山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

三頭山(上)

【2014年1月19日(日):三頭山】
よく考えずに、前に乗ったことのある新所沢6:11発の電車に乗った。
それで気持ちよく奥多摩に行けると思っていた。
電車に乗って初めて乗り換え検索をしたら、なんと青梅で30分近く待たなくてはならず、しかも奥多摩着は8:29。
どう条件を変えて検索しても、その時間にしか行けない。
前にこの電車に乗ったのは中央線の上野原に行く時だった。大失敗。

青梅駅ではホームにあるトイレですべきことをし、やはりホームにある暖かいレトロ待合室で次の電車を待った。

今回は、奥多摩深山橋からヌカザス尾根を三頭山まで登り、向山経由で余沢に下りてくるコースを考えているが、前夜の予報では夜半に雪が降るとのことだったので、その状況次第では標高の低いところも検討していた。
古里駅から御岳山を登り、日の出山経由で武蔵五日市駅まで歩くかなり軟弱なコースである。

この電車では、三頭山に行くには歩き始めるのが9時を過ぎてしまうし、検索を終えた時点で、ほぼ御岳山に決めてしまっていた。
だから、古里が近づくと、靴のひもを縛り、スパッツを装着。よしっと外を見たら、山に全く雪が積もっていない。じぇじぇ。

これなら三頭山でも大丈夫と判断。古里はやり過ごし、奥多摩駅へ。
鴨沢西行きのバス(8:35発)に乗り込む。
バスは7時台はすいているが、8時台の方が混むようだ。電車もそうだった。

でも、ほとんどの客が水根と奥多摩湖のバス停で下りた。
六ツ石山と御前山が人気のようだ。
三頭山に登る私は、浮橋のある小河内神社バス停で下りるべきなのだが、この時期、浮橋が渡れるかどうかきちんと調べていなかったので、通過して深山橋から歩くことにする。
車窓から見ると、浮橋で釣りをしている人がいたので、渡れたようだ。
でも湖面まで下るとその分登らないといけない。そう考えて、自己正当化を図る。
その後見た看板には2月1日から浮橋は通行止めと書いてあった。そうだったのか。

深山橋のバス停に9時すぎに到着。すぐ歩き始める。
DSC_8472_20140221072653b3b.jpg

深山橋は路面が凍っている。
DSC_8475.jpg

陣屋の茶屋街を通過。
DSC_8479_2014022107265814e.jpg

陣屋と深山橋を振り返る。
DSC_8485.jpg
今日も快晴だ。

三頭橋の入口では、橋を通行止めにする措置をしているところだった。
すでにこの先の奥多摩周遊道路のゲートは閉まっており、入ってしまった車がゲートから引き返してくるのを待っていたようだ。
ゲートはこの状態。
DSC_8490_2014022107270362b.jpg

その手前、三頭橋を渡ったところにムロクボ尾根経由で三頭山に至る登山口がある。
こちらの方が近いのだが、そうすると、イヨ山を経由できないので、「登った山」が1つ損する。だから、もう少し歩いてヌカザス尾根を登ることにしたのだ。

通行止めになった道だが、歩行者には関係ない。真ん中を歩いたり、対岸を撮影したり。
DSC_8494.jpg
DSC_8495.jpg
DSC_8499_2014022107262379e.jpg
DSC_8500_20140221072625c9b.jpg

30分弱でヌカザス尾根の登山口に到着。
DSC_8501.jpg
登山口にザックを置いて、道路で体操をしていたら、除雪車がやってきた。
ちょっと通り過ぎたとこで人が下りてきて、「除雪車が通るので早めに出てください」と言われた。
「出てくれって、これから登るんですけど」
「あ、登山ですか。気をつけて」
と言って戻っていった。
ランニングをしている人だと思ったのかもしれない。

登山口あたりは、うっすらと雪化粧している程度。
DSC_8504.jpg
足跡的には今日先行して歩いている人が2~3人いる模様だ

植林の中の暗い道を尾根に沿って登っていく。
DSC_8505_20140221072549ca5.jpg

しばらく登ると、落ち葉の上に今朝の新雪。
DSC_8508.jpg

そして雪道になる。
DSC_8510.jpg

高度を上げると、右手の展望が開ける。
大寺山(1226m)の仏舎利塔が間近。
DSC_8512_201402210725565f8.jpg

倉掛山(1777m)。
DSC_8513.jpg

飛龍山(2077m)。
DSC_8514.jpg

深山橋を見下ろす。
DSC_8516_201402210725208e0.jpg

イヨ山直下の急登。
DSC_8518_20140221072522af0.jpg

10:27、登山口から1時間弱でイヨ山(979m)に到着。
DSC_8522_20140221072446ffe.jpg
ここはあまり展望に恵まれないので、そのまま通過しようと思ったが、道標に手書きで「この先、危険箇所あり ヌカザス山 手前急坂」とある。
イヨ山最後の登りでアイスバーン化している箇所もあったし、チェーンでは不安なので、ここで6本爪のアイゼンを装着する。

しかし、あまり雪が付いていない場所でのアイゼンも考えもの。
下りで木の根に引っかかって、何度か転びそうになった。
危うく滑落しそうになったこともあった。

これがヌカザス山手前の急登。
DSC_8527.jpg

そして、11:10、イヨ山から40分弱で、ヌカザス山(1175m)に到着。
DSC_8530.jpg
この看板を見て初めて、「ヌカザス」とはこういう字を書くのかと知る。

ここも撮影のみで通過。
すぐにムロクボ尾根からの道と合流。
DSC_8533.jpg
DSC_8534.jpg
こちらには赤いロープが張ってあった。トレースあり。

この先がオツネノ泣坂と呼ばれる急坂。
DSC_8536.jpg

これを含め、三頭山まで3つのピークを越えていくが、いずれも頂上直下が急坂できつい。
DSC_8540.jpg

ヌカザス山から先はしっかり雪が積もっている。
DSC_8532_201402210724546a3.jpg
歩くのに苦労するほどの積雪ではないが、北斜面で15cmくらいか。

今日は登りが長いのでバテないよう、初めから、水分と行動食をこまめに摂ることに。
ヌカザス山でチョコを2個食べた。
林の中でも風が出て、冷たい。ネックウオーマーが必要な時期になったと感じる。

入小沢ノ頭(1302m)には山名板がなかったが、おそらくこのなだらかなピークと思われる。
DSC_8543.jpg

鶴峠に通じる巻き道との分岐を11:55通過。
DSC_8553_20140221072425c31.jpg
巻き道には古いトレースがあった。

この先、三頭山直下で単独の男性を抜かす。このあたりか。
DSC_8556.jpg
向こうは私が後ろに迫っているのに気づいていないのか、「ああっ」と大きな声でうなっている。2度も。かなり疲れているのだ。
最初は、彼の先に誰かがいて、その人に声をかけているのかと思った。
至近距離になってやっと私に気づき、道を空けてくれたが、たぶん恥ずかしい思いをしただろう。
でも、私もとくに下りでうなることあるので、ご心配なく。

12:19三頭山山頂着。
DSC_8558_20140221072349ee1.jpg

人がわりといるので、撮影より先にまずベンチを確保。
正面が開けて富士山が見えるベストポジションをゲットできた。
DSC_8559.jpg
今日は出発が遅れて、時間がないので、さっさとカップ麺の用意。
おにぎりも持ってきたが、そんなにぱさぱさにはなっていなかった。

食事が終わる頃、まわりには1人しかいなくなっていた。
Facebook用の写真を一人で撮ろうとしていたら、「撮りましょうか」と言ってくれたのでお願いした。でも、かなり中心のずれた写真になった。
DSC_0405_2014022107425262c.jpg

その後に落ち着いて撮影活動に入る。
三ツ峠山(1786m)。
DSC_8561_20140221072352d3a.jpg

杓子山(1598m)。
DSC_8562_20140221072354d33.jpg

高川山(中央、976m)。
DSC_8563_201402210723197a7.jpg

御正体山(1682m)。
DSC_8564.jpg

御坂黒岳(左、1793m)と滝子山(中央、1610m)。
DSC_8567.jpg

北面の展望は、まず雲取山(2017m)。
DSC_8570_20140221072325250.jpg

高丸山(左、1733m)と日陰名栗山(中央、1725m)。
DSC_8572.jpg

鷹ノ巣山(1737m)と、その左奥に長沢背稜の滝谷ノ峰(1710m)。
DSC_8574.jpg

後列が長沢背稜。その前の稜線が石尾根。
DSC_8576_20140221072256b86.jpg
DSC_8577.jpg

最後に雲とたわむれる富士山。
DSC_8582_201402210722596d0.jpg

30分以上もゆっくりしてしまった。1時前に出発する。

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/308-aa7263fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (90)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR