山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

南高尾山稜

【2014年1月24日(金):南高尾山稜】

前夜は同窓会の行事で帰宅は午前2時。
酔って寝過ごさないよう警戒していたら、間違って手前の駅で下りてしまい、タクシーもなく結局、家まで1時間近く歩く羽目に。
そんなわけで、翌朝は起きるまで寝ることにした。
でも、年をとると、なかなか朝寝ができない。7時20分に目が覚めてしまった。
仕方ないので起きて、9時に出発。
行き先は、近場の雪のない場所ということで、南高尾山稜にした。

9:23新所沢発、10:29高尾山口駅着。いい天気だ。
DSC_8700.jpg
思いつきで決めてしまったので、今回も地形図はなく、昭文社の登山地図のみ。
すぐ歩き始める。

駅前から国道20号に出て、少し相模湖方面に歩き
DSC_8702_20140128001909dad.jpg
(国道沿いの老舗っぽいお菓子屋さん)

次の高尾山入口の信号を、高尾山とは逆方向つまり左に曲がる。
すると正面に登山口の道標があった。
DSC_8704_2014012800191281b.jpg
ここでダウンをゴアに着替え、軽くストレッチ。

住宅の脇を登っていく。
DSC_8705_20140128001914fca.jpg
朝方、うっすら雪が積もったようだ。

こんな道を歩いて
DSC_8706_20140128001918f9f.jpg

10分ちょっとで尾根道に出る。
DSC_8710_201401280018378ab.jpg
四辻と呼ばれる場所だ。

ここを右に曲がり、延々と稜線歩き。ゆるやかなアップダウンが続く。
平日なのに、この道はわりと人が歩いている。大垂水峠までに10数人とすれ違った。
ほとんどが単独の高齢者で、女性も少なくなかった。

最初のうちは右手、木々の間に高尾山が見える。
DSC_8711_20140128001839fd5.jpg

あるいは八王子方面の市街地とか。
DSC_8714.jpg

草戸峠手前のこぶにあるベンチあたりで、前を歩いていた小柄なおばあさんに追いつきそうになるが、ここで小休止。ドリンクを飲み、ゴアも脱ぐ。
DSC_8717.jpg
風もなく、妙にあたたかい。

途中うち捨てられた送電鉄塔の下を通過。
DSC_8722.jpg
さっきのおばあさんは下りの途中で抜かす。
でも、彼女はわりとしっかりした足取りで、なかなか差がつかなかった。

駅から1時間ほどで、梅ノ木平バス停への分岐を通過。
DSC_8727.jpg
まもなく草戸峠。11:34。

ベンチには休憩しているおじさんが1人。
DSC_8737_20140128001817563.jpg

北側が開けており、高尾山の稜線がよく見えた。
DSC_8732_201401280037361ac.jpg
それにしても、すでに杉の葉が真っ赤だ。そろそろ花粉の季節がやってくる。

ここでは腰を下ろさず、撮影だけして通過。
DSC_8731_20140128001814994.jpg

一旦下って、わずかに登り返すと、そこは草戸山(365m)。
高尾山口駅の標高は191mなので、170mちょっと登ったことになる。
ここは町田市の最高地点だそうだ。

頂上には「山の神」が祀られていた。
DSC_8743.jpg

ここには展望台のような東屋があって、松見平休憩所と呼ばれている。
DSC_8754.jpg

ただ、それほど展望がいいわけでもなく、見える山の同定も難しかったが、とにかく休憩。
DSC_8751.jpg
ベンチに座ってパンを1個食べる。

正面直下に城山湖があるのだが、木が邪魔してよく見えない。
DSC_8757.jpg
(これは少し先から見た城山湖)
15分ちょっと休んで、正午ちょうどに出発。

下り始めたところですれちがったおじさんに「鳥がいますか」と聞かれた。
戸惑っていると、「そのカメラは鳥の観察じゃないんですか」とたたみかけてくる。
なんだそういうことか。「ええ、違います」と答えたら、それで会話は終わってしまった。

再びアップダウンで、長めの階段を登り切ると
DSC_8759_20140128001748f69.jpg

ふれあい休憩所。
DSC_8761_20140128001750e95.jpg
ここでは2人の単独ハイカーが休んでいた。とくに眺望もないので私は通過。

ここから4分ほどで榎窪山(420m)。
DSC_8762_2014012800175213c.jpg
山の名前は手書きでかろうじて書いてあった。

眺望は北西に高尾山。
DSC_8765_20140128001708246.jpg

その左手に城山(670m)。
DSC_8766_20140128001711b41.jpg

ここから20mほど下ったところが三沢峠。
DSC_8773.jpg
峰の薬師への分岐だ。

こちらは直進。正面にこれから登る泰光寺山(475m)が見える。
DSC_8776_20140128001716f07.jpg
三沢峠の先は、こぶを越える道と巻き道がたくさん交錯している。

この先が泰光寺山。
DSC_8782_20140128001718649.jpg

本日、最もきつい登り。ロープがあった。
DSC_8784.jpg

それでも4分ほどで登頂。
DSC_8785.jpg
頂上のベンチで3人ほど昼食をしていた。
景色を撮っていたら、おばさんがベンチに置いていた荷物をよけてくれたが、
「休まないから、いいです」と行って通過した。

ここも眺望は今ひとつ。
DSC_8786_20140128001644565.jpg

下ったところが西山峠。
DSC_8789_201401280016471fe.jpg

この先は尾根の南側の巻き道を行く。
DSC_8800.jpg

途中、木々の合間に富士山を発見して、「やった」とつぶやく。
DSC_8792_20140128001649059.jpg

大山も美しいピラミダルな姿を見せてくれた。
DSC_8793_20140128001610a04.jpg
左下の3つのコブは大山三峰。

その先に南面がきれいに開けている場所があり、そこは見晴台になっていた。
DSC_8804.jpg

リュックをかける木の枝がユニーク。
DSC_8820_2014012800154845a.jpg

景色は確かにすばらしい。
DSC_8805.jpg
まずは奥の稜線。左から丹沢、中央のくぼんだ部分が犬越路。
その右の尖りが大室山(1588m)。
その右がもちろん富士山。
大室山の手前の稜線は、高塚山(675m、左)と石老山(702m、左)。
手前の湖は津久井湖。

それぞれアップにしてみよう。
まずは津久井湖。
DSC_8806_20140128001619ee3.jpg

左から高塚山、大室山、富士山。
DSC_8807_20140128001539353.jpg

右端が蛭ヶ岳、中央が丹沢山、その左が丹沢三峰。
DSC_8810_20140128001541344.jpg

大山。
DSC_8814_2014012800154326e.jpg

台地状に広がる野尻の集落。
DSC_8816_20140128001545cf6.jpg
ここでも休まず、撮影だけで通過。

この先10分ほど平らな巻き道を進むと中沢山(492m)への分岐。
DSC_8834_20140128001514f12.jpg

1分ほどで頂上に。
DSC_8831_20140128001510b86.jpg

この聖観世音菩薩像は昭和10年の建立、この遊歩道(武相東縦走路)開通1周年を記念したもののようだ。
ここからも丹沢山系がよく見える。
DSC_8833.jpg
あちらには雲が出てきた。

下ってまもなく中沢峠。
DSC_8837_201401280015175d6.jpg
こちらは山下バス停への分岐になっている。
これまで通ってきた三沢峠、西山峠とともに、この峠はかつて武相国境の生活道路だった。

ここからひと登りでコンピラ山(515m)。13:32。
DSC_8840_2014012800144138b.jpg

ここにも手作りっぽいベンチとリュック掛けがある。
DSC_8839_20140128001520e40.jpg
DSC_8842_20140128001443e2c.jpg
ここで座りはしなかったが小休止して、チョコを2つ口に放り込んだ。
さっきパンを1個食べただけだが、まだお腹はすかない。

ちょっと下って、またちょっと登れば、大洞山(536m)。
DSC_8845.jpg

眺望には恵まれないが、植林の間から富士山が確認できた。
DSC_8848_201401280014475a2.jpg
ここで小休止してFB用に変顔写真を撮影、投稿する。

ここから大垂水峠まで標高差150mほどの下り。
DSC_8852_20140128003738d16.jpg
北斜面にはうっすら雪が残っていた。

15分ほどで大垂水峠に到着。国道の上を歩道橋で渡る。
DSC_8860.jpg

当初の予定では、ここから高尾山口駅もしくは高尾駅までバスに乗って帰るつもりだったが、バス停まで下りるのが面倒だったのと
DSC_8862_20140128001410e71.jpg
どうせちょうどいいタイミングのバスはないだろうと思って、そのまま高尾山経由で高尾山口駅まで歩くことにした。
さっき地図を見て、高尾山からの下りに稲荷山という山を通るコースを見つけたこともある。一つ「登った山」が稼げると思ったわけ。

この先は国際森林年記念の森公園(1985年指定)ということになっている。
DSC_8864.jpg

奥高尾の尾根道までは、ゆるやかな登りのトラバース道で歩きやすい。
DSC_8867.jpg
DSC_8874.jpg

途中で一部林道を通る。
DSC_8869.jpg

高尾山は過去に3回登ったことがあるので、今回は頂上まで行かなくてもいいのだが、どうやら、頂上近くまで行かないと稲荷山コースにはつながらない様子。
結局ついでなので、4度目の登頂を果たすことにした。
なるべく違う山に登る主義の私としては、4回は最高記録である。
(ちなみに車で行った山も含めれば、札幌の藻岩山が多分10回くらいは行っているはず)

高尾山と城山を結ぶ奥高尾の尾根道に出ると、途端に人口が増した。
ここから高尾山に行くには3本のルートがあるが、紅葉台のある中央尾根ルートは歩いたことがあるので、富士見台がある南コースをたどる。
DSC_8882.jpg
トラバース道だが、それなりの登りだ。

富士見台には東屋があったが、肝心の富士山は成長した木々に隠れて見えなかった。
DSC_8884_20140128001342e3b.jpg

大山は見えた。
DSC_8885.jpg

しばらく曇っていたが、再び晴れてきた。
DSC_8890.jpg

そして富士山も再び。
DSC_8889.jpg

最後の登りは階段。
DSC_8892.jpg

14:54登頂。
DSC_8905.jpg

かなり霞んできたが、展望台からは富士山がかっこよく見えた。
DSC_8918.jpg

しばし山頂付近を散策。平日の随分遅い時間なのに、さすが高尾山、それなりに人がまだいる。
DSC_8903_20140128001307843.jpg
DSC_8908.jpg
DSC_8911.jpg
DSC_8917_20140128001234db4.jpg

都心方面は霞んで見えなかったが、多摩地区の市街地はよく見えた。
DSC_8916_20140128001232594.jpg

茶店でそばでも食べようかと思ったが、遅くなりそうだし、たぶん高いので止めた。まだお腹がすいてこないし。
さあ、下り。ここから3km、80分ということになっている。
DSC_8920_20140128001239829.jpg

階段をガンガン下り、5号路を突っ切って直進すると、稲荷山コース。
DSC_8922_20140128001241773.jpg
このあたりの道はなかなか複雑だ。

このコースは最初、霜の泥で少し滑りやすかったが、あとは基本的に乾いていた。
ずっと、すごく広い道が続く。
DSC_8925.jpg
彼らは帰り道だが、午後3時を過ぎても登ってくる人が数人いてびっくりした。
夜景を見るつもりだろうか。

地図によって稲荷山の位置が違うのだが、この展望台のある場所をとりあえず、稲荷山と見なす。
DSC_8928_20140128001206d71.jpg

ここからは八王子市街が望めた。
DSC_8933_2014012800120761a.jpg
天気がいいと筑波山まで見えるらしい。

圏央道は眼下に。
DSC_8935_20140128001210aee.jpg

これはさっき歩いてきた南高尾山稜。
DSC_8938_20140128001214030.jpg
ぐるりと1周してきたことになる。
スマホで地形図を見ると、ここから琵琶滝に行く道が出ていたが、発見できず、そのまま稲荷山コースを下る。

ここからはわりと勾配のある下り。
DSC_8940_20140128001135220.jpg
歩きながら、残りのあんパンを1個食べる。

途中、旭神社があり
DSC_8942_2014012800113703c.jpg
ここを稲荷山とする地図もあった。

ちょうど4時にケーブルカーの駅に下りてきた。
DSC_8946_20140128001139f6d.jpg
DSC_8951.jpg

周辺の石碑などを撮影。
DSC_8961_2014012800114495f.jpg
DSC_8963_20140128001106744.jpg

高尾山薬王院の入口にあたる場所だが、門前にはそば屋が並んでいる。
DSC_8964_20140128001108088.jpg
この「高橋家」などは由緒ありげだ。

いまは高尾の「冬そば」キャンペーンみたいなことをしているようだが、店頭のお品書きなどを見ると、やはり値段は高め。
DSC_8968_20140128001111c90.jpg
さっきパンを食べたこともあり、やっぱり何も食べず、帰宅することに。

日帰り温泉も近くにはないので、それも断念。
もうすっかり夕方になった。16:22高尾山口駅発の電車に乗り、行きと同じコースで帰宅した。
深酒した翌日のわりには、15kmもよく歩いたものだ。


【行程】2014年1月24日(金)
新所沢=高尾山口駅(10:31)~四辻(10:48)~草戸峠(11:34撮影11:36)~草戸山(11:43休憩・撮影12:00)~榎窪山(12:18)~三沢峠(12:22)~泰光寺山(12:39)~西山峠(12:44)~見晴台(13:02撮影13:06)~中沢山(13:17)~中沢峠(13:23)~コンピラ山(13:32)~大洞山(13:44休憩13:51)~大垂水峠(14:06)~高尾山(14:54撮影15:05)~稲荷山(15:33)~ケーブル清滝駅(16:01)~高尾山口駅(16:16)=新所沢

※所要時間:5時間45分(歩行時間:5時間19分)
※登った山:9座(うち新規8座:草戸峠、草戸山、榎窪山、泰光寺山、中沢山、コンピラ山、大洞山、稲荷山)
※歩いた距離:15.5km

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/291-b37ece2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (154)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR