膳所の義仲寺無名庵にあった芭蕉は、元禄4年9月28日、久しぶりに江戸に向け東下の旅に出る。
ほぼ1か月かけて11月1日頃、江戸に着いた。
「この旅は神無月1月を要したことになる。言うなれば、出雲に集合する神様とともに旅寝をしていたことになる」という意味だそうだ。
神がすぐ身近にいた時代の句である。

本日泊まる予定の沼津グランドホテルは駅の手前にあるはずだが、よく分からず歩いているうちに、駅に着いてしまった。
DSC_9818.jpg
スマホの地図で確認、少し戻って、夕方5時過ぎにやっとたどり着いた。

お腹が空いていたので、さっさと食べに出たかったが、とにかくお風呂に入る。
さっき、香貫山山頂からfacebookで「沼津にどっかおいしいお寿司屋さんありませんか」と仲間に問い合わせたら、駅前のビルの中にある魚がし鮨を紹介されたので、行ってみる。
なんと外で行列ができているほどの繁盛ぶり。
でも、それほど待たされないような気もしたので、待つことに。
ほどなく入店。
近海にぎり(1980円)と、大好物のつぶ貝(2貫400円)を別口で頼む。
DSC_0455.jpg
にぎりはネタが大きくて、10貫で満腹になってしまった。
生シラスもあり、値段もリーズナブルで大満足。

地ビールの静岡ビールもいただいた。これは、そんなに特徴はなかった。
DSC_0454.jpg
しかし、これじゃあ体重は減らないなあ。

ホテルに戻る途中に発見したレリーフ。
DSC_0456_201403011846004e3.jpg
西周。明六社を結成した啓蒙家というイメージだったが、沼津兵学校の頭取を務めたらしい。

ホテルに戻って、パソコンを取り出し、本日の写真の整理とメモ残し。
そうだ、今回はパソコンという余計な荷物を背負って来たんだった。
どうりで疲れたはずだ。
10時すぎには沈没。低山ながら1日で10座稼いだ充実の1日でした。

【行程】2014年2月22日
新所沢=原木(8:33)~茶臼山登山口(9:04)~茶臼山(9:25)~日守山(9:49撮影9:55)~大平山(11:19昼食11:43)~多比口峠(11:49)~鷲頭山(12:27撮影・休憩12:37)~小鷲頭山(12:45)~中将岩(12:54)~志下峠(13:00)~馬込峠(13:11)~志下山(13:17)~志下坂峠(13:25)~徳倉山(13:58撮影14:04)~横山峠(14:16)~横山(14:35)~八重坂峠(14:46)~香貫山(15:30休憩15:45)~黒瀬登山口(16:31)~沼津グランドホテル(17:08)

※所要時間:8時間35分(歩行時間:7時間34分)
※登った山:10座(茶臼山、日守山、大平山、鷲頭山、小鷲頭山、志下山、徳倉山、横山、八重象山、香貫山)
※歩いた距離:15.5km

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/314-b5d625a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (152)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR