FC2ブログ

山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

南ペトウトル山(下)

【2020年7月5日(日)】南ペトウトル山
南ペトウトル山(1345m)に登頂し、下山中。
DSC_0916_20200717075142745.jpg

白骨樹の目立つ道を下っていく。
DSC_0917_20200717075143ec0.jpg

それにしても、なぜ、枯れてしまうのだろう。
DSC_0919_20200717075146414.jpg

ここでも、気の早いナナカマドがひとり。
DSC_0918_20200717075145c52.jpg

地面ごと持ち上げてしまった倒木。
DSC_0932_20200717075116006.jpg

乗り越えたり、くぐったり。
DSC_0926_20200717075107b7f.jpg

樹林帯になると展望はない。
DSC_0927_20200717075108956.jpg

でも、日蔭がありがたい。
DSC_0929_202007170751118d7.jpg

だいぶ下ってきた。左のなだらかなピークはナイタイ山(1332m)。
あそこに登山道はない。
DSC_0928_2020071707511043c.jpg

その手前に弁天島。
DSC_0930_20200717075113971.jpg

サルノコシカケではありません。
DSC_0931_20200717075114b4f.jpg

湖面が青くて気持ちいい。
DSC_0933_20200717075117d97.jpg

緑とのコントラストが美しい。
DSC_0934_202007170751197ce.jpg

湖の見える登山はいいな。
DSC_0935_20200717075120a76.jpg

すっかりお馴染み、くちびる山こと天望山(1174m)。
DSC_0937_20200717075024956.jpg

人工物が一切見えない。
DSC_0938_202007170750255f4.jpg

然別湖は俗化していないのがいい。
DSC_0936_20200717075022917.jpg

実に静かである。
DSC_0939_20200717075027ca8.jpg

緑一色となる夏も、やはりいいものだ。
DSC_0940_202007170750286b7.jpg

然別湖は私の好きな湖のベスト3に入る。
DSC_0941_2020071707503033d.jpg

稜線から外れると、間もなく登山口に着く。
DSC_0942_20200717075031408.jpg

改めて、登山口の入林届を確認してみると、今日登ったのは我々のほかに2組だけだった。
DSC_4855_20200717075033101.jpg

駐車場に戻ったのは、12時前。
下りにも、登りとほぼ同じ1時間半かかった。
ザックを車に乗せ、靴を履き替えて、さっそく温泉へ。
DSC_4856_20200717075034f88.jpg

ここには一昨年の秋に泊まったことがある。
DSC_4857_202007170750366b2.jpg

ほぼ2年ぶりだ。
DSC_4858_20200717074946853.jpg

温泉は、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉(中性低張性高温泉)で、源泉の温度は53.9℃。
DSC_4859_20200717074948734.jpg

ph値6.3の弱酸性で、若干塩気があった。
DSC_4863_2020071707495182e.jpg

鉄分も多く、お湯は黄色っぽかった。
DSC_4867_20200717074955694.jpg

露天風呂からは正面に然別湖とくちびる山が見える。
DSC_4865_20200717074952091.jpg

H君と二人だけになる瞬間があったので、撮影ができた。
DSC_4862_20200717074949d1c.jpg
H君はサービスでいただいた風水の文字が入ったタオルを頭にのせている。
入浴料が1000円とちょっと高めなので、タオルを提供しているのだろう。

のんびり浸かっている間に、遊覧船が戻ってきた。
DSC_4866_202007170749546c1.jpg
いい湯であった。

ロビーでしばし女性陣を待ち、全員そろったところで13時すぎに出発。
鹿追そばの食べられる店に向かう。
検索した結果、町内の2軒あるそば屋のうち、1軒は定休日だったので、選択肢は「しかめん」1軒しかなかった。
でも、なかなかよさげな店である。

途中、扇ケ原展望台に立ち寄った。
DSC_4869_202007170749580cc.jpg

扇ケ原は川が作った扇状地と火山が作った扇状地がぴったりと重なる珍しいところなのだそうだ。
DSC_4871_202007170749123e0.jpg

十勝平野が一望できるが、かなり霞んでいる。
DSC_4870_202007170750005c4.jpg

案内板には、この周辺のきれいな鳥瞰図が描かれていた。
DSC_4872_20200717074915256.jpg

トイレの向こうは東ヌプカウシヌプリ。
DSC_4873_202007170749150d5.jpg

時計は壊れていた。調整中とあるが、きっと永遠に調整中だろう。
DSC_4868_20200717074957ba4.jpg

13:50に、「しかめん」に到着。
DSC_4874_20200717074918e81.jpg

駐車場は結構混んでいるが
DSC_4875_20200717074918771.jpg

待たされることなく座ることができた。
DSC_4876_20200717074920f19.jpg

定番の冷たいゴボウ天そばを頼んだら、予想外のものが出てきた。
DSC_4877_20200717074921905.jpg
ゴボウ天は太いのが3本くらいのっているのかと思ったら、キンピラ状態のかき揚げで、どんぶりを完全に覆っており、そばが見えない。

実は天ぷらはそんなに得意ではないのだが、これはサクサクして美味しい。
カラッとしたまま食べても、汁に付けても、それぞれに楽しめる。
DSC_4878_20200717074923317.jpg
大満足であった。

ところで、そばを待っている間、同窓生のFBグループに、Mちゃんが初参加したこの日の山行を投稿したら、「Mちゃん、私の姉ですわ」と即座にコメントがついた。
一同、「ええっ」
コメントしたのは、時々子連れ登山をしている旭川在住のIさん。
みんなIさんのことはよく知っていたので、「姉妹だったの?」とびっくり。
本人も、「そうなんですよ~」と照れくさそうだった。
なんと、黒岳に妹と一緒に登ったと言っていたのは、Iさんのことだったのだ。
世の中、狭いわ。

と、ひとしきり盛り上がりつつ、ごちそうさま。
再びH君の車に身をゆだねる。
ここから札幌まで約180km。
自宅に着いたのは午後5時すぎ。
道東まで行ったのに明るいうちに帰れた。
いつもながら、H君ありがとうございました。
新メンバーを迎えての登山、とても楽しかったです。

【行程】2020年7月5日
駐車場(8:35)~稜線(8:41)~標高約1050m地点(9:07休憩9:12)~約1150mピーク下(9:33靴ひも休憩9:36)~標高約1300m地点(9:58休憩10:01)~頂上(10:07休憩10:29)~約1150ピーク(11:01休憩11:07)~駐車場(11:58)
※所要時間:3時間23分(歩行時間:2時間40分)
※登った山:1座(南ペトウトル山)
※歩行距離:4.6km
※累積標高差:約550m


スポンサーサイト



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/2174-9bab2780
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (523)
東北の山 (75)
上信越の山 (147)
奥多摩の山 (58)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (100)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (53)
南アルプス (101)
史跡歩き (12)
中央アルプス (28)
北アルプス (61)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (96)
ドライブ (50)
廃線の旅 (46)
駅から散歩 (39)
乗り鉄 (51)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (33)
東海の山 (5)
つぶやき (38)
旧道歩き (59)
伊豆の山 (39)
サイクリング (3)
ハイキング (17)
温泉旅行 (16)
ランニング (1)
観光 (3)
お遍路 (37)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR