山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

茅ヶ岳(下)

金ヶ岳~茅ヶ岳を縦走中(10月12日)。
13:21、茅ヶ岳に登頂。
DSC_0132.jpg

方向指示盤に作られた山の模型は、標高の高い富士山頂が噴火して吹き飛んでいる。
DSC_0134.jpg

山頂は岩がごつごつしているが、わりと広い。
DSC_0164_20131222210133021.jpg
眺望も360度。
私向きの山だ。

北西に金ヶ岳と南峰、そして八ヶ岳。
DSC_0143.jpg

北に天狗山(中央)と男山(左)。
DSC_0146_2013122221012532f.jpg

北東に金峰山。
DSC_0145.jpg

そして瑞牆山。
DSC_0148_20131222210126edf.jpg

東に大菩薩嶺。
DSC_0163.jpg

南に富士山。
DSC_0144.jpg

まあ、こんなことばかり書いているから、Mさんに「山と鉄は博物学的だ」と言われてしまう。
これは何山だ、これはなんていう花だ、とか説明が多いのだから仕方がない。
あまり情緒的なことは書かないからなあ。
でも、このブログは基本的に自分の記録のために書いているので、それでいいのだ。
ただ、しばらくずっとゼロだった拍手が、最近1本あたり2~3回は届くようになった。
びっくりしている。
どなたか存じませんがありがとうございます。
自分の記録のためとは言え、公開しているのですから、やはり拍手はうれしいものです。

えっと話が横道に逸れた。
思いがけず、ここで長い休憩をとってしまった。
ここから深田公園の方に下ると深田久弥終焉の地の碑があると登山地図には書いてある。
せっかくだから行ってみたいが、我々は車のある「ふれあいの里」の方に下りるので、寄り道になってしまう。
DSC_0162_20131222210129883.jpg
地図では頂上直下にあるように書いてあるが、あまり信用できない。

そちらから登ってきた方に聞いてみたら、「すぐそこですよ」という。
(やった~!)と心の中で叫びながら、念のため、「すぐって、何分くらいですか」と確認すると、10分くらいだという。
じぇじぇ。
10分下るということは、帰りに15分登らなければいけない。
30分近いロスになるし、登りも面倒。
でも行くことにした。

確かに下る、下る。
帰りに登るのがいやになるくらい下る。
なかなか碑が出てこないものだから、見逃したのかと思ってしまう。
「あと2分で見つからなかったら、諦めましょう」と時間を区切った途端に発見。
DSC_0169.jpg
本当にささやかな碑だった。しかも、それほど古くない。
深田久弥が亡くなったのは1971年3月21日だから、40数年前のことだ。
それにしても、こんな場所で意識を失って、まわりにいた方も大変だったろう。

静かに合掌して、来た道を戻る。
帰りは目的地が分かっているので気が楽だった。
途中、金峰山と瑞牆山を眺める。
DSC_0170_20131222210056ba6.jpg

山頂には14分で戻ってきた。
さっき撮り忘れた二等三角点をパチリ。
DSC_0171.jpg

さて千本桜に向かって下る。
DSC_0173.jpg

この道はそれほど一般的じゃないのか、多少荒れている。
DSC_0177.jpg

延々1時間近く下り、大机というピークにたどりついた。
DSC_0190.jpg
DSC_0195_20131222210017890.jpg

地形的にはピークとは言えない、平らな場所。
だから、「大机」という名が付いたのかもしれない。
この三角点には名前が付いているので、私のルールでは「登った山」に数えることができるが、この件について、Mさんから「え~~~っ」とクレームが付いた。
「山じゃないじゃないですか~」
「いや、登ってきたら、ここを一つのピークと見なせる。違反ではない」と強弁した。
別に誰に迷惑をかけるわけでもないからいいのだ。

このあたりは明野村千本桜公園と呼ばれるところで、春には多くの人で賑わうのだろう。
DSC_0197.jpg

さて、あとは帰るのみ。
陽も随分傾いて、影が長くなってきた。
DSC_0202_20131222210023303.jpg

ここからは延々と林道を歩く。
トリカブトやマムシグサ、ドングリなど里の風物を眺めながらのエピローグ。
DSC_0204.jpg
DSC_0206.jpg
DSC_0207.jpg

正面には金ヶ岳。
DSC_0211.jpg

そして、とうとう日没。
「2時間って言ったじゃないですか~、日暮れまで歩かされるとは思いませんでしたよ~。だまされた気分です」
Mさんにぼやかれてしまった。
騙してはいない。2時間と言ったのは金ヶ岳への登りの時間のことだから。
でも、私もこんなに時間がかかるとは思わなかった。
ちょっと休み過ぎたし、寄り道もしたから仕方がない。

最後の林道では、なぜかバイクが10台くらい走り抜けて行き、砂ぼこりがひどかった。
DSC_0220.jpg
でも中には、ぺこりと頭を下げて行った人もいたので好感がもてた。

登山口に着いたのは5時前。
富士山の夕景。
DSC_0221_2013122220594854c.jpg

毛無山。
DSC_0222.jpg

南アルプスの南の方。
DSC_0223.jpg

櫛形山。
DSC_0224.jpg

鳳凰三山
DSC_0226.jpg

最後に甲斐駒
DSC_0227_20131222205902d2c.jpg

渋滞が怖かったので、温泉はパスして帰宅。
Mさんは不満たらたらでしたが(笑)、Yさんは満足の様子でした。


【行程】2013・10・12(日)
明野ふれあいの里(9:30)~金ヶ岳登山口(9:39)~(10:35休憩10:41)~金ヶ岳(11:47昼食12:19)~南峰(12:27)~茅ヶ岳(13:20休憩13:55)~深田久弥終焉の地(14:15撮影14:17)~茅ヶ岳(14:31休憩14:41)~(15:28休憩15:33)~大机(15:52休憩15:56)~茅ヶ岳登山口(16:19)~ふれあいの里(16:55)

※所要時間:7時間25分(歩行5時間51分)
※登った山:4座(金ヶ岳、南峰、茅ヶ岳、大机)
※歩行距離:10.8km
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/277-99ab289a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (154)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR